2018年 05月 28日 ( 2 )

沖縄-辺野古-沖縄 高江から-2018年5月28日

 私たちは、人としてのあり方の壮絶な闘いのすごさを見ている。
沖縄戦の語り部で、映画『GAMA 月桃の花』のモデルにもなった安里要江さん(97)について、「北中城村喜舎場公民館で修学旅行生に自らの戦争体験を語った。大阪府東大阪市立意岐部中学校の3年生19人が安里さんの体験に耳を傾けた。安里さんは『戦争は絶対あってはならない。私の経験を子どもたちに歩ませたくない。戦争をなくすよう、一緒に動いていきましょう』と語り掛けた。」、と琉球新報は伝える。
 それでも、「『家族が亡くなった時のことなど、つらい記憶は話すのを避けるようになっている』と安里さんを気遣った。」(琉球新報)という。
 時間が足りないのは、私たちの方なのだ。




 沖縄で起こっていること、その現場の事実をきちんと確認すること。
 2018年も、琉球新報と沖縄タイムスの記事を、「沖縄-辺野古-高江-から」を、報告します。
 2018年5月28日、沖縄-辺野古-高江の今を、沖縄タイムス、琉球新報は次のように表した。


(1)琉球新報-「戦争なくす行動 一緒に」語り部・安里要江さん 大阪の中学生に体験語る-2018年5月28日 05:00


 琉球新報は、表題について次のように報じた。


①「【北中城】沖縄戦の語り部で、映画『GAMA 月桃の花』のモデルにもなった安里要江さん(97)が17日、北中城村喜舎場公民館で修学旅行生に自らの戦争体験を語った。大阪府東大阪市立意岐部中学校の3年生19人が安里さんの体験に耳を傾けた。安里さんは『戦争は絶対あってはならない。私の経験を子どもたちに歩ませたくない。戦争をなくすよう、一緒に動いていきましょう』と語り掛けた。」
②「沖縄戦当時、2児の母親だった安里さんは糸満市伊敷の轟の壕で米軍に保護されるまでの約3カ月間、砲弾が飛び交う中をひたすら逃げた。地面には死体が散らばり、子どもたちは泣き叫ぶしかなかった。当時見た光景を語りながら『本物の戦争をこの目で見た』と悲惨な状況を振り返った。」
③「子どもたちに何とか食べ物を与えようと、安里さんは砲弾を避けながら、道に落ちているものを探し回った。『子どもの命が一番だった』と何度もつぶやいた。沖縄戦で母親と夫、子ども2人を亡くした安里さん。語り部の活動を手伝う松永光雄さん(64)は『家族が亡くなった時のことなど、つらい記憶は話すのを避けるようになっている』と安里さんを気遣った。」
④「意岐部中は約20年前から修学旅行で沖縄を訪れ、平和学習などに取り組んでいる。引率した中原智昭教諭(37)は『地上戦があった沖縄で、戦後も残る課題や平和について少しでも感じてほしい』と話した。」
⑤「講話を聞いた藤本雲斗さん(14)は『事前に本などを読んで戦争体験は知っていたけど、実際に聞くとじーんときた。これから戦跡などに行くときには戦争で死んだ人たちを思い、勉強したい』と語った。」


