松山地裁は、伊方3号機差し止め認めず。

 東京新聞は2017年7月21日、標題について、「四国電力伊方原発3号機(愛媛県伊方町)の運転を禁止するよう県内の住民らが申し立てた仮処分について、松山地裁(久保井恵子裁判長)は21日、却下する決定をした。4カ所で申し立てられた仮処分のうち、今年3月の広島地裁決定に続いて運転差し止めを認めなかった。」、と報じた。
 また、「四国電側が算出した原発の耐震設計の目安となる地震の揺れ(基準地震動)の信用性や、東京電力福島第1原発事故後に原子力規制委員会が策定した新規制基準に基づく審査の在り方などが争点だった。ほか3カ所の仮処分は、広島地裁に申し立てた住民側が広島高裁へ即時抗告したほか、大分地裁と山口地裁岩国支部で審理が続いている。」、と伝えた。


 実は、朝日新聞は2017年7月21日、この仮処分の焦点について、「住民側は松山地裁の審尋で、火山噴火の影響、地滑りや液状化、津波の危険性などを訴え、『住民の被曝(ひばく)や環境汚染を引き起こす過酷事故の危険性と緊急性が高まっている』と主張。四電側は地震動や火山、津波の危険性などを適切に評価しており、安全性を確保していると反論していた。」、と報じていた。
 また、最近の原発めぐる状況については、「伊方3号機については昨年以降、広島地裁、大分地裁、山口地裁岩国支部にも運転差し止めを求める仮処分が申し立てられた。うち広島地裁は今年3月、新規制基準に不合理な点はなく、基準地震動についても基準に適合するとした原子力規制委員会の判断に不合理な点はないと認定し、申し立てを却下。住民側は広島高裁に即時抗告した。原発に対する同様の仮処分申し立てでは、福井地裁が2015年4月、大津地裁が昨年3月、いずれも関西電力高浜3、4号機の運転差し止めを決定したが、異議審や抗告審で取り消された。」、と伝えていた。


 東京新聞の紙面に載せられたのは、「不当決定」「司法はもう福島を忘れたか」の垂れ幕を掲げた抗議の写真である。




by asyagi-df-2014 | 2017-07-21 16:27 | 書くことから-原発 | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧
更新通知を受け取る