沖縄-辺野古-沖縄 高江から-2019年7月9日

「【東京】ハンセン病患者に対する国の隔離政策により、本人だけでなく家族も差別を受けたことを認めた熊本地裁判決について、政府は9日、控訴を見送る方針を決めた。同日午前の会見で根本匠厚生労働相は『(安倍晋三首相から)筆舌に尽くしがたい経験をした家族の労苦を長引かせるわけにはいかない。控訴断念の方向で検討するよう指示を受けた』と明らかにした。」、と琉球新報。
この控訴断念は、日本という国にとっての次の段階への道筋の一歩。


 沖縄で起こっていること、その現場の事実をきちんと確認すること。
 2019年も、琉球新報と沖縄タイムスの記事を、「沖縄-辺野古-高江-から」を、報告します。
 2019年7月9日、沖縄-辺野古-高江の今を、沖縄タイムス、琉球新報は次のように表した。


(1)沖縄タイムス-ハンセン病家族訴訟で控訴断念 安倍首相、方針固める-2019年7月9日 07:24


 沖縄タイムスは、「安倍晋三首相が、ハンセン病患者家族への差別被害を認め、国に損害賠償を命じた熊本地裁判決を受け入れ、控訴を断念する方針を固めたことが分かった。政府関係者が9日、明らかにした。」、と報じた。


(2)琉球新報-ハンセン病家族訴訟 国、控訴見送り 復帰前の沖縄の関係者への補償「コメントは控えたい」-2019年7月9日 10:29


 琉球新報は、表題について次のように報じた。


①「【東京】ハンセン病患者に対する国の隔離政策により、本人だけでなく家族も差別を受けたことを認めた熊本地裁判決について、政府は9日、控訴を見送る方針を決めた。同日午前の会見で根本匠厚生労働相は『(安倍晋三首相から)筆舌に尽くしがたい経験をした家族の労苦を長引かせるわけにはいかない。控訴断念の方向で検討するよう指示を受けた』と明らかにした。」
②「根本氏は『判決内容には一部受け入れがたい点もある』と述べ、異例の対応であることを強調した。」
③「一方、判決は沖縄で日本復帰前に行われた隔離政策に関しては国の責任を認めていないなどの問題点も指摘されている。復帰前の沖縄の関係者への補償などの対応について根本厚労相は『コメントは控えたい』と述べるにとどめた。」


(3)沖縄タイムス-沖縄、埋め立て土砂搬出作業続く 名護市辺野古の新基地建設 反対の抗議続く-2019年7月9日 12:46


 沖縄タイムスは、「沖縄県名護市辺野古の新基地建設で、沖縄防衛局は9日午前、同市安和や本部町塩川地区で、埋め立て土砂を辺野古へ搬出するための作業を進めた。それぞれの作業現場で、基地建設に反対する市民らが抗議した。名護市安和の琉球セメント桟橋付近では、土砂を積んだ車両が次々と敷地内の仮置き場に運び入れた。午前中のうちに、運搬船1隻が桟橋を離岸し、辺野古の基地建設現場へ向かった。本部町塩川地区でも運搬船への土砂搬入が確認された。」、と報じた。


(4)琉球新報-沖縄初、泡盛乾杯条例が可決 与那原町議会で全会一致 消費拡大につなげる狙い-2019年7月9日 14:11


 琉球新報は、「【与那原】泡盛で嘉例(カリー)―。琉球泡盛文化を次世代に継承しようと、与那原町議会(識名盛紀議長)は9日の町議会臨時会で、県内初の『与那原町琉球泡盛で乾杯を推進する条例』を全会一致で可決した。同日施行された。飲酒マナーを守り、個人の好みを尊重しながら町民や事業者に琉球泡盛での乾杯を呼び掛け、消費拡大につなげていく。照屋勉町長は『町内の公式行事は、できるだけ泡盛で乾杯したい。若者は食わず嫌いもあるかもしれないので、これを機に泡盛文化に親しめる機会を増やしていきたい』と話した。」、と報じた。


(5)琉球新報-ハンセン病家族「待ち望んだ」 長年の差別、晴れぬ思いも-2019年7月9日 13:21


 琉球新報は、表題について次のように報じた。


①「『待ち望んでいた』『声を上げてよかった』。ハンセン病家族訴訟で、国が損害賠償を命じた熊本地裁判決を受け入れる方針を示した。長年差別に苦しめられた末の闘いが報われ、喜びをかみしめる原告。遅すぎる救済に『気持ちは晴れない』との声も漏れた。」
②「鹿児島県奄美市の原告奥晴海さん(72)は9日朝、国の控訴断念方針をテレビで知って涙を流した。自分が幼いころ、療養所に入った母。小学校に通う際、ハンセン病患者の子であることを理由に、地域住民の激しい反対運動に遭った。」
③「『歴史的な決断だ。親子関係を取り戻すことはできないが、勇気を出してよかった』と声を震わせた。」


(6)琉球新報-コアジサシ数百羽繁殖 沖縄の泡瀬干潟で過去最大規模 野鳥の会「見守って」-2019年7月9日 11:06


 琉球新報は、表題について次のように報じた。


①「【沖縄】環境省レッドリストで絶滅危惧Ⅱ類に位置付けられる夏の渡り鳥コアジサシが数百羽、沖縄市の泡瀬干潟に飛来し繁殖しているのが2日、確認された。沖縄野鳥の会によると、同干潟で過去最大の繁殖とみられる。アジサシ類は人が近づくと巣を放棄することがあり、同会は注意を呼び掛けている。コアジサシの様子を写真で紹介する。」  (金良孝矢)
②「コアジサシは全身が白っぽく、くちばしは黄色。『チャッ、チャッ』などと鳴きながら飛び回ったり、卵を温めたり、ひなに小魚を与えたりしていた。飛来した5月ごろは埋め立て作業地で営巣していたが、泡瀬通信施設側にある砂州に移動し大繁殖したという。」
③「同会は子育て地域に立ち入り禁止を求める看板を設置。山城正邦会長は『鳥に影響がないよう見守ってほしい』と呼び掛けた。2日に観察した泡瀬干潟博物館カフェ・ウミエラ館の屋良朝敏館長は『無事に育って、また来年も来てほしい』と願った。」



by asyagi-df-2014 | 2019-07-09 17:26 | 沖縄から | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧
更新通知を受け取る