カテゴリ:書くことから-いろいろ( 184 )

衆院選公示、地方紙から考える

衆院戦が公示された。
 あえて、九州の地方紙からこのことを考える。
まとめてみると次のようになる。

(1)選挙の持つ意義

・琉球新報
「2009年の政権交代、12年の政権奪還をわれわれは経験した。その成果と不首尾を総括すべきときだ。だが前2回に比べ有権者の関心が薄いと懸念されている。政治家が公約をほごにし、公約にないことを実行したことで、政治との距離が増したのではないか。
 公約を基に投票先を選び、政権党はその公約を守り、有権者が選択した未来を実現する。それで初めて国民は主権を実感するのだ。本来の主権者たる国民の手に政治を取り戻すため、候補者には公約の明示と実行の確約を求めたい。」
「問われているのは、日本が一地域を差別して恥じない国であるのか、民主主義を重んじる国であるのか、という根本なのである。」

・沖縄タイムス
「安倍晋三首相がこの時期に突然、衆院を解散したことについては、全国の有権者から『』大義なき自己都合解散』との批判が強い。消費税の再増税先送りが選挙の争点になりにくいのは確かである。
 ただ、こうなった以上、安倍政治に対する審判の機会が与えられた、と積極的にとらえ直したほうがいい。
 候補者を擁立する与野党9党は、それぞれが重視する争点を掲げている。経済政策『アベノミクス』の是非、閣議決定に基づく集団的自衛権の行使容認、安全保障政策の急転換、社会保障、原発再稼働、東日本大震災の被災地復興、地方再生、政治とカネなど、論ずべきテーマは多様である。」

・南日本新聞
「問われるのは政権奪還後2年間の『安倍政治』である。」
「『1強多弱』の勢力図が塗り替わるかどうかが最大の焦点だ。」
「成熟社会の日本のどんな未来図を描くのか。与野党の本格的な論戦を期待したい。」

・西日本新聞
「『今回の衆院解散には大義がない』からと選挙に対する関心を喪失し、投票所へ向かうのをためらったら、誰がほくそ笑むのか。冷静に考えたい。賢明な主権者として『大義ある審判』で応じよう。」


(2)何を焦点とすべきなのか。

・琉球新報
「今回の選挙で真っ先に問われるべきは憲法改正の是非、なかんずく9条改正の是非である。」
「各党に何より問いたいのは、沖縄に米軍基地の過重負担を押し付け、犠牲を強要する『構造的差別』を、今後も続けるか否かだ。」

・沖縄タイムス
「沖縄選挙区(1~4区)は、知事選で浮上した新たな政治潮流を反映し、従来にない構図になる見通しだ。最大の争点は、やはり辺野古問題である。」
「『県外』から『県内容認』に転換した以上、そのことの是非がまず問われなければならない。」

・南日本新聞
「道半ばのアベノミクスで、最もしわ寄せを受けるのが子どもたちだ。『子どもの貧困率』は2012年、16.3%で過去最悪を更新した。実に6人に1人である。」
「アベノミクスの恩恵はまだ、円安で潤う一部の輸出企業や富裕層などにとどまっている。」
「選挙戦後半には、『知る権利』の侵害が懸念される特定秘密保護法が施行される。安全保障の情報を特定秘密にし、漏えいすると最高で懲役10年を科す。憲法9条の解釈変更による集団的自衛権の行使容認の閣議決定とともに、『安倍政治』を象徴する施策だ。
 こうした世論を二分する戦後安全保障政策の大転換を、まともな国会論議を避けたまま押し通す政治手法や、異論に耳を貸さない姿勢も問われるべきである。」

・西日本新聞
「安倍首相の経済政策『アベノミクス』が大きな争点であることは否定しない。しかし、果たしてそれが『最大』かどうかは、有権者の判断に委ねられる。」
「その一方で、昨夏の参院選で衆参ねじれを解消した後の『決めすぎる政治』を問題にする有権者も少なくないはずだ。
 国民の知る権利を侵害しかねない特定秘密保護法を採決強行の連続で成立させ、戦後の歴代内閣が『憲法解釈上できない』としてきた集団的自衛権の行使を一内閣の閣議決定で容認へ踏み切った判断の是非は、今回の総選挙で徹底的に論じてほしい。」
「そして、私たちが特に訴えたいのは、来年の戦後70年へ向けてこの国はどこに向かうのか-という歴史的な時間軸に根差した将来のいわば『方向感覚』である。」