(2)沖縄タイムス-「米軍抑止力に懐疑的」「基地で経済は活発化」 CIAが沖縄対象の解説書-2018年5月28日 05:00


  沖縄タイムスは、表題について次のように報じた。


①「【ジョン・ミッチェル特約通告員】米中央情報局(CIA)が、基地を巡る沖縄の世論をどう操作するか研究し、解説書をまとめていたことが分かった。抑止力や環境問題の議論を避け、経済効果や文化交流、災害救助といった『利点』を強調するよう指南。日本政府の差別的な取り扱いを批判しつつ、米国は無関係だと主張している。」
②「『沖縄における基地と政治』と題された解説書は全60ページ。2012年CIAオープンソースセンターが米政府の政策立案者向けにまとめたもので、『公用限定』に分類される。本紙が情報開示請使で入手した。」
③「解説書は県内の報道などを詳細に分析し、県民の思考様式を検討。『落とし穴』を避ける方法を示す。」
④「抑止力で米軍駐留を正当化する議論について『【なぜ私たちばかり】という県民の疑問に答えるものではなく、いら立ちで迎えられるだろう』『ほとんどの場合、懐疑派に否定される』と指摘する。鳩山由紀夫元首相が『抑止力は方便だだった』と発言したことも例に挙げる。」
⑤「環境問題も慎重に取り扱うよう提案する。『県民の環境保護の要求は、同盟にとって脅威になる』『県が日本政府に対して、日米地位協定改定など基地跡地の環境対策の拡充を使める可能性がある』と警戒する。特に沖縄での枯れ葉剤使用と投棄が明らかになったことに懸念を表明。環境事故には迅速で透明性のある対応を取るよう促す。」
⑥「一方、強調すべき点には経済効果を挙げ『県は基地のない沖縄という将来像に必要な財源を明示できていない』『県庁内の現実主義者たちは基地に関する日本政府からの見返りを確保しようとしている』と分析。『沖縄の基地は地域の安全を守り、経済・文化交流を活発にしている』と主張する。」
⑦「さらに、災害救助や人道支援任務の『効果』に触れ、自衛隊による平和、家族、地域社会を強調する広報活動をまねることを提案する。『沖縄メディアは懐疑的に見るだろうが、県民は受け入れてくれる可能性がある』とみている。」


(3)沖縄タイムス-オーストラリア空軍管制機、嘉手納基地に飛来 給油後に離陸-2018年5月27日 08:28


 沖縄タイムスは、「米軍嘉手納基地(沖縄県)に26日、オーストラリア空軍の早期警戒管制機1機が飛来した。目撃者らによると、同管制機は午後0時10分すぎ、嘉手納基地に着陸。給油するなど3時間余滞在し、同3時20分に離陸した。」、と報じた。


(4)琉球新報-辺野古ゲート前で連日繰り返されていること-2018年5月28日 12:42


 琉球新報は、表題について次のように報じた。


①「カンカン照りの空の下、28日午前も市民は『基地は要らない』と訴え続けた。米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設に伴う名護市辺野古への新基地建設工事。資機材の搬入口となる米軍キャンプ・シュワブのゲート前では、30人余りの市民が座り込んで工事に抗議する中、午前8時50分頃からトラックやミキサー車が車道に列をつくり始めた。」
②「沖縄県警が市民の前に立ちふさがる。まもなくして「排除」が始まった―。今月8日の「梅雨入り宣言」はどこへ行ったのか、名護市辺野古は28日も朝から青空が広がった。午前9時の時点で同市は28・3度を観測。湿度も高く、汗ばんだシャツが肌にまとわりつく。」
③「『道路交通法違反に該当します。速やかに移動してください』。左手にメガホンを持った警察官が『警告』する。ゲート前で座り込んだ市民らは肩を寄せ合い、じっと動かない。『警告』から1分ほど後だっただろうか、メガホンを持った警察官が今度は右手の棒を振り上げ、『排除』のサインとなった。」
④「『痛い、痛い!』『「乱暴はやめろ』―。警察官に体を抱え上げられた市民らは、口々にそう訴えた。しかし、10分もたたないうちに、全員が強制的に移動させられた。市民が『排除』されたゲート前は、警備会社の屈強な男性たちに代わった。彼らに『警備』されながら、資機材を積んだトラックやミキサー車が次々とゲート内に入っていく。市民は道路を挟んだ歩道から『美ら海壊すな』『埋め立てやめろ』などとシュプレヒコールを上げる。」
⑤「10人近い市民は、トラックの運転手に向かって歩道でプラカードを掲げた。『子ども達の未来に基地はいらない』『違法工事やめろ』『自分さえ良ければいいのですか?』。運転手の反応は見えない。」
⑥「午前10時15分ごろ、ようやくトラックの出入りが終わり、ゲートが閉まった。約1時間10分の間に、工事車両118台が中に入った。辺野古の海を埋め立て、新しい米軍基地を造るための資機材が運び込まれた。」


