沖縄-辺野古- 高江から-2018年3月4日

沖縄タイムスは、「米軍普天間飛行場周辺の住民が騒音被害の損害賠償を求める『米軍普天間基地騒音被害第2次訴訟原告団』の設立総会が3日、宜野湾市の真栄原公民館であった。原告団に応募した市民約2700人が6月末から7月に、那覇地裁沖縄支部へ提訴することを確認した。」、と。それも、「原告数は第1次を500人近く上回り、全体の6割以上となる約1700人が第2次訴訟からの参加。」、という。 
しかも、「弁護団の池田修団長は『本来は法律による救済制度を作るべきだ。裁判は完璧ではないが、うるさいからせめて補償してほしい、早く基地撤去してほしいという願いを訴えていく』と述べた。」(沖縄タイムス)とされ、「米軍機飛行差し止めは求めない。」(沖縄タイムス)、と。
 沖縄の命を守る闘いは、負けない。




 沖縄で起こっていること、その現場の事実をきちんと確認すること。
 2018年も、琉球新報と沖縄タイムスの記事を、「沖縄-辺野古-高江-から」を、報告します。
 2018年3月4日、沖縄-辺野古-高江の今を、沖縄タイムス、琉球新報は次のように表した。


(1)琉球新報-普天間停止へ工程表を 翁長知事、福井沖縄相に要望-2018年3月4日 06:10


 琉球新報は、表題について次のように報じた。


①「福井照沖縄北方担当相が3日午前、2月末の就任後初めて来県し、県庁で翁長雄志知事らと会談した。翁長知事は、米軍普天間飛行場の5年以内の運用停止へ具体的なスケジュールを作成することや辺野古新基地建設断念など21項目の要望書を手渡した。福井氏は『沖縄の皆さんの心に寄り添いながら沖縄をより豊かにするための施策の実現に尽力していく』と抱負を述べた。」
②「翁長知事は笑顔で出迎え『沖縄振興に精通する方が(担当相に)なられ心強い。沖縄の過度な基地負担の軽減に取り組んでほしい』と沖縄振興予算の充実にも期待を掛けた。同席した浦崎唯昭副知事は、慢性的な那覇空港の航空便遅延を挙げ『嘉手納基地の空域の制限が少し影響しているのではと感じている』と話し、要望書とは別に改善を訴えた。福井氏は『問題意識は共有したい』と応じた。」
③「福井氏は知事との会談後、県議会で新里米吉議長、赤嶺昇副議長とも会談した。赤嶺副議長が、内閣府との調整が進まないMICE施設の早期整備に理解を求めたのに対し、福井氏は『実情はよく分かっているつもりだ。努力したい』と答えた。」
④「3日午後は糸満市の国立沖縄戦没者墓苑で献花し、地元高知県の慰霊塔・土佐の塔も参拝した。4日は那覇空港の航空貨物ハブ施設のほか、米軍普天間飛行場や米軍ヘリが窓を落下させた普天間第二小、返還跡地の西普天間住宅地区を視察する。経済団体や市町村、各圏域代表とも会談する。」


(2)沖縄タイムス-「事故頻発に不安募る」 普天間第2次騒音訴訟団、原告2700人に-2018年3月4日 12:10


 沖縄タイムスは、表題について次のように報じた。


①「米軍普天間飛行場周辺の住民が騒音被害の損害賠償を求める『米軍普天間基地騒音被害第2次訴訟原告団』の設立総会が3日、宜野湾市の真栄原公民館であった。原告団に応募した市民約2700人が6月末から7月に、那覇地裁沖縄支部へ提訴することを確認した。」
①「原告数は第1次を500人近く上回り、全体の6割以上となる約1700人が第2次訴訟からの参加。山城賢栄原告団長は「騒音被害への関心の高さを思い知った。頻発する事故で普天間周辺の住民は恐怖と不安を募らせている。早期の普天間閉鎖、危険性除去を訴えよう」とあいさつした。」
③「弁護団の池田修団長は『本来は法律による救済制度を作るべきだ。裁判は完璧ではないが、うるさいからせめて補償してほしい、早く基地撤去してほしいという願いを訴えていく』と述べた。」
④「原告は真栄原、大謝名などうるささ指数(W値)75以上の地域に住む宜野湾市民。近年の基地騒音訴訟を踏まえ、損害賠償は提訴の日から過去3年分(第1次の参加者は2016年7月以降)で、W値75は月額7千円、同80は月額1万3千円を求める見通し。米軍機飛行差し止めは求めない。」


(3)沖縄タイムス-基地負担の現状、届いてますか? 沖縄県が英語版パンフ発行へ-2018年3月4日 12:01


 沖縄タイムスは、「沖縄県は近く、沖縄の基地問題を紹介する英語版パンフレットを発行する。米国をはじめ、世界に沖縄の基地負担の現状を理解してもらうことが狙い。今月中旬に予定されている翁長雄志知事の訪米に合わせて完成させ、米国で開催するシンポジウムの参加者などに配布する。」、と報じた。
 また、「パンフレットは全24ページで、5千部発行する。基地被害の現状を発信するため、名護市安部でのオスプレイ墜落や東村高江のCH53ヘリ炎上、宜野湾市の普天間第二小学校での窓の落下事故など最新の事例を取り上げる。また、名護市辺野古の新基地建設問題についても触れ、建設に反対する県の考えも紹介する。パンフレットは県のホームページにも掲載予定。」、と伝えた。




by asyagi-df-2014 | 2018-03-04 17:32 | 沖縄から | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧
更新通知を受け取る