カテゴリ:沖縄から( 1070 )

沖縄から-秘密指定解除の米公文書は普天間の危険を認識していた

沖縄タイムスは、2014年10月17日、「沖縄にあった琉球米陸軍司令部が1947年、海兵隊移管前で休止状態だった普天間飛行場(現在の沖縄県宜野湾市)について、稼働すれば近接する陸軍基地の拡張予定地に「危険と不快な騒音」が生じるとして、陸軍の航空部門(現空軍)による使用を控えるよう要請していたことが16日、秘密指定を解除された米公文書で分かった。」と、報じた。
 この記事は、「沖縄が米国の施政権下にあった70年近く前から、米軍が普天間の危険性や騒音の問題を認めていたことを裏付ける貴重な史料といえる。」
また、この記事の中で、「普天間北方に位置する着陸進入路下の広大な区画について、事故の危険性を示唆し、軍関係施設の建築禁止に言及していたことも判明。米側は占領下で、区画の一部や隣接地を地元住民の居住地区に指定しており、米軍関係者と住民とで安全上の扱いが異なる『二重基準』の問題も浮き彫りになった。」と、している。

 さらに、「市街地中心に位置する米軍普天間飛行場の移設問題は、危険性を訴える『沖縄の強い要望』(当時の橋本龍太郎首相)で1996年に動きだした。その半世紀前から、普天間の潜在的危険性が放置されていたことが今回判明。日米両政府の閉鎖への覚悟が問われている。」と、解説する。

 問われているのは、日米両政府の閉鎖への覚悟である。

 以下、沖縄タイムスの引用。




More
by asyagi-df-2014 | 2014-10-20 05:33 | 沖縄から | Comments(0)

沖縄から-3度目の米軍機飛行中止の要請

沖縄県内の大学、短大、工業高等専門学校など10校の学長が、日米両政府に学校上空での米軍機の飛行中止を求める要請書を郵送することになった。
 要請文では、普天間基地が立地する宜野湾市近辺の13年度の騒音発生回数が12年度よりも増加していることを指摘し、学校敷地および周辺上空での米軍機の飛行中止、少なくとも各学校に隣接する上空での米軍機の飛行回数削減を求めている。

 これが、沖縄の実態である。

 以下、琉球新報の引用。




More
by asyagi-df-2014 | 2014-10-18 18:22 | 沖縄から | Comments(0)

沖縄から-米政府が今月2日の日米協議で「空想のような見通しだ」と反対

日本政府が、辺野古新基地建設の推進にための条件としてきた、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の2019年2月までの運用停止、について、沖縄タイムスは2014年10月16日、「米政府が今月2日の日米協議で『空想のような見通しだ』と反対を表明したことが15日分かった。米側は、同県名護市辺野古に建設される代替施設完成の時期を考えると『最も早くて22年』としている。米政府当局者が明らかにした。」と、報じた。
 また、「米側は『19年2月の運用停止という一方的発表に驚いた。米側と調整もなく発表したことは迷惑で、米国を困った立場に追いやる』と述べた。」とも、続けた。

 結局、この報道は、安部晋三政権の姑息さを改めて示している。

 以下、沖縄タイムスの引用。


沖縄タイムス-米、19年普天間運用停止に反対-2014年10月16日

 政府が米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の運用停止について2019年2月までの実現を目指すと9月に発表したことに対し、米政府が今月2日の日米協議で「空想のような見通しだ」と反対を表明したことが15日分かった。米側は、同県名護市辺野古に建設される代替施設完成の時期を考えると「最も早くて22年」としている。米政府当局者が明らかにした。

 同当局者によると、日米外交・防衛当局の協議機関「日米合同委員会」が2日、都内で開かれ、米側は「19年2月の運用停止という一方的発表に驚いた。米側と調整もなく発表したことは迷惑で、米国を困った立場に追いやる」と述べた。(共同通信)


by asyagi-df-2014 | 2014-10-18 05:40 | 沖縄から | Comments(0)

沖縄から-辺野古工事中止求める 名護議会が意見書可決

名護市議会は、2014年10月16日、「辺野古新基地建設に向けた工事を強引に推し進める政府に対して抗議し、工事の即時中止と辺野古移設断念を求める」意見書案を賛成多数で可決した。

 変わらぬ地域の声、決意。

 以下、沖縄タイムスの引用。


沖縄タイムス-辺野古工事中止求める 名護議会が意見書可決-2014年10月16日

 【名護】名護市議会(屋比久稔議長)は16日の市議会9月定例会最終本会議で、米軍普天間飛行場の返還に伴う「辺野古新基地建設に向けた工事を強引に推し進める政府に対して抗議し、工事の即時中止と辺野古移設断念を求める」意見書案を賛成多数で可決した。


by asyagi-df-2014 | 2014-10-17 17:59 | 沖縄から | Comments(0)

沖縄から-三上智恵の沖縄〈辺野古・高江〉撮影日記第11回

沖縄の地で、体を張って新しい歴史を作ろうとしている人たちがいる。
 そこには、その煌めきの記録を残そうとしているジャーナリストがいる。
だとしたら、その生きざまの瞬間を私たちは受け取る必要がある。
三上知恵の沖縄撮影日記。
 
