沖縄-辺野古-沖縄 高江から-2019年5月23日

 沖縄の米軍基地被害。
 どれくらい共有できているのか。
「在沖縄米軍は22日、沖縄県の津堅島訓練場水域で今月3度目のパラシュート降下訓練を実施した。沖縄防衛局によると、恐らく『1カ月間に実施された回数としては最多』。今年に入って津堅島では4度目。訓練は23日にも予定されている。」(沖縄タイムス)
「沖縄防衛局によると、21日に米軍普天間飛行場に2機が飛来。宜野湾市と県が実施している米軍機の騒音調査では、着陸した時刻に当たる午後2時42分ごろに上大謝名で99・9デシベル、離陸した時刻に当たる午後6時10分ごろには、野嵩で105・8デシベル、新城で103・8デシベルを測定した。」(沖縄タイムス)。
 しかも、パラシュート降下訓練については、「うるま市議会は20日の臨時会で『度重なる訓練の実施は、いかなる理由があるにせよ到底容認できない』などとする抗議決議を全会一致で可決したばかりだった。」(琉球新報)というのだから、許されないこと。


 沖縄で起こっていること、その現場の事実をきちんと確認すること。
 2019年も、琉球新報と沖縄タイムスの記事を、「沖縄-辺野古-高江-から」を、報告します。
 2019年5月23日、沖縄-辺野古-高江の今を、沖縄タイムス、琉球新報は次のように表した。


(1)琉球新報-津堅でパラシュート訓練 嘉手納に続き きょうも予定、3日連続-2019年5月23日 05:00


 琉球新報は、表題について次のように報じた。


①「【うるま】米軍は22日午後、うるま市の津堅島訓練場水域で、横田基地所属機のC130Jを使用したパラシュート降下訓練を実施した。午後0時40分から1時13分にかけて、兵士計8人が降下した。同水域での降下訓練は今月3回目で、今年に入って4回目。県基地対策課によると、統計を取り始めた1997年以降、この水域で1カ月間に3回実施されるのは初めて。米軍は23日午後7~10時にも津堅島沖で訓練するという航空情報(ノータム)を出しており、実施されると3日連続になる。」 
②「うるま市議会は20日の臨時会で『度重なる訓練の実施は、いかなる理由があるにせよ到底容認できない』などとする抗議決議を全会一致で可決したばかりだった。」
③「うるま市は米軍が22、23の両日、同水域を使用し演習するとの連絡を、沖縄防衛局から10日に受けていた。同市は中止するよう防衛局に働き掛けていたが、訓練は強行された格好だ。」
④「ノータムには24日も降下訓練をするとの情報が出ていたが、現在は削除されている。」


(2)沖縄タイムス-岩国の米軍戦闘機 沖縄に連日飛来 爆音まき散らす-2019年5月23日 07:49


 沖縄タイムスは、表題について次のように報じた。


①「米軍のFA18戦闘機が21、22の両日、沖縄県内の米軍基地に相次いで飛来した。」
②「沖縄防衛局によると、21日に米軍普天間飛行場に2機が飛来。宜野湾市と県が実施している米軍機の騒音調査では、着陸した時刻に当たる午後2時42分ごろに上大謝名で99・9デシベル、離陸した時刻に当たる午後6時10分ごろには、野嵩で105・8デシベル、新城で103・8デシベルを測定した。」
③「22日は、米軍嘉手納基地に午後3時43分までに2機が飛来し、模擬弾が積まれているのが確認された。午後6時に離陸した。沖縄近海の訓練区域に向かったとみられる。F18戦闘機は米軍岩国基地(山口)に配備されている。」