 ここでは、西日本新聞の「そして、私たちが特に訴えたいのは、来年の戦後70年へ向けてこの国はどこに向かうのか-という歴史的な時間軸に根差した将来のいわば『方向感覚』」という主張を肝に銘じたい。

 以下、各紙社説の引用。




More
by asyagi-df-2014 | 2014-12-02 20:59 | 書くことから-いろいろ | Comments(0)

安部晋三政権を考える-2014年11月21日

神奈川新聞は、アベノミクスにかかわる「『三本の矢』の経済政策は、確実に成果を挙げつつある。政権発足以来、雇用は100万人以上増えた。有効求人倍率は22年ぶりの高水準だ。今春には平均2%以上、給料がアップした。過去15年間で最高だ」という安部晋三首相の発言に対して、雨宮処凛さんの「求人の中心は非正規雇用。安倍政権になってから、正社員は31万人減って、非正規労働者は129万人増えている。実態は良くなっていない。アベノミクスで暮らしがよくなっているという人は所得の上位数パーセントにすぎないのではないか」、「実は、経済政策がうまくいかず、景気が上向かないという政権にとって不利な状況をうまくやり過ごそうとしているようにしか見えない。増税を予定より1年半先送りにするというのは、経済を回復させてから増税すると言いたいのだろうが、経済が回復するかどうかは分からない。国民には聞こえはいいが、見通しが立っていない未来に丸投げしただけではないのか」と、反論を掲載した。

 また、雨宮処凛さんは、第2次安倍政権を「暴走政権」と評し、『特定秘密保護法、集団的自衛権の行使容認と、国民の反対の声を無視して、押し切った。おまえたちの意見は聞かないよ、というメッセージとして受け取った』。国会周辺で行われた秘密保護法に反対するデモにも足を運んだ雨宮さんの実感だ。」と批判する。

 結局、安部晋三政権がもたらしたものは、「背景にあるのは、社会の閉塞(へいそく)感」である。
 だから、「安倍首相が決断を誇ってみせた消費税再増税の先送りも、希望の光になり得ない。」と、いうことだ。

 以下、神奈川新聞の引用。




More
by asyagi-df-2014 | 2014-11-21 05:40 | 書くことから-いろいろ | Comments(0)

安部晋三政権を考える-2014年11月19日

NPJで、「アベノミクスに審判を-賃金15カ月減・ワーキングプア30万人増・富裕層過去最大・内部留保13兆円増」という記事を見つけました。
 安部晋三政権は、消費税増税を18カ月延期するけれど、2017年4月には「景気判断条項を付すことなく確実に実施」することを明言するとともに、今週21日に衆議院を解散することを表明しました。
 このことを考えるための判断基準。
・賃金は15カ月連続マイナス
・大企業の労働分配率は1年で4.4%マイナス
・勤労者世帯収入は12カ月連続マイナス
・貯蓄を保有していない世帯31%と過去最大
・消費支出は過去の消費税増税時より落ち込みが激しい
・「暮らしにゆとりがない」が半数近くに増加
・雇用が増えたと安倍首相は言うが正規雇用減少・非正規雇用激増
・大企業の内部留保はこの1年で13兆円も増加
・日本の富裕層は過去最大の101万世帯、純金融資産総額は241兆円
・チャンスつかんで好循環なのは富裕層と大企業だけ
・「全世帯の16%の人々が貧困生活を強いられている状況の中で
・アベノミクス第3の矢は「自分に刺さる毒矢」

 最後に、「今回の解散総選挙は、安倍首相による『戦争する貧困大国日本づくり』を許すのかどうかを根源的な争点にしなければいけないと思っています。」と、まとめられています。

 以下、引用。





More
by asyagi-df-2014 | 2014-11-20 05:40 | 書くことから-いろいろ | Comments(0)

