2019年 10月 30日 ( 2 )

沖縄-辺野古-沖縄 高江から-2019年10月30日

 こんなことが許されることがあっていいのか。
 どうして日本という国は『否』と拒否できないのか。
「米空軍は29日、日米特別合同委員会(SACO)に反して沖縄の米軍嘉手納基地でパラシュート降下訓練を実施した。嘉手納基地での同訓練は今年に入り4回目で、年間での回数が1996年のSACO合意後で最多となった。河野太郎防衛相は防衛省で記者団に対し『日米同盟に影響を与えかねない、大変遺憾な出来事だ』と不快感を示した。米海兵隊は同日、伊江村の米軍伊江島補助飛行場でパラシュート降下訓練を実施し、海兵隊員2人が提供区域外にある畑と県所有の伊江島空港に降下した。県所有の空港にパラシュート降下訓練中の米兵が降下したのは初めて。伊江島空港は定期便はなく届け出制で個人利用が多い。」、と琉球新報。
はっきりしているのは、「SACO合意で陸上でのパラシュート降下訓練は米軍伊江島補助飛行場に集約され、嘉手納基地の使用は、伊江島補助飛行場で実施できない『例外的な場合』に限られている。」(琉球新報)、ということ。したがって、今起こっていることは、日米の合意事項となる『密約』が交わされているということではないか。


 沖縄で起こっていること、その現場の事実をきちんと確認すること。
 2019年も、琉球新報と沖縄タイムスの記事を、「沖縄-辺野古-高江-から」を、報告します。
 2019年10月30日、沖縄-辺野古-高江の今を、沖縄タイムス、琉球新報は次のように表した。


(1)琉球新報-米軍、嘉手納で降下訓練強行 防衛相「大変遺憾」 伊江では区域外落下-2019年10月30日 05:00


 琉球新報は、表題について次のように報じた。


①「米空軍は29日、日米特別合同委員会(SACO)に反して沖縄の米軍嘉手納基地でパラシュート降下訓練を実施した。嘉手納基地での同訓練は今年に入り4回目で、年間での回数が1996年のSACO合意後で最多となった。河野太郎防衛相は防衛省で記者団に対し『日米同盟に影響を与えかねない、大変遺憾な出来事だ』と不快感を示した。米海兵隊は同日、伊江村の米軍伊江島補助飛行場でパラシュート降下訓練を実施し、海兵隊員2人が提供区域外にある畑と県所有の伊江島空港に降下した。」 
②「県所有の空港にパラシュート降下訓練中の米兵が降下したのは初めて。伊江島空港は定期便はなく届け出制で個人利用が多い。」
③「県は30日、川村裕外務省沖縄担当大使と田中利則沖縄防衛局長を県庁に呼び出し、抗議する。SACO合意で陸上でのパラシュート降下訓練は米軍伊江島補助飛行場に集約され、嘉手納基地の使用は、伊江島補助飛行場で実施できない『例外的な場合』に限られている。河野防衛相は今回の場合は『例外的な場合』に当たらないとの認識を示した。」
③「空軍は29日、県に対し、天候や海の状況を理由に伊江島で実施できないと説明していた。一方、海兵隊は27日時点の天気予報や海の状況に基づいて伊江島補助飛行場での訓練実施は難しいと判断し、いったんは嘉手納基地での訓練を計画していた。だが、当日の天候から安全上の許容範囲だと判断し、伊江島補助飛行場での実施を決めたという。」
④「嘉手納基地では午後6時1分ごろ、MC130J特殊作戦機が離陸。午後6時40分すぎ、兵士がパラシュートで同機から相次いで降下した。午後7時半ごろまでに4回に分け、少なくとも20人が降下した。嘉手納基地での降下訓練は5月21日以来。日没後の訓練は2017年に次いで2回目。」
⑤「伊江島では29日午後1時40分ごろ、パラシュート降下訓練中の海兵隊員2人が着陸予定地を外れ、伊江島空港と付近の畑に降下。空港内の降下地点は米軍補助飛行場のフェンスから約1.5キロ、西江上の集落から約600メートルの距離で、真謝の地域上空を横断したとみられる。海兵隊は本紙の取材に『風でコースを外れ、伊江島の民間飛行場に着陸した』と説明した。」


