2018年 02月 09日 ( 2 )

沖縄-辺野古 高江から-2018年2月9日

琉球新報は、「オスプレイ部品落下か 伊計島海岸で発見」、と速報。
また、「現場のビーチは県警の規制線が張られ、米軍が部品を確認する予定。」、とも。
その部品は、「縦65センチ、横100センチ、幅70センチ、重さは約5キロ」だという。
さて、米軍及び日本政府の対応が注目される。




(1)沖縄タイムス-辺野古新基地のサンゴ移植先、再検討へ 環境委が指摘-2018年2月9日 08:13


 沖縄タイムスは、表題について次のように報じた。


①「沖縄県名護市辺野古の新基地建設を巡る8日の第12回環境監視等委員会で、沖縄防衛局が示した辺野古崎先端近くのサンゴ約830群体の移植先に関し、委員が『環境が違う』として再検討するよう指摘した。防衛局は県に申請する予定だったサンゴの特別採捕許可を保留し、適地を再検討する。」
②「委員が指摘したのは『I地区』と呼ぶ0・2ヘクタールの分布域で、約830群体のサンゴが生息している。委員会後の会見で、中村由行委員長(横浜国立大大学院教授)は『I地区』は陸地に近く塩分濃度が低い可能性を指摘。委員から移植先との環境が異なるとして慎重な候補地選定が必要との声が上がったことを明らかにした。防衛局は『ほかの適地を検討したい』とした。」
③「『I地区』の近くには『N2』護岸を建設する計画だが、防衛局は100メートル程度の延伸で『I地区』への濁りの拡散が予想されることから採捕許可が得られるまでは護岸の陸上部分の工事を実施するとしている。また、昨年11月に見つかった環境省の絶滅危惧種リスト(レッドリスト)に掲載されている希少種のうち、未申請だったヒメサンゴ1群体とオキナワハマサンゴ8群体の採捕許可を近く県に申請する方針を明らかにした。」
④「一方、『中仕切り岸壁A』建設予定地周辺で14年に確認された長径1メートルを超える大型サンゴ13群体のうち、1群体が死亡していることも報告された。防衛局は『工事が原因ではないと考えられる』としている。」
⑤「防衛局は昨年10月と今年1月に2群体の採捕許可を申請しているが、県は昨年10月分も関係部局への照会などを理由に許可の可否を判断していない。」
⑥「防衛局は8日、県に『適切な環境保全対策を講じる必要がある』として即時の判断を求めた。防衛局は新基地建設に伴い、約7万4千群体を移植対象としている。」


(2)琉球新報-【速報】オスプレイ部品落下か 伊計島海岸で発見-2018年2月9日 15:00


 琉球新報は、「うるま市伊計島の海岸で9日、米海兵隊の垂直離着陸輸送機MV22オスプレイのエンジンカバーとみられる部品が見つかった。午前9時ごろ、同島大泊ビーチの従業員が、清掃中、浅瀬に浮いている部品を引き揚げた。飛行中に落下した可能性があるという。けが人はない。エンジンカバーとみられる部品は縦65センチ、横100センチ、幅70センチ。沖縄防衛局によると、発見者の情報で部品の重さは約5キロだとした。現場のビーチは県警の規制線が張られ、米軍が部品を確認する予定。」、と報じた。


(3)琉球新報-工事車両が数珠つなぎ110台 辺野古ゲート前 「あきらめない」と抗議続く-2018年2月9日 12:09


 琉球新報は、「【辺野古問題取材班】米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古の新基地建設工事は9日午前9時ごろ、110台の工事車両がキャンプ・シュワブ内に資材を搬入した。ゲート前では市民ら約20人が座り込み『違法工事をやめろ』『あきらめないぞ』などと抗議の声を上げた。午前9時前から基地建設に抗議する市民らを県警機動隊が排除した。コンクリートミキサー車や石材を積んだダンプカー数十台が車列を造り、約40分かけて資材を搬入した。」、と報じた。


