沖縄-辺野古-沖縄 高江から-2018年4月1日

 新崎盛暉さんのご逝去、心からお悔やみ申し上げます。
 私自身にとって、80年代以降の『沖縄』に関しては、新崎盛暉さんの理論を理解することから始まったという気がしています。
 「沖縄同時代史(全10巻)」をはじめとする書籍は、きちんと本棚で存在を発揮しています。
 「構造的沖縄差別」「目下の同盟」といった言葉は、新崎盛暉さんなしには、たどりつけなかったと思っています。
 合掌。




 沖縄で起こっていること、その現場の事実をきちんと確認すること。
 2018年も、琉球新報と沖縄タイムスの記事を、「沖縄-辺野古-高江-から」を、報告します。
 2018年3月31日、沖縄-辺野古-高江の今を、沖縄タイムス、琉球新報は次のように表した。


(1)琉球新報-新崎盛暉氏が死去 沖縄現代史研究、市民運動をけん引-2018年4月1日 00:32


 琉球新報は、表題について次のように報じた。


①「沖縄現代史や沖縄民衆運動に関する研究を進めながら、市民運動をけん引してきた沖縄大学元学長で同大名誉教授の新崎盛暉(あらさき・もりてる)さんが31日午後5時38分、肺炎のため、南風原町の病院で死去した。82歳。東京都出身。告別式は5日午後、那覇市首里の万松院で行われる。喪主は妻恵子(けいこ)さん。」
②「1961年に東京大学文学部を卒業し、評論家の中野好夫氏が主宰する沖縄資料センター主任研究員として、沖縄関係資料の収集に当たり、研究・評論活動を始めた。74年に沖縄大学に赴任し、83~89年と2001年から04年まで計3期9年学長を務めた。03年から約8年間沖縄大学の理事長を務めた。沖縄戦後史研究から日本社会の沖縄への対応を鋭く論評し続け、市民運動の理論的支柱となった。2017年に新崎盛暉平和活動奨励基金を創設した。」
③「著書に「沖縄戦後史」「沖縄・反戦地主」「沖縄同時代史(全10巻)」などがある。近著に「私の沖縄現代史-米軍支配時代を日本で生きて」がある。【琉球新報電子版】


(2)沖縄タイムス-新崎盛暉さん死去 沖縄大学元学長、沖縄現代史研究の第一人者 82歳-2018年3月31日 23:55


 沖縄タイムスは、表題について次のように報じた。


①「沖縄出身の両親の下、幼少時から東京と沖縄を行き来。高校入学後の1952年4月28日、沖縄が日本から分離された講和条約発効を祝う全校集会に違和感を持ち、沖縄の立場を意識した。当時の沖縄教職員会の呼び掛けに応じ、沖縄の戦災校舎復興の資金を募るなど社会運動に関わった。」
②「東京大学卒業後、東京都庁に勤務し、評論家の中野好夫さんが立ち上げた沖縄問題の関連資料収集のための『沖縄資料センター』研究員として活動に従事。復帰前から沖縄問題の啓発に努めた。本土復帰後の74年に沖縄大学教員となり学長、理事長を務めた。」
③「沖縄移住後も、金武湾闘争の支援や一坪反戦地主会の立ち上げに尽力。沖縄現代史を専門にしながら研究者の枠にとどまらず、沖縄の民衆運動や社会運動にコミット。基地負担の軽減や構造的差別の解消のため積極的に発言をした。」
④「2016年12月には、沖縄に関わる平和活動を実践する個人・団体を対象にした『新崎盛暉平和活動奨励基金』を創設。後進の育成にも力を注いだ。」
⑤「2013年には、第57回沖縄タイムス賞(文化賞)を受賞した。」



(3)琉球新報-安倍政権へ 沖縄から「怒」 森友、辺野古…300人抗議-2018年4月1日 08:04


 琉球新報は、「『幕引きは許さない』『アベが国難』―。安倍政権抗議集会が31日、沖縄県那覇市泉崎の県民広場で開かれた。市民有志が主催し、約300人(主催者発表)が集まった。市民らはプラカードを手に、森友学園に関する財務省の決裁文書改ざん問題から米軍普天間飛行場の辺野古移設まで安倍内閣の対応を批判し、安倍晋三首相の辞任を求めた。呼び掛け人の1人の与那覇恵子さん(64)=那覇市、大学教員=は『テレビを見てワジワジーして集会を開いた。民主主義を壊している安倍政権を許してはならない』と訴えた。集会後は国際通りをデモ行進した。」、と報じた。


(4)沖縄タイムス-防衛省も文書改ざんか 共産・穀田議員が指摘 米軍基地への陸自配備構想など-2018年3月31日 19:50


 沖縄タイムスは、表題について次のように報じた。


①「共産党の穀田恵二国対委員長は30日の衆院外務委員会で、防衛省統合幕僚監部が2012年7月に作成し、防衛省が昨年開示した文書に関し『森友文書と同じ改ざんの疑いがある』と指摘した。『日米の【動的防衛協力】について』とのタイトルで、在沖米軍基地の共同使用による陸上自衛隊配備構想などが含まれるが、穀田氏が15年に独自入手した同タイトルの資料とは一部体裁が異なり、なくなっているページもある。」
②「山本朋広防衛副大臣は『どういった経緯で入手した文書か明らかでない限り、真贋(しんがん)について答えることは困難だ』と述べ、同一のものかどうか言及を避けた。」
③「穀田氏が入手した文書と開示文書は、各ページの見出しが、ほぼ重なり、同じ写真も使われている。穀田氏の文書には、12年4月の日米安全保障協議委員会(2プラス2)共同発表を踏まえ、設置された検討会の実績が記載されているページがあり、同5月24日に課長級検討会で『沖縄本島の陸自部隊の配備等』が議論されている。」
④「『沖縄本島における恒常的な共同使用に係わる新たな陸上部隊の配置』と題された『別紙2』には部隊配備先として『キャンプ・シュワブ』『キャンプ・ハンセン』と明記されている。だが、開示文書には検討会のページがなくなり、一部体裁が変わっている部分もある。部隊配備先などの具体的な内容はすべて黒塗りになっている。」
⑤「穀田氏は15年、防衛省に独自入手した文書の正式な提出を求めたが、『対外的に明らかにした文書ではない』として提出されなかった。だが、17年に同タイトルの文書が開示請求で開示された。」
⑥「今月27日に陸自に発足した水陸機動団が将来的にキャンプ・ハンセン(金武町など)やキャンプ・シュワブ(名護市)に配備される可能性もとりざたされており、構想は生きている可能性もある。」




by asyagi-df-2014 | 2018-04-01 17:26 | 沖縄から | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧
更新通知を受け取る