沖縄-辺野古-沖縄 高江から-2019年7月29日

 大きな衝撃を受ける。
 今、世界が曲がり角に来ていることを痛感する。
琉球新報は、「米軍が先月、戦闘中の限定的な核兵器使用を想定した新指針をまとめていたことが28日、分かった。核爆発後の放射線環境下で地上戦をどう継続するかなどの課題にも言及している。核弾頭の小型化を進めるトランプ政権下で、通常戦力の延長線上に核戦力を位置付ける傾向もうかがえる。」、と伝える。
 黙っていたら止まらない。


 沖縄で起こっていること、その現場の事実をきちんと確認すること。
 2019年も、琉球新報と沖縄タイムスの記事を、「沖縄-辺野古-高江-から」を、報告します。
 2019年7月29日、沖縄-辺野古-高江の今を、沖縄タイムス、琉球新報は次のように表した。


(1)琉球新報-米軍、限定核使用へ新指針 放射線下の地上戦にも言及-2019年7月28日 18:52


 琉球新報は、表題について次のように報じた。


①「米軍文書「核作戦」のコピー。「核使用は戦闘領域を根本から変え、司令官が紛争でどう勝利するかを左右する状況をつくり出す」との記述(右上段)がある。」
②「米軍が先月、戦闘中の限定的な核兵器使用を想定した新指針をまとめていたことが28日、分かった。核爆発後の放射線環境下で地上戦をどう継続するかなどの課題にも言及している。核弾頭の小型化を進めるトランプ政権下で、通常戦力の延長線上に核戦力を位置付ける傾向もうかがえる。」
③「新指針は米軍統合参謀本部が6月11日付でまとめた内部文書『核作戦』。ホームページで一度公開した後、非公開にした。全米科学者連盟が保存し開示している。」
④「文書では『核使用は戦闘領域を根本から変え、司令官が紛争でどう勝利するかを左右する状況をつくり出す』などと力説している。」


(2)琉球新報-辺野古の現状、米で発信 県系2世の高校生与那嶺さん 各地で自作映像上映-2019年7月29日 06:30


 琉球新報は、表題について次のように報じた。


①「新基地建設が進む沖縄県名護市辺野古の現状と、それに反対し続ける県民の姿を描いた短編ドキュメンタリー作品『我した島ぬ宝(私たちの島の宝)』の上映会が、現地時間の26日、米カリフォルニア州オークランドで開催された。上演後、映像を制作したオレゴン州ポートランド在住で県系2世の高校生、与那嶺海椰さんがビデオ電話で登場すると、観客から大きな拍手が送られた。」
②「上映会はシカゴやホノルルなどに続き4都市目。会場には地域住民や県人会メンバーなど約50人が集まり、約30分の作品を真剣な表情で視聴した。」
③「企画したハワイ出身の県系3世ウェスリー上運天さん(58)は『方言札の歴史が物語るように県民は長い間沈黙を強いられてきたが、今、若い世代が声を上げ始めた。その声を映像メディアで発信する与那嶺さんの存在はとても大事だ』と若者の発信とソーシャルメディアでの広がりに期待を込めた。」
④「作品は現在ウェブ上で公開されており、ソーシャルメディアでは#RISEFORHENOKO(辺野古のために立ち上がろう)のハッシュタグで基地建設中止を呼び掛けている。」
⑤「上映会に駆け付けた県系4世の大学生、スティーブン与儀さん(23)は米市民は沖縄の米軍基地の現状をほとんど知らないと指摘した上で、『だからこそ情報を広げ、問題意識を共有することが大事。まずは対話の機会をつくりたい』と話した。」
 (大矢英代通信員)


(3)琉球新報-沖縄・今帰仁村で見つかったジュゴンの死因はエイのとげ 環境省と県、村が調査結果を公表-2019年7月29日 14:25


 琉球新報は、表題について次のように報じた。


①「環境省や県、今帰仁村は29日、今年3月に同村の運天漁港で見つかった国の天然記念物ジュゴンの死因について、オグロオトメエイのとげが腹部に刺さったことが原因だとする解剖結果を発表した。環境省によると、エイのとげによって腹腔(ふくくう)内が傷つけられ、腸管の内容物が漏れ出すなど、状態が悪化したことによって死亡した。明らかな骨折や外傷などは見つかっていない。」
②「ジュゴンの死骸は3月18日、運天漁港沖の防波堤に漂着しているのが発見された。頭部や胸びれに傷や出血があった。沖縄防衛局が沖縄近海で確認していた3頭のうち、同村沖を生息地とした『個体B』とされる。」
③「防衛局は6月、辺野古の新基地建設工事が環境に及ぼす影響を検討する「環境監視等委員会」で、ジュゴンの死に関し、工事の作業船による影響はないとの分析を報告している。」


