佐賀県神埼市の日の隈釜には空釜もありました。

陶磁器工房を訪れ、その雰囲気をもらってきました。
今回は、佐賀県神埼市の『日の隈釜」に伺いました。
あいにく、有田陶器市の前日であり、有田で修行した釜元は、有田に旅立ち、不在でした。
それでも、無理矢理に近いかたちで展示場を開けてもらい、有田に旅立った後で、作品は少なくなっていいましたが、心に残る作品群に触れることができました、
また、次はゆっくりと、と思わせる素晴らしい釜元でした。

 ところで、今回は初めて、穴窯でもない、登り釜でもない、「空釜」(そらがま)に出会いました。
 尾崎焼(おさきやき)に使うとの説明を受けた覚えがあるのですが、まだよくわかっていません。

「空釜」はこんな様子でした。

f0345938_21183836.jpg

f0345938_21191188.jpg

f0345938_21194033.jpg


f0345938_21200636.jpg
実に面白いかたちをしています。
温度がそんなに高くなくてもいいということなのでしょうか。
もちろん、主な作品は、ガス釜でつくっているようでした。
by asyagi-df-2014 | 2018-05-19 09:27 | 写真を | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧
通知を受け取る