沖縄-辺野 高江-から-2017年9月29日

 「沖縄戦の『集団自決』(強制集団死)での日本軍による強制を示す記述を削除した検定意見の撤回を求める沖縄県民大会が2007年9月に開かれてから、29日で10年となる。」、と琉球新報。
 しかし、「『日本軍の強制』を示す記述は復活してない。」。
 端的に、日本という国の劣化を示す。



 沖縄で起こっていること、その現場の事実をきちんと確認すること。
 2017年も、琉球新報と沖縄タイムスの記事を、「沖縄-辺野古-高江-から」を、報告します。

 2017年9月29日、沖縄-辺野古-高江の今を、沖縄タイムス、琉球新報は次のように表した。


(1)琉球新報-「軍が強制」の記述は復活せず 沖縄戦の「集団自決」 教科書検定の県民大会から10年-2017年9月29日 07:30


 琉球新報は、表題について次のように報じた。


①「高校の歴史教科書から、沖縄戦の『集団自決』(強制集団死)での日本軍による強制を示す記述を削除した検定意見の撤回を求める沖縄県民大会が2007年9月に開かれてから、29日で10年となる。『歴史の改ざんだ』と県民から抗議の声が上がり、文部科学省は07年12月に記述を『日本軍の関与』として部分的に認めたが、『日本軍の強制』を示す記述は復活してない。」
②「文科省が06年度検定で『「集団自決』の強制の記述を削除した背景には、慶良間諸島に駐留していた元日本兵や遺族らが『沖縄ノート』の著者・大江健三郎さんと版元の岩波書店を訴え『集団自決』の軍命の有無などを争った『大江・岩波』裁判があった。元日本兵らが『軍命はなかった』と裁判で陳述した。この裁判は『新しい歴史教科書をつくる会』の活動に代表される、従軍慰安婦や南京大虐殺などアジア太平洋戦争での日本の加害性を薄める歴史修正主義の流れに位置付けられる。高嶋伸欣琉球大名誉教授は『南京大虐殺などに続き、歴史修正主義の矛先が【集団自決】に向いた』と指摘する。」
③「文科省と検定審議会は、裁判でのこの陳述を参考に『沖縄戦の実態を誤解する恐れがある』との検定意見を付け、高校歴史教科書の5社7冊から『集団自決』での『日本軍の強制』を示す記述を一斉に削除させた。県内で抗議が広がり、県民大会には11万6千人が結集し、検定意見撤回と記述回復を求めた。」
③「県民大会後の同年10月、渡海紀三朗文科相(当時)は再修正を認める考えを示し、各教科書会社も再修正作業に入った。しかし文科省は『強制』の明示を認めず、各社は文案を何度も練り直す。ある社の編集者は『文科省は具体的に【こう直せ】とは言わないが、意図する記述に誘導するように修正を求めてきた』と調整の厳しさを語った。」
④「結局、07年12月に多くの社が、日本軍が住民に教育や宣伝をしていたことや手りゅう弾を配ったことに触れ、住民が『集団自決』に『追い込まれた』という記述で検定に合格した。検定意見の撤回はなされず、07年12月に文科省は『軍の命令によって行われたことを示す根拠は、現時点で確認できていない』とする『検定審議会の基本的なとらえ方』を出す。現在も『集団自決』を巡る記述はこの基準を基に判断されている。」
⑤「10年を迎えた今、実教出版教科書の執筆に携わった石山久男さんは『文科省の決めた枠内でしか記述できない。根本的解決には検定意見の撤回しかない』と語気を強めた。」


(2)琉球新報-チビチリガマ荒らしで特別決議 読谷村議会「戦争犠牲者への冒涜」-2017年9月28日 18:25


 琉球新報は、「沖縄戦で住民が『集団自決』(強制集団死)に追い込まれた沖縄県読谷村波平の自然壕チビチリガマが荒らされた事件で、読谷村議会(伊波篤議長)は28日午後、『チビチリガマ損壊事件に対する特別決議』を賛成多数(賛成13人、反対5人)で可決した。」、と報じた。
 また、「特別決議では、チビチリガマ損壊について『戦争犠牲者に対する冒涜(ぼうとく)である』と批判した上で、『戦争の悲惨さ、チビチリガマの悲劇を語り継ぎ、一切の暴力を拒否し、【平和に勝る福祉なし】を目標に御万人とともに奮闘することを宣言する』としている。」、と報じた。