(2)琉球新報-軍、嘉手納基地でパラシュート訓練強行 今年に入り4回目 周辺自治体が中止求めるも-2019年10月29日 19:26


 琉球新報は、表題について次のように報じた。


①「【中部】米軍は29日夕、米空軍嘉手納基地でパラシュート降下訓練を実施した。訓練は5月21日以来。今年に入り4回目で日米特別行動委員会(SACO)合意後の年間実施回数は最多となった。沖縄防衛局からの訓練実施の通知を受けた周辺自治体や県は28日、防衛局や外務省沖縄事務所に訓練中止を要請していた。」
②「29日午後6時1分ごろ、MC130特殊作戦機が嘉手納基地を離陸。同午後6時40分すぎ、同機から兵士がパラシュートで相次いで降下する様子が確認された。訓練に使用されたMC130は、18日に着陸装置の一部を伊江島補助飛行場内で脱落させており、周辺自治体は原因究明や民間地上空での訓練禁止を求めている。」
③「降下訓練は、1996年のSACOの最終報告で伊江島補助飛行場に集約することで合意している。嘉手納基地での同訓練については2007年に『例外的な場に限って使用」することで合意された。」


(3)沖縄タイムス-裸でパトカー襲う米兵に副知事、不快感 「復帰前の沖縄をほうふつ」-2019年10月30日 12:22


 沖縄タイムスは、表題について次のように報じた。


①「沖縄県恩納村でパトカーのフロントガラスを割るなどして米ハワイ海軍所属の海軍兵3人が逮捕された事件で、謝花喜一郎副知事は30日、県庁を訪れた川村裕外務省沖縄大使、田中利則沖縄防衛局長に『さまざまな事件が頻発していた復帰前の沖縄をほうふつさせる』と強い不快感を示した。」
②「沖縄の自治や人権がないがしろにされた米軍統治下の沖縄と比較することで、県民の受けた衝撃を強調。『2メートル近い大男が上半身裸で民間地に入って、駆け付けたパトカーを壊すという傍若無人ぶり。他県だったら大問題だ。どこの国か。米軍は県民に謝罪すべきだ』と憤りを隠さなかった。」
③「また、逮捕された容疑者がいずれも在沖米軍兵ではないことに『(在沖米軍は)沖縄の歴史、文化、県民の気持ちを(兵士に)教育しているというが、(沖縄の)外から来た人たちは植民地と思っているのではないか』と訴えた。」
④「謝花氏は外務、防衛の両省に、一時的に派遣される米兵にも安全対策、綱紀粛正、教育の徹底を米軍に働き掛けるよう要請。米軍関係者による事件、事故の防止のための日米協力ワーキングチームの速やかな開催も求めた。」
⑤「川村大使は『米軍の運用は地域住民の安全確保が大前提で事件事故があってはならない。ワーキングチームは次回開催に向けて調整している』と話した。」


(4)沖縄タイムス-「心の破壊をやめて」 沖縄の新基地建設 土砂搬入に市民ら抗議-2019年10月30日 11:40


 沖縄タイムスは、「名護市安和の琉球セメント桟橋付近では30日午前、辺野古新基地建設に向けた土砂を積んだ大型の工事用車両の搬入が続いている。車両の搬入を止めようと、市民ら約20人が集まった。抗議行動で市民らは『新基地は住民の暮らしと命をおびやかす』と記したのぼりを掲げたり、マイクで『沖縄県民の心の破壊をやめて』と訴えたりしている。」、と報じた。


