沖縄-辺野古-沖縄 高江から-2019年8月26日

常に、目の前の『暴力』があるとしたら、やはり、闘いは厳しい。できることは。
「新基地建設が進む沖縄県名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブ沿岸では26日午前、K8護岸で消波ブロックの設置があった。大浦湾では土砂を積んだ運搬船から台船への積み替え作業があったが、K8・K9護岸への陸揚げ作業はなかった。新基地建設に反対する市民らは、カヌー7艇で作業を監視した。抗議船に乗って参加した高知県在住の男性(33)は『来る度に護岸工事が進んでいてショックだ。自分に何ができるか考えさせられる』と話した。」、と沖縄タイムス。


 沖縄で起こっていること、その現場の事実をきちんと確認すること。
 2019年も、琉球新報と沖縄タイムスの記事を、「沖縄-辺野古-高江-から」を、報告します。
 2019年8月26日、沖縄-辺野古-高江の今を、沖縄タイムス、琉球新報は次のように表した。


(1)沖縄タイムス-辺野古の新基地建設 大浦湾で埋め立て用土砂を積み替え 反対する市民ら作業を監視-2019年8月26日 14:24


 沖縄タイムスは、表題について次のように報じた。


①「新基地建設が進む沖縄県名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブ沿岸では26日午前、K8護岸で消波ブロックの設置があった。大浦湾では土砂を積んだ運搬船から台船への積み替え作業があったが、K8・K9護岸への陸揚げ作業はなかった。新基地建設に反対する市民らは、カヌー7艇で作業を監視した。抗議船に乗って参加した高知県在住の男性(33)は『来る度に護岸工事が進んでいてショックだ。自分に何ができるか考えさせられる』と話した。」
②「キャンプ・シュワブゲート前では午前、座り込む市民らを機動隊が排除し、資材を積んだ工事車両がゲート内に入った。市民らは『美ら海を返せ』『工事を止めろ』などシュプレヒコールを続けた。」


(2)沖縄タイムス-沖縄女性の入れ墨「ハジチ」禁止令から今年で120年 法令で「憧れ」が「恥」に変わった歴史【WEB限定】-2019年8月26日 16:30


 沖縄タイムスは、表題について次のように報じた。


①「沖縄にはかつて、女性が手に入れ墨を彫る『ハジチ』の文化があった。1899年、日本政府が入れ墨を禁止したことで、ハジチは『憧れ』から『排除』の対象に変わった歴史がある。禁止されてから今年で120年。専門家は『ハジチを通して、歴史や差別の問題を知ってほしい』と話す。」(デジタル部・與那覇里子)
②「ハジチは、琉球王国の時代から沖縄にあった。ハジチを入れることは、女性として当たり前で、厄払い、婚姻、内地に連れて行かれるのを防ぐなどの意味があった。結婚を前提として突いたハジチには、痛さを我慢するように、姑付き合いも辛抱できるようにとの意味も込められていた。」
③「ハジチを入れた女性たちの調査をしてきた都留文科大学の山本芳美教授は『【あんなきれいな手でご飯をつくっていたら、さぞおいしかろう】と男性たちがハジチのある女性の手に憧れも持っていました。女性たちは誰が一番美しい仕上がりか勝負もしていました。女性たちもあこがれていたようです』」。
④「しかし、日本政府は1899年(明治32年)、入れ墨を禁止する『分身禁止令』を出した。山本教授によると、ちょんまげやお歯黒なども禁止された日本の『文明開化』政策の一環だったという。『明治政府は、入れ墨が欧米の人の目に触れることを気にして、庶民の行動を規制しようとしていたことが背景にあると思います』と指摘する。」
⑤「この禁止令を機に、ハジチはあこがれから排除の対象に変わる。山本教授によれば、違反者は罰せられ、学校でハジチをして登校すれば、教師にしかられ、塩酸で焼くようにしたこともあったという。ハジチを理由に離婚されるケースも出てきていた。『インタビューでも、【前はすごくきれいな風に見えたけど、今はものすごくきたないね】という言葉がありました。制度によって、価値観がガラリと変わってしまいました』」
⑥「ハジチはタブー視され、恥の文化になり、差別を受けることもあった。ハジチを入れた女性はカメラに収まる時、手を隠すため、正面から写ることを避けたという。」⑦「山本教授は、海外のタトゥーの研究者たちが日本の入れ墨について話す時、アイヌと東京の彫り師の話に集中していることを危惧している。『アイヌや東京は、英語の論文で触れられていたりするんですが、沖縄は全くない。でも、ハジチほど、調査がされているものもないんです。調査の蓄積や厚みが違う。1980年代、ハジチを入れたおばあさんたちが亡くなろうとしてしたころ、行政が細かく記録を残しているんです。読谷村は沖縄本島だけで772人も調査しています。世界的にも沖縄の調査はまれです』」
自由民権運動の謝花昇の実の妹=1973年9月13日撮影(元の白黒写真)
⑧「そんなハジチの歴史を見つめ直すため、山本教授は10月から沖縄で『沖縄のハジチ、台湾原住民族のタトゥー』と題した企画展を始める。なぜ、台湾かと言えば、台湾にも原住民族は入れ墨の文化がありながら、沖縄と同じように施術を禁止された歴史をたどったからだ。一方で、台湾ではさまざまな形でタトゥーが復活しつつある。『沖縄と台湾の歴史と今から、現代日本のあり方を考えたいと思っています』
⑨「しかし、ハジチをしている女性がいなくなった今、なぜこのタイミングでの開催なのか。『ハジチをしている知り合いや生き証人がいないということは、歴史的な生々しさがない状態です。模様をロマンチックに思うかもしれない。差別の話も冷静に受け入れ、考えられるかもしれない。フラットな状況で、もう一度、沖縄のことを見つめ直したいんです』」
⑩「企画展では、ハジチを身近に感じてもらえるように、レプリカも用意した。ハジチは、おばあさんの手の写真しかなく、若い女性の手に入っているイメージがつきにくい。また、黄色人種は、墨を差すと肌では青色になるので、色も青で着色した。『急ピッチで準備を進めているところで、企画展のクラウドファンディングも募集しています。ぜひ、力を貸してください』」


