米国大統領、あなたは世界のトップリーダーとしての資質を欠いているよ。

 「世界のトップリーダーとしての資質を欠いていると断じざるを得ない。人種差別的な発言を繰り返し分断をあおるトランプ米大統領のことだ。」、との書き出しに頷いてしまった。
琉球新報(以下、「新報」)は2019年8月10日、「米大統領の差別発言 ヘイトクライム誘発する」、と社説で論評した。
「新報」は、その批判の根拠を次のように示す。


(1)7月には民主党の非白人女性下院議員4人に対し「世界最悪の国から来て、米政府はどうすべきか語っている。国に帰り、まず立て直してはどうか」とツイッターで攻撃した。4人の議員はそれぞれ、元ソマリア難民、プエルトリコ系、パレスチナ系、黒人。昨年の中間選挙で初当選した新人だ。この間、舌鋒(ぜっぽう)鋭くトランプ政権を批判してきた。
(2)米下院は「人種差別だ」と非難する決議を賛成多数で可決している。多数を占める民主党だけでなく、共和党からも賛同する議員が出た。
(3)それでもトランプ氏の暴言は収まらない。黒人のカミングス下院監視・政府改革委員長(民主党)に矛先を向けた。東部メリーランド州ボルティモアの地元選挙区について「ネズミがはびこり、吐き気がするめちゃくちゃな場所だ」とツイッターでののしった。下院監視・政府改革委はトランプ氏の不倫問題、長女イバンカさんらを起用する縁故主義、ロシア疑惑などを巡って追及を続けてきた。
(4)黒人運動の有力指導者アル・シャープトン師に対しても「白人と警官が嫌い」「詐欺師」とツイッターでこき下ろしている。


 これだけの差別発言を行って、そのままでいられることの方が不思議だ。
また、この差別発言が、自分の政治的地位を維持するための恣意的行為であることが明確なのだから、差別を再生産させることからより一層罪は重い。


 「新報」の批判続く。差別発言は、すでにヘイトクライムという意味で。


 トランプ氏は2017年の就任以来、さまざまな言動で物議を醸してきた。今回の差(1)別発言は象徴的だ。品格がみじんも感じられず、良識のかけらさえうかがうことができない。これが一般人なら実害は少ないのだろうが、世界最大の権力を持つ米国の大統領なのだから、問題は深刻だ。
(2)人種差別を容認するようなトランプ氏の態度は、白人至上主義者を勢いづけ、憎悪犯罪(ヘイトクライム)を助長、誘発する恐れが強い。
(3)南部テキサス州エルパソの商業施設で3日、白人の男が銃を乱射し、22人の死者を出した。男が投稿したとみられるインターネット上の「犯行予告」には「この攻撃は、ヒスパニックのテキサス侵略に対する返答だ」「移民は米国の未来に有害なだけだ」といった主張が見られた。
(4)男はツイッターでトランプ氏を称賛していたようだ。反移民政策を取るトランプ氏の姿勢が、男の行動に影響を及ぼした可能性がある。
(5)来年の大統領選に向けた支持者集会でトランプ氏は非白人女性議員4人について「米国が好きでないなら、出て行ってもらったらいい」と述べた。会場からは「送り返せ」の大合唱が起きた。
(6)こうした人々に支えられた大統領の誕生は、人権を尊重する意識が社会の中で薄れ、倫理観が崩れつつあることを示していよう。重大な懸念を抱かざるを得ない。


 最後に、「新報」は、「国民の分断を是正し差別のない社会を築くことは、国の指導者の務めだ。」、と断じる。


 安部晋三政権の暴挙を許してしまっている日本が、どれぐらい米国を批判できるのかという思いがないわけではない。
 しかし、米国に従うのを国是にしてしまっている日本の現状を見た時、やはり、強く抗議しなければならない。




by asyagi-df-2014 | 2019-08-18 06:27 | 書くことから-いろいろ | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧
更新通知を受け取る