沖縄-辺野古 高江から-2018年2月10日

 落下させたのは、縦約70センチ、横約100センチ、重さ約13キロの半円形の普天間飛行場所属MV22オスプレイの機体の一部。
 実は、伊計自治会は、1月21日に、島上空の飛行停止などを求める抗議集会を開いていた。
はっきりしていることはの一つは、「米軍が部品落下、紛失の事実を沖縄防衛局に連絡しなかった」(琉球新報)ということ。
米国と日本政府は、「翁長雄志知事は『いつしか人命に関わる重大な事故につながりかねない』」(琉球新報)との指摘のもとに、事故原因の究明と再発防止の確率にあたらなければならない。
まず、それができなければ、在沖縄海兵隊の撤退しかないではないか。




 沖縄で起こっていること、その現場の事実をきちんと確認すること。
 2018年も、琉球新報と沖縄タイムスの記事を、「沖縄-辺野古-高江-から」を、報告します。
 2018年2月10日、沖縄-辺野古-高江の今を、沖縄タイムス、琉球新報は次のように表した。


(1)琉球新報-オスプレイ機体一部落下 伊計島海岸に13キロエンジン吸気口 米軍、8日発生も通報せず-2018年2月10日 07:00


 琉球新報は、表題について次のように報じた。


①「沖縄県うるま市伊計島の大泊ビーチで9日午前9時ごろ、普天間飛行場所属MV22オスプレイのエンジンの空気取り入れ口が流れ着いているのが見つかった。在沖海兵隊は8日に海上飛行中、機体の一部を落下させたことを認めた。海兵隊は9日、防衛局からの問い合わせを受けて初めて機体の一部落下があったことを明らかにした。けが人はいない。伊計島では昨年1月と今年1月にも米軍ヘリの不時着があり、相次ぐ事故に住民の不安と怒りが高まっている。県は9日夕、在沖米海兵隊に事故原因究明と実効性ある再発防止策を執るまでの間、オスプレイの飛行停止を求めた。」
②「翁長雄志知事は『いつしか人命に関わる重大な事故につながりかねない』と指摘した。」
③「機体の一部は、縦約70センチ、横約100センチ、重さ約13キロの半円形。ビーチの従業員が海岸を清掃中、浅瀬に浮いていた機体の一部を発見し、砂浜に引き上げた。同日中に、沖縄防衛局の職員が現場から機体の一部を撤去し、米海兵隊に引き渡した。米海兵隊は、沖縄防衛局の問い合わせに対しオスプレイの右側エンジンの空気取り入れ口であることを認めた。」
④「小野寺五典防衛相は9日夕、記者団に対し「地元が心配する案件に関して日本側に通知するのが基本。今回そのようなこと(通知)がなかったとすれば、なぜそうなのかしっかり問いたい」と日本側へ通知がなかったことに不快感を示した。中嶋浩一郎沖縄防衛局長は9日午後、伊計公民館やうるま市役所、宜野湾市役所を訪れ、謝罪し経緯などについて説明した。同日、ニコルソン在沖米四軍調整官に遺憾の意を伝え、再発防止と原因究明を求めたことを明かした。」
⑤「伊計島で相次いだ不時着事故の発生に伊計自治会は1月21日、島上空の飛行停止などを求める抗議集会を開いた。集会での決議を携え沖縄防衛局に抗議した直後のトラブルに、玉城正則伊計自治会長は「沖縄はまだ米軍の占領下じゃないか。日米両政府とも真剣に対応してほしい」と怒りをあらわにした。島袋俊夫うるま市長は、中嶋局長との面談で「我慢の限界。防衛大臣も現地を見ない限り、問題意識を共有できないんじゃないか」と政府の真剣な対応を求めた。」
⑥「翁長知事は今回、米軍が部品落下、紛失の事実を沖縄防衛局に連絡しなかったことに『事故そのものを隠ぺいしようとする意図があったとすれば言語道断だ』と強く批判した。」⑦「海兵隊は9日、本紙取材に『8日の訓練後、普天間飛行場に帰還した際に右側の空気取り入れ口がなくなっており、乗員から部品は海上に落下したとの報告を受けた』と回答した。」