(3)沖縄タイムス-原発と基地「同じ構図」 俳優の中村敦夫さん、国の姿勢批判 朗読劇で危険性を告知-2019年5月23日 08:09


 沖縄タイムスは、表題について次のように報じた。


①「元参院議員で俳優の中村敦夫さん(79)の朗読劇『線量計が鳴る-元原発技師のモノローグ』が23日から県内3カ所で開催されるのを前に、中村さんのトーク&サイン会が22日、ジュンク堂書店那覇店で開かれた。中村さんは『経済的に弱い地域が犠牲になって危険を引き受ける構図は、原発も基地も同じだ』と訴えた。」
②「1998年に議員になって以降、チェルノブイリ原発事故が起きたウクライナを視察するなど環境や原発問題を提起し続けてきたという。『人類は生物の一種にもかかわらず、環境汚染や原発など生命を破滅するようなことをしている』と強調した。」
③「福島の原発事故が起きても、責任の所在や莫大(ばくだい)な事故処理費用の負担先などが明確になっていないとし、『肝心なところまでごまかす異常体質の国となっている』と指摘。問題の本質が埋没されないよう『表現者の一人として、告知する責任を感じた』と芝居を手掛けた理由を述べた。」
④「沖縄では、米軍が沖縄戦で上陸したまま今も続いて駐留しているのは『沖縄への差別。日本の他の地域との扱いの差があまりにも大きい』と指摘し『沖縄が独立してもおかしくない』と話した。」
⑤「福島の原発事故を語ることによって『沖縄に置かれている構図も同時に分かってもらえる』とし、沖縄県民に芝居を見てどう思うかを考えてもらいたいと来場を呼び掛けた。上演の日程は、23日が那覇市の桜坂劇場、24日が北谷町のちゃたんニライセンターカナイホール、25日が名護市民会館中ホール。開演時間はいずれも午後6時半。入場料は一般2千円(当日券2500円)、高校生以下千円(当日券のみ)。問い合わせは、電話090(1818)8129(小林)。」


(4)沖縄タイムス-米軍がパラシュート降下訓練 沖縄で今月3度目 地元の中止要請無視-2019年5月23日 08:02


 沖縄タイムスは、表題について次のように報じた。


①「在沖縄米軍は22日、沖縄県の津堅島訓練場水域で今月3度目のパラシュート降下訓練を実施した。沖縄防衛局によると、『恐らく1カ月間に実施された回数としては最多』。今年に入って津堅島では4度目。訓練は23日にも予定されている。」
②「22日午後0時40分~同1時15分の間に、MC130特殊作戦機から8人が降下したとみられる。」
③「同水域は定期船や漁船が航行しており、市や県は訓練に反対している。21日にはうるま市議会が防衛局を訪れ訓練を実施しないよう求めていた。与那城町漁業協同組合の玉榮將幸組合長は『ここ数年訓練の回数が増えているようだ。このままなし崩し的に訓練が恒常化すれば、われわれの仕事や生活に影響が出かねない』と懸念した。」
④「21日午後4時43分には事前の通報がないまま24日の訓練予定が航空情報(ノータム)に記載されたが、22日午前までに削除された。同水域での訓練は実施の7日前までに防衛局を通じて市や県に訓練通報することが日米で定められている。」
⑤「米軍は21日、周辺自治体が反対するなか嘉手納基地で降下訓練を実施し反発を招いていた。」


(5)琉球新報-パラシュート降下訓練に抗議 謝花・沖縄副知事「当日はダイビングもできる天気だった」 悪天候を理由にした米側説明に反論-2019年5月23日 12:20


 琉球新報は、表題について次のように報じた。


①「謝花喜一郎副知事は23日午前、県庁に川村裕外務省沖縄担当大使、田中利則沖縄防衛局長を呼び、21日に嘉手納基地で実施された米空軍によるパラシュート降下訓練に抗議した。」
②「川村大使は米側から『当初は伊江島での訓練を計画していたが波の高さなど悪天候を理由に伊江島での訓練実施は困難』との説明があったことを明かした。田中局長は『当時、波は2、3メートルあり、救命ボートの運用ができなかった』と述べた。」
③「謝花副知事は『判断が米側に委ねられている。訓練当時はダイビングも行える天気だった。もう一度日米合同委員会で議論するなどしてほしい』と求めた。謝花副知事は24日も米軍と米総領事館に要請をする予定。」