(5)沖縄タイムス-政府の抗議、米軍無視 二国間協定に従った「例外」解釈 日米で差【深掘り】-2019年10月30日 15:00


 沖縄タイムスは、表題について次のように報じた。


①「『明らかにSACO合意に反する』。29日午前の記者会見で強い抗議の意を示した河野太郎防衛相だったが、米軍はこれを無視して訓練を強行した。在日米軍司令部は同日夜、日本側の中止の要求を意に介さないかのように『米国と日本政府の二国間協定に従った』とツイッターで発表。伊江島と嘉手納での異例の訓練の実施に、政府関係者は日米間で「例外」の解釈に乖離(かいり)があることを懸念。日米防衛トップ級の政治判断が必要との認識を示す。」(東京報道部・又吉俊充、政経部・銘苅一哲、中部報道部・大城志織)
②「『いったい何が起きているのか、意味が分からない』。米軍が嘉手納基地でのパラシュート降下訓練を予告した同日午後、県幹部は混乱した表情を浮かべた。米軍は嘉手納での訓練の理由を『伊江島の気象、海象条件が悪いため』と説明していた。嘉手納での訓練が中止され、伊江島で実施されたのか-。県庁内ではそんな臆測が飛んだが、結果的に異例となる伊江島、嘉手納の両方での訓練が実施された。」
③「県幹部は米軍の説明は矛盾していると指摘。『伊江島で兵士が基地の外に着地し伊江村が把握しなければ嘉手納と両方で訓練をしていたことも隠されていたかもしれない』と不満を隠さなかった。別の県関係者も『伊江島も嘉手納も米軍の使いたい放題。SACO合意の【例外】を都合良く解釈している』と批判した。」
④「『伊江島でできるのにどうして。米軍の都合のいい所でやりたいだけだ』。嘉手納町役場の屋上で降下訓練を確認した當山宏町長は今年4度目となる訓練の強行に憤った。河野防衛相が中止を求めていた中での訓練実施に『両国の約束事は意味をなさない』と米軍の姿勢に疑問を呈した。」
⑤「年間で過去最多となった訓練に『常態化すれば米軍は伊江島の基地と嘉手納の基地、両方を自由に使える場所を有することになる。合意の本来の趣旨である負担軽減と全く逆行する』と怒りをにじませた。」  
⑥「嘉手納基地での降下訓練が始まる約1時間半前の防衛省。伊藤茂樹報道官は会見で『嘉手納飛行場はあくまでも例外的な場合に限ってのみ使用される』と説明した。しかし、会見が終わるほぼ同時刻、在日米軍司令部はツイッターで『二国間協定に従って』などと発表。嘉手納基地での降下訓練が『例外』とのトーンは全く表現しなかった。防衛省幹部は『日米で【例外】の解釈に相当な差がある』とつぶやいた。」
⑦「別の幹部は嘉手納での訓練の常態化に焦燥感を隠さずこう語った。『日米防衛当局のより高いレベルで話を詰めていく』」


(6)沖縄タイムス-「米軍の行動は異常」パラシュート降下訓練などに沖縄県が抗議-2019年10月30日 12:16


 沖縄タイムスは、表題について次のように報じた。


①「沖縄県の謝花喜一郎副知事は30日、日米合意で『例外的』な場合のみ認められる米軍嘉手納基地でのパラシュート降下訓練を米軍が29日に実施したことを受け、外務省の沖縄大使、沖縄防衛局長を県庁に呼び出し抗議した。米空軍のMC130J特殊作戦機の部品落下、米兵による刑法犯罪の多発なども抗議した上で『最近の米軍の行動は異常と言わざるを得ない』と強く批判した。」
②「玉城デニー知事は上京し防衛省、外務省などにあらためて抗議を検討。また、県は11月1日以降に米軍を県庁に呼び出した上での抗議を調整している。」
③「パラシュート降下訓練は日米がSACO合意で基本的な訓練場所を伊江島補助飛行場と合意した。一方で、米軍は伊江島の気象・海象条件が整わないことなどを理由に『例外的』に嘉手納で訓練しており、今年に入って実施された4回はSACO合意後で最多。謝花副知事は嘉手納での訓練の常態化を指摘した上で『河野太郎防衛相が米軍に抗議したことは評価する。しかし、その対応をマスコミが【異例】とするのはおかしい。SACO合意を守るのは当たり前だ』との考えを示した。」
④「MC130Jは18日に部品が落下したが、正式な情報が米軍から防衛局や県に説明があったのは1週間後の25日だった。謝花副知事は『米軍の事故の迅速な通報体制は日米合同委員会で合意されている。体制をあらためて合同委で検証、改善し、内容を公表してほしい』と要請した。」
⑤「田中利則防衛局長は米軍が今回の降下訓練を例外的とする十分な説明がないこと、部品落下事故の通報が在沖米軍から防衛局になかったことを受け『一連の米軍の対応は不適切だ』との述べ、米軍と問題点を協議する考えを示した。」
⑥「川村裕沖縄大使も降下訓練について『現時点の米側の説明だけでは【例外的】に該当すると判断するのは困難で、(訓練は)極めて残念だ』と述べた。」