GDP速報値、7─9月は2期連続マイナスに増税延期を補強する材料に

東洋経済ONLINEは2014年11月17日、「内閣府が17日発表した2014年7─9月期国民所得統計1次速報によると、 実質国内総生産(GDP)は前期比マイナス0.4%、 年率換算マイナス1.6%となり、4─6月期に続きマイナス成長を記録した。4─6月期の増税後の反動減の影響で、7─9月は大幅な反発が予想されていたが、日本経済の落ち込みは想定を超えるものとなっていたことが明らかとなった。」と、報じた。
 このことにつて、「需要低迷で企業が在庫を絞ったことで、民間在庫投資寄与が大幅なマイナスとなったほか、住宅投資・設備投資は2期連続マイナス。公的需要で下支えしきれなかった。」と説明するとともに、合わせて「政府はすでに10%への消費増税の延期方針を固めているが、この結果は増税延期判断を補強するに十分な材料となりそうだ。」と、報じた。

 以下、東洋経済オンラインの引用。




More
by asyagi-df-2014 | 2014-11-17 17:34 | 書くことから-いろいろ | Comments(0)

確かに、衆院解散・総選挙はどう考えても異常だ。

 安部晋三政権は、衆院解散・総選挙に踏み切ることでスケジュール化している。
 このことについて、東京新聞は2014年11月15日、「自民党岐阜県連(会長・古屋圭司衆院議員)は15日の常任総務会・執行部会合同会議で、安倍晋三首相が衆院解散・総選挙に踏み切ることに反対すると決議した。『国民生活に与える影響を考えると、どう考えても異常だ。断固反対する』とした。」と、報じた。
 また、北海道新聞は2014年11月15日、「自民党の高村正彦副総裁が14日、安倍晋三首相が年内実施の意向を固めた衆院解散・総選挙を『念のため解散』と述べたことが、波紋を広げている。」と、報じた。

 この身内からの反論については確かに同意できるし、身内の慢心からくる失言は安部晋三政権の体質そのものを表している。
 この間、安部晋三政権の「成長戦略」について批判してきたが、どうやら同じ構造の問題を抱えていることは間違いない。つまり、視界の中には、国民の生きている姿がはいっていないということだ。

 以下、東京新聞及び北海道新聞の引用。




More
by asyagi-df-2014 | 2014-11-17 05:46 | 書くことから-いろいろ | Comments(0)

SLAPP裁判-宮崎

「村野瀬玲奈の秘書課広報室」の2014年11月14日付けのブログに、気になる記事が掲載されています。
 SLAPP裁判の内容です。本日、裁判が開かれています。ただし、宮崎日日新聞のホームページを覗いてみましたが、記事を見つけることはできませんでした。
 今後、注視したいと思います。

 以下、「村野瀬玲奈の秘書課広報室」での掲載記事の引用。




More
by asyagi-df-2014 | 2014-11-14 21:47 | 書くことから-いろいろ | Comments(0)

「秩父事件130年 民権の新たなうねりを」との社説を読む

  NPJで信濃毎日新聞の社説に「秩父事件」の文字を見つけた。

 「今から130年前の1884(明治17)年。11月1日、埼玉・秩父の椋(むく)神社に秩父困民党の農民ら数千人が集結。明治政府の圧制に抗議して武装蜂起した。」、秩父事件は、確かに、「歴史家の井上幸治さん(故人)は、秩父事件を「自由民権運動の最後にして最高の形態」と位置づけている。」というに相応しいものであった。
 「蜂起軍には、北相木から菊池貫平と井出為吉の2人が幹部として加わっていた。」という菊池貫平と井出為吉という名前も、また懐かしいものである。
 私自身が秩父事件に興味を抱いたのは、秩父事件100年の顕彰を前にした時期であったことを覚えている。

信濃毎日は、秩父事件130年について、次のように主張した。
 「自由民権運動の最後にして最高の形態」であるにもかかわらず、「暴徒」として鎮圧され、歴史の表舞台からは政治的に消されてしまった「事件」であった。
 「特定秘密保護法の強行成立、集団的自衛権の行使容認…。福島原発事故の収束も見えぬまま原発再稼働の動きは進み、米軍基地が集中する沖縄は新たな負担を強いられようとしている。この国の政治に、主権者、住民の意思はどれだけ反映されているのだろう。
 民主主義は、選挙や代議制といった形式を言うのではない。130年前に立ち上がった人々にあった、われわれこそが政治の主体だという意識を私たちは持っているだろうか。権力の横暴に抗する人たちに連帯し、支えていく動きは広がっているだろうか。
 秩父事件や自由民権の歴史に目を向けることは、今の社会、政治に私たち自身がどう向き合うかを問い直すことでもある。現代に民権の新たなうねりを起こしたい。」

