沖縄から-うるま市議会は、辺野古新基地建設の断念を求める意見書を可決。

 沖縄県うるま市議会が辺野古の新基地建設に関する意見書を可決したことについて、沖縄タイムスは2015年10月6日、「沖縄県うるま市議会は6日の9月定例会本会議で、名護市辺野古での埋め立て工事を強行する政府への抗議や辺野古新基地建設の断念などを求める意見書を15対11の賛成多数で可決した。2人は退席、1人は欠席した。うるま市議会が辺野古の新基地建設に関する意見書を可決するのは初めて。辺野古新基地建設に反対する意見書を提出するよう求める市民からの請願書を受け、可決に至った。賛成したのは、公明、日本共産党、いぶきの会の議員ら。新政クラブ、かけはし会派が反対した。意見書では、昨年の県知事選などで『名護市辺野古への米軍基地建設の民意は明確に示された』とし、政府の工事強行を『断じて許されるものではない』と批判した。普天間飛行場の即時閉鎖と撤去、オスプレイの配備撤回なども求めた。」と、報じた。
 うるま市議会は、その意見書で、「本市議会は、市民・県民の生命と安全を守る立場から辺野古沖の埋め立て工事を強行する政府に抗議し、辺野古新基地建設の断念と普天間基地の即時閉鎖・撤去、オスプレイの配備撤回を強く求める。」、とうるま市として意見をまとめた。

 以下、沖縄タイムス及びうるま市議会意見書の引用。





More
# by asyagi-df-2014 | 2015-10-06 19:59 | 沖縄から | Comments(0)

原発問題-東電が汚染水流出に重い腰を上げると。こんなことが許されるのか。

 東京電力福島第一原発の汚染水流出について、東京新聞は2015年10月4日、「東京電力福島第一原発で建屋周辺の汚れた雨などを集めるK排水溝の水が、八回にわたり堰(せき)を越えて外洋に流出したことを受け、東電は溝の上流側でも水をくみ上げる追加対策を月内にも始める方向で検討していることを明らかにした。ただ、台風などまとまった雨が降る可能性が高いのはまさに十月。迅速に対応しないと、間に合わない。」、と報じた。
 東京新聞は、この間の経緯について、「K排水溝をめぐっては今年二月、溝を流れる水に法定基準の数十倍もの濃さの放射性セシウムが含まれることを知りながら、東電は公表せず、まともに対応しなかったことが発覚した。批判を受け、東電は専用港に注ぎ込むよう溝を付け替える工事を始めた。工事は来年三月までかかる見通しのため、暫定対策として四月から溝をせき止め、たまった水をポンプ八台でくみ出して、港内につながる別の溝に流し込む作業を始めた。しかし、まとまった雨が降るたび、堰にたまる水量がポンプの能力を超え、海への流出が続いた。清掃や吸着剤の施工により、溝の水のセシウム濃度は大幅に低下したものの、大雨時には敷地の汚染された土砂も交じり、セシウム濃度は基準の数倍にまで上昇する状況だった。東電は『ポンプを増強しようにもスペースがなく、難しい』と、追加対策に難色を示していたが、相次ぐ流出により、ようやく重い腰を上げた。」、と伝えている。

 東電の「ポンプを増強しようにもスペースがなく、難しい」と、追加対策に難色」という事業者の対応が、どうして許されるのか。
 こうしてマスコミが取りあげなければ動かないというのが実態なのか。
 本当に許される対応ではない。

 以下、東京新聞の引用。





More
# by asyagi-df-2014 | 2015-10-06 06:12 | 書くことから-原発 | Comments(0)

大阪府大東市の福祉事務所が、「世帯の自立から遠ざかる行為」と非難する内容の指導指示書を出す。

 標記の件について、毎日新聞は2015年10月4日、「大阪府大東市の福祉事務所(生活福祉課)が今年6月、生活保護の対象となっていた世帯で唯一働いていた長男(18)が独立して家を出たことについて、『世帯の自立から遠ざかる行為』と非難する内容の指導指示書を出していたことが分かった。両親から相談を受けた弁護士から抗議を受け、事務所側は指導指示書を撤回した。」、と報道した。
 毎日新聞によると、「市福祉事務所によると、この世帯は両親と子供3人の5人暮らしで、長男は今春、高校を卒業して就職。6月1日から女性と暮らし始め、別世帯になった。両親は就労ができないため、長男の給料の大半が世帯の収入と認定され、その分、市が支給する保護費は減っていた。」という経過にも関わらず、「福祉事務所は6月5日付で『長男が高校在学中から進路について確認し、卒業後は世帯の自立のために就労するよう指示してきた。長男が世帯の中心となり、現在学生である次男や妻が就労すれば世帯の自立が可能であり、(長男の独立は)いわば自立から遠ざかる行為』などとする指導指示書を出した。」、とのことだった。
 また、「相談を受けた弁護士が8月、『指導指示書の内容は居住や移転の自由と長男の人権を侵害するもので、違法・無効であることが明らか。次男や長女に対しても同様の指導、指示を行うことのないよう強く求める』とする福祉事務所長あての意見書を提出。事務所側は『誤解を招く表現だった』と謝罪したうえで、指導指示書の撤回を世帯側に伝えた。」という取り組みを行った結果、大東市の福祉事務所側は指導指示書を撤回していた。

 この記事を見た時、行政側の憲法概念の欠如に驚いてしまった。
 弁護士側からの「居住や移転の自由と該当者の人権を侵害する」ことに気づかない方がおかしいわけで、日本国憲法を守るという意味をきちっと整理する必要がある。

 以下、毎日新聞の引用。






More
# by asyagi-df-2014 | 2015-10-05 05:34 | 書くことから-憲法 | Comments(0)

