沖縄-辺野古-沖縄 高江から-2018年8月2日

 日本政府がどこを向いているかを示すものだ。
 「米空軍嘉手納基地周辺の河川を水源とする北谷浄水場から、発がん性などのリスクが指摘される有機フッ素化合物(PFOS)が高濃度で検出された問題に絡み、沖縄防衛局が2017年度に実施した調査事業で、当初計画では調査項目に河川の『底質』や『地下水』が含まれていたが、後に削除していたことが分かった。河川の底質や地下水は汚染物質の蓄積を調べるのに重要な材料となるが、調査は『河川水』のみを採取する内容となった。専門家は『その内容では調査の意味がない。無責任だ』と指摘している。」、と琉球新報。
 こういう仕事ぶりを、「斡旋業」という。



 沖縄で起こっていること、その現場の事実をきちんと確認すること。
 2018年も、琉球新報と沖縄タイムスの記事を、「沖縄-辺野古-高江-から」を、報告します。
 2018年8月2日、沖縄-辺野古-高江の今を、沖縄タイムス、琉球新報は次のように表した。


(1)琉球新報-台湾に米軍 必要性否定 台湾外交部長「防衛は自己責任」-2018年8月2日 06:30


 琉球新報は、表題について次のように報じた。


①「【台湾で仲村良太】台湾の呉釗燮外交部長(外相)は7月30日、琉球新報などの合同取材に応じ、米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)のジョン・ボルトン氏が提案した在沖海兵隊の一部の台湾移転について『防衛は台湾に自己責任がある。しっかりと自分の国の安全を防衛し、守っていかなければならない』と述べ、中国の南シナ海などへの海洋進出を懸念しながらも、米軍駐留の必要性を否定した。」
②「ボルトン氏の提案は昨年1月、米紙ウォールストリート・ジャーナルに『日米関係を悩ます沖縄から、少なくとも一部米軍を(台湾に)再配置すれば、ワシントンは東京との緊張を緩和するのに役立つかもしれない』などと寄稿。米国の台湾への武器輸出を増やし、東アジアの軍事力強化につながると主張した。1979年に撤退した在台米軍の復活を主張した格好となった。」
③「ボルトン氏は当時、大統領補佐官ではなかったが、国務副長官への起用案が浮上するなど、トランプ氏の外交政策に影響を与える可能性も指摘されていた。」
④「呉氏はボルトン氏の寄稿に対する見解を本紙に問われ、親台派のボルトン氏は『親友だ』紹介。台湾と米国の事実上の軍事同盟に当たる『台湾関係法』の存在があるとして『台湾の安全はアメリカと密接な関係がある。アメリカの協力に感謝している』と説明した。その上で『防衛は台湾に自己責任がある』などと述べ、米軍の台湾への再配備の必要性がないとの見解を示した。」
⑤「在沖米軍については『沖縄はこの地域の平和と安定に大変重要な、キーポイント的な役割を果たしている。沖縄の位置付けをどう見るかという問題にも関わってくる』とも指摘し、在沖米軍の存在についても理解を示した。また、台湾と日本は中国の軍事的脅威に直面しているとの見方を示し、日台の安全保障当局間が対話すべきだと主張した。」


(2)琉球新報-防衛局、河川汚染の調査縮小 嘉手納周辺 底質、地下水除く-2018年8月2日 07:00


 琉球新報は、表題について次のように報じた。


①「米空軍嘉手納基地周辺の河川を水源とする北谷浄水場から、発がん性などのリスクが指摘される有機フッ素化合物(PFOS)が高濃度で検出された問題に絡み、沖縄防衛局が2017年度に実施した調査事業で、当初計画では調査項目に河川の『底質』や『地下水』が含まれていたが、後に削除していたことが分かった。河川の底質や地下水は汚染物質の蓄積を調べるのに重要な材料となるが、調査は『河川水』のみを採取する内容となった。専門家は『その内容では調査の意味がない。無責任だ』と指摘している。」
②「防衛局は当初、嘉手納基地内で水質調査を行う予定だったが、米軍の同意が得られず基地外での調査となった経緯が既に判明している。」
③「底質や地下水が調査項目から削除されたのは、環境調査団体『インフォームド・パブリック・プロジェクト(IPP)』の河村雅美代表が、防衛局への情報公開請求で得た資料に記載されている。資料名は『設計等技術業務委託変更契約書(第2回)』。変更契約で底質や地下水の調査を削除した後も、他の項目の予算が増え、契約金額(1550万円)に変更はない。」
④「琉球新報が防衛局への情報公開請求で7月31日に得た同事業の調査報告書には、河川水の測定結果が記載されているが、底質や地下水の記載はない。報告書は汚染源を特定していないが、『水質保全対策の基本は発生源対策』だとの認識を示している。しかし『対象地(大工廻(だくじゃく)川)の多くが米軍提供施設という特殊性を踏まえると、発生源対策を行うことは時間を要する』と説明した。その上で『本検討では、速やかに行うことができる措置として、河川水の処理による対策を基本として検討を行うこととした』とし、浄水処理施設でのPFOS処理などの方法を記載している。」
⑤「河村氏は『米軍施設という特殊性を考えると時間がかかるというのは、基地内調査は【お手上げ】という宣言で、無責任だ。特殊な施設だからこそ防衛局が調査したはずだ』と指摘した。その上で『浄水施設での処理はあくまで暫定対策だ。米国の健康勧告値を超える値でPFOSが検出されており、沖縄が求めてきた汚染源を特定しない調査は意味がない』と批判した。」


