<   2014年 11月 ( 33 )   > この月の画像一覧

公的年金の運用を、安部晋三政権が成長戦略の中で検討

公的年金の運用が、安部晋三政権の成長戦略の中で、検討されている。 
このことについて、朝日新聞は「公的年金の積立金の運用を政府が改革しようとしている。論点は(1)積立金を運用する資産の中身(2)運用機関の意思決定のあり方の2点だ。論議の対象は、約130兆円を運用している年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)。従来、国債などの国内債券に60%、国内株式と外国株式に各12%などという基準で運用していた。これに対し、政府の成長戦略にもとづいて設置された有識者会議が昨年11月の報告書で、国内債券の比率を下げるよう提言した。GPIFは国内株式などの比率を上げる方向で検討している。」と、その内容を報じている。
 また、朝日新聞は、「だれがどう人選をするのか。海外の公的年金では、担当大臣らが指名委員会を選び、具体的な人選はその委員会に委ねている例もある。GPIF改革でも慎重な制度設計が望まれる。」との制度設計の問題を指摘するともに、「気になるのは、今回の改革論議の出発点が成長戦略にあることだ。年金の積立金は経済成長のためにあるのではない。将来にわたって安定的に年金の給付を続けること。それを最優先にしなければならない。」との危惧感を表明している。
 このことについては、琉球新報も「老後の生活を支える年金は国民にとって『虎の子』だ。掛け替えのない資産であり、成長戦略として『賭け』に投じるのは危険だ。・・・そもそも年金積立金は政府のものでなく国民のものだ。リスクをどの程度引き受けるのかは所有者たる国民が決めるのが筋だ。厚労省とGPIFは方針を撤回し、国会の内外で広く議論すべきだ。」と、指摘する。
 さらに、高知新聞も「運用される積立金は保険料とともに給付の財源になる。いわば国民にとって虎の子の財産だからだ。その性質からいって当然、収益拡大より安全性が優先されるべきだろう。政府に再度の見直しを求める。・・・最大の問題は、運用の失敗が続いた場合、将来の給付水準が下がる恐れが否めない点にある。リーマン・ショックの2008年度には、運用で9兆6千億円を超える赤字を出した。それでも国債中心の運用だったため、損失を限定的にできたとされる。年金は高齢者世帯の収入の7割を占める生活の基盤である。最大限リスクは回避するべきだろう。しかし、政府は危険性を十分に説明しないまま、運用見直しを進めた。国民の老後の糧を理解も得ることなく、リスクにさらすことは許されない。」と、解説する。
 寡占企業の利潤を独占させるための成長戦略は、一方では、国民の生活を疲弊させる。
 このことを、指摘し続けなければならない。
以下、各新聞社社説の引用

More
by asyagi-df-2014 | 2014-11-03 05:40 | 書くことから-いろいろ | Comments(0)

労働問題-労働者派遣法改正案を国会に提出

 政府が労働者派遣法改正案を国会に提出し、労働者派遣法改正案の国会審議が始まった。
 これまでもこの「改正案」の問題点は指摘した。
10月30日及び31日に掲載された各新聞社社説を基に、①意見・②問題点として、「改正案」を考える。

(1)意見

①琉球新報
「政府が労働者派遣法改正案を国会に提出した。今国会最大の対決法案だが、それだけではない。この国の在り方をも占う法案だ。」
②沖縄タイムス
「改正案は企業の論理を優先した内容で、派遣労働者の待遇改善や身分保障への対策は脆弱(ぜいじゃく)だ。このままでは、雇用の質の低下を招くばかりである。結論を急がず徹底した議論を求めたい。」
③新潟日報
「国会で労働者派遣法改正案の審議が始まった。不安定な雇用が拡大するのではないかと懸念されている。拙速を避け、慎重に議論してもらいたい。」
④朝日新聞
「改正案には、これまで一部の派遣会社に認められていた届け出制をやめ、全てを許可制にすることも盛り込まれた。条件を満たせば届け出だけですんだことが、不適切な業者がはびこる一因になっていたからだ。改正案に盛り込まれた改善の流れを太くするためにも、派遣労働者の所得が向上する道筋をつけること。その責任が、この国会にはある。」