(6)琉球新報-沖縄防衛局、遅延損害金905万円の支払いを拒否 08年米兵タクシー強盗致死事件-2019年5月23日 10:17


 琉球新報は、表題について次のように報じた。


①「2008年に沖縄市で発生した米軍人2人によるタクシー強盗致傷事件で、沖縄防衛局は22日、那覇地裁沖縄支部が支払いを命じた損害賠償約2642万円のうち、遅延損害金分の約905万円の支払いはできないと被害者側に回答した。その上で『遅延損害金を除いた金額を受領し、以後異議を申し立てない』よう求めたという。被害者側は受け取りに応じなかった。」
②「遅延損害金は支払い完了まで発生する利息で、事件発生日が起算点となっている。被害者側は発生から10年以上経過していることを問題視。国の対応の遅さに対する責任を求めたが、防衛局は『遅延損害金については、加害者本人の延滞責任であるため、被害救済とは別であると考えている』と説明したという。」
③「判決は米軍人2人に遅延損害金を含めた賠償支払いを命じた。判決確定を受け、被害者側は米側による見舞金と賠償額の差額を日本政府が穴埋めする『SACO見舞金』の支払いを、沖縄防衛局に請求していた。」
④「被害者側の代理人弁護士は『遅延損害金は日本の法律が認めた被害だ。事件への対応が放置され、補償が遅延したことに被害者側には何の過失もない』と反論したが、防衛局側は『承諾しなければ見舞金は支払えない』と述べたという。」


(7)沖縄タイムス-米軍基地の一部、31日に引き渡し 沖縄防衛局が地主に伝える-2019年5月23日 08:52


 沖縄タイムスは、表題について次のように報じた。


①「2015年9月30日に返還された、沖縄県読谷村の米軍トリイ通信施設の一部土地(約3・8ヘクタール、読谷村大木・大湾)について、沖縄防衛局は22日、読谷村内の大木公民館で地権者への説明会を開き、31日に引き渡すと伝えた。不発弾探査など土地の支障除去措置は終えている。地主会は組合を設立し、同返還地で土地区画整理事業を実施する。」
②「防衛局によると、返還地は土壌汚染対策法で規定された特定有害物質は、全て基準に適合していた。油汚染土は、約1900平方メートルを処分。不発弾探査は3発の不発弾と約40発の小銃弾などを確認し、処理した。」
③「同村大木・大湾地区跡地利用推進地主会の砂辺松元会長は『支障除去も終え、安心して区画整理事業の実施に取りかかれる』と話した。同村は『地主の皆さんの跡地利用を推進していきたい』と語った。」


(8)沖縄タイムス-水道水から有害物質検出 那覇・新都心で26・86ナノグラム 名護の100倍 2007年に岩手の研究所が調査 原因、米軍基地の可能性も-2019年5月23日 09:14