(5)琉球新報-車衝突、バイク男性死亡 容疑で米兵逮捕 名護・天仁屋-2018年5月28日 14:32


 琉球新報は、表題について次のように報じた。


①「27日午後2時10分ごろ、名護市天仁屋の国道331号で、乗用車とバイクが正面衝突した。バイクを運転していた沖縄市の自営業の男性(45)が全身を強く打って死亡した。名護署は、乗用車を運転していた米海兵隊キャンプ・ハンセン所属の伍長(21)を過失運転致傷の疑いで逮捕した。容疑を過失運転致死に切り替えて調べる。」
②「名護署によると、容疑者の伍長は『バイクが黄色の線(センターライン)に近かったので、避けるため左にハンドルを切ったが、滑って相手コースに入ってしまった』と話しているという。同署は、名護市嘉陽方面から東村に向けて走行中の乗用車が対向車線にはみ出し、バイクと衝突したとみて詳しい事故原因を調べている。」
③「現場は片側1車線のカーブ。名護署によると、容疑者は公務中ではなく一人で運転していた。乗用車は前が大破したが、けがはない。男性は一人でツーリング中だったとみられる。心肺停止の状態のままドクターヘリで本島中部の病院に搬送されたが、約2時間後に死亡が確認された。」
④「米兵が公務中の事故などでは、第一次裁判権は米側にある。一方、今回の米兵は公務外で、身柄は名護署にあり、第一次裁判権は日本側にある。公務外の場合、被害補償は加害者と示談交渉になり、解決できない場合は加害者に代わって米政府が補償金を支払う。」


(6)琉球新報-辺野古「再検証が必要」  立民・枝野代表インタビュー-2018年5月28日 07:30


 琉球新報は、表題について次のように報じた。


①「立憲民主党の枝野幸男代表は27日、那覇市内で琉球新報のインタビューに応じ、今夏にも沖縄県連を発足させることを表明した。また、同党が『ゼロベースで検証する』としている名護市辺野古の新基地建設問題について、工事を強行する安倍政権を批判し、改めて建設に否定的な姿勢を示した。インタビューの内容は次の通り。」        (聞き手・吉田健一)
②「―新基地建設について、党内に設置した検証委員会の進捗(しんちょく)状況は。:『専門家から話を聞くなど会議を重ねてきた。党として、とにかくいったん立ち止まって再検証する必要があると考えている。今の工事の進め方は強引なやり方で、住民自治の点からもおかしい。辺野古に基地を造る必要があるか疑問だ。安全保障の観点からも、新基地に抑止力があるか、そもそも抑止力とは何なのか、緻密に精査する必要がある。検証の際には、変化する安全保障環境を常にアップデートしなければならない。かつて民主党政権は、県民の思いに応えきれなかった。なぜ応えきれなかったかも含めて再検証が必要だ』」
③「―日米地位協定の改定について、多くの県民は抜本的改定を求めている。:『沖縄では米軍による事件事故が相次ぎ、住民の不信感は高まっている。党としても抜本的な改定を求める立場だ。今の日米同盟は対等な同盟関係になっていない。相手があることだが、言うべきことは言うことが対等な同盟だ。これまでの日本政府は米政府と少しも交渉してこなかった。強く求めることで動く余地はある』」
③「―県内に支持基盤がない中、支持拡大に向けてどう展開していくのか。:『26日に宮古島市でタウンミーティングを開催した。まずは県民の皆さんに立憲民主党を知っていただき、ネットワークを広げていきたい。9月には統一地方選があるので、夏にも沖縄県連を立ち上げたい。県連を立ち上げることで、党として沖縄に関わっていきたい。スタート時の規模よりも5年先、10年先を見据えて広がりを持つ組織をつくる。新しい人にも出てきてもらいたい』」
④「―秋の県知事選にどう対応するか。」:『沖縄は【オール沖縄】の枠組みの中で前に進んできた。その枠組みの中で、党として役割を果たしていきたい』」


(7)沖縄タイムス-「北朝鮮情勢変わる、新基地必要ない」 土砂搬出反対協メンバー、辺野古で訴え-2018年5月28日 14:16


 沖縄タイムスは、「『ふるさとの土を戦争に使わせない』を掲げ、辺野古新基地埋め立て土砂の搬出に反対する『辺野古土砂搬出反対全国連絡協議会』のメンバーが28日、米軍キャンプ・シュワブゲート前で座り込みをした。メンバーの湯浅一郎顧問は『北朝鮮情勢も変化しつつあり、在日米軍強化に向かう時代ではない。辺野古に基地をつくる必要はないはずだ』と訴えた。同協議会は6月中にも新たに土砂搬出反対の署名を追加で集める考え。阿部悦子共同代表は『土砂が投入されれば取り返しがつかない。署名を全国にさらに広げ、沖縄のみなさんと一緒に取り組みたい』と話した。午後0時半現在、シュワブゲートからは工事車両が午前9時、正午と2回に分けて計200台余り入った。」、と報じた。