(4)琉球新報-「国の責任問い続けたい」戦没者遺骨のDNA鑑定に向け説明会-2019年7月29日 10:24


 琉球新報は、表題について次のように報じた。


①「国が実施している戦没者遺骨のDNA鑑定に集団で申請しようと、沖縄戦遺骨収集ボランティア『ガマフヤー』は28日、沖縄県那覇市で説明会を開いた。5回目の今回は約20人の遺族が参加。ガマフヤーの具志堅隆松代表は『遺骨収集とDNA鑑定は国民を戦死させた国の責務。最後まで国の責任を問い続けたい』と語った。集まった申請は8月14日に厚生労働省に提出する。」
②「具志堅代表は『遺族の高齢化が進んでいる。遺骨だけでなく申請者も増やさなければならない』と話す。」
③「説明会に参加した読谷村の高校教諭知念勝美さん(49)は母勝子さん(88)の父の遺骨を探している。父は14歳だった勝子さんと名護市の多野岳付近で生き別れ、消息が分かっていない。形見のコートを今も大切に保管しているという。知念さんは『母は【もうすぐあの世で会うから】と言うけれど、見つかれば絶対に喜ぶはず』と望みを託す。」
④「説明会の質疑応答では、DNA鑑定に関して国や県の広報が不足しているという意見も出た。参加者は『県に積極的な広報を求める』とする決議を採択。具志堅代表が週内にも県に申し入れるという。」
⑤「鑑定申請の問い合わせはガマフヤー(電話)090(3796)3132。」


(5)沖縄タイムス-沖縄・ビーチの上空をオスプレイが低空飛行 住民が目撃-2019年7月29日 07:44


 沖縄タイムスは、「【読谷】米軍トリイ通信施設で28日午後6時すぎ、米軍普天間飛行場所属のMV22オスプレイ2機が離陸し、同16分ごろに渡具知ビーチ上空を低空飛行で通過する様子が確認された。また、北谷町の宮城海岸上空でも低空で飛行する様子を付近の住民が目撃した。普天間飛行場へ向かったと見られる。トリイへの飛来目的や訓練したかどうかは不明。同施設内の着陸帯は、米軍の環境レビューで物資輸送や緊急時に使用する『管理着陸帯』に区分されており、村や村議会は訓練目的での使用を認めていない。」、と報じた。


(6)沖縄タイムス-沖縄県、辺野古埋め立て承認案件を保留に 大浦湾側の着工けん制【深掘り】-2019年7月29日 14:00


 沖縄タイムスは、表題について次のように報じた。


①「名護市辺野古の新基地建設を巡り、県は国との裁判が終わるまで、埋め立て承認を前提とした沖縄防衛局のすべての申請の判断を裁判後に先送りする方針を決め、28日までに庁内の関係部署へ通知した。玉城デニー知事は19日、沖縄防衛局が提出しているサンゴ移植に必要な特別採捕許可の判断を見送る方針を明らかにした。これに加え、想定される今後の申請を包括的に保留する。」(政経部・屋宜菜々子、銘苅一哲)
②「大浦湾側の軟弱地盤の改良など、新基地建設を進める国の手続きをけん制する狙いがある。一方、こうした県の方針は、防衛局が昨年12月から進めている、辺野古側の埋め立てに直接の影響はない。このため、政府関係者は『工事の進行に深刻な影響を与える動きではない』と静観する構えだ。」
③「県は17日、国土交通相が埋め立て承認撤回を取り消した裁決を『国の違法な関与』とし、取り消しを求める訴訟を福岡高裁那覇支部に提起した。」
④「玉城知事ら県首脳は『判決が確定するまで申請内容の必要性を判断できない』との方針を決定。辺野古新基地建設問題対策課は、17日付で関係課長宛てに各種申請などの対応方針書を出した。裁判中に判断しない対象は(1)『県漁業調整規則』に基づく岩礁破砕等許可と特別採捕許可の両申請(2)海底の使用などに必要な『県公共用財産管理規則』に基づく公共用財産使用協議(3)千平方メートル以上の工事や土砂の堆積などで必要となる『県赤土等流出防止条例』に基づく事業行為通知に関する協議(4)外来生物の侵入防止条例に基づく届け出-。」
⑤「防衛局が辺野古側の埋め立てを終えた後、大浦湾側を埋め立てるためにはサンゴ7万4千群体の移植が必要だが、県が申請の可否を判断しなければ移植に着手できなくなる。」




by asyagi-df-2014 | 2019-07-29 18:44 | 沖縄から | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧
更新通知を受け取る