(7)沖縄タイムス-協議、加速へ 那覇軍港の移設による民間港や周辺開発への影響を洗い直し【深掘り】-2019年10月30日 15:30


 沖縄タイムスは、表題について次のように報じた。


①「米軍那覇港湾施設(那覇軍港)の浦添移設を巡り、那覇港管理組合と県、那覇市、浦添市は29日、技術的な知識を持つ課長級職員らで会議を開き、民間港について議論する『浦添ふ頭地区調整検討会議(検討会議)』の設置を決めた。事務手続き後、同団体の部長級職員から成る『那覇港管理組合構成団体調整会議(調整会議)』の下部組織として正式に発足する。那覇軍港移設による民間港や周辺開発への影響を洗い直し、移設協議を加速させる狙いがある。」
②「会議は非公開で行われた。同組合によると、会議では民間港の各エリア面積の目安を確認した。物流会社の倉庫や事務所などに使用する『港湾関連用地』は約74ヘクタール、荷さばき所や一時保管庫などの『ふ頭用地』は約16ヘクタール、商業用などの『交流厚生用地』は約16ヘクタールが目安となる。次回は年内に会議を開き、各エリアなどを配置した複数の民間港案の検討に入る予定。」
③「今後、検討会議が複数の民間港案を提案し、調整会議が了承した後、防衛省が各案に軍港を配置する予定。軍港配置済みの各案を調整会議で評価し、一案に絞る方針だ。最終的には『那覇港湾施設移設に関する協議会』で決定される。」
④「検討会議は、月1回を目標に開催される予定。会議後、議長を務める同組合計画課の花城保課長は、民間港案について『早めに方向性を出したい』と述べた。」


(8)琉球新報-米兵、きょうも区域外に落下 2日連続、米軍のパラシュート降下訓練-2019年10月30日 17:50


 琉球新報は、「県によると、30日午後2時50分ごろ、米軍伊江島補助飛行場でパラシュート降下訓練中の米兵1人が着陸予定地を外れ、提供区域外である県管理の伊江島空港内に落下した。29日にも着陸予定地を外れて伊江島空港に落下しており、2日連続の事故となる。村議会は前日の事故を受けて、抗議決議をする方針を固めていた。2日連続の事故に、反発は一層強まりそうだ。29日の事故について、米軍は本紙の取材に『風でコースを外れ、伊江島の民間飛行場に着陸した』と説明した。」、と報じた。


