沖縄-辺野古-沖縄 高江から-2018年11月16日

私たちは、この記事をどのように捉えることができるのか。
「米東部ボルティモアの劇場で14日上演された『屋根の上のバイオリン弾き』の幕あいに、観客の男性が『ハイル・ヒトラー(ヒトラー万歳)。ハイル・トランプ』とナチス式礼賛を叫び、『銃撃が始まるかもしれない』などと連想した観客の一部が逃げ出す騒ぎがあった。AP通信が15日報じた」、と琉球新報。
 世界の模様は、すぐに私たちの足下に波及するのも確かだから。


 沖縄で起こっていること、その現場の事実をきちんと確認すること。
 2018年も、琉球新報と沖縄タイムスの記事を、「沖縄-辺野古-高江-から」を、報告します。
 2018年11月16日、沖縄-辺野古-高江の今を、沖縄タイムス、琉球新報は次のように表した。



(1)琉球新報-玉城知事、3者協議要請 辺野古移設 米は返答せず-2018年11月16日 05:00


 琉球新報は、表題について次のように報じた。


①「【ワシントン=座波幸代本紙特派員】米首都ワシントンを訪問中の玉城デニー知事は14日(日本時間15日)、国務省のマーク・ナッパー副次官補代行、国防総省のポール・ヴォスティ日本部長代行の両者と国務省で会談した。玉城知事は米軍普天間飛行場移設に伴う名護市辺野古の新基地建設に反対の意向を伝え、県と日米両政府の3者協議を開催するよう要請した。米側は『辺野古が唯一の解決策』と従来の見解を繰り返し、3者協議についても明確な返答はなかった。会談後、国務省は『普天間飛行場の代替施設建設は揺るぎないコミットメント(約束)』と声明を出し、玉城知事と米政府関係者との初会談は平行線に終わった。」
②「会談後、玉城氏は記者団に対し『辺野古が唯一と言っている限り、暗礁に乗り上げた問題だ。動かすためには、動かす立場にいる人たちが話し合わないと船は動かない』と、3者協議の必要性を重ねて主張した。」
③「県民が選挙で何度も新基地建設に反対の民意を示しているにもかかわらず、日米両政府が一顧だにしない状況に『県民は不満を高めている。そういう状況にあっては、日米の安定的な同盟関係、ましてや沖縄の基地負担軽減など、県民の不安は払拭(ふっしょく)できない』と、米側に警鐘を鳴らした。また、埋め立て予定地の一部が軟弱地盤とされていることも説明。地盤改良など、工法の変更には県知事の許可が必要であり『工事の完成にはまだまだ時間がかかる』と伝えたが、米政府側からのコメントはなかったという。『日本と米国は双方がこの問題のおのおのの当事者であり、責任者であることを忘れないでほしい』と、米政府側に強く訴えた。」
④「メイジー・ヒロノ上院議員(民主)、デイビッド・プライス下院議員(同)、杉山晋輔駐米大使らとも同日、面談した。玉城氏は4日間のニューヨーク、ワシントンでの日程を終え、15日に帰国の途に就く。」


(2)琉球新報-戦争や平和 友と語ろう 沖国大生「ピースフル・フューチャー」設立-2018年11月16日 06:00


 琉球新報は、表題について次のように報じた。


①「今年4月に沖縄国際大学へ入学した学生が平和を考える団体『ピースフル・フューチャー』を立ち上げた。北谷高校の卒業生が中心となり、同世代と戦争や平和について考える場づくりを目指す。24、25の両日に開かれる沖国大祭でトークイベントを開催する。戦争体験者の証言の聞き取りをしてきた学生らが戦争の風化や同世代の無関心に危機感を持ち、自発的に活動を始めた。時には激しく議論しながら地道に続けてきた取り組みが、イベント開催で初めて実を結ぶ。」
②「イベントは、ハワイ生まれの県系2世で、米陸軍の通訳兵だった比嘉武二郎さんの沖縄戦体験をベースにしている。比嘉さんの体験や証言をステージで紹介するとともに、グラフィックアートやレゲエのステージなど、さまざまな表現手法で戦争と平和の問題について考える。」
③「メンバーは、いずれも英米言語文化学科1年の新垣宙太さん(19)、池間ブランドン慎さん(19)、比嘉夏香さん(19)、宮城和磨さん(19)の4人。北谷高校出身の新垣さん、池間さん、比嘉さんは同校の功刀(くぬぎ)弘之教頭の指導の下約1年、平和学習に取り組んだ。」
④「新垣さんらは北谷高在籍時、町内の高齢者を対象に、戦争体験の聞き取りを続けてきた。さらに生徒が語り部となって高齢者らに披露することもあった。これらの経験を踏まえ、比嘉さんは『戦争を体験していない私たちにできることは歴史的な背景も含めて戦争を語り継ぐことだ』と語る。」
⑤「大学で他の学生と関わる中で沖縄戦などに対する意識の違いを感じた。新垣さんは『戦争や基地問題を自分のこととして捉えられない人が多い。どうやって関心を持ってもらえるか考えるようになった』と話した。同じような思いを抱く4人が集まり、功刀教頭の助言も得ながらイベントの準備を進めてきた。功刀教頭は取り組みについて『戦時のことを今の生活に引き付け、身近なことから平和とは何か考える必要がある』とし、活動を支える考えだ。」
⑥「『比嘉武二郎追悼イベント ラブ&ピースライブ』は24、25の両日とも午前10時~午後5時まで、3号館303号室である。詳細はホームページ(http://fuzzhead.jp/takejiro/index.html)で確認できる。 (下地美夏子)」


