沖縄-辺野古-沖縄 高江から-2019年3月18日

 琉球新報の2019年3月18日の「『辺野古移設固執で普天間の危険性放置は許されない』 新基地建設断念を求める県民大会」「業場予定地にも軟弱地盤 辺野古埋め立て ケーソン仮置き場」の二つの見出しよりも、「なぜ怒っているのか分からないのか… 騒音『人体への影響は立証されてない』 防衛局長の発言が波紋」との見出しが目に焼き付くし、心に刺さる。
 この国の官僚の劣化はすさまじい。


 琉球新報の2019年3月18日の「『辺野古移設固執で普天間の危険性放置は許されない』 新基地建設断念を求める県民大会」「業場予定地にも軟弱地盤 辺野古埋め立て ケーソン仮置き場」の二つの見出しよりも、「なぜ怒っているのか分からないのか… 騒音『人体への影響は立証されてない』 防衛局長の発言が波紋」との見出しが目に焼き付くし、心に刺さる。
 この国の官僚の劣化はすさまじい。

 沖縄で起こっていること、その現場の事実をきちんと確認すること。
 2019年も、琉球新報と沖縄タイムスの記事を、「沖縄-辺野古-高江-から」を、報告します。
 2019年3月18日、沖縄-辺野古-高江の今を、沖縄タイムス、琉球新報は次のように表した。


(1)琉球新報-作業場予定地にも軟弱地盤 辺野古埋め立て ケーソン仮置き場-2019年3月18日 05:00


 琉球新報は、表題について次のように報じた。


①「米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古の新基地建設で、埋め立て区域外の北の海域で三つ設置予定だった『海上作業ヤード』の建設を沖縄防衛局が断念したのは、その海底にも軟弱地盤が広がっていることが理由とみられることが分かった。海上作業ヤードは、水深が深い部分の護岸建設に使用するケーソン(鉄筋コンクリート製の箱)の仮置き場として使う予定だったが、防衛局は2017年に設置工事を断念した。仮置き場をどこに設置するかは未定。軟弱地盤の改良工事だけでなく、仮置き場の確保も、工期の長期化に影響を与えそうだ。」
②「防衛局は埋め立て予定地での軟弱地盤の改良工事を予定しているが、海上作業ヤード部分は含まれていない。防衛局が国会に提出した改良工事の検討内容をまとめた報告書で明らかになった。海上作業ヤードは海底に大量の石材を投下して造られる台座のような構築物。その上に仮置きするケーソン38基は県外で造られ、海上をえい航して沖縄まで持ってくる。38基全てをすぐには設置できないため、仮置き場が必要となっていた。軟弱地盤の上に作業ヤードを造ることは難しく、仮に1基約7400トンの大型ケーソンを置けば転倒、沈下してしまう危険性がある。」
③「予定通りの場所で海上作業ヤードを設置する場合は地盤改良工事が必要となる。だが防衛局は環境保全図書の中で、海上作業ヤードは環境保全を考慮して工事終了後に撤去するとしているため、原状回復が不可能な地盤改良工事はできない。土木技師で沖縄平和市民連絡会の北上田毅氏は『仮に海上作業ヤードの設置場所を変えても、新たなボーリング調査や環境影響評価、設計概要の変更申請が必要だ。軟弱地盤が一帯に広がる大浦湾で仮置きする場所を見つけるのは難しいだろう』と指摘した。」
④「海上作業ヤードを使った工事は、埋め立て予定地の地盤改良工事を終えた後に実施される。政府は今後、地盤改良工事をするための計画変更を県に申請する方針だが、計画の変更には知事の承認が必要となり、着手できる見通しは立っていない。」