 この主張には、三〇年前に日本の民主主義の行く末を考える上で秩父事件を参考にしたいと考えた私自身の当時の思いと繋がる部分がある。
 いやむしろ、状況はより厳しくなっている。
 民権の新たなうねり。
 自己決定権の確立。
 先人達の想いにあらためて繋がっていくことを。

 以下、信濃毎日の引用。




More
by asyagi-df-2014 | 2014-11-05 05:38 | 書くことから-いろいろ | Comments(0)

公的年金の運用を、安部晋三政権が成長戦略の中で検討

公的年金の運用が、安部晋三政権の成長戦略の中で、検討されている。 
このことについて、朝日新聞は「公的年金の積立金の運用を政府が改革しようとしている。論点は(1)積立金を運用する資産の中身(2)運用機関の意思決定のあり方の2点だ。論議の対象は、約130兆円を運用している年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)。従来、国債などの国内債券に60%、国内株式と外国株式に各12%などという基準で運用していた。これに対し、政府の成長戦略にもとづいて設置された有識者会議が昨年11月の報告書で、国内債券の比率を下げるよう提言した。GPIFは国内株式などの比率を上げる方向で検討している。」と、その内容を報じている。
 また、朝日新聞は、「だれがどう人選をするのか。海外の公的年金では、担当大臣らが指名委員会を選び、具体的な人選はその委員会に委ねている例もある。GPIF改革でも慎重な制度設計が望まれる。」との制度設計の問題を指摘するともに、「気になるのは、今回の改革論議の出発点が成長戦略にあることだ。年金の積立金は経済成長のためにあるのではない。将来にわたって安定的に年金の給付を続けること。それを最優先にしなければならない。」との危惧感を表明している。
 このことについては、琉球新報も「老後の生活を支える年金は国民にとって『虎の子』だ。掛け替えのない資産であり、成長戦略として『賭け』に投じるのは危険だ。・・・そもそも年金積立金は政府のものでなく国民のものだ。リスクをどの程度引き受けるのかは所有者たる国民が決めるのが筋だ。厚労省とGPIFは方針を撤回し、国会の内外で広く議論すべきだ。」と、指摘する。
 さらに、高知新聞も「運用される積立金は保険料とともに給付の財源になる。いわば国民にとって虎の子の財産だからだ。その性質からいって当然、収益拡大より安全性が優先されるべきだろう。政府に再度の見直しを求める。・・・最大の問題は、運用の失敗が続いた場合、将来の給付水準が下がる恐れが否めない点にある。リーマン・ショックの2008年度には、運用で9兆6千億円を超える赤字を出した。それでも国債中心の運用だったため、損失を限定的にできたとされる。年金は高齢者世帯の収入の7割を占める生活の基盤である。最大限リスクは回避するべきだろう。しかし、政府は危険性を十分に説明しないまま、運用見直しを進めた。国民の老後の糧を理解も得ることなく、リスクにさらすことは許されない。」と、解説する。
 寡占企業の利潤を独占させるための成長戦略は、一方では、国民の生活を疲弊させる。
 このことを、指摘し続けなければならない。
以下、各新聞社社説の引用

More
by asyagi-df-2014 | 2014-11-03 05:40 | 書くことから-いろいろ | Comments(0)

私信-人間ドックの合間に、素敵な本を見つけました。

恐らく最後の人間ドックでの訪問となる福岡市での経験です。

 その病院には、1階に患者と職員用の小さな図書コーナーが設けられていました。
 何分にも検査の間と間にかなりの時間がありましたので、持ち込みの本を一冊読み上げた後で、このコーナーに立ち寄ってみました。
 図書コーナーは、寄付された本で運営されているようで、どの本もかなり年期のはいった物でした。また、その背表紙の表題にも特段の傾向はありませんでした。
 時間つぶしの意味もありましたので、ゆっくり背表紙の文字を眺めていると、海鳥社の「キジバトの記」という本の名前が目につきました。
 上野春子さんの本でした。
 本は、福岡県の某図書館の廃棄図書で、本としてはかなりくたびれていました。
 何故目を引いたのかというと、あの上野英信の伴侶であった人の著作だと気づいたからでした。記録作家の雄としての上野英信については、「追われるゆく坑夫たち」といくつかの著作を読んだくらいでしかありませんでした。
 実は、松下竜一が生前上野春子さんを取材していたことから、松下竜一の著作ができあがることを楽しみにしていました。どちらかというと、上野春子というよりは松下竜一への関心から上野春子という名前を覚えていました。結局、この本は完成の時を迎えませんでした。