(3)沖縄タイムス-鳩山元首相、辺野古初座り込み 「米国の意のまま目の当たりに」-2017年9月29日 14:53


 沖縄タイムスは、「29日午前8時45分、米軍キャンプ・シュワブゲート前で新基地建設に反対する市民ら約10人が機動隊に強制排除された。午前8時54分から40分間、ゲート内に工事車両約75台が入り、約55台が出た。正午から約20分間は約40人が機動隊に強制排除され、ゲート内に資材が搬入された。座り込みには、たびせん・つなぐ(東京都・大西健一代表)が企画した旅行でゲート前を訪れたメンバーと、ツアーに同行した元首相の鳩山友紀夫さんも参加。初めて座り込んだという鳩山さんは『米国の意のままに動かされている政治を目の当たりにした』と話した。」、と報じた。
 また、「シュワブ沿岸の『N5』護岸予定地では午前、石材の入った網袋をクレーンで積み上げる作業やダンプカーが運んできた砂利を重機で地ならしする作業が確認された。」、と報じた。


(4)沖縄タイムス-防衛局の報告遅れを批判 翁長知事、辺野古のサンゴ死滅で-2017年9月29日 09:37


 沖縄タイムスは、表題について次のように報じた。


①「名護市辺野古の新基地建設の埋め立て予定地で希少なサンゴ14群体が見つかったことに、翁長雄志知事は28日の県議会9月定例会代表質問で、沖縄防衛局から県への報告が、13群体の死滅後だったことから『大変遺憾だ』と批判した。比嘉瑞己氏(共産)に答えた。」
②「大浜浩志環境部長は、サンゴを確認した時点で県へ報告があれば『専門家の助言を受け、何らかの保全策を検討できた可能性がある』と問題視。謝花喜一郎知事公室長は今後、防衛局へ対応が遅れた理由などを照会する考えを示した。」
③「防衛局は27日の環境監視等委員会で、環境省レッドリスト掲載のオキナワハマサンゴ2群体とヒメサンゴ12群体を7月に発見したが、大方が白化しており、9月1日までに13群体が死滅、消失したと報告した。」
防衛局、協議要請へ
④「名護市辺野古の埋め立て予定地で発見された希少サンゴについて、沖縄防衛局は28日、県へ移植のための特別採捕許可を申請する方針を伝えた。29日に県庁を訪れ、申請に向けた協議を開始したい意向だが、県は話し合う環境が整っていないとして応じない構えだ。」
⑤「県は、防衛局の報告がサンゴの発見から2カ月近くかかり、その間に14群体のうち13群体が死滅したことを問題視。早急に環境や法律の専門家と対応を協議する考えだ。県水産課によると、防衛局は今回見つかったうち、環境省の「海洋生物レッドリスト」で絶滅危惧2類に分類された『オキナワハマサンゴ』だけの移植許可申請を予定しており、他のサンゴへの言及はなかったという。特別採捕許可の可否は、県漁業調整規則に基づき翁長雄志知事が判断する。県は採捕許可を、工事を止める『知事権限』の一つに上げている。」