(2)琉球新報-米軍車両数台信号を無視か 宜野湾市伊佐の国道58号-2018年2月10日 09:34


 琉球新報は、「8日午前2時ごろ、宜野湾市伊佐の国道58号伊佐浜交差点で、米軍車両と思われる車数台が赤信号を無視して通過した。隣の車線で信号待ちをしていた男性が動画を撮影した。男性は仕事帰りに国道58号を走行中に信号無視を目撃した。動画では、男性が信号待ちしている隣の車線を、ブルドーザーのような重機を積んだ大型車とトラックの2台が相次いで通り過ぎている。大型車は赤信号になってから少なくとも5秒以上が経過した後に交差点を通過している。別の画像ではトラックのナンバーがMCで始まるナンバーになっていることが確認できる。撮影した男性は『赤信号になってから、けっこうたった後に通り過ぎた。歩行者もいたので危なかった』と話した。」、と報じた。


(3)沖縄タイムス-米軍KC135が緊急着陸 嘉手納基地-2018年2月10日 09:12


 沖縄タイムスは、「【嘉手納】9日午後1時すぎ、米軍嘉手納基地所属のKC135空中給油機が、同基地の北側滑走路に緊急着陸した。」、と報じた。


(4)沖縄タイムス-重さ13キロ…部品は米軍オスプレイのもの 沖縄で8日に落下か-2018年2月9日 17:03


 沖縄タイムスは、表題について次のように報じた。


①「9日午前9時ごろ、沖縄県うるま市伊計島の大泊ビーチ近くで見つかった漂着物について、沖縄防衛局は同日午後3時45分、『在沖海兵隊が、普天間飛行場所属MV22オスプレイの右側エンジンの空気取り入れ口の部品であることを確認した』と県に通知した。」
②「県によると、部品は重さ13キロ程度(※)で、縦70センチ、横100センチ、幅65センチの灰色の半円形。大泊ビーチを清掃していた人が海上に浮かんでいたのを発見し、ビーチに引き上げたという。」
③「沖縄防衛局が現場から部品を撤去したという。」
④「中嶋浩一郎沖縄防衛局長は同日午後4時半頃、伊計島を訪れ、伊計自治会の玉城正則自治会長謝罪した。中嶋局長は防衛局の調査で、オスプレイが部品を落としたのは8日の可能性が高いと確認。部品のないオスプレイの写真も撮られているという。」
⑤「県は9日午後4時40分、在沖米海兵隊政務外交部長のダリン・クラーク大佐に対し、電話で抗議し、オスプレイの飛行停止を求めた。金城典和基地対策課長は『昨年から不時着や部品落下などの事故を繰り返し県や関係自治体が航空機管理体制の抜本的な見直しを求めている中での事故で強い憤りを禁じ得ない』と指摘。在沖米軍の全航空機の緊急総点検、整備、管理対英の見直しなどを求めた。」
⑥「※配信当初、部品の重さを「5キロ程度」としていましたが、13キロに修正しました。(2018年2月9日午後8時36分)」


(5)沖縄タイムス-八重山日報もおわび 救われた男性が「米兵に感謝」と報道-2018年2月10日 05:00


 沖縄タイムスは、表題について次のように報じた。


①「八重山日報社は9日付紙面で、昨年12月1日に沖縄市で発生した事故で『米兵が日本人を救出した』と伝えた産経新聞の記事を転載したことについて、おわびした。同社は、昨年12月11日付紙面で、産経新聞の記事を転載。また、救出された男性が米兵に『感謝している』と語ったという関係者の談話を独自取材で掲載していたが、『その後の再取材で、関係者、(救助されたとする)男性とも米兵に救出された事実を否定した』として訂正した。」
②「産経新聞が8日付朝刊で『事実が確認できなかった』『取材が不十分だった』として記事を削除、おわびしたことを受け、同社も9日付紙面で産経新聞の乾正人・執行役員東京編集局長名のコメントを掲載した。」
③「同社の仲新城誠編集長は本紙の電話取材に『対応に問題があったと反省している』と説明。転載記事で、沖縄タイムスと琉球新報に『報道機関を名乗る資格がない』などと書かれてていたことについては『編集段階で行き過ぎた部分については、削除するなどの配慮が必要だった』とした。また、関係者談話の記事については『読者からの情報提供を受けて取材した。詰めの甘かった部分があったことは反省し、今後に生かしたい』と話した。」 