 還暦を迎えてから仕事と読書のために初めて購入した眼鏡を忘れてしまい、苦労しながら、「キジバトの記」の文字を追いました。
 この時は、短い文章の数編を読んだのですが、非常に驚いてしまいました。その明晰で痛烈な文章は、上野英信を自分自身と対称化し表現していました。上野春子の文章は、切り口鋭く読む物の魂を心底から揺さぶるものでした。
 これが、鬼神上野英信に書くことを止められていた人の文章なのかと。
 特に、次の記述は、この本のすごみを顕しています。
 「夫が亡くなって五年の間に、仕事が少なくなった私の手は、いつのまにかなおっていたのである。植物と同じようにこれも自然の営みのひとつであろう。このようにして、もし精神の回復をも期待できるものならば、残り少ない私の前途にも淡い希望が生まれてくる。」

 この場は、時間に制限がありましたので、図書コーナーを何となく中途半端な感じで退出しました。
午後四時過ぎには、自由時間となりましたので、かねてから準備していた用事を済ませ、ホテルへの帰りの道すがら、博多駅前の紀伊國屋書店で、これまたゆっくりと本を見て回りました。最近は、ネットでの購入を主としていましたので、こうした時間は少し刺激的でもありました。この本屋では、郷土出身の本のコーナーが設けられており、小さな出版社の本が面白く並べられていました。確かに最近、本屋で買う本はこうしたコーナーの本になっていました。

 「あっと」。
 ありました。新装版の「キジバトの記」です。後先考えずに購入してしまいました。
この本を読み終えて言えることは、確かに、上野春子は才能ある人でありました。

 最後に、海鳥社のこの本の帯には、「旧炭住を『筑豊文庫』として移り住み、筑豊に日本変革の夢をかけた記録作家上野英信と妻・春子の30年の日々。」と、記載されています。
 これを読んだ時から、ずっと引っかかっていたのは、上野英信の表記が先にあり、妻・春子となっていることでした。もしかしてこの本が意味を持つためには、上野英信が最重要な比重を占めるとしても、それでもこの本は、上野春子の作品であるはずではないかと。 私たちは、上野英信ではなく、上野春子の文章に感動しているのだからと。少なくとも、私自身はこの本に、上野春子の生きざまを読み取ることができたのだから。
 この本読みながら、才能小さき物の表現の道について考えている自分がいました。


by asyagi-df-2014 | 2014-11-01 05:50 | 書くことから-いろいろ | Comments(0)

松代大本営看板問題 -負の歴史に真摯に向き合ってきたこれまでの長野市の取り組みからすると、もったいないことである。

以前、長野市松代町の松代大本営地下壕(ごう)入り口に市が設置した看板で、朝鮮人労働者が工事に携わることになった経緯を伝える文章のうち、「強制的に」の部分に市がテープを貼って見えないようにした問題を取り上げた。
 今回、壕を管理する長野市が、「多くの朝鮮や日本の人々が強制的に動員されたと言われています―。と、「と言われている」と伝聞表現にして、決着を図った格好で、結論を発表した。
 このことについて、信濃毎日新聞は社説で、「市役所内の検討だけで案内板を掛け替えて終わらせてしまっては、もったいない。」と、報じた。
 また、その結論を、「来年で終戦から70年になる。戦争の記憶は風化が進む。だからこそ、市民と一緒になって検証しながら身近な歴史を学ぶ積極的な仕掛けをつくりたい。子どもたちの関心を引き付ける機会にもなる。市役所内の検討だけで案内板を掛け替えて終わらせてしまっては、もったいない。」と、している。

 確かに、このままの結果にすることは、負の歴史に真摯に向き合ってきたこれまでの長野市の取り組みからすると、もったいないことである。
 長野市を訪れ、松代大本営の事実に衝撃を受けるとともに、未来を見つめるための教材化しているその姿に感動を受けた者の一人として、やはりこの長野市の結論は、どうしても間違っていると言わざるを得ない。

 以下、信濃毎日新聞の引用。




More
by asyagi-df-2014 | 2014-10-26 05:40 | 書くことから-いろいろ | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