『宮森小墜落事故60年』だということ。

 米軍のジエット戦闘機は、1959年6月30日午前10時40分ごろ、石川市(現うるま市)の住宅地域に墜落炎上し、宮森小学校の校舎に激突した。
2019年6月30日、墜落から60年を迎えた。


 「経験」を語り続けること。
 「経験」を未来に繋ぐことができること。
このことが問われている。
 『私たちは、死にたくなかった』、との死者の声を未来に紡いでいくために。


あらためて、『宮森小墜落事故60年』を考える。
2019年6月30日、沖縄タイムス(以下、「タイムス」)は「[宮森小墜落事故60年]悲しみを平和への力に」、琉球新報(以下、「新報」)は「宮森小墜落事故60年 危険な状況は変わらない」、と社説で論評した。
この二紙で「宮森墜落事故60年」を考える。
 この中で、まず、確認できること。


(1)事故後の米軍の対応は不誠実極まりないものであったこと。米軍は事故原因を『故障による不可抗力』と発表した。
(2)しかしその後、米空軍がまとめた事故調査報告書では、事故の「最大の要因は整備ミス」で、人為的な原因だったと結論付けていたこと。
(3)それも、整備不良だったのに整備監督者が飛行を認め、燃料が漏れてエンジン熱で引火したこと。


 「タイムス」と「新報」は、事故の様子を次のように伝える。


 「沖縄戦が終わって14年、戦場の辛酸をなめ尽くした人々が、ようやく生活の落ち着きを取り戻したころだった。1959年6月30日午前10時40分ごろ、嘉手納基地を離陸した米軍のジエット戦闘機が、石川市(現うるま市)の住宅地域に墜落炎上し、宮森小学校の校舎に激突した。死亡17人(児童11人、一般6人)、重軽傷210人(のち
後遺症で1人死亡)。全焼した教室のがれきと灰の中から見つかった4年生の女の子は、判別がつかないほど全身にやけどを負い、黒焦げの状態で命を落とした。墜落の衝撃でとっさに『戦争が来た』と叫び、教室の窓から逃げた男の子もいる。生き残った子どもたちには長くトラウマ(心的外傷)が残った。」(「タイムス」)

 「ミルク給食を待っていた児童たちを突然、ごう音と火の玉が襲った。死者18人、重軽傷者210人を出した石川市(現うるま市)の宮森小学校米軍ジェット機墜落から60年がたった。人為的ミスによる事故だったにもかかわらず原因は伏せられ、事故後の賠償も不十分だった。米施政権下の沖縄で、住民の命が軽んじられた象徴的な事故だ。そんな理不尽な戦後史を伝え続けなければならない。墜落事故は1959年6月30日に起きた。嘉手納基地所属の米軍ジェット機F100が石川市の住宅地に墜落し、衝撃で跳ね上がった機体が宮森小に突っ込んだ。犠牲者のうち児童は12人だった。パイロットはパラシュートで脱出し、けがはなかった。事故後の米軍の対応は不誠実極まりない。米軍は事故原因を『故障による不可抗力』と発表した。しかしその後、米空軍がまとめた事故調査報告書では、事故の「最大の要因は整備ミス」で、人為的な原因だったと結論付けていた。整備不良だったのに整備監督者が飛行を認め、燃料が漏れてエンジン熱で引火した。」(「新報」)


 また、この事故の背景にある米軍の理不尽さについて、米軍統治下の沖縄で起きた最大の墜落事故から60年になるにもかかわらず、「事故原因や損害賠償の交渉経過などがようやく明らかになった。」、と「タイムス」は指摘する。


(1)「思い出したくない」「そっとしてほしい」-事故について語るのを避け、口を閉ざしていた遺族が「忘れたくない」「忘れてほしくない」という気持ちを抱くようになったのは、単に時間の経過がそうさせただけではない。
(2)関係者がNPO法人「石川・宮森630会」を結成し、資料館の設置や証言集の発行など、積極的に記憶の継承に取り組んできたからだ。事故の全容解明作業に大きな転機をもたらしたのは、米公文書館所属の資料などを翻訳した「資料集 石川・宮森の惨劇」の出版である。