(3)琉球新報-ナチス式大統領礼賛に騒然 米東部の劇場、銃撃連想-2018年11月16日 05:27


 琉球新報は、「【ニューヨーク共同】米東部ボルティモアの劇場で14日上演された『屋根の上のバイオリン弾き』の幕あいに、観客の男性が『ハイル・ヒトラー(ヒトラー万歳)。ハイル・トランプ』とナチス式礼賛を叫び、『銃撃が始まるかもしれない』などと連想した観客の一部が逃げ出す騒ぎがあった。AP通信が15日報じた。観客らによると、バルコニー席にいた男性は『米国を再び偉大にする』とのトランプ大統領のスローガンを意味する言葉も叫び、観客数十人が出口に向かって駆けだした。警官が派遣されたが、既に男は立ち去った後で拘束できなかったという。」、と報じた。


(4)沖縄タイムス-嘉手納基地の離着陸が70%増 2018年3月 外来機も計5752回-2018年11月16日 12:05


 沖縄タイムスは、表題について次のように報じた。


①「米軍のF35A戦闘機が暫定配備されるなど、外来機の飛来が相次いでいた米軍嘉手納基地(沖縄県)の今年3月の離着陸数が、前年同月比約70%増の5752回(午前6時~午後7時)だったことが15日、分かった。嘉手納飛行場に関する三市町連絡協議会(三連協)会長の桑江朝千夫沖縄市長らが15日、防衛省に原田憲治副大臣を訪ねて報告し、外来機を暫定配備させないよう申し入れた。當山宏嘉手納町長と野国昌春北谷町長のほか各議会の議長も同席した。」
②「3月はF35Aが暫定配備されていたことに加え、F35B、FA18、F22などの外来機が相次いで訓練。外来機の飛来で飛行ルートを逸脱するケースが多くなり、騒音被害が拡大したという。2017年3月は3312回だった。沖縄防衛局の調査を基に、三連協が同時間帯のデータを比較した。桑江氏は要請後、記者団に『負担軽減にまったくなっていない』と指摘した。」
③「同基地に関する使用協定の締結も求めた。嘉手納町独自でも要請している當山町長は『騒音被害だけでなく、悪臭被害や事件事故、もろもろの問題を解決するため締結してほしい』と述べた。原田氏は要請に関し、『しっかりと対応していきたい』と述べるにとどめた。外務省の辻清人政務官にも要請した。」


(5)沖縄タイムス-米軍普天間飛行場、深夜まで騒音 外来機訓練も確認-2018年11月16日 11:43


 沖縄タイムスは、表題について次のように報じた。


①「米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)で14日、深夜0時近くまで騒音があり、宜野湾市に「ヘリやオスプレイがひっきりなしに飛んでいる」など2件の苦情が寄せられた。15日には外来機のKC135空中給油機のタッチ・アンド・ゴー訓練が確認され、市は沖縄防衛局に対応を求めた。」
②「県と市による飛行場周辺の航空機騒音測定では、14日午後11時56分に『騒々しい街頭』に値する73・9デシベルを記録した。日米両政府の騒音防止協定では午後10時から午前6時まで飛行が規制されている。」
③「15日にはKC135が飛来した。目撃者によると、午後4時40分ごろにタッチ・アンド・ゴーがあり、機体からは給油ホースが垂れ下がっていたという。」

 市は深夜の騒音への配慮のほか、外来機の飛来を市は容認していないことを米軍に申し入れるように防衛局に電話で要請した。


(6)沖縄タイムス-【解説】米との対話実践「デニーカラー」全面に 国連・市民とも連携探る-2018年11月16日 12:00


 沖縄タイムスは、表題について次のように報じた。


①「玉城デニー沖縄県知事が就任後初の訪米行動を終えた。翁長雄志前知事の後継として知事選で掲げた、名護市辺野古の新基地建設阻止への道筋を描く手段として『「対話』の重要性を強調。翁長県政とは異なり、国連や市民との連携というアプローチを試みるなど、『デニーカラー』を全面に出した。」(政経部・大野亨恭)
②「ただ、面会直後に国務省は「キャンプ・シュワブへの普天間飛行場代替施設建設への揺るぎない決意」を記した声明を発表し、辺野古新基地建設を進める考えを強調した。13日には安倍晋三首相とペンス米副大統領が会談で『辺野古唯一』を確認するなど冷や水を浴びせる結果となった。」
③「米政府は辺野古問題を『日本国内の問題』とし、建設断念を求める県の声に耳を傾けない。今回の玉城氏でも同じ対応だった。ただ、今回の玉城氏の訪米の特徴は米市民に対し、民主主義の視点から不条理を訴えたことだ。国の専権事項とされる安全保障問題に、市民の声がどれだけ反映されるかは未知数だ。日本政府も『辺野古唯』」の姿勢はかたくなだ。」
④だが、選挙結果で示した民意が一顧だにされず、米本土では認められない軍用機の運用が日米地位協定の下、日本、沖縄では容認されるなど、沖縄が置かれた不平等、不条理を米側に訴えることは意義があるといえる。玉城氏は日米両政府、米国民に対し継続して対話を求める考えを示しており、県の発信力の強化も不可欠だ。




by asyagi-df-2014 | 2018-11-16 18:57 | 沖縄から | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧
更新通知を受け取る