沖縄から-翁長雄志知事との会談

 菅義偉官房長官は2015年4月4日、米軍キャンプ瑞慶覧の西普天間住宅地区返還式典に出席するため沖縄を訪れた。5日には翁長雄志知事と会談を行うとされている。
 どうやら、その理不尽さが読み取れるキーワードは、次の三つの言葉である。
 ①「辺野古が唯一の選択肢」、②「総合的な政策で選ばれる」、③「法事国家として」。  
沖縄タイムスと琉球新報の社説から、この間の安部晋三政権の理不尽さを読み取る。
 
 (1)「辺野古が唯一の選択肢」について、「安倍晋三首相が好んで使う『この道しかない』という言葉は、サッチャー元英首相のスローガン『ゼア・イズ・ノー・オルタナティブ(ほかに選択肢はない)』に由来する。この言葉を政権は恐らく辺野古推進の哲学にしている。なぜ辺野古なのか、県外はどうなったのか。詳しい説明がないまま、県の頭越しに現行案を決め『唯一の選択肢』や『危険性の除去』を脅し文句のように繰り返している。」と、分析する。また、「選択肢のない政策はない。国と県が今後も協議を継続するのであれば、辺野古での海上作業を一時中断し、対話の環境を整えるべきである。」と、指摘する。
 実に、明快である。


 (2)「総合的な政策で選ばれる」について、次のように反論する。
 管氏は、「移設に反対する人もいれば、逆に普天間の危険除去を一日も早く実現してほしいという多くの民意もある」と述べたが、「菅氏の言う危険性除去は新基地建設のための方便にしか聞こえない。」。何故なら、「危険性除去を最優先させるなら、ここまで長期にわたって問題を引きずることはなかったはずだ」と。そして、「危険性の除去が主たる目的であるのなら、事故後すぐに基地は閉鎖されるべきであった。いまだに「世界一危険」なまま放置されていることに疑問を抱く。 菅氏の一連の発言にちらつくのは、政権のおごりと、都合のいい解釈である。」と、結論づける。
 これまた、明快である。


(3)「法事国家として」について、行政不服審査法の第1条「趣旨」は、「行政庁の違法不当な処分、公権力行使に関し、国民に広く不服申し立てのみちを開く」と定義されている。そもそも「国の不当な行為から私人を守ることが『趣旨』である法を使い、国の行為を守ったのだ。立法趣旨に反するとの意見が法学者の間でも強い。これで『法治国家』もあるまい。」と、切って捨てる。
 そして、「およそ非論理的な発言の数々は滑稽ですらある。これ以上、詭弁(きべん)を続けるのはやめてもらいたい。」と、結論づけた。

 安部晋三政権の方法論と沖縄の二紙のどちらが理に適っているか、これまた明快である。

 以下、沖縄タイムス及び琉球新報の引用。




More
# by asyagi-df-2014 | 2015-04-05 09:49 | 沖縄から | Comments(0)

沖縄から-チビチリガマで慰霊祭(遺族会主催)

 琉球新報は、2015年4月5日、チビチリガマ の慰霊祭(遺族会主催)の様子を次のように伝えた。



「沖縄戦で米軍沖縄本島上陸直後の1945年4月2日、住民83人が『集団自決』(強制集団死)をした読谷村波平のチビチリガマで4日、慰霊祭(遺族会主催)が行われた。遺族や関係者ら約20人が集まり、70年前に起きた惨劇で犠牲となった肉親の冥福を祈り、平和を願った。沖縄戦終結から70年たったいま、住民が体験した『戦争』の記憶の継承に危機感が募る一方で、『「戦争のできる国』の流れが進む中、体験者や遺族らは『不戦』への思いを新たにしている。」
また同時に、遺族会の「チビチリガマから平和を発信するため、いろいろな形で子や孫に歴史を継承していきたい」との意思も伝えている。


 チビチチガマの悲劇は、シムクガマとの違いを含めて、これまでの戦争の意味を語りかけてくれてきた。
 「戦争ができる国」「戦争をする国」として変えられようとしている今の日本の状況について、「軍隊は住民を守らない」というチビチリガマを始めとする沖縄での事実を対峙させることの重要性を、あらためて深く振り返る必要がある。

 以下、琉球新報の引用。




More
# by asyagi-df-2014 | 2015-04-05 09:11 | 水俣から | Comments(0)

あしゃぎの春のなかで

2015年4月は、個人史として、今までに無く記憶に残る月となりそうです。
こんな言葉を、書き込んでいました。

「だからこそ、逆に、これを一方的に奪う者への怒りと個としての『行動』こそが、『人らしく生きる』ということを、活き活きと体現することに繋がる。」
 この事をどうやら学んできたような気がする。

