2018年 05月 30日 ( 1 )

日本という国は、いつからこんな国になっていたのか。

 どういうことか。
 日本年金機構が、障害基礎年金の受給者約1000人余りに対し、障害の程度が軽いと判断して支給打ち切りを検討しているというのである。
 実際に、打ち切り検討の通知を受け取ったのは、1010人。いずれも20歳前から障害がある成人とされる。
 毎日新聞は2018年5月29日、このことについて次のように報じた。


(1)「日本年金機構が障害基礎年金の受給者約1000人余りに対し、障害の程度が軽いと判断して支給打ち切りを検討していることが判明した。対象者には、特例的に1年間の受け取り継続を認めつつ、今年度中に改めて支給の可否を審査するとの通知が届いている。都道府県単位だった審査手続きが全国で一元化された影響とみられるが、受給者の間には『症状は改善していないのに困る』と戸惑いが広がっている。」
(2)「障害基礎年金は、20歳前から難病を抱える人や、国民年金加入者が障害を負った場合などに、年80万円程度を下限に支払われる。機構や関係者によると、通知を受け取ったのは1010人で、いずれも20歳前から障害がある成人という。」
(3)「1010人は2017年、症状に応じ数年おきに必要な更新時期を迎え、医師の診断書を提出した。機構は同年12月~今年1月、『障害基礎年金を受給できる障害の程度にあると判断できなかった』との審査結果を通知。ただし17年度は支給を続け、18年度に改めて審査した上で『診断書の内容が同様なら支給停止になることもある』と示した。」
(4)「1000人規模の支給打ち切りが過去にあったかどうか、機構は『データがない』と明らかにしていないが、経過措置を設ける通知を出したのは初めてという。厚生労働省幹部は『影響の大きさを考慮した激変緩和の意味もある。審査をし直した結果、継続が認められる可能性もある』と話す。」
(5)「背景にあるのは審査手続きの変更だ。以前は都道府県ごとにあった機構の事務センターが認定業務を担当し、それぞれ地域の医師が診断書をもとに審査していた。しかし、不認定の割合に地域差があると問題視され、機構は17年4月に認定業務を東京の障害年金センターに集約。審査する医師も変わった結果、不認定の割合が増えたという。」
(6)「機構の担当者は『審査業務の変更という特別な事情を考慮し、今回の診断書だけで障害の程度を判断するのは適切でないと考えた。対応は妥当だ』と説明する。」
【原田啓之】
(7)「【ことば】障害基礎年金:20歳前や国民年金の加入時などに病気やけがで障害を負った人に支給される年金。障害の程度によって1、2級に区分される。年間支給額は1級が約97万円、2級が約78万円で、子どもがいれば人数に応じた加算がある。受給者は2017年3月末時点で約184万人。初診時に会社勤めなどで厚生年金に入っていた人には、等級区分が異なる『障害厚生年金』が支給される。」


 こうした問題の時、水俣病の置かれてきた歴史が蘇る。
あくまで偏った原則に拘泥する「医師の診断」が、未来を作るのではなく、より大きな困難さをもたらす。
「日本という国はいつからこんな国になっていたのか。」、という問題点の指摘そのものが間違っていた。日本という国は、これまでもそうだったのだ。




by asyagi-df-2014 | 2018-05-30 06:33 | 書くことから-いろいろ | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧
更新通知を受け取る