(4)沖縄タイムス-「心ない言葉もあったけど」 宜野湾の保育園、署名12万筆集まる 米軍ヘリの飛行停止要請へ-2018年2月9日 14:05


 沖縄タイムスは、表題について次のように報じた。


①「 昨年12月に沖縄県宜野湾市野嵩の緑ヶ丘保育園に米軍普天間飛行場所属のCH53E大型輸送ヘリの部品が落下したとみられる事故で、保育園の父母会(宮城智子会長)が米軍ヘリの保育園上空の飛行禁止などを求めて集めた署名が9日までに、12万筆を超えた。宮城会長(48)らは9日午前、県庁に翁長雄志知事を訪ね、政府への署名提出のため上京することなどを報告した。」
②「宮城会長は『(保育園への)心ない誹謗(ひぼう)中傷もあり心痛い思いもしたが、それ以上に温かい言葉や励ましをいただき励みになった』と多くの協力に感謝。神谷武宏園長(55)は『米軍はいまだに事故と認めていない。事故でなければ事件として誰が落としたか明らかにしてほしい』と訴えた。」
③「翁長知事は『子供たちの安心安全は全ての価値観の上に立つ。署名の思いを日米両政府に届け、今ある仕組みをどう変えていくか。これからも一緒になって頑張っていきましょう』と応じた。」
④「署名は事故の原因究明までの飛行停止や再発防止などを要望。父母会によると8日現在、12万1950筆が集まり、県外の賛同者が約6割を占めている。保護者6人と神谷園長は13日から2日間の日程で上京し、内閣府、防衛省、外務省へ署名を提出。政党への要請や日本外国特派員協会での会見も予定されている。」


(5)沖縄タイムス-辺野古新基地:「海が護岸で囲われてしまう…」 抗議船の船長、進む工事に危機感-2018年2月9日 14:35


 沖縄タイムスは、表題について次のように報じた。



①「名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブ沖では9日午前、新基地の護岸『K2』で被覆ブロックの設置、『K4』で砕石投下が進められている様子が確認された。全長222メートルが計画されているK2護岸は半分ほど造成が進んでいるとみられる。」
②「海上監視を続ける市民によると、K2は1日最大で約10メートル延びているという。3月中にも完成するかもしれないと予測した抗議船の船長は『ピッチが速い。このままでは夏に海が護岸で囲われてしまう』と危機感を募らせた。市民数人がカヌーで抗議行動を展開しており、海上保安庁がゴムボート約10隻で警戒に当たっている。」
③「国道329号沿いのゲート前では新基地建設に反対する市民約30人が抗議行動を展開。県警機動隊に強制的に移動させられ、午後1時までに計2回約170台の工事車両が入った。」
④「生コン車数台が従来使っていた工事用車両専用ゲートでなく、500メートル離れた第2ゲートから出ようとして、抗議していた市民も移動。途中、抗議中の男性がうずくまって救急車が来たり、米軍車両を足止めして憲兵隊と相対するなど、一時、混乱があった。」