(3)琉球新報-末の妹を置き去りにして逃げた 「水もなく乳も出ない…」母の苦悩を胸に 南洋へ慰霊の旅を続けるきょうだい-2019年8月26日 10:26


 琉球新報は、表題について次のように報じた。


①「母は山の中で生まれて間もない6人きょうだいの末っ子を岩のくぼみに置いて立ち去った。赤ちゃんのその後の行方は分からない。1944年6月、太平洋戦争で米軍がサイパンに攻め入り、穏やかな日常は一変した。激しさを増す艦砲射撃から逃げ惑う中、連れ添うほかのきょうだい3人を救いたい一心で母が下した決断だった。」
②「名前はさえこちゃん。当時4歳の次女崎浜洋子さん(80)=本部町=と2歳の三男秀晴さん(77)=同=は、その時の様子も妹の顔も覚えていない。35年前に亡くなった母が生前に幾度となく語り聞かせてくれたため、2人はサイパンでの悲惨な戦争体験を『記憶』としてとどめている。」
③「崎浜さん一家は漁師だった父を追い掛けて37年にサイパンに移住した。2年後には本部町に残っていた長男の秀市さんも来島し、洋子さんら3人が生まれた。秀市さんはサイパン実業高校、姉の和子さんはサイパン高女へ入学。将来が期待された。しかし秀市さんは卒業後、軍の整備員となり、戦争で生き別れた。どこで亡くなったか不明のままだ。」
④「『水もなく乳も出ない。このままではどのみち助からない。もしかしたら誰かに救われるかもしれない』。次男の秀司さんは避難中にはぐれてしまっていた。母は全員の死を覚悟しながらも、子どもたちを守るため赤ちゃんを手放した。その後、洋子さんと秀晴さんの2人は姉の和子さんに背負われたり手を引かれたりして、母と共に島の北端へと追いやられた。多くの人が崖から海へ身を投げていた。和子さんも飛び込もうとしたが、母が止めた。山中に引き返した後も和子さんは首をくくって死のうとした。この時、洋子さんは『洋子は死なないよ』と叫んだという。それが効いたのか和子さんは一命を取り留め、米兵に見つかった4人は収容所に入れられた。4カ月後、家族とはぐれていた秀司さんと再会を果たしたが、長男は帰ってこなかった。」
⑤「『生きている間は兄や妹を弔ってほしい』。長男秀市さんと末っ子のさえこちゃんを亡くした洋子さんと秀晴さんらきょうだいは母の遺言を胸に、慰霊の旅を40回以上続けてきた。一緒に母を支え、サイパンへの思いを寄せた次男の秀司さんも今年2月に87歳で亡くなった。秀晴さんは『戦争がなければ、母も苦労なんてしなかった』と75年の歳月を振り返る。」
⑥「『優秀で自慢だった長男』(洋子さん)を失った家族の悲しみは特に深く、母は自ら体験した戦争の悲惨さとともに反戦への強い思いを語り続けた。長兄を慕っていた秀司さんは教員となり『教え子を2度と戦場に送らない』との思いで教べんを取ってきた。姉の和子さんと洋子さんも教員になり、戦争の教訓を広げようと取り組んだ。」
⑦「サイパンとテニアンの戦闘終結から75年。基地の問題を巡り昭和天皇が『一部の犠牲はやむを得ぬ』との認識を示していたことが明らかになった。秀晴さんは『国を守るための一部の犠牲は戦争の時から続き、沖縄に負担を強いる構図が今も続いている』と憤る。」
⑧「復帰前から慰霊の旅を続け、戦争の教訓や平和への思いを発信してきた帰還者たち。しかし高齢化に伴い参加者は年々減少し、当時の学童たちは80歳を超えた。悲惨な戦争の記憶が薄れてしまわないか。懸念が膨らむ中で2度と同じ過ちを起こさないことを祈り続けている。」
(謝花史哲)
⑨「旧南洋群島サイパン・テニアンの戦闘終結から今年で75年がたった。戦争で犠牲となった家族が眠る、もう一つの古里。50回目の節目となる現地慰霊祭が27、28日開かれ、組織的な墓参りは終了する。慰霊の旅を続けてきた帰還者たちの思いを追った。」



by asyagi-df-2014 | 2019-08-26 18:20 | 沖縄から | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧
更新通知を受け取る