沖縄-辺野古-沖縄 高江から-2018年3月28日

 一つには、沖縄戦の意味を正しく伝えようとする使命感を受け取る。 
「【南風原】南風原町議会(宮城清政議長)は27日の3月定例会本会議で、手話や要約筆記、点字などさまざまなコミュニケーション手段の利用促進を目指す条例案を全会一致で可決した。浦添市に続き県内では2番目。4月1日から施行する。」、「県内の手話を促進する条例では初めて『沖縄戦で手話を使ったろう者がスパイと疑われ、障がいのある人達の人権が奪われてきた』と、ろう者の沖縄戦体験について言及した。条例策定に関わった県聴覚障害者協会の野原龍信会長が町内のろう者から聞き取った戦争体験が基になった。」、と琉球新報。
 しかし、このことは、『手話はまだ福祉の枠内で使われている。社会の中で手話を使ってほしい』、とのすぐれた社会的実践なのだ。




 沖縄で起こっていること、その現場の事実をきちんと確認すること。
 2018年も、琉球新報と沖縄タイムスの記事を、「沖縄-辺野古-高江-から」を、報告します。
 2018年3月28日、沖縄-辺野古-高江の今を、沖縄タイムス、琉球新報は次のように表した。


(1)琉球新報-「辺野古進捗支障なし」 防衛相が認識 名護交付金再開-2018年3月28日 06:30


 琉球新報は、表題について次のように報じた。


①「【東京】小野寺五典防衛相は27日の会見で、沖縄県の渡具知武豊名護市長が米軍普天間飛行場移設に伴う辺野古新基地建設に賛否を示していない中での名護市への再編交付金再開について、『法令に従って適切に判断するという考えを示している。防衛省としては再編の実施に向けた措置の進捗(しんちょく)に支障が生じていない』説明した。」
②「防衛省は名護市に対して再編交付金の交付を定めた米軍再編推進法に沿って手続きを進めたいとの立場を説明した。年度末が迫っていることから17年度予算分の繰り越しに向けた実施計画を財務省に申請、承認されれば18年度に繰り越される。」
③「県議会が28日に可決する見込みの県環境影響評価(アセスメント)条例の改正案により、石垣市の陸上自衛隊駐屯地建設がアセスメント対象になると予想されることについては『ルールに基づいて対応していく』と述べ、条例改正にかかわらず地元と調整しながら進める意向を示した。ただ10月1日予定の施行以前に敷地造成に着手するかは明言を避け」

(2)沖縄タイムス-沖縄、止まらぬ地価上昇 住宅地5.7%、工業地14.6%で全国トップ-2018年3月27日 16:50


 沖縄タイムスは、表題について次のように報じた。


①「国土交通省は27日、2018年1月1日時点の公示地価を発表した。沖縄県内は住宅地、商業地、工業地の全用途の平均変動率がプラス5・7%となり、5年連続で上昇した。入域観光客数が過去最高を更新し、県内人口が増加していることなどで、上昇が続いている。住宅地が5・5%、工業地は14・6%のアップで、いずれも全国トップの伸び幅。商業地の5・6%上昇は京都府に次いで2位だった。」
②「公示価格は一般の土地取引価格の指標、公共事業用地の取得価格算定の基準の一つ。県内は21市町村192地点で調査した。全用途の県内継続調査地点で上昇は178地点、横ばいは9地点、下落は3地点だった。住宅地の最高価格は那覇市おもろまち3丁目の那覇国際高校近くで前年より17・4%上昇し、1平方メートル当たり27万円。上昇率でも1位だった。商業地の上昇率1位は中城村(13・0%)で、名護市、本部町は横ばいだった。」
③「全用途の最高価格地は17年連続で日本生命那覇ビルがある那覇市久茂地3丁目。1平方メートル当たり101万円で、前年より11・2%アップした。」


(3)琉球新報-被覆ブロック設置など護岸工事進む カヌー抗議6人が一時拘束-2018年3月28日 12:47


 琉球新報は、「【辺野古問題取材班】米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設に伴う新基地建設で28日午前、辺野古沖の海上では護岸工事が進められている。『K3護岸』では大型クレーンで砕石が並べられ、『K4護岸』では被覆ブロックを積む作業が続いている。新基地建設に反対する市民は抗議船3隻、カヌー6艇で『海を壊すな』などと抗議の声を上げている。カヌーに乗った市民6人が、海上保安官に一時拘束されるなどした。」、と報じた。


(4)手話条例を可決 障がい者の沖縄戦言及 南風原町-2018年3月28日 11:34


 琉球新報は、表題について次のように報じた。


①「【南風原】南風原町議会(宮城清政議長)は27日の3月定例会本会議で、手話や要約筆記、点字などさまざまなコミュニケーション手段の利用促進を目指す条例案を全会一致で可決した。浦添市に続き県内では2番目。4月1日から施行する。」
②「県内の手話を促進する条例では初めて『沖縄戦で手話を使ったろう者がスパイと疑われ、障がいのある人達の人権が奪われてきた』と、ろう者の沖縄戦体験について言及した。条例策定に関わった県聴覚障害者協会の野原龍信会長が町内のろう者から聞き取った戦争体験が基になった。」
③「県内では2016年4月から『県手話言語条例』が施行されている。しかし、今回可決された町の条例では、障がいのある人が今でも文字や音声の意思疎通に不安を抱えていると指摘。手話を言語であると認識し、手話など音声以外のコミュニケーション手段の普及や支援を進めるよう定めた。」
④「条例案の可決を傍聴席から見守った野原会長は『手話はまだ福祉の枠内で使われている。社会の中で手話を使ってほしい』と訴えた。可決の瞬間、傍聴席の聴覚障がい者や手話通訳者など関係者らは拍手を表す手話で喜びを表現した。」


(5)沖縄タイムス-辺野古新基地:「K3」「K4」護岸で続く工事 6月につながる可能性も-2018年3月28日 12:55


 沖縄タイムスは、「沖縄県名護市の米軍キャンプ・シュワブ沿岸では28日午前、『K3』『K4』護岸の工事現場で砕石の入った根固め袋材をトラックで持ち込み、クレーンで設置する作業が引き続き行われた。市民によると『K3』は約60メートル、『K4』は約260メートルの長さになっており、6月までにつながる可能性があるという。新基地建設に反対する市民は同日、抗議船3隻、カヌー6艇で『違法工事を止めろ』『美ら海を壊すな』と訴えた。フロートを越えた市民が拘束されるなど、抗議行動が繰り返された。」、と報じた。




by asyagi-df-2014 | 2018-03-28 17:55 | 沖縄から | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧
更新通知を受け取る