(9)琉球新報-【記者解説】基地負担軽減に逆行 日米合意は形骸化-2019年10月30日 11:06


 琉球新報は、表題について次のように報じた。


①「米軍が嘉手納基地と伊江島補助飛行場でパラシュート降下訓練を実施し、伊江島で米兵が民間地に降下した。同訓練は1996年の日米特別行動委員会(SACO)の最終報告で伊江島に集約することで合意。2007年には嘉手納基地の使用を『自然状況等の制約』という例外的な場合に限り認めることを日米で追加合意している。」
②「嘉手納と伊江島で同日に訓練が行われたことはSACO合意が既に有名無実化しており、米軍の裁量次第で場所を問わず訓練ができる実態を表している。嘉手納での実施について米軍は当日の気象海象を根拠にするが、沖縄気象台によると29日午後の伊江島周辺の気候はおおむね晴れ。波、風も比較的穏やかだった。」
③「嘉手納で兵士を上空へ運んだMC130J特殊作戦機は、同型機が伊江島で部品を脱落させている。国や県、地元市町村が中止を求める中で訓練を強行したのは『基地負担の軽減』というSACO合意本来の趣旨に逆行する。」
④「一方、伊江島での事故は合意が守られた中で発生した。SACO最終報告に沿った運用でも基地負担の軽減にはつながっていない。伊江島補助飛行場の隣接地区ではフェンス外への米兵や物資の降下が相次ぐ。昨年4月に民家から約50メートルの農地に米兵のパラシュートが降下し、昨年5月には車両投下訓練も行われた。」
⑤「29日の降下訓練は、負担を県内でたらい回しするSACO合意では、基地問題が何ら解決しないことを改めて浮き彫りにした。」
(塚崎昇平、当銘千絵)




by asyagi-df-2014 | 2019-10-30 18:09 | 沖縄から | Comments(0)

改正水道法が2019年10月施行されたが。

 改正水道法が2019年10月施行された。
このことについて、私自身も含めて、あまり関心が持たれていない。
西日本新聞(以下、「西日本」)は2019年10月22日、施工以後の状況について、「水道民営化検討せず 九州10市 災害対応、高騰懸念」、と伝えた。
 「西日本」の改正水道法に関する解説は、「人口減に伴う水需要減少や水道施設の老朽化、深刻化する人手不足で経営が厳しい水道事業の基盤強化が目的。昨年12月の臨時国会で成立し、今月1日施行された。自治体が浄水施設など資産を保有したまま運営権を民間企業に売却できる『コンセッション方式』の促進を盛り込み、民営化しやすくした。自治体間の広域連携や官民連携の推進も掲げる。」、というもの。
「西日本」は次のように報じている。


(1)企業に委託する「コンセッション方式」の促進を盛り込んだ改正水道法が今月、施行された。水道事業の基盤強化が目的だが、西日本新聞が九州の政令市、県庁所在市、中核市の計10市に同方式の導入について尋ねたところ、全ての市が「導入予定はない」と回答した。最も身近なインフラで命に直結する水の「民営化」への懸念の大きさを裏付けている。
(2)10市の水道事業担当部局によると、導入しない理由として、長崎市は「コンセッションは官と民の役割やリスク分担の整理がいる。海外では再度公営化した事例もあり、安全安心な水を民間に委ねることには、市民の理解を見極める必要がある」と強調。佐賀市も「水道事業にまったく知識がない事業者が災害が起きたときに責任を果たせるのか」と懐疑的な見方だ。
(3)北九州市は「選択肢は広がったが、検討もしていない。現時点では広域連携を重視している」と回答。熊本市も「地下水で全ての水源を賄っており、効果的に運用する独自のノウハウが求められる」とした。
(4)給水人口約156万人(2017年度)を抱える福岡市は「市民に無理な負担を求めることなく安定的に黒字を確保できる」と説明。大分市も現行の直営での安定経営を理由に挙げた。一方で、鹿児島市は「当面検討もしないが、老朽化施設が増えるなどして経営状況が悪化するとなると、検討することもあり得る」と述べた。
(5)厚生労働省によると、上水道でコンセッションの導入例はこれまでなく、宮城県などが導入を検討中。ただ民営化による水道料金の高騰や水の安全性の確保、災害時の対応を民間企業ができるかといった点で市民にも不安の声は根強い。浜松市は導入の可能性を検討し、市民向け出前講座などで説明を重ねてきたが「市民、国民全体としても理解が進んでおらず、導入を進めるのは困難と判断した」として今年1月に検討も含めて導入を当面延期した。
(6)水道事業の民間委託の是非は、あくまで自治体の判断だ。民営化の動きが広がっていないことについて、厚労省水道課は「コンセッションは(官民連携の)選択肢の一つ。地域の状況に合わせて検討されるものと考えている」と話した。                                    (郷達也)



by asyagi-df-2014 | 2019-10-30 07:09 | 持続可能な社会 | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧
更新通知を受け取る