(8)沖縄タイムス-沖縄を理解するための「五つの物語」 CIA解説書が示した、その内容とは-2018年5月28日 15:45


 沖縄タイムスは、表題について次のように報じた。


①「【ジョン・ミッチェル特約通信員】米中央情報局(CIA)がまとめた解説書は、沖縄を理解するために『被害者意識』『差別』『平和を愛する人々』『美しい島々』『アジアの交差点』という『五つの物語』を提示している。」
②「CIAは2011年、「地域のアイデンティティー、経験、希望、懸念を反映する物語」を特定し、他国の世論操作に生かす手法を考案した。12年に発行した沖縄版の解説書では、まず『被害者意識がアイデンティティーの中心にある』と批評する。」
③「現在の事件や事故にも琉球処分や沖縄戦が影響し、『より象徴的な意味を持つ』と分析。1995年の暴行事件は『沖縄では今も利用価値があるとみなされている』と批判的に紹介する。県民が米軍を『スケープゴート』にしているとも訴えるが、根拠は示していない。」
④「『被害者意識』と同様に県民が強く信じている物語として『差別』を挙げ、この二つが『米国のメッセージ発信と同盟の維持に最大の障害となる』との見解を示す。」
⑤「3番目の『平和を愛する人々』の物語は、『命どぅ宝』の文化や沖縄戦の経験に根ざすと説明。『(県民は自身に)特別な資格があると考えている』と分析し、基地に反対する本土の団体がこうした傾向を『利用』しているとも批判する。ただ、若い世代にはあまり受け入れられていないと示唆する。」
⑥「4番目の『美しい島々』は『比較的新しいものの、広く共有されている』との見立てを示す。県民が『自然環境を誇りの源泉としている』と指摘。新基地建設や返還地の汚染で、米軍の存在が利益になるという主張が県民に受け入れられなくなると警告している。」
⑦「最後の物語は『沖縄が再びアジアの交差点になる』というもので、琉球王朝黄金期の『漠然とした歴史から派生した』と冷淡に扱う。『この島の将来について、説得力ある代案を示すには至っていない』『近い将来基地に悪影響を及ぼすことはない』との見方を示す」。
⑧「沖縄経済は、基地と日本政府による見返りの補助金に依存していると主張。基地が『(アジア)地域の経済、文化交流促進を可能にしている』と説得すれば、『アジアの交差点』の物語は米軍にプラスに働く可能性もあるとみている。」
⑨「【ジョン・ミッチェル特約通信員】米中央情報局(CIA)の解説書は、沖縄タイムスと琉球新報の2紙を繰り返し批判する。社説などを引用し、『自らを沖縄の平和主義を体現する者と位置付け、その【権威】を基地反対に使っている』と表現する。」
⑩「2008年5月から11年9月までの3年余り、基地問題と政府の差別を結び付けた社説の数をグラフ化。鳩山由紀夫首相(当時)が普天間飛行場の移設先を巡って辺野古回帰を決めた11年5月に、件数が激増していることを示した。古くは1997年から、数は少ないものの同じ趣旨の社説があることにも言及した。」
⑪「全国紙の沖縄報道も分析している。政府を批判することが多い朝日新聞を繰り返し『左寄り】などと表現する一方、政府寄りの論調が目立つ読売新聞は単に『日本最大の発行部数を持つ新聞』と紹介しており、CIAの肩入れがうかがえる。」




by asyagi-df-2014 | 2018-05-28 18:17 | 沖縄から | Comments(0)

沖縄タイムスの『沖縄・基地白書』を読む。(26)

 沖縄タイムスは、「国内の米軍専用施設面積の70・4%が集中する沖縄では、名護市辺野古の新基地建設以外にも騒音や墜落の危険性などの問題を抱えている。国防や外交の視点ではなく、住民の暮らしの目線から沖縄の米軍基地問題を検証する。」、と『沖縄・基地白書』の連載を始めた。