(6)沖縄タイムス-辺野古新基地:「K9」護岸付近で作業続く-2018年2月10日 14:19


 沖縄タイムスは、「沖縄県名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブ沖では10日午前、辺野古崎北側の『K9』護岸付近で、作業船に積まれていた石材を待機していた台船に積み替える作業が確認された。辺野古崎西側の『K2』護岸では、被覆ブロックの設置が進められていた。抗議船に乗った市民は作業員に『ゆっくり作業して、少しでも基地建設を遅らせてほしい』と呼び掛けた。波が高いため、午後の抗議行動は中止となった。」、と報じた。


(7)沖縄タイムス-オスプレイ、また部品落下 怒り頂点 伊計島民が防衛局の対応批判-2018年2月10日 12:25


 沖縄タイムスは、表題について次のように報じた。


①「沖縄県うるま市伊計島のビーチで9日、普天間飛行場所属の米軍MV22オスプレイの部品が見つかった。伊計島で1月にあった不時着からわずか1カ月余り。今度は観光地であるビーチ近くで重さ13キロの部品が落下した可能性がある。相次ぐ米軍の事故に島では不安が高まるばかり。住民からは『住宅街に落ちていたら取り返しがつかない』『静かな海を返して』と怒りの声が出た。」
②「午後4時すぎ、説明と謝罪のために伊計自治会を訪れた中嶋浩一郎沖縄防衛局長に対し、玉城正則自治会長は『(部品が落ちたのが)海で良かったでは通用しない。もっと大きな事故が起きれば取り返しがつかない』と指摘。防衛局に何度、要請しても変わらない現状に『局の役割が機能していない』と厳しく問いただした。」
③「9日の午前9時ごろ、ビーチを開ける前に海岸沿いを清掃していた従業員の男性(60)が砂浜から約7メートルの地点で海に浮かぶ物体を発見。『「車の古いタイヤか何かだと思ったが、引き揚げてみると違った。最近米軍機の事故が多く、ここにも落としたのかとすぐに思った』と語る。」
④「男性の息子(33)は8日の午後4時頃、米軍ヘリがおよそ10分程度、ビーチ周辺を低空飛行している様子を目撃した。『何か探しているような、いつもと違う飛び方をしていた』と強調。発見したのがオスプレイの部品だと知り『言葉も出ない。オスプレイはビーチ周辺を日に5、6回以上は飛んでいる。こんなのが頭の上に落ちるとよけられない』と憤った。」
⑤「ビーチは夏場は多くの人が海水浴に訪れる。大泊ビーチの代表者(80)は『誰もけががなくて良かったが、前から米軍機が頻繁にビーチ周辺を通るようになった』と話す。『前は静かな海だったのに。許せない。米軍には出ていってほしい』と訴えた。」


(8)沖縄タイムス-オスプレイ部品落下:「我慢限界」「不安募る」うるま・宜野湾市長怒り-2018年2月10日 12:38


 沖縄タイムスは、表題について次のように報じた。


①「米軍普天間飛行場所属のMV22オスプレイから落ちた部品がうるま市伊計島で9日に発見された。島袋俊夫うるま市長と普天間を抱える佐喜真淳宜野湾市長は、繰り返される事故や米側の報告がなかったことに憤りをあらわにした。」
②「伊計島では先月、普天間所属のUH1Yヘリが不時着したばかり。島袋市長は、事故報告や謝罪で市役所を訪れた中嶋浩一郎沖縄防衛局長に対し、同区が決起大会を開いた経緯などを語り『われわれはもう我慢の限界だ。強く申し入れていただきたい』と訴えた。さらに海上での落下について『今はモズクの最盛期。万が一のことも考えると、漁船との衝突事故も起きる可能性が大きい』と懸念を示した。」
③「佐喜真市長も宜野湾市役所で中嶋局長に『米軍からの報告がなかったことは言語道断。開いた口がふさがらない』と語気を強めた。」
④「昨年12月に宜野湾市内の普天間第二小学校で米軍ヘリから窓が落下した事故などを引き合いに出し『組織が緩んでいるのではないか。第二小は運動場の使用を再開し、どうにか落ち着き出してこの事故。不安は募るばかりだ』と語った。」




by asyagi-df-2014 | 2018-02-10 17:41 | 沖縄から | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧
更新通知を受け取る