(2)琉球新報-「辺野古移設固執で普天間の危険性放置は許されない」 新基地建設断念を求める県民大会-2019年3月16日 15:45


 琉球新報は、表題について次のように報じた。


①「辺野古新基地を造らせないオール沖縄会議の主催する「土砂投入を許さない! ジュゴン・サンゴを守り、辺野古新基地断念を求める3・16県民大会」が16日午後2時から、那覇市おもろまちの那覇新都心公園で開かれた。主催者発表で1万人が参加した。」
②「辺野古埋め立て反対が投票者の7割を超えた2月24日の県民投票の結果を尊重し、辺野古新基地建設の断念と米軍普天間飛行場を即時運用停止するよう日米両政府に求める大会決議を採択した。県民大会に合わせて東京でも同時刻に集会が催された。」
③「昨年12月に辺野古沿岸への土砂投入に踏み切った沖縄防衛局は、今月25日にも新たな埋め立て区域に土砂投入を開始すると県に通告しており、オール沖縄会議は大会決議を携えて政府要請行動を展開することや、25日に名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前で拡大抗議行動を実施する活動方針を示し、引き続きの結集を呼び掛けた。大会では参加者全員で『土砂投入をやめろ』『民意は示された』のメッセージボードを掲げて埋め立て工事の即時停止を訴えた。」
④「下地島空港ターミナル完成式典参加のため宮古島出張中の玉城デニー知事のあいさつを代読した謝花喜一郎副知事は『辺野古移設に反対の民意は過去2回の県知事選など一連の選挙でも示されてきたが、辺野古埋め立てに絞った投票で民意が示されたのは初めてで、極めて重要な意義がある。民主主義国家の我が国において直接示された結果は重く、何よりも尊重されなけれならない』と述べ、県民投票に関わらず埋め立て工事を続行する政府を厳しく批判した。」
⑤「さらに『軟弱地盤は深く存在することが判明し、完成しても基地の下では地盤沈下が続く。政府が辺野古移設に固執することによって、普天間の危険性が放置されることは許されるものではない。県民の民意、思いを尊重し、日米両政府が断念するまで揺らぐことなく闘い続ける』と玉城県政の姿勢を示した。」
⑥「大会会決議は『政府は2月24日の県民投票で示された圧倒的な沖縄県民の民意を尊重し、埋め立て工事を中止し辺野古への新基地建設を即時、断念せよ』とし、埋め立て土砂の完全撤去、オスプレイ配備の撤回と米軍普天間飛行場の閉鎖・撤去も求めた。宛先は首相、外務相、防衛相、沖縄担当相、米国大統領、駐日米国大使。」    


(3)沖縄タイムス-なぜ怒っているのか分からないのか… 騒音「人体への影響は立証されてない」 防衛局長の発言が波紋-2019年3月18日 06:20

 沖縄タイムスは、表題について次のように報じた。


①「【嘉手納】米軍機騒音による人体への被害が医学的に立証されていないとした田中利則沖縄防衛局長の発言を巡り、米空軍嘉手納基地周辺の住民ら約180人は15日、嘉手納町の防衛局前で抗議集会を開き、田中局長の更迭を求めた。住民代表は集会後、局側に『害の実態を完全に無視している』として謝罪と発言撤回を要求。田中局長は不在で、対応した本田豊信報道室長は謝罪などに言及しなかった。」
②「集会は基地周辺住民約2万2千人が加わる第三次嘉手納爆音差止訴訟原告団などが主催。新川秀清団長は『「戦後73年間、眠る時間さえ爆音にさらされてきた。田中局長の発言は言葉の暴力で人間性を疑う。私たちの痛みに真正面から向き合おうとする気持ちはさらさら感じられない』と声を震わせた。」
③「本田室長は『田中局長は当該発言に続けて【騒音で地域住民の方々の間でも非常に負担感があるのは間違いない】と述べている』と釈明。住民側は『言い訳だ』『なぜ怒っているのか理解しようともしない田中局長に基地被害軽減対策は任せられない』など猛反発し、怒号が飛び交った。」
④「県の1999年の健康影響調査は低体重児出生率と騒音の関連を指摘した。沖縄市知花の金城悦子さん(71)は約40年前、息子を1200グラムで出産した。自宅上空は米軍機の旋回ルート。産休中のある日、米軍機の音がするたびストップウォッチを押すと、調べた30分のうち27分を占めた。低体重児出産は『騒音のせいだろうか』と今も思う。」
⑤「60年代に嘉手納町内で働いた父は若くして難聴になった。基地周辺で長年暮らす痛みに配慮のない発言に『人をばかにしている』と憤った。田中局長は2月19日、北谷町議との面談で発言。住民らは1週間ほど前から田中局長との面談を調整したという。防衛局によると、局長は名護市久辺3区の振興に関する懇談会のため上京中だった。」


(4)沖縄タイムス-安和の桟橋前で1週間集中抗議開始 市民ら30人「違法工事に加担するな」 名護市辺野古の新基地建設-2019年3月18日 12:13


 沖縄タイムスは、表題について次のように報じた。


①「米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古への新基地建設を阻止しようと、市民らは18日午前から埋め立て用土砂の搬出拠点となっている名護市安和の琉球セメントの桟橋で1週間の集中抗議行動を始めた。18日午前11時現在、工事車両の出入り口には約30人の市民が結集した。」
②「『もう基地はいらない』『違法工事に加担するな』などと書かれたプラカードや横断幕を手に、工事の即時中止を訴えた。」
③「桟橋に続く琉球セメントの入り口前では市民らがシュプレヒコールを上げる傍ら、警備員が工事車両が円滑に出入りできるよう誘導していた。」
④「土砂を積み込んだ工事車両が一台ずつ、ゆっくりと警備員の誘導に沿って入り口を通り抜けると、市民らはその度に『これ以上、沖縄の自然を壊さないで』『戦争につながる基地はいらない』と訴えた。」
⑤「市民の存在をあえて確認しないように、ただひたすら前を見て運転する者、申し訳なさそうに会釈する者、市民を見下ろし頭の横で人さし指をくるくる回すジェスチャーを見せる者-。高さ3メートルの工事車両から見える沖縄の景色はどのように映っているのか。運転手の表情は千差万別だった。」