沖縄から-これが現実、1710人の避難。~沖縄県那覇市で米国製不発弾処理。

 沖縄タイムスは2015年10月3日、「那覇市与儀1丁目の工事現場で見つかった米国製5インチ艦砲弾1発の不発弾処理作業が4日午前10時から同所で行われる。避難開始は同日午前8時45分ごろから、交通規制は同9時50分ごろから午前中の間、県道222号や周辺市道などが通行止めとなる。処理現場から半径156メートルが立ち入り禁止となる。避難対象は一般世帯が約610世帯、周辺の74事業所の計約1710人。避難場所と現地対策本部は那覇市保健所内に設けられる。」、と記事を掲載した。

 米国製不発弾による命の危険と日常生活の停止、これが沖縄の現実であることを、やはり、深く認識することが、諸々の判断の基に置かねばならない。
 もちろん、安倍晋三政権にとっても、

 以下、沖縄タイムスの引用。






More
# by asyagi-df-2014 | 2015-10-04 11:19 | 沖縄から | Comments(0)

「殺害予告」、「私たちの国では大人が『言葉』を失いつつあるのではないか」。

 シールズの中心メンバーへの「殺害予告」について、毎日新聞は2015年9月30日、「安全保障関連法に反対する大学生らのグループ「SEALDs(シールズ)」の中心メンバー、奥田愛基さん(23)の殺害を予告するような内容の脅迫状が24日夕、奥田さんが在籍する明治学院大(東京都港区)に届いていたことが29日、分かった。明治学院大と奥田さん側は警視庁高輪署などに相談。同大は『言論の自由を封じるもので許し難い』とコメントし、キャンパスの警備を強化している。」、と報じた。
 このことについて、「『僕と家族に対する殺害予告が来ました。僕だけならまだしも、なんで家族に対してもそうなるのか……。一応身の回りに用心して学校行ったりしてます』と発信した。」と奥田さんの声を掲載している。
 また、奥田さんの父である奥田知志さんの「『言葉、対話がないことが怖い。しかし黙るわけにはいかない。会ってちゃんと話がしたい』と呼びかけたい。」、との記事を伝えた。
 奥田知志さんには、ホームレス問題などで講演をお願いしてきた。にこやかでじっくり話し込まれるその話に、講演参加者の多くが深い感動を受け取ってきた。
 奥田さんは毎日の取材に、「これまでも、自立支援活動への反対運動や偏見による差別にさらされてきた。だが、『『殺害』という言葉を使われたのは初めて。理由が書かれておらず、問答無用と言われているようだ』と感じたという。」。今回の脅迫状には、具体的な恨みの説明がない。自らも安保法制反対を訴えてきた知志さんは、国会での審議なども含めて『私たちの国では大人が『言葉』を失いつつあるのではないか』と危惧する。」、と答えている。
 確かに、この「安保関連法」の審議過程や強行採決の様子は、まさしく、「私たちの国では大人が『言葉』を失いつつある」という状況そのものである。

 また、植村隆さんは、「シールズの奥田愛基さんと家族への殺害予告は犯罪だ。同じような被害を受け続けている私は、この卑劣な犯罪行為を見過ごすことはできない。」、とメッセージを発信した。
植村さんは、次のように訴えている。


「私だけでなく、高校生の娘は名指しで殺害予告を受けた。たとえ、自分と異なる意見の持ち主だとしても、それを脅迫という暴力で封じ込めようとする行為はあってはならない。
 安倍首相には、『日本は民主主義の国だ。奥田さんへの脅迫は私が許さない』と言ってほしい。意見が違っても、奥田さんの言論の自由を守る姿勢を示してほしい。
 毅然とした政権の姿勢が、卑劣な行為の抑止になる。

 奥田さん、ひるまず、ますますがんばってほしい。
 私も負けない、ひるまない。」


 安倍晋三政権は、この植村隆さんの「毅然とした政権の姿勢が、卑劣な行為の抑止になる。」の声をどう受けとめるのか。
 安倍晋三政権は、こうしたネット右翼等の恫喝で成り立っているのではないかという意見に、きちんと対応できる機会ではないか。

 それにしても、奥田さんの脅迫状の送り主に対しての「意見は違っても対話はできると信じている。言葉は人を生かす。議論は必要だ」との語りかけは、やはり、すごい言葉だ。

 以下、毎日新聞及び「殺害予告を受けたシールズ奥田愛基さんへの植村隆さんのメッセージ」の引用。





More
# by asyagi-df-2014 | 2015-10-04 05:34 | 書くことから-いろいろ | Comments(0)

原発問題-福島県警は、汚染水漏れで、東電と社長や元会長ら32人を書類送検。

 東京電力福島第一原発事故で高濃度の放射能汚染水が海に流出した問題で、朝日新聞は2015年10月3日、「東京電力福島第一原発事故で高濃度の放射能汚染水が海に流出した問題で、福島県警は2日、東電と、広瀬直己社長や勝俣恒久元会長ら幹部・元幹部計32人を公害犯罪処罰法違反の疑いで福島地検に書類送検し、発表した。県警は、地検に起訴を求めたかどうかなどを公表しなかった。県警によると、広瀬社長らは汚染水の入った仮設タンクを安全なタンクに切り替えるなどの対応を怠り、仮設タンクの水漏れにより2013年7月までに約300トンの汚染水を流出させた疑い。また、地下水が原子炉建屋に流入するのを防ぐ壁の設置を先送りして汚染水の発生を抑制せず、11年6月~13年9月に1日あたり300~400トンの汚染水を建屋周辺から流出させた疑いがある。」、と報じた。

 この書類送検が、どのように取り扱われるのか、注視して行きたい。

 以下、朝日新聞の引用。




More
# by asyagi-df-2014 | 2015-10-03 19:00 | 書くことから-原発 | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