(5)琉球新報-米軍機が低空飛行繰り返す 名護市辺野古 ゲート前、鳩山元首相が訪問-2017年9月29日 14:04


 琉球新報は、表題について次のように報じた。


①「【辺野古問題取材班】名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブ付近上空で29日午前9時ごろ、米軍ヘリが低空飛行を繰り返すのが確認された。シュワブゲート前で新基地建設に反対し座り込んでいた市民らは『なぜこんな飛び方をするのか』『近すぎる』などと怒りの声を上げた。」
②「29日午前9時ごろ、シュワブ内から低空飛行してきた米軍ヘリはシュワブゲート付近の国道329号を沿うように飛行し、シュワブ内へ向け旋回した。米軍ヘリの旋回は沖縄工業高等専門学校付近のシュワブ内にあるヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)でも確認された。高専の校舎を中心に複数回にわたって旋回し、付近のヘリパッドで離着陸を繰り返した。」
③「ゲート前では市民ら約50人が座り込んで抗議した。午後0時40分までに砕石を積んだ大型トラックなどの工事車両132台が2回にわたってシュワブ内に入った。その際、機動隊が市民らを排除した。」
④「ゲート前には鳩山由紀夫元首相が駆け付け、市民らと共に座り込み、機動隊が市民を強制的に移動する様子を確認した。鳩山元首相は『日本という国がガタガタ崩れていく現場をゲート前で見ることができた。米国の言うままに動かされる、まさに現在の日本の政治の姿だ』」と指摘した。続けて『軍事基地は日本から撤去しなければならないのに、新基地建設を進める日本政府はおかしい』と新基地建設を強行する日本政府のやり方を批判した。」
⑤「シュワブ沿岸部の『N5護岸』建設予定地付近の仮設道路では、作業員が袋詰めされた砕石を投下する作業が確認された。新基地建設に反対する市民らは抗議船2隻と少なくともカヌー8艇で抗議を実施した。」


(6)琉球新報-「できる限りの移植努める」 小野寺防衛相 辺野古絶滅危惧種サンゴ対策で-2017年9月29日 12:20


 琉球新報は、表題について次のように報じた。


①「【東京】小野寺五典防衛相は29日の閣議後会見で、名護市辺野古の新基地建設を巡り、防衛省が従来は移植対象ではなかったサンゴを移植する手続きを進めていることについて『現行の移植基準にかかわらず、できる限り移植するよう努めることとした』と、条件を緩和したことを説明した。」
②「防衛省は27日、環境省が海洋生物レッドリストに指定した絶滅危惧種のサンゴ『オキナワハマサンゴ』が辺野古の埋め立て予定地から見つかったと発表した。これまで埋め立て予定地のサンゴの移植対象条件は『被度5パーセント以上で0・2ヘクタール以上の分布域内の長径10センチ以上のもの』と定めていた。今回見つかったサンゴのうち生存するオキナワハマサンゴ1群体は長径6・5センチで、従来は対象外だった。防衛省は移植に向けて県知事から特別採捕許可を得るため調整を始めている。」
③「サンゴの特別採捕許可は工事を止める知事権限の一つとされている。小野寺氏は工事への影響について『移植をする形で適切に対処したい』と述べるにとどめた。」


(7)琉球新報-うるま市議会、与野党抗議決議それぞれ可決 オスプレイ豪墜落 与党「安全性確保までの飛行停止」 野党「配備撤回」-2017年9月29日 13:41


 琉球新報は、表題について次のように報じた。


①「【うるま】米軍普天間飛行場所属の垂直離着陸輸送機MV―22オスプレイのオーストラリア沖墜落を受け、うるま市議会(大屋政善議長)は29日の定例会で、市政与野党からそれぞれ提出された意見書と抗議決議をいずれも賛成多数で可決した。文書は各関係機関へ郵送されたほか、今後沖縄防衛局への手交も予定されている。」
②「いずれの意見書と抗議決議も事故原因の徹底究明と関連情報の速やかな公開、日米地位協定の抜本的な改定を求めた。」
③「市政与党の文書では『オスプレイの安全性が確保されるまで、同機種全機の飛行を停止』『普天間基地の1日も早い閉鎖返還と閣議決定された【5年以内運用停止を実現】』と盛り込んだ。一方、市政野党は『普天間基地所属MV―22オスプレイの飛行を一切中止し、直ちに配備を撤回すること』とした。」




by asyagi-df-2014 | 2017-09-29 18:26 | 沖縄から | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧
更新通知を受け取る