(5)沖縄タイムス-選んだ未来、実現させて 沖縄県民大会、世代超え 怒りの「ノー」-2019年3月17日 06:30


 沖縄タイムスは、表題について次のように報じた。


①「会場には怒りが渦巻いていた。『辺野古ノー』の民意を改めて示した2月の沖縄県民投票後、初めて開かれた16日の県民大会。『日本に民主主義はあるのか』『沖縄は今も捨て石だ』。参加者は口々に訴えた。県民投票実施の原動力となった若い世代も積極的に発言し、賛同と共感が広がった。沖縄戦体験者、家族連れ、若者…。全員が手を携え、そして誓った。国が進める辺野古新基地建設を諦めるまで、『ノー』の意思を示し続ける、と。」②「普段は家族連れの笑い声があふれる、那覇市の新都心公園。県民大会は、空襲警報を思わせる右翼団体のサイレンが鳴り響く中で始まった。口火を切ったのは、オール沖縄会議共同代表の稲嶺進前名護市長。沖縄の民意を無視する政府を批判した上で、『辺野古を白紙撤回するまで、ぐすーよー、まきてーないびらんどー(皆さん、負けてはいけませんよ)』。大きな拍手と『そうだ』の声で、サイレン音はかき消された。」
③「壇上では、若い世代が次々とマイクで訴えた。25歳の男性は『琉球処分から140年、この島の置かれている苦境は何も変わっていない』。名桜大1年の男性も『他人ごとでなく自分事として考えてほしい』。別の若い男性も『あらゆる世代と手を取り合って、辺野古をこれ以上、埋め立てさせない』と訴えた。会社員の友利麻記子さん(34)=那覇市=は若者の発言に拍手を送った。『あと何回、県民大会や選挙で民意を示したら政府は辺野古を諦めるのか。古里を守るために負けられない』。糸満市の高良弥生さん(39)は『率直に言えば、沖縄は国の捨て石。沖縄戦の頃と変わらない』。腕の中で3歳の娘、蓮七(れんな)ちゃんが眠っていた。『この子たちが戦争に巻き込まれたら、と思うと…。自分にできることはしたい』と力を込めた。」
①「参加者は立ち上がり、一斉にメッセージボードを掲げた。『土砂投入をやめろ』『民意は示された』。さらに両手をつなぎ『ガンバロー』と声を上げた。1度、2度、3度と高く掲げられた手は、春の陽光を浴び、一層の力強さを発していた。


(3月15日の分)
(1)琉球新報-戦没全学徒 人数説明板除幕 1984人の実相 次世代へ-2019年3月15日 05:00


 琉球新報は、表題について次のように報じた。


①「沖縄戦で犠牲になった県内旧制師範学校・中等学校21校の学徒の人数を記した説明板が糸満市摩文仁の平和祈念公園内に完成し、14日に除幕された。10代の学徒が戦場に駆り出され、多くが犠牲となった事実を伝える『全学徒隊の碑』の横に設置した。21校の元生徒らでつくる『元全学徒の会』のメンバーらは、亡き学友をしのび『戦争の実相を伝える指標になる』と次世代への継承に思いを新たにした。」
②「説明板には同会の調査によって各校の戦没者数がそれぞれ記されており、21校で計1984人に上る。縦約90センチ、横約120センチで、約2メートルの2本の柱に支えられている。『学徒の戦没者数を記し、恒久平和を祈念する』などと記した。」
③「除幕式には約100人が参加した。平和宣言で同会共同代表の與座章健さん(90)は『(説明板は)沖縄戦の実相を如実に伝える効果的な指標となり、恒久平和のとりでとなるだろう』と完成を喜び『戦争の惨劇を二度と繰り返してはならない』と述べた。」
④「県子ども生活福祉部の大城玲子部長は『多くの方々の目に留まり、平和を希求する沖縄の心を深く理解する契機となることを切に願う』とする玉城デニー知事のあいさつを代読した。県は2017年3月14日に平和祈念公園内に『全学徒隊の碑』を建てた。石碑には21校の名前などが刻まれているが、犠牲者数には触れていない。21校の元生徒が18年4月に『元全学徒の会』を結成し、犠牲者数も記すよう県に求めていた。」


