沖縄-辺野古- 高江から-2018年3月11・12日

渡具知武豊名護市長の答弁を「渡具知市長は米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設について『唯一の課題ではない。市長として、なすべきことは他にもある』」、と琉球新報は伝える。 
確かに唯一のものではないが、最大の課題の一つである。





 沖縄で起こっていること、その現場の事実をきちんと確認すること。
 2018年も、琉球新報と沖縄タイムスの記事を、「沖縄-辺野古-高江-から」を、報告します。
 2018年3月11日、沖縄-辺野古-高江の今を、沖縄タイムス、琉球新報は次のように表した。


(1)琉球新報-翁長知事「現実的な代替案を追求」 辺野古新基地反対訴えで訪米へ-2018年3月11日 13:54


 
 琉球新報は、表題について次のように報じた。


①「翁長雄志知事は11日、名護市辺野古への新基地建設反対などを訴えるため4度目の訪米に出発した。元米政府高官との面談やワシントンDCでのシンポジウムを予定している。知事は出発前、那覇空港で記者団の取材に応じ『現実的な代替案を追求することが重要だ。ワシントンでのシンポジウムに登壇する識者は、過去に辺野古以外の案などに言及している。良い形で代替案が出てくることを期待している』と述べた。県は訪米を踏まえ今後、県内移設によらない代替案の模索など『辺野古唯一』を打開する方策の検討につなげたい考えだ。」
②「知事は『前知事が(埋め立てを)承認してそのまま進めていた場合と比べると、辺野古の工事は現時点で(予定より)3年遅れている。順調に進んでいるように見えてもそうではないということも米側に説明したい』と述べ、日米両政府が県内移設にこだわる限り、普天間飛行場の危険性除去、閉鎖・返還問題は時間がかかることも伝える考えだ。」
③「ワシントンでのシンポジウムにはマイク・モチヅキ米ジョージワシントン大教授やウィリアム・ペリー元国防長官らが登壇する。」


(2)琉球新報-辺野古問題「唯一の課題ではない」 渡具知名護市長が初答弁 保育料無料化など「実現」-2018年3月12日 11:26


 琉球新報は、「【名護】名護市議会3月定例会は12日、渡具知武豊市長の就任後初めての一般質問が行われた。初の答弁に立った渡具知市長は米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設について『唯一の課題ではない。市長として、なすべきことは他にもある』として、基地の整理縮小を求めると同時に、保育料無料化などの『公約を実現する』と強調した。その上で13日に判決が出る岩礁破砕訴訟について『国と県の裁判の行方を注視する。この裁判が、辺野古移設是非に当たるか当たらないかも、総合的に判断していくことになる』と答弁した。屋比久稔氏への答弁。」、と報じた。


(3)琉球新報-12日も護岸作業継続 安倍内閣の強硬姿勢批判-2018年3月12日 12:29


 琉球新報は、表題について次のように報じた。


①「米軍普天間飛行場移設に伴う名護市辺野古での新基地建設で12日午前、辺野古沖では護岸整備の作業が続いた。新基地建設に反対する市民らは海上と基地ゲート前の両面で抗議の声を上げた。辺野古沖のK2と呼ばれる護岸付近ではカヌー14艇が『海を壊すな』と工事の停止を求めた。」
②「抗議船の船長は『国会での森友問題にあるように、時の権力者が都合のいいように法律を曲げることは許されない。ここの作業も本来やってはならない違法工事だ』と訴え、安倍内閣の強硬姿勢を批判した。」
③「抗議団によると、カヌーに乗って反対を訴えた市民と海上保安庁のボートが接触した際、衝撃で市民が首の痛みを訴えているという。」


(4)沖縄タイムス-辺野古新基地:機動隊が市民ら排除、工事車両143台入る-2018年3月12日 13:10


 沖縄タイムスは、「沖縄県名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブのゲート前では12日午前、新基地建設の資材を積んだ工事車両143台が基地内に入った。ゲート前では、機動隊員が座り込んで抗議する市民ら約30人を排除した。市民らは『違法な工事はやめて』と声を上げた。一方、シュワブ沖の『K2』護岸建設現場では、被覆ブロックを設置する作業が進み、市民らは抗議船3隻、カヌー14艇を出して抗議した。」、と報じた。





by asyagi-df-2014 | 2018-03-12 17:30 | 沖縄から | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧
更新通知を受け取る