 今回は、第24回-「沖縄・基地白書(24)戦闘機が頭上を何度も “旋回場所”になっている砂辺地区」(2018年5月18日)から。
 今回の話は、第1部 被害 北谷町砂辺。
 話は、「嘉手納基地の第1ゲートに近い北谷町砂辺地区。滑走路の延長線上に当たり、F15戦闘機などの米軍機が何度も上空を飛行する。同地区に住む照屋正治さん(51)は『北風だと着陸、南風だと離陸する米軍機が必ず通る』と説明する。」、から始まる。


(1)「北風だった3月下旬、砂辺地区で戦闘機を眺めていると、海側から住宅地上空を通過、基地内の滑走路をなぞるように飛行した後、着陸せずに右旋回し、再び住宅地上空に戻り、右旋回を繰り返し、滑走路に着陸した。『なぜ1度で着陸しないで戻ってくるのか。それがなければ騒音はかなり減る』と照屋さん。多くの住民の共通する思いだ。」
(2)「小型機の操縦経験を持つ嘉手納爆音訴訟原告団の喜友名健二事務局次長は『戦闘機特有の飛び方』と指摘する。嘉手納基地周辺で航空機の流れを整える『場周経路』について、国や米軍は明らかにしないが、喜友名さんは目視調査を基に、独自で割り出し、地図に落とし込んだ。」
(3)「戦闘機は視界不良の場合、ストレートインという方法で高度を下げながら滑走路に進入し、そのまま着陸する。一方、有視界飛行の場合、オーバーヘッドアプローチという方法で、高度や速度を維持したままいったん滑走路の上空を通過し、その後、場周経路に入り、旋回しながら減速、降下し、着陸体勢を整える。」
(4)「飛行場上空まで速度と高度を維持することで、敵機の接近などの不測の事態に対処できる利点があり、『戦闘機特有』といえる。その他、タッチ・アンド・ゴーの訓練でも、場周経路を周回する。」


 さて、砂辺地区がまさに“旋回場所”だということが、どういうことを引き起こしているのか。


(1)「砂辺地区はまさに“旋回場所”になっている。1度の着陸で、民間機なら1度のところ、戦闘機のために3度、4度と騒音が発生。通常2機以上で編隊飛行するため、旋回を繰り返すと、戦闘機が頭上をぐるぐる回る感覚になる。」
(2)「県のまとめで、2016年度の砂辺地区の騒音発生回数は日平均で60・5回。県内で騒音の最も激しい地域の一つだ。夜10時から朝7時までの騒音に限っても月平均で85回発生した。」
(3)「喜友名さんは『やみくもに飛ぶわけではなく、ルールに従い、同じルートを飛ぶので必然的に騒音の激しい地域ができる』と語る。」
(4)「有視界飛行では高い建物を目印にするため、『住宅地や学校の上空での飛行中止を求めるのは不可能』と米側の見方を推測。『航空交通管制圏の滑走路から半径9キロ以内ではどこでも騒音被害や事故の危険性が存在する』と懸念を示した。」
(「沖縄・基地白書」取材班・福元大輔)

※[メモ]騒音規制措置も米軍の運用優先

 嘉手納基地周辺の自治体は、ことあるごとに滑走路上空や周辺での戦闘機による急旋回、低空飛行、急上昇、編隊飛行の禁止などを強く求めてきた。
 日米で合意した嘉手納基地に関する騒音規制措置でも、基地周辺の場周経路は病院や学校、住宅地上空を避けることや、高度の維持などを定めているが、「できる限り」「必要とされる場合を除き」などと“抜け道”が残る。米軍の裁量に委ねる部分が多く、「住民の生活より米軍の運用、訓練を優先している」というのが住民の実感だ。


 私たちは、「有視界飛行では高い建物を目印にするため、『住宅地や学校の上空での飛行中止を求めるのは不可能』と米側の見方を推測。『航空交通管制圏の滑走路から半径9キロ以内ではどこでも騒音被害や事故の危険性が存在する』と懸念を示した。」、といった懸念・危惧感にどのように立ち向かうことができるのか。




by asyagi-df-2014 | 2018-05-28 05:58 | 書くことから-いろいろ | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧
通知を受け取る