 沖縄タイムスは、表題について次のように報じた。


①「2007年に全国124カ所で実施された水道水調査で、北谷浄水場が給水元となる那覇市新都心公園の水道水の有機フッ素化合物PFOS(ピーホス)とPFOA(ピーホア)の合計値が1リットル当たり26・86ナノグラムとなり、名護浄水場が給水する名護市久志の同0・25ナノグラムの約100倍だったことが分かった。浄水場を管理する県企業局がPFOS・PFOAの計測を始めた16年以前から、県民に供給されていた水道水に有害物質が流出していた可能性がある。」                  (社会部・松田麗香)
②「保健や衛生に関する試験検査を実施している岩手県環境保健研究センターが、全国の水道水中の有機フッ素化合物を調査。北海道から東北ではPFOSの値が低く、関東以南の都市で汚染が進行していた。近畿のある都市はPFOAが同35・1ナノグラムだった。」
③「環境調査団体『インフォームド・パブリック・プロジェクト』の河村雅美代表が情報開示請求し入手した。」
④「県内では、北中城村のキャンプ瑞慶覧、那覇市おもろまちの新都心公園、名護市久志、糸満市摩文仁の県平和祈念公園の4カ所を計測。新都心公園と同じく北谷浄水場から給水するキャンプ瑞慶覧は同16・62ナノグラム、西原浄水場から給水する平和祈念公園は同0・42ナノグラムで、北谷浄水場からの水道水が比較的高濃度だった。」
⑤「県内では、企業局が16年1月に米軍嘉手納基地周辺を流れる河川を水源とするポンプ場や北谷浄水場からPFOSが高濃度で検出されたと発表し、汚染が発覚。企業局は17年度、約1億7千万円をかけてPFOSやPFOAの吸着効果がある活性炭フィルターを設置した。フィルター設置前(15年度)の北谷浄水場などの最高値は同120ナノグラムだったが、18年度は同63ナノグラムとなっている。」
⑥「河村代表はPFOS・PFOAが含まれた消火剤が1970年代から県内の米軍基地で使われていたことを挙げ、県内の汚染は基地由来である可能性を指摘。『有害物質の汚染は、発生から市民が問題を認識するまでに時間がかかる場合がある。県は、まだ明らかになっていない有害物質の実態も考慮し、危機感を持つべきだ』と話した。」
⑦「PFOS・PFOA 泡消火剤や油圧作動油などに利用されていた残留性の有機フッ素化合物。2000年ごろから体内がんや胎児・乳児の発育障害の原因となる恐れが指摘され、国内で製造・使用が禁止された。一方、水道水などの汚染の規制値は国内にはない。県内では企業局が16年1月、米軍嘉手納基地周辺を流れる河川を水源とするポンプ場や浄水場から高濃度で検出されたと発表した。同年2月には普天間飛行場周辺の湧き水からも検出されている。」


(9)沖縄タイムス-「水は安全か」 住民から不安の声 自治体に確認相次ぐ 北谷浄水場からの水 基準値以下に浄化-2019年5月23日 10:16


 沖縄タイムスは、表題について次のように報じた。


①「人体に有害な影響が指摘されている有機フッ素化合物が北谷浄水場の水源から検出されていることなどを受け、供給先の中南部7市町村には、住民から『水道水は安全なのか』『うちの水道水はどの浄水場から来ているのか』などの問い合わせが寄せられている。自治体側は『(PFOSやPFOAについては)県企業局が米国の基準以下に浄水しており、安全性に問題はない』と説明している。」
②「北谷浄水場からの水が市内全域に届く宜野湾市には、17~22日までに市民からの電話が少なくとも20件あり『保護者にどう説明したらいいか』と尋ねる保育事業者もいたという。同じく全域が北谷浄水場の供給先に当たる北谷町は、同期間に約10件の問い合わせがあった。」
③「沖縄市、北中城村、中城村は北谷浄水場と石川浄水場の両方から供給を受けており、沖縄市では『石川浄水場の水に変えてほしい』との声もあったという。」
④「北谷浄水場と西原浄水場の2浄水場から給水される那覇市でも、『うちはどの浄水場の水か』との問い合わせが10件確認された。市によると、北谷浄水場の供給先は那覇新都心地域を含め約11万人(今年3月時点)。同じく2浄水場が給水元の浦添市は同様の問い合わせが数十件寄せられた。」
⑤「嘉手納町は全域が北谷浄水場ではなく石川浄水場から給水しているが、住民の不安を考慮し、今後の広報誌で改めて周知する予定だ。」


(10)沖縄タイムス-米国は州が厳しい基準 水源の有害物資PFOS・PFOA 日本は規制値なし 専門家「沖縄県民の健康問題」 安全値再考求める-2019年5月23日 10:22