 「タイムス」は、「事故原因や損害賠償の交渉経過などがようやく明らかになった。」、と続ける。


(1)米軍は当初、「突然のエンジントラブルで、不可抗力だった」と語り、責任を認めなかった。だが、当時公表されることのなかった米軍内部の調査結果は「整備過失(メンテナンスエラー)」が事故の主な原因であることを認めていた。整備における注意義務違反が幾重にも重なった末に、大惨事を招いたのである。
(2)被害の適正補償を求める運動は、政党、団体などを網羅する形で燃え広がった。軍用地問題を巡って「島ぐるみ運動」を展開し、米軍から譲歩を引き出した組織・団体は、宮森小事故を巡っても「島ぐるみ運動」を組織し、交渉を進めた。
(3)米軍側と被災者の主張の隔たりが大きく、補償交渉は難航した。60年にアイゼンハワー米大統領の来沖や日米安保条約の改定を控えていたことから、米軍は反米感情が高まるのをおそれ、政治的な決着を優先させた。


 「新報」もまた、米軍の理不尽さと日本政府の主権喪失の様子を、次のように指摘する。


(1)人為的ミスによる事故だったにもかかわらず原因は伏せられ、事故後の賠償も不十分だった。米施政権下の沖縄で、住民の命が軽んじられた象徴的な事故だ。そんな理不尽な戦後史を伝え続けなければならない。
(2)墜落事故は1959年6月30日に起きた。嘉手納基地所属の米軍ジェット機F100が石川市の住宅地に墜落し、衝撃で跳ね上がった機体が宮森小に突っ込んだ。犠牲者のうち児童は12人だった。パイロットはパラシュートで脱出し、けがはなかった。
(3)事故後の米軍の対応は不誠実極まりない。米軍は事故原因を「故障による不可抗力」と発表した。しかしその後、米空軍がまとめた事故調査報告書では、事故の「最大の要因は整備ミス」で、人為的な原因だったと結論付けていた。整備不良だったのに整備監督者が飛行を認め、燃料が漏れてエンジン熱で引火した。
(4)そもそも墜落したF100戦闘機は開発段階から事故を繰り返し、47人のパイロットが死亡する“欠陥機”であった。しかし、事故原因も欠陥機であることも沖縄の人々に説明されることはなかった。事故の概要が分かるのは石川・宮森630会が地道に米軍資料や証言収集に取り組んできたことが大きい。
(5)60年前のこの事故は決して過ぎた出来事ではない。沖縄が日本に復帰してから今に至るまで米軍機の事故は相次ぎ、悲劇を生む構造は何も変わっていないからだ。


 「タイムス」と「新報」は、最後に、このように日本という国に投げかける。


「宮森小墜落事故から60年。何が変わったというのだろうか。当時、巡回教師として遺体安置所を担当した豊濱光輝さんは証言集3に一文を寄せ、こう締めくくっている。『亡くなった18人に今、言いたいことはありませんかと聞いたら、次の言葉が返ってくると思います。『私たちは、死にたくなかった』と。18人の無念の死と好対照なのは、パイロットが直前にパラシュートで脱出し、無事だったことである。基地を巡る沖縄の現実は今なお、あまりにも理不尽だ。」(「タイムス」)

「ことし6月4日、浦添市の中学校に米軍ヘリが羽についているゴムシートを落下させた。2017年12月には普天間第二小学校の運動場に約8キロもある米軍ヘリの窓が落ちた。その前には宜野湾市の保育園の屋根に米軍機の部品が落下している。幸いけが人はなかったが、子どもたちの上に落ちていたらどうなっていたか。これだけの事故が繰り返されながら、米軍の対応は60年前と同じだ。事故後も、原因を究明し公表する前に飛行訓練を再開し、学校の上空を飛び交っている。保育園の事故に至っては、部品が米軍の物だとは認めたが、落としてはないと主張している。米軍普天間飛行場にMV22オスプレイを配備する際も、防衛省は『事故率は他機種より低い。飛行時間の増加に伴い(事故率は)低下する』と説明してきた。しかし10万時間当たりのクラスA(重大)事故は配備時の12年の1・65から18年には2・85と逆に増えた。16年の名護市安部への墜落事故は記憶に新しい。日米両政府は宮森小の悲劇から何も学んでいないのではないか。県民の命は今も危険にさらされ続けている。」(「新報」)
 


 さて、私たち自身は、「宮森小墜落事故60年」をどのように受け取ることができたのか。
 




by asyagi-df-2014 | 2019-07-15 06:53 | 書くことから-いろいろ | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧
更新通知を受け取る