こんな大事な時ではありますが、あしゃぎの春の様子を、贈ります。

f0345938_21012941.jpg
f0345938_21024422.jpg

f0345938_21052071.jpg
f0345938_21021502.jpg


# by asyagi-df-2014 | 2015-04-04 21:07 | あしゃぎ | Comments(0)

沖縄から-在沖海兵隊の抑止力について沖縄駐留の軍事的な合理性はない

「森本敏元防衛相と岡本行夫元首相補佐官は29日、NHKの番組に出演し、在沖海兵隊の抑止力について沖縄駐留の軍事的な合理性はないと強調した。」

 これは、沖縄タイムスの2015年3月30日の記事である。

 森本紙の発言は、「『抑止の機能は低下するかもしれないが、日本の西南、九州か、四国のどこかに1万人の海兵隊が常時いて、地上、ヘリコプター、後方支援の機能を包含できればいい』と語った。」と、される。
岡本氏の発言は、「『海兵隊が必ずしも沖縄に駐留する必要は軍事的にはないが、今のような形で混乱のうちに追い出されると力の空白ができる』と指摘。『日米双方が戦略環境を客観的に引いてもいいと判断するなら、大丈夫だが、今はその時ではない』と語った。」と、される。

 これが実は、沖縄を巡る状況の事実なのである。
 辺野古新基地建設の正当性はない。

 以下、沖縄タイムスの引用。





More
# by asyagi-df-2014 | 2015-03-31 06:11 | 沖縄から | Comments(0)

沖縄から-林芳正農相は30日、作業停止指示の効力停止。

 今回の農相による作業停止指示への効力停止政治的処置は、安倍晋三政権の予定内行動である。
 琉球新報は、2015年3月30日、このことについての知事の対応について、「翁長知事は同日午前、林農相が作業停止指示の効力の一時停止を発表したことに『じっくり精査し、正式に記者会見したい』との考えを示した。岩礁破砕許可を取り消すかどうかについては『これも含めて後で(説明を)やる』と述べた。県庁で記者団の質問に答えた。」と、報じた。

 以下、琉球新報の引用。


琉球新報-辺野古 農相、作業停止指示の効力停止 知事「精査し会見」-2015年3月30日

 林芳正農相は30日、米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設計画をめぐり、翁長雄志知事による沖縄防衛局への海底作業の停止指示の効力を、一時的に停止すると発表した。水産庁の職員が同日午前、県庁を訪れ、効力を停止する内容を伝える文書を提出した。これに対し県は、防衛局への岩礁破砕許可の取り消しや訴訟などの対抗措置を検討している。
 翁長知事は同日午前、林農相が作業停止指示の効力の一時停止を発表したことに「じっくり精査し、正式に記者会見したい」との考えを示した。岩礁破砕許可を取り消すかどうかについては「これも含めて後で(説明を)やる」と述べた。県庁で記者団の質問に答えた。
 県の作業停止指示はいったん失効する形となり、防衛局は辺野古沿岸部での海底ボーリング調査を続けるとみられる。


# by asyagi-df-2014 | 2015-03-30 19:58 | 沖縄から | Comments(0)

沖縄からー名護市決議を日本全体の問題とするために。

 沖縄県名護市は、2015年3月26日、市議会で決議案5号を可決した。
 それは、現在の沖縄県の実態を、国連人権高等弁務官に、人権侵害・差別として調査を求めるものである。
 まずは、日本国として、日本国民をここまで追い込んでしまっていることを知らなければならない。
 決議の要約は、次のとおりである。


(現在までの状況)
第二次世界大戦中、 日本で唯一地上戦に追い込まれた沖縄は、 熾烈な戦いの末、 廃墟となり、多くの人命が失われました。 さらに、1952年のサンフランシスコ講和条約発効で、沖縄は日本から切り離され、 27年間もアメリカ軍政下におかれ人権が無視され、 苦難と忍従を強いられてきました。今年、戦後70年を迎えますが、いまだ、日本国土面積の0.6%しかない狭隘な島、 沖縄に在日米軍専用施設面積の 74%が集中しています。


(現在の状況)
現在では沖縄県民の大多数が反対する中、 日米両政府は国際的保護動物で、 国指定天然記念物のジュゴンがすむ生物多様性に富んだ大浦湾・辺野古の海を埋め立てて海兵隊の新しい基地建設を強行し、 環境破壊と人権侵害が行われています。


(日本政府の対応)
総理大臣や防衛大臣、 外務大臣はその沖縄の民意を代表する翁長雄志知事の面会の申し出を拒否し、政府の意に沿わない人とは会わなぃとぃう態度で沖縄県民を差別視しています。
さらには、 キャンプ・シュワーブゲート前で、 新基地反対の座り込みをしている県民や、埋め立て予定地の海上でカヌーなどにより抗議行動をする非暴力の市民を、 沖縄県警機動隊や海上保安庁による暴力的な過剰警備によりけが人も続出しています。 その中で、 抗議行動をするリーダーの一人が、米軍の警備員により突然明らかな理由もなく、不当拘束・逮捕されるということまで起こっています。


(名護市の意見)
名護市議会としては、今なお続く 日米両政府の沖縄県民に対する構造的差別による人権抑圧に対して強い憤りを持つており、絶対に容認することはできません。
 よって、 沖縄の人権と自己決定権を保障するために、 強行されている新基地建設と沖縄県民の人権侵害の実態を、 国連人権高等弁務官が現地にて調査するこ とを要請いたします。


 今こそ、私たち本土の人間がその在り方を問われている。

 以下、沖縄県名護市議会の決議案5号の引用。




More
# by asyagi-df-2014 | 2015-03-29 10:06 | 沖縄から | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