広島高裁は、四国電力伊方原発3号機の運転禁止を命じた高裁決定に対しての四国電側の仮処分の執行停止の申し立てを却下。

 毎日新聞は2018年3月22日、表題について次のように報じた。


(1)「四国電力伊方原発3号機(愛媛県伊方町)の運転差し止めを命じた昨年12月の広島高裁の仮処分決定について、同高裁は22日、四電による執行停止の申し立てを却下した。三木昌之裁判長は『差し止め命令を取り消す明らかな事情があるとはいえない』と理由を述べた。」
(2)「高裁決定は9月末までの運転差し止めを求めており、異議審で判断が覆らない限り、期間中の再稼働は不可能になった。異議審は4月23日に第1回審尋が行われる予定で、三木裁判長が担当する。」
(3)「四電は『認められなかったことは残念。異議審で早期に命令を取り消していただけるよう主張・立証に全力を尽くす』とのコメントを発表した。住民側の原告団は『予想通りの内容でとりあえず安堵(あんど)している』としている。」
(4)「高裁決定は原発から130キロ離れた熊本県・阿蘇カルデラの破局的噴火で火砕流が到達する可能性を指摘し、立地不適と判断。運転差し止めを命じた。差し止め期間は、別の訴訟で異なる判断が出る可能性を挙げ、9月末までとした。」
【東久保逸夫】




by asyagi-df-2014 | 2018-03-23 12:34 | 書くことから-原発 | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧
通知を受け取る