沖縄-辺野古-沖縄 高江から-2018年8月29日

沖縄県は、いよいよ動く。
「沖縄県は、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の移設先、名護市辺野古沿岸部での埋め立て承認を近く撤回する方針を固めた。複数の県関係者が28日、明らかにした。政権側は、9月30日投開票の知事選が終わるまで撤回を延期するよう要請していたが、県内では9月上旬に市町村議選の投開票日が集中しており、その前に意思表示する必要があると判断した。移設反対の機運を知事選につなげたい思惑があるとみられる。政府は効力停止を求めて法的対抗措置を講じる方針だ。」、と沖縄タイムスは「共同通信」を伝えた。




 沖縄で起こっていること、その現場の事実をきちんと確認すること。
 2018年も、琉球新報と沖縄タイムスの記事を、「沖縄-辺野古-高江-から」を、報告します。
 2018年8月29日、沖縄-辺野古-高江の今を、沖縄タイムス、琉球新報は次のように表した。


(1)沖縄タイムス-沖縄県、辺野古承認を近く撤回 延期応じず、政府は対抗措置へ-2018年8月29日 02:00


 沖縄タイムスは、「沖縄県は、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の移設先、名護市辺野古沿岸部での埋め立て承認を近く撤回する方針を固めた。複数の県関係者が28日、明らかにした。政権側は、9月30日投開票の知事選が終わるまで撤回を延期するよう要請していたが、県内では9月上旬に市町村議選の投開票日が集中しており、その前に意思表示する必要があると判断した。移設反対の機運を知事選につなげたい思惑があるとみられる。政府は効力停止を求めて法的対抗措置を講じる方針だ。」、と報じた。
 また、「翁長雄志知事は、7月に撤回の手続きに入る意向を表明。県は翁長氏死去翌日の8月9日に沖縄防衛局から弁明を聞くための聴聞を実施した。」、と報じた。


(2)琉球新報-米軍、津堅島訓練場水域でパラシュート降下訓練-2018年8月29日 11:16


 琉球新報は、「米軍は29日午前10時すぎ、うるま市の津堅島訓練場水域で、パラシュート降下訓練を実施した。今年に入り訓練は7度目。午前10時から11時までに、計4回に分けて、MC130輸送機から少なくとも兵士5人や、何らかの物資4個の降下が確認された。市議会が先月、訓練の中止を求める抗議決議や意見書を全会一致で可決するなど、市や県は住民の安全などの観点から訓練中止を求めている。」、と報じた。


(3)沖縄タイムス-辺野古2メートル超サンゴ 移植の対象か 埋め立て予定地-2018年8月29日 14:39


 沖縄タイムスは、表題について次のように報じた。


①「名護市辺野古の新基地建設の埋め立て予定海域内で、存在が指摘されてきた大型サンゴについて、日本自然保護協会の安部真理子主任らが28日、現地に潜って調査し、全体で2メートル30センチの大きさのシコロサンゴの群体があることを確認した。沖縄防衛局は、1メートル超の大型サンゴなどを移植の対象としている。」
②「安部氏らが調査したのは、辺野古崎付近の海域。付近では2メートル以上のシコロサンゴや1メートル以上のハマサンゴがあると市民が指摘していた。安部氏によると、シコロサンゴは全体で2メートル30センチ、三つの群体がつながっているような形状だった。もともと一つの大きいサンゴだった可能性がある一方、別々の群体がくっついた可能性もある。状態は良好という。」
③「一つの群体かどうかを特定するには、遺伝子の解析といった方法があるという。だが安部氏は、大きさの基準に合うかの点ではなく『移植について線引きすること自体がおかしい。移植したら大変、という作業量しか見ていない。目に見えるサンゴは移植してもらわないと環境保全にならない』と訴える。」
④「防衛省はこれまで、付近でシコロサンゴやハマサンゴがあることは把握していると説明。ただ、(1)総被度が5%以上で、0・2ヘクタール以上の規模を持つ分布域の中にある長径10センチ以上の小型サンゴ類(2)単独であっても長径が1メートルを超える群体の大型サンゴ類-という基準に当てはまらないとしてきた。」


(4)沖縄タイムス-米軍、津堅沖でパラシュート降下訓練 午前11時までに米兵11人が降下-2018年8月29日 11:58


 沖縄タイムスは、「29日午前10時ごろから始まった、うるま市の津堅島訓練場での米軍のパラシュート降下訓練は、同日午前11時までに米軍ヘリから5回に渡り少なくとも米兵11人と何らかの物資4個が降下した。訓練は今年に入り7回目。同水域は本島と津堅島を結ぶ定期船や漁船が頻繁に運航しており、市や県は住民の安心安全を守る立場から訓練の中止を求めている。」、と報じた。




by asyagi-df-2014 | 2018-08-29 17:55 | 沖縄から | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧
更新通知を受け取る