(2)問題点
①琉球新報
「現行法は通訳などの専門業務を除き、派遣労働者の受け入れ期間に3年の上限を設ける。改正案はこの制限を撤廃し、全ての業務で、3年ごとに働く人を交代させれば、半永久的に派遣労働者を使い続けられるようになる。賃金を安く抑えたい産業界の求めに応えた形だ。」
「この派遣法改正は一見、企業を利するように見えて、大局的には経済政策としても消費拡大に逆行するのだ」
②沖縄タイムス
「改正案の柱は、派遣労働者を受け入れる期間の上限撤廃だ。現行では、通訳など専門26業務以外は、同じ職場で最長3年まで、と上限が決まっている。正社員から派遣労働者への置き換えを防ぐためである。」
「つまり「『派遣』は臨時的・一時的な対応で、恒常的な業務には正社員を充てる」という原則からの転換である。」
③新潟日報
「企業に比べて立場の弱い働く側に立って、派遣の待遇を改善し、働き方の違いによる格差を縮めていく努力は欠かせない。」
「若者が結婚や出産をためらう理由として、派遣を含めた非正規労働に就く人が多く、将来に不安を持つことが挙げられる。安定的な雇用があってこそ消費拡大、経済再生につながっていく。改正案がその期待に応えるものかどうか、問わねばならない。」
④朝日新聞
「目指すべき方向ははっきりしている。同じ価値のある仕事をしている人には同じ待遇を義務づける「均等待遇原則」を導入することだ。この原則があれば、派遣会社に支払うマージンが必要な派遣労働は直接雇用よりも割高になり、コスト目的で派遣労働を使うことへの歯止めにもなる。」

 以下、各新聞社の社説引用。





More
by asyagi-df-2014 | 2014-11-02 05:50 | 書くことから-労働 | Comments(0)

私信-人間ドックの合間に、素敵な本を見つけました。

恐らく最後の人間ドックでの訪問となる福岡市での経験です。

 その病院には、1階に患者と職員用の小さな図書コーナーが設けられていました。
 何分にも検査の間と間にかなりの時間がありましたので、持ち込みの本を一冊読み上げた後で、このコーナーに立ち寄ってみました。
 図書コーナーは、寄付された本で運営されているようで、どの本もかなり年期のはいった物でした。また、その背表紙の表題にも特段の傾向はありませんでした。
 時間つぶしの意味もありましたので、ゆっくり背表紙の文字を眺めていると、海鳥社の「キジバトの記」という本の名前が目につきました。
 上野春子さんの本でした。
 本は、福岡県の某図書館の廃棄図書で、本としてはかなりくたびれていました。
 何故目を引いたのかというと、あの上野英信の伴侶であった人の著作だと気づいたからでした。記録作家の雄としての上野英信については、「追われるゆく坑夫たち」といくつかの著作を読んだくらいでしかありませんでした。
 実は、松下竜一が生前上野春子さんを取材していたことから、松下竜一の著作ができあがることを楽しみにしていました。どちらかというと、上野春子というよりは松下竜一への関心から上野春子という名前を覚えていました。結局、この本は完成の時を迎えませんでした。

 還暦を迎えてから仕事と読書のために初めて購入した眼鏡を忘れてしまい、苦労しながら、「キジバトの記」の文字を追いました。
 この時は、短い文章の数編を読んだのですが、非常に驚いてしまいました。その明晰で痛烈な文章は、上野英信を自分自身と対称化し表現していました。上野春子の文章は、切り口鋭く読む物の魂を心底から揺さぶるものでした。
 これが、鬼神上野英信に書くことを止められていた人の文章なのかと。
 特に、次の記述は、この本のすごみを顕しています。
 「夫が亡くなって五年の間に、仕事が少なくなった私の手は、いつのまにかなおっていたのである。植物と同じようにこれも自然の営みのひとつであろう。このようにして、もし精神の回復をも期待できるものならば、残り少ない私の前途にも淡い希望が生まれてくる。」

 この場は、時間に制限がありましたので、図書コーナーを何となく中途半端な感じで退出しました。
午後四時過ぎには、自由時間となりましたので、かねてから準備していた用事を済ませ、ホテルへの帰りの道すがら、博多駅前の紀伊國屋書店で、これまたゆっくりと本を見て回りました。最近は、ネットでの購入を主としていましたので、こうした時間は少し刺激的でもありました。この本屋では、郷土出身の本のコーナーが設けられており、小さな出版社の本が面白く並べられていました。確かに最近、本屋で買う本はこうしたコーナーの本になっていました。

 「あっと」。
 ありました。新装版の「キジバトの記」です。後先考えずに購入してしまいました。
この本を読み終えて言えることは、確かに、上野春子は才能ある人でありました。

 最後に、海鳥社のこの本の帯には、「旧炭住を『筑豊文庫』として移り住み、筑豊に日本変革の夢をかけた記録作家上野英信と妻・春子の30年の日々。」と、記載されています。
 これを読んだ時から、ずっと引っかかっていたのは、上野英信の表記が先にあり、妻・春子となっていることでした。もしかしてこの本が意味を持つためには、上野英信が最重要な比重を占めるとしても、それでもこの本は、上野春子の作品であるはずではないかと。 私たちは、上野英信ではなく、上野春子の文章に感動しているのだからと。少なくとも、私自身はこの本に、上野春子の生きざまを読み取ることができたのだから。
 この本読みながら、才能小さき物の表現の道について考えている自分がいました。


by asyagi-df-2014 | 2014-11-01 05:50 | 書くことから-いろいろ | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