北海道大学は、過去2年間受け取ってきた「安全保障技術研究推進制度」の助成金の2018年度分を辞退。

 朝日新聞は2018年6月9日、表題について次のように報じた。


(1)「防衛装備庁が大学や企業に研究資金を提供する『安全保障技術研究推進制度』を巡り、過去2年間受け取ってきた北海道大学(札幌市)が、2018年度分を辞退していたことが分かった。学問の自由への介入を懸念する、日本学術会議の声明を踏まえて決定したという。防衛装備庁によると、助成を受けていた大学側からの辞退申し入れは初めて。」
(2)「北大によると、辞退をしたのは、工学研究院の村井祐一教授(流体力学)のチームによる研究への資金提供。船の水中抵抗を減らし高速化することなどがテーマで、16年度から3年間の予定で採択された。1年ごとの契約で、16年度に約1040万円、17年度に約1294万円が支給された。」
(3)「日本学術会議は昨年、学問の自由を理由に、この制度を問題視し、軍事研究を否定する内容の声明を出している。北大は声明を踏まえ、『新たな契約を行わない』との方針を決定し、防衛装備庁に伝えた。」
 (田之畑仁、芳垣文子)


 日本学術会議の声明がここで生きた。
 1950年の「戦争を目的とする科学の研究は絶対に これを行わない」との声明、 1967 年の「軍事目的のための科学研 究を行わない」との声明の二つをを継承することの実践である。





by asyagi-df-2014 | 2018-06-09 20:50 | 書くことから-いろいろ | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧
更新通知を受け取る