(3)琉球新報-夜間、嘉手納に着陸 普天間のCH53 整備する様子も-2018年8月2日 14:15


 琉球新報は、表題について次のように報じた。


①「【嘉手納】米軍普天間飛行場所属の大型輸送ヘリCH53E1機が7月31日午後11時45分ごろ、米軍嘉手納基地に着陸した。」
②「8月1日午前3時ごろまで、周辺で緊急車両が待機する中、整備士が機関砲部分などを検査する様子が確認された。同機は1日午後6時ごろに嘉手納基地を離陸し、普天間飛行場に戻った。」
③「米海兵隊は取材に対し『航空機は指定された訓練区域で定期的な訓練作業を実施していた』と回答するのにとどまり、整備理由については答えなかった。」
④「沖縄防衛局は取材に対し『目視で午後11時ごろにCH53が着陸したのは確認しているが、緊急着陸したとの情報は承知していない』と答えた。」
⑤「日米合意の航空機騒音規制措置(騒音防止協定)では、午後10時以降の夜間飛行を制限している。普天間飛行場周辺では、7月から夜間騒音が常態化しており、同26日には佐喜真淳宜野湾市長が沖縄防衛局を訪れ、抗議している。」、と報じた。


(4)琉球新報-きょうにもK4護岸つながる見通し 沖縄防衛局次長が説明-2018年8月2日 12:26


 琉球新報は、「【東京】米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設に伴う新基地建設工事で、沖縄防衛局の遠藤仁彦次長は2日、きょうにもK4護岸がつながる見通しを示した。同日午前、東京の防衛省で開かれている環境等監視委員会の冒頭で説明した。」、と報じた、


(5)沖縄タイムス-護岸工事進む新基地 ゲート前では「知事は撤回表明した、最後まで闘う」-2018年8月2日 13:14


 沖縄タイムスは、「沖縄県名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前では、2日午前9時ごろ、新基地建設に反対し座り込む市民を機動隊が排除し、砕石などを積んだ工事車両179台が基地内に入った。排除された市民は、『翁長知事は撤回表明した。最後まで闘い抜こう』と声を上げた。囲い込み完了まで残り10メートル未満とみられるキャンプ・シュワブ沿岸の『K4』護岸建設現場では、海への砕石投下など、作業が進む様子が陸上から確認できた。悪天候のため、海上での抗議行動は中止となった。」、と報じた。


(6)沖縄タイムス-新たな海域を囲い込み 「区域②」の護岸つながる 辺野古新基地-2018年8月2日 14:29


 沖縄タイムスは、表題について次のように報じた。


①「名護市辺野古の新基地建設を巡り、沖縄防衛局が18日を目安に土砂の投入を予定する埋め立て区域『②―1』とは別の『区域②』を囲い込む護岸がつながったことが2日、確認された。雨の中で工事が進められ、午後2時10分ごろ護岸がつながった。」
②「埋め立て区域②の面積は約34ヘクタールで、これまで『K1』『K2』『K3』『N5』の4護岸が完成し、『K4』の整備が進められていた。埋め立て区域が囲い込まれるのは2カ所目となる。」
③「防衛局は今後、環境監視等委員会で専門家から土砂を投入する際の赤土流出防止策などの意見を聞き取り、県に対し赤土流出防止条例に基づき対策や埋め立て期日を通知する。」
④「手続きを進めれば2カ所目の土砂投入の環境が整うが、翁長雄志知事が前知事の埋め立て承認を撤回する意志を示しているため、承認が撤回されれば区域②の手続きも停止することになる。」
⑤「区域②の工事を巡っては、区域内に生息する環境省のレッドリストに掲載される希少な『オキナワハマサンゴ』の埋め立て前の移植を巡る県と国の攻防があった。」
⑥「県は一度移植を許可したが、その後に食害が見つかったことを理由に許可を取り消し、食害対策の再考を防衛局に求めていた。」
⑦「防衛局はサンゴの生息環境を維持するため護岸の外海から水を循環させる特別な装置を設置しながら護岸を進めるなど、工事のスピードを緩めなかった。最終的には県が7月13日に移植を許可し、同27日に移植が実施されたことで護岸が締め切られた。」




by asyagi-df-2014 | 2018-08-02 17:52 | 沖縄から | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧
通知を受け取る