(6)沖縄タイムス-裏付け不十分のまま…沖縄2紙に「報道の資格ない」 産経報道を振り返る-2018年2月9日 13:42


 沖縄タイムスは、表題について次のように報じた。


①「昨年12月1日に沖縄自動車道で発生した車6台が絡む事故の報道を巡り、産経新聞が沖縄2紙に謝罪した。『日本人として恥』『報道機関を名乗る資格はない』。裏付けが不十分なまま本紙や琉球新報を批判した産経の報道姿勢に、関係者からは『理解に苦しむ』と厳しい声も聞かれる。改めて経緯を振り返った。」
②「事故は昨年12月1日午前4時50分ごろ、沖縄市知花の自動車道で発生した。米海兵隊曹長の車は、前方の車に後ろから接触。路肩に車を止めて降り、道路にいたところをはねられたという。事故後、本紙記者は県警交通機動隊や交通指導課に『曹長は路上で何をしていたのか』と尋ねたが、『確認できていない』との答えだったため、翌日朝刊では確認できた事実関係のみを報じた。一方、産経新聞は同月9日に配信したネットの『産経ニュース』や12日付紙面で、曹長が日本人を救助した行為を2紙が黙殺したなどと報じた。産経から本紙への取材はなかった。」
③「『産経ニュース』では沖縄2紙を『【米軍=悪】なる思想に凝り固まる沖縄メディアは冷淡を決め込み、その真実に触れようとはしないようだ】などと批判。記事は11日付の八重山日報本島版にも大部分が転載された。ネット上では記事が拡散され、2紙への批判も広がった。本紙には県内外から『書かない意図は何か』などとの抗議や苦情が寄せられた。」
④「情報元はどこか、取材に漏れがあったか。本紙記者が再取材すると、県警は『産経新聞から取材を受けていない』『横転車の運転手は日本人に救助されたと話しており、曹長の事故時の行動は確認されていない』と回答。米海兵隊も『救助活動を確認できた者はいなかった』と答えた。そのため本紙は今月1日付で『救助行為が確認されていない』との記事を掲載。同日、横転車の運転手も弁護士を通じて『米軍関係者の方に救助された記憶はない』とコメントした。」
⑤「ある県警関係者は『報道機関にはそれぞれの立場があり、尊重されるべきだ』と強調する。その上で『事件・事故報道の在り方として裏が取れない事実を報じ、それを基に他紙を批判する姿勢は理解に苦しむ』と首をかしげた。」
⑥「砂川浩慶立教大教授(メディア論)の話」                   ⑦「曖昧な情報の裏付けを取り、ニュースと判断したことを報道するのがメディアの仕事である。産経新聞の今回の報道は新聞の信頼度をおとしめ、インターネット上で流れる玉石混交の情報と何ら変わらない。しかし、ネットよりも信頼度が高いとされる新聞社が配信した記事として記事が拡散されており、多くの読者がそれを信じた。新聞界全体の信頼性を失わせる行為で、責任は重大だ。沖縄の地元2紙を批判することが目的となり、裏付け取材が不十分でも構わないと考えたのではないか。ネット配信が先に行われたことも原因の一つだと思う。産経新聞はネット配信に力を入れており、ネットとの親和性が高い。今後このようなことを繰り返さないよう、ネット配信の記事であっても当然ながら事実に基づいた報道をするよう徹底してほしい。」
⑧「地元2紙の指摘を受け、報道を検証し謝罪したことでうやむやにならなかったことは良かった。残念なことだが、間違いがあれば別のメディアが指摘し正しい情報を伝えていくことが必要な時代になっている。」




by asyagi-df-2014 | 2018-02-09 17:28 | 沖縄から | Comments(0)

大寒波のなか、日出生台演習場前抗議集会に参加してきました。

 2018年2月4日13時より、日出生台演習場のゲート前で行われた抗議集会に参加してきました。
 この日の寒さは、「ローカルネット大分・日出生台」の浦田龍次事務局長が挨拶の中で、「日出生台でもこんな寒さは初めてだ」との挨拶があったほどでした。また、いつも参加している福岡県からの参加者からは「タイヤがノーマルなので、行けなくなった」と連絡があったことが報告されました。そうしたなか、、参加者は、40数名となりました。

 大分合同新聞は2018年2月5日、この抗議集会の様子を次のように報じています。


「県内外から約40人が参加。梶原代表が『米軍にやりたい放題されないために、声を上げていこう』とあいさつ。市民グループ『ローカルネット大分・日出生台』の浦田龍次事務局長、玖珠町日出生小野原の畜産業衛藤洋次さんらが『訓練の縮小・廃止を求め、日出生台も頑張っていく』と決意表明した。抗議文を安倍晋三首相に送ることを決め、『マリーンズ・ゴー・ホーム(海兵隊は帰れ)』『ストップ・ザ・トレーニング(訓練をやめよ)』などとシュプレヒコールを繰り返した。」


 また、浦田さんは挨拶の中で、2012年の第9回訓練以来に開催された在沖海兵隊による地元住民らを対象にした事前説明会について触れました。
 浦田さんは、「午後8時以降に砲撃訓練をしない」などとした四社協の確認書を交わしていることについて、この事前説明会で第12兵海連隊第3大隊長のリロイ・バトラー中佐が、「練度と即応態勢を維持するため最小限の夜間訓練は必要。午後8時以降に砲撃する可能性もある」と回答したことに対して、「従来と変わっていない」と批判しました。
 この抗議集会参加者は、5日からの今回の訓練に対して、緊張感を持って対峙していくことを確認しました。