 沖縄タイムスは、表題について次のように報じた。


①「各地で汚染が判明しているPFOS・PFOAだが、国内での規制値はない。県企業局は米国環境保護庁(EPA)の生涯勧告値1リットル当たり合計70ナノグラムを目安としている。同勧告値は『1日2リットルを70年にわたって飲んでも健康に影響しない』という基準だが、米国では近年、規制値が高すぎるとして独自に厳しい飲用水の基準を設定したり、提案されたりしている州もある。」
②「米国の非営利団体『天然資源防護協議会(NRDC)』のまとめによると、基準を設定しているのはミシガン州とカリフォルニア州でそれぞれPFOSが8ナノグラムと13ナノグラム、PFOAは9ナノグラムと14ナノグラム。独自の基準が提案されている州はニュージャージー州(PFOS13ナノグラム、PFOA14ナノグラム)、ミネソタ州(同15ナノグラム、同35ナノグラム)、バーモント州(PFOSなどを含む5種類の有機フッ素化合物の合計20ナノグラム)。どの州も勧告値を大幅に下回っている。」
③「環境調査団体『インフォームド・パブリック・プロジェクト』の河村雅美代表は『汚染は県民の健康の問題であることを認識し、県や企業局は安全値を見直す必要がある』と話している。」


(11)沖縄タイムス-「例外的措置」撤廃を パラシュート降下訓練で嘉手納町議会が抗議決議可決-2019年5月23日 11:31


 沖縄タイムスは、表題について次のように報じた。


①「【嘉手納】嘉手納町議会(徳里直樹議長)は23日、臨時議会を開き、21日に米軍が嘉手納基地で強行したパラシュート降下訓練に抗議する決議と意見書の両案を全会一致で可決した。日米合同委員会で『例外的措置』として確認されている同基地での降下訓練の禁止と例外的措置の撤廃を求めた。午後に沖縄防衛局を訪れ意見書を手交する。」
②「抗議決議と意見書では、21日の嘉手納町は最大瞬間風速約12メートルの風が吹いており『(訓練は)居住地上空を横切り、一歩間違えれば重大な事故につながりかねない』と批判。例外的措置に関して『日米合意の解釈を巡る問題が根本的な解決に至っていない』とし、日米両政府に問題解決に早急に取り組むことを求めている。」
③「また、米空軍353特殊作戦群の駐機場の拡張工事に伴い、MC130特殊作戦機が今年2月から住宅地に近接する元駐機場『パパループ』に駐機している問題にも抗議。エンジン調整などの地上騒音に住民が悩まされていることから、パパループに駐機させないことも求めた。」


(12)沖縄タイムス-酒絡み米兵逮捕続発 車の窓破壊、飲酒検知を拒否-2019年5月23日 12:24


 沖縄タイムスは、表題について次のように報じた。


①「沖縄署は12日、知人女性の車のガラスを割ったとして、米軍キャンプフォスター所属の海兵隊員ジョセフ・テイラー・ハード容疑者(21)を器物損壊容疑で逮捕。また同日、軍嘉手納基地所属の一等軍曹クリストファー・リー・ロックハルト容疑者(36)を道交法違反(飲酒検知拒否)の疑いで現行犯逮捕するなど、米兵がらみの事件・事故が相次いだ。」
②「ハード容疑者の逮捕容疑は同日午前4時35分ごろ、北谷町北谷にあるアパートの駐車場に駐車していた知人女性(20)=北中城村=の車のリアガラスを手拳で割った疑い。同署によると、発生当時、同容疑者の呼気から酒気帯び程度のアルコールが検出された。」
③「ロックハルト容疑者の逮捕容疑は同日午前1時25分ごろ、北谷町宮城の路上で乗用車を運転していた同容疑者が警察官による飲酒検知を拒否した疑い。署によると、巡回中の警察官が接近運転をしていた車を停止させ職務質問しようとしたところ、同容疑者から酒の臭いがしたという。」




by asyagi-df-2014 | 2019-05-23 17:47 | 沖縄から | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧
更新通知を受け取る