沖縄-辺野古-沖縄 高江から-2019年8月23日

こんな記事が取り沙汰されるとはどういうことなのか。
「【ワシントン共同】トランプ米大統領は20日、9月初めに予定していたデンマークのフレデリクセン首相との首脳会談を延期するとツイッターで発表した。米メディアによると、訪問自体を中止。世界最大の島グリーンランドの売却を拒否されたのが理由で、突然の訪問中止に買収への意欲が『本気だったのか』と驚きの声が広がっている。」、と沖縄タイムス。
背景として、「グリーンランドには米空軍の基地があるほか、中国も関心を示している。中国やロシアが天然資源の豊富な北極圏進出を進める中、グリーンランドの地政学的な重要性も高まっている。」(沖縄タイムス)があるとしても、米国大統領の手法は、余りにも、愚かである。


 沖縄で起こっていること、その現場の事実をきちんと確認すること。
 2019年も、琉球新報と沖縄タイムスの記事を、「沖縄-辺野古-高江-から」を、報告します。
 2019年8月23日、沖縄-辺野古-高江の今を、沖縄タイムス、琉球新報は次のように表した。


(1)沖縄タイムス-「いつまでも忘れないこと」 吉永小百合さん 対馬丸記念館へメッセージ 戦争で撃沈、犠牲の児童らに想い-2019年8月22日 19:56


 沖縄タイムスは、表題について次のように報じた。


①「対馬丸記念館(沖縄県那覇市)の開館15周年に当たる今年、記念館のプロモーションビデオでナレーションを吹き込んだ女優の吉永小百合さんが記念会にメッセージを寄せた。プロモーションビデオは対馬丸の沈没の経緯や記念館の概要などを伝える内容で、対馬丸記念会が吉永さんにナレーションを依頼。開館前からPR活動で使用されていた。」
②「吉永さんはメッセージの中で対馬丸で犠牲になった子どもたちについて触れ、『私達はしっかりと胸に刻んで、いまを生きる。いつまでも忘れないことが大切です。二度と戦争をしないという強い思いのなかで 吉永小百合』と色紙にしたためた。」
③「慰霊祭では、色紙と原寸大に印刷されたメッセージが参加者に配布され、受け取った人たちはじっくりと見入っていた。」
④「吉永さんは、過去に映画『あゝひめゆりの塔』(日活、1968年)で女学生を演じた。各地で原爆詩の朗読も長年続けている。」


(2)沖縄タイムス-トランプ米大統領「グリーンランド買いたい」→デンマーク「売らない」→訪問を延期-2019年8月22日 17:00


 沖縄タイムスは、表題について次のように報じた。


①「【ワシントン共同】トランプ米大統領は20日、9月初めに予定していたデンマークのフレデリクセン首相との首脳会談を延期するとツイッターで発表した。米メディアによると、訪問自体を中止。世界最大の島グリーンランドの売却を拒否されたのが理由で、突然の訪問中止に買収への意欲が『本気だったのか』と驚きの声が広がっている。」
②「デンマーク女王マルグレーテ2世の招待を受けて訪問の予定だったが、トランプ氏は『デンマークは素晴らしい人々が住む特別な国だが、首相はグリーンランド売買を話し合うことに関心がない』などと説明した。」
③「デンマーク領グリーンランドは北極海と北大西洋の間に位置し、米国はこれまでも買収を提案したことがある。米メディアが最近、トランプ氏が買収に関心を示していると報道。トランプ氏も18日、記者団に『大きな不動産取引だ』と認める一方「(今回のデンマーク訪問で)最重要課題ではない」と述べていた。」
④「グリーンランドには米空軍の基地があるほか、中国も関心を示している。中国やロシアが天然資源の豊富な北極圏進出を進める中、グリーンランドの地政学的な重要性も高まっている。」
⑤「トランプ氏のグリーンランド買収への関心を巡っては、デンマーク側では『売り物ではない』『冗談に違いない』と困惑や反発が広がっていた。」


(3)沖縄タイムス-「うるさくて眠れない」 米軍機が4日連続の深夜訓練 沖縄を守るためと司令官-2019年8月23日 15:24


 沖縄タイムスは、表題について次のように報じた。


①「米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)で22日も、午後11時半すぎに米軍機の飛行が確認された。同じ時間帯の飛行は19日から4日連続。宜野湾市が設置している『基地被害110番』では、『うるさくて眠れない』といった市民からの苦情が19日から21日まで18件に上った。」
②「騒音防止協定では、夜間早朝(午後10時から翌午前6時まで)の米軍機の飛行は制限されている。22日は午後11時53分、オスプレイ3機が着陸した。」
③「宜野湾市の松川正則市長は20日、普天間飛行場のデイビッド・スティール司令官との定期的な面談で、前回同様に夜間騒音の改善を要請したばかり。司令官は『沖縄の文化は大切にしたいが、日米安保に基づいて沖縄を守るための訓練』と述べたといい、普天間所属機であっても各部隊の訓練の管理権は司令官自身にはないと話したという。」
④「普天間飛行場では、外来機による日中の騒音も激化している。旧盆の初日と中日には最新鋭ステルス戦闘機F35やFA18戦闘機が離着陸した。」


(4)沖縄タイムス-底見えるトラックの土砂、少量でも満載と同じ支払い額? それとも適切? 辺野古新基地-2019年8月23日 07:39


 沖縄タイムスは、表題について次のように報じた。


①「名護市辺野古の新基地建設を巡り、名護市安和の桟橋と本部港塩川地区に業者が土砂をトラックで運び入れる際、荷台の底が見えるほど積載量が少量なケースが散見されている。」
②「新基地に反対する市民によると、昨年12月から今年にかけて複数回、運搬する土砂が少量のトラックが確認された。沖縄平和市民連絡会の北上田毅氏は『土量のチェックがずさんで、少ししか積んでいなくても満載と同様に費用が支払われているのでは』と指摘する。」
③「沖縄防衛局は沖縄タイムスに『土量は積み込んだ後に船上で確認している。業者は過積載に注意し、1台当たりの土量を適切に管理している』と説明した。」
④「一方、北上田氏は『土量を、トラック1台ずつ確認しないのは不自然だ。業者が土を少しずつ運べば燃料や人件費が増え、損をするはず。整合性も取れない』と疑義を呈している。」




by asyagi-df-2014 | 2019-08-24 15:04 | 沖縄から | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧
更新通知を受け取る