 なお、この抗議集会では、「米軍の実弾砲撃演習に怒りをこめて抗議し、その中止と一日も早い廃止を要求する!」、とする抗議文が日出生台演習場ゲート前抗議集会参加者一同名で、内閣総理大臣安倍晋三宛てに発送することが決定されました。
 抗議文では、Ⅰ.米軍の実弾砲撃演習を中止し、速やかに廃止せよ!、Ⅱ.9条に手をつけるな!、Ⅲ.断じて武力に頼らず、平和外交を貫け!、Ⅳ.アメリカのいいなりになるな!、Ⅴ.日米地位協定を抜本的に見直せ!、Ⅵ.すべての米軍基地をアメリカに返せ!、と日本政府に突きつけました。


 抗議文は、以下のものです。


 私たちはいま、ここ日出生台演習場で明日から始まる米海兵隊の実弾砲撃演習に抗議し、その中止と一日も早い廃止を求めてゲート前に立っている。
私たちは、好戦的なアメリカに際限もなく追随して軍備を拡大し、戦争への道を突き進む安倍政権の暴走に、言葉にできないほどの不安と怒りを覚えている。折しも、沖縄で頻発する米軍ヘリの事故を取り上げた野党議員の質問に、副大臣の一人が「それで何人死んだんだ」と野次を飛ばした。安倍政権が正体を見せた瞬間である。私たちは、人びとの安全はおろか命さえ差し出してアメリカに隷従する政権に、将来にわたる命運を握られていることになる。はらわたの煮えかえる思いである。
1 9 9 7年、沖縄の痛みを軽減するためという名目で北海道・矢臼別、宮城県・王城寺原、静岡県・東富士、山梨県・北富士、大分県・日出生台の5カ所に分散移転された1 5 5ミリ榴弾砲の実弾演習は、日出生台だけで1 3回目となる。
 大分県と由布市・玖珠町・九重町の4者で構成する日出生台演習場問題協議会(4者協) は、米軍の窓口となっている九州地方防衛局と演習の基本に関する覚書を5年前に交わしている。防衛局が演習のつど米軍指揮官に示して、「砲撃時間の短縮」、「米兵滞在期間の短縮」、「情報の開示」、「安全対策の徹底」の4点を順守させるためのものである。
 しかしこの間、米軍はたびたびその書面に込められた住民の思いを踏みにじって、多くの問題を引き起こしてきた。
 夜間砲撃を強行し、見学した民間人に引き金を引かせ、小銃や機関銃などを使用する小火器訓練を追加し、深夜に完全武装の車列部隊が演習場を出て、住民の生活道路を通行した。平和を創る行動に身を捧げて早世した元海兵隊員アレン・ネルソンさんは、生前、「殺人マシンとして鍛え抜かれた海兵隊員の身体は周りの動きに瞬時に反応する。それゆえ、うしろから音を立てずに海兵隊員に接近してはならない」と語ったが、その海兵隊の指揮官が住民の生活圏でジョギングしたことさえある。米兵の外出日程や演習に先立つ地元説明会など、住民の安心にとって最低限必要な情報すら、ここ3回、開示されなかった。住民の不安がどれほどのものか、あなたに想像できるだろうか。
 いたずらに危機を煽り、在任する六年間、防衛予算を増やし続けて、新年度、過去最大の5兆2千億円をそそぎ込むあなたが負うべき「この国の未来に対する重大な責任」の自覚があるとは思えない。
 平和外交をないがしろにして軍拡に邁進し、それによって政権の支持基盤・財界を肥え太らせているあなたに、「少しでもいい世の中にして次代に渡す」志などあるはずがない。
 私たちは、それぞれの場で取り組む定例デモなどで、安倍政治を許さない!、安倍はやめろ!と声を挙げている。

米軍の実弾砲撃演習を中止し、速やかに廃止せよ!
憲法9条に手をつけるな!
断じて武力に頼らず、平和外交を貫け!
アメリカのいいなりになるな!
日米地位協定を抜本的に見直せ!
すべての米軍基地をアメリカに返せ!

2018年2月4日
            日出生台演習場前抗議集会 参加者一同

f0345938_10565370.jpg
f0345938_10595182.jpg
f0345938_10592310.jpg
f0345938_10582415.jpg


f0345938_10584623.jpg

f0345938_11010162.jpg
f0345938_10572408.jpg
f0345938_10575402.jpg


by asyagi-df-2014 | 2018-02-09 07:28 | 新たな経験 | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