(2)琉球新報-野古、国際社会への訴え強化 軟弱地盤改良は「不可能」-2019年3月14日 18:39


 琉球新報は、表題について次のように報じた。


①「沖縄県の玉城デニー知事は14日、県庁で共同通信のインタビューに応じ、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設を巡る問題について、国際社会への訴えを強化する考えを示した。対話の姿勢が見られないとして移設工事を続ける政府を批判した上で『われわれの主張は世界に発信し、理解を求めていく』と述べた。」
②「埋め立て予定海域の軟弱地盤の改良については『不可能だ』とし、国が今後申請する設計変更の承認には否定的な認識を示した。」
③「辺野古沿岸部の埋め立てに『反対』が7割超を占めた2月の県民投票について『辺野古移設反対の民意がはっきりした』と指摘した。」


(3)沖縄タイムス-石垣島の陸自配備予定地、沖縄県環境部が調査 赤土対策など確認-2019年3月15日 11:15


 沖縄タイムスは、表題について次のように報じた。


①「沖縄県石垣市平得大俣への陸上自衛隊配備計画を巡り、県環境部は14日、駐屯地建設に向けた造成工事が進む配備予定地を現地調査し、赤土等流出防止条例に基づく対策が適切かなど現場の状況を確認した。」
②「環境保全課の担当者は『今のところ問題はなく特に指摘もないが、着手したばかりなので状況に応じて適宜立ち入りしたい』と説明。希少動植物への影響については『持ち帰って判断する必要がある』とした。」
③「調査は県職員のほか、市文化財課など市職員らも同行し、十数人で約1時間半にわたって実施した。同課は今後、埋蔵文化財の有無など確認調査も行う予定。」


(4)沖縄タイムス-「沈下への対応可能」岩屋防衛相が認識示す 辺野古の軟弱地盤改良-2019年3月15日 08:11


 沖縄タイムスは、表題について次のように報じた。


①「【東京】岩屋毅防衛相は12日の参院外交防衛委員会で、名護市辺野古に建設している新基地が軟弱地盤の影響で地盤沈下が想定されることに関し、『沈下量を見込んだ上で、(埋め立ての)高さを設定するなどの適切な対応が可能』との認識を示した。『維持管理段階での、かさ上げなどの対策を講じることにより、安全性に問題なく施設を供用させることができるという検討結果の報告を受けている』」とした。」
②「国土交通省航空局の岩﨑俊一次長は、国内空港の沈下量に関し、関西国際空港が1987年の埋め立て開始から2017年度までに約13メートルで、開港直前と比べると約4メートルと説明。羽田空港D滑走路は、07年の埋め立て開始から17年度までに約7メートル、供用直前からは約48センチとした。」
③「伊波洋一氏(沖縄の風)への答弁。」


(5)沖縄タイムス-全国で普天間議論を 有志が全地方議会に陳情提出へ-2019年3月15日 07:30


 沖縄タイムスは、表題について次のように報じた。


①「沖縄県名護市辺野古の新基地建設に伴う埋め立ての賛否を問う県民投票の結果を受け、一般市民らでつくる『新しい提案実行委員会』の有志が、米軍普天間飛行場の代替施設の必要性を国民的に議論するよう求める陳情を全国全ての地方議会に提出することが、14日までに分かった。全国1700余りの都道府県議会と市町村区議会に対し、25日に提出する方向で調整している。」
②「陳情のベースになった書籍『沖縄発 新しい提案』の中心的執筆者で司法書士の安里長従氏は『(25日は)県民投票から約1カ月となるが、全国でなかなか議論が深まっていない。辺野古、普天間の問題をどうするのか、国民的議論を加速させたい』と狙いを話した。」
③「陳情は、新基地建設の中止と、代替施設について全国全ての自治体を候補地として必要かどうか国民的議論を行い、民主的な手続きで決定することを求める意見書の採択を要求する内容となっている。」
④「これまでに東京都の小金井と小平の両市議会で意見書を可決。県内では2017年の県議会6月定例会に同様の陳情が提出されたが、与野党の調整に時間を要しており、継続審議となっている。那覇市議会でも審査中となっている。」
⑤「県民投票は投票率52・48%で、反対43万4273票に上り、投票総数の71・7%を占めた。」




by asyagi-df-2014 | 2019-03-18 17:11 | 沖縄から | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧
更新通知を受け取る