 今回の報告では、「今回はついに高江からの発言もプログラムに入った。第8回のこのコラムでも伝えたように「高江ヘリパッド建設問題」がオール沖縄の中で難しい位置に押し込まれてしまわないか、危惧していた多くの人々にとって「辺野古と高江」がこの場で共有されたこと、それは感動的な瞬間でもあった。」と、伝える、
ただ、これだけにとどまらず、「あまり聞き慣れないトーンのスピーチが始まった。拡声器を使って3人の男女が交互に叫ぶそれは、基地に反対する沖縄の高齢者を揶揄する内容で、聞いていてとてもつらいものだった。」とも、伝える。
 そして、最後に、「県庁前では、あそこまで聞き苦しい言葉が2時間も続いたことに対して、集まった人達が何も言わなかったのが印象的だった。投げつけられた罵詈雑言を耳に入れることも、ましてやもっと強い言葉で応じていくことなどもってのほかというくらいにそれは怖い、あり得ないことだっただろうし、身をすくめて防御するのが知恵だったのかも知れない。
 沖縄だけではない。日本にも言霊信仰はあった。人前で悪口を言う人は嫌われる、という当たり前の道徳もあったはずだ。古人(いにしえびと)の知恵や道徳が集団の悪意を抑えるものとして機能しなくなったのが今の日本社会だとしたら、集団心理の暴走をどうやって止めるのか。少なくとも現状と危機を堂々と、広く伝えて、それを許さない社会を取り戻していく以外にないのではないだろうか。」と、綴っている。

 以下、三上知恵の沖縄撮影日記の引用。





More
by asyagi-df-2014 | 2014-10-17 05:35 | 沖縄から | Comments(0)

沖縄から-三上智恵の沖縄〈辺野古・高江〉撮影日記第10回

 沖縄の地で、体を張って新しい歴史を作ろうとしている人たちがいる。
 そこには、その煌めきの記録を残そうとしているジャーナリストがいる。
だとしたら、その生きざまの瞬間を私たちは受け取る必要がある。
三上知恵の沖縄撮影日記。
 
 今回の報告では、渡具知さん一家について、「でも『政治的な場に子どもを連れ出すな』などと、安全な場所から安易にジャッジするのだけはやめて欲しい。逆に言えば、政治的ではない場所などこの世にあるのだろうか? ノンポリがノンポリの子どもを育てるのが中立だなどと、笑わせないで頂きたい。親の思想を押しつけるな、と言う声もよく聞くが、親の考えや地域の影響を受けない子どもがどこにいるだろうか。米軍機だらけの空の下で子どもを育てられないと17年頑張ってきた親を見ながら、成人までは政治的な活動は見ません、参加しません、という子があるだろうか。」と、伝える。
 そして、「渡具知さんの3人の子どもたちの成長は眩しいほどだ。最近は、両親をそっと支える優しさ、勝手な大人たちの思いを受け止める強さまで覗く。この子どもたちの目に宿る確かな尊厳は、どんなに濁った目の大人たちが束になってかかっても奪い去ることはできないだろう。」と。

 一度だけ、ゲート前ピースキャンドルに参加させてもらいました。その時は、自分に一生懸命で、その親子の姿にまで、充分には思いを寄せることができませんでした。
 「子どもたちの目に宿る確かな尊厳」。
 確かに、闘いの最前線では、そうした視線に近いものを感じ取ることができてきた。

 以下、三上知恵の沖縄撮影日記の引用。




More
by asyagi-df-2014 | 2014-10-10 05:39 | 沖縄から | Comments(0)

沖縄から-辺野古阻止「人間の鎖」 県庁を包囲

沖縄では、「シュワブ内で建物解体工事が始まった7月1日以降、実行委は8月23日と9月20日にも辺野古で県民集会を開催。今回はその第3弾という位置付け」の県庁包囲の集会が行われた。
 「 正午現在、少なくとも参加者千人」が参加と、琉球新報は報じた。

 以下、琉球新報の引用。


琉球新報-辺野古阻止「人間の鎖」 県庁を包囲-2014年10月9日

 【辺野古問題取材班】米軍普天間飛行場の移設に伴う、名護市辺野古の新基地建設に反対の意思を示そうと、県内の市民団体などは9日正午、人間の鎖で県庁周辺を囲む「止めよう新基地建設!10・9県庁包囲県民大行動」を行った。正午現在、少なくとも参加者千人が集まり、海をイメージした青色を基調とした、「辺野古新基地 NO(ノー)」「屈しない!」と記された紙を掲げた。沖縄防衛局が提出した埋め立て工法の変更申請について、県が不承認にすることも求めた。
 シュワブ内で建物解体工事が始まった7月1日以降、実行委は8月23日と9月20日にも辺野古で県民集会を開催。今回はその第3弾という位置付け。知事の承認取り消し、新基地反対などを訴えた県庁包囲行動は今年2月にも実施された。
 包囲行動には名護市や宜野湾市から駆け付けたり、昼食時間などに訪れたりした参加者が「埋め立て承認の取り消しを」「工法変更申請を認めるな」と声を上げた。
 実行委は「沖縄『建白書』を実現し未来を拓く島ぐるみ会議」、沖縄平和運動センター、県選出・出身野党国会議員でつくる「うりずんの会」と県議会野党4会派、県統一連、平和市民連絡会、ヘリ基地反対協議会で構成する。


by asyagi-df-2014 | 2014-10-09 22:16 | 沖縄から | Comments(0)

沖縄問題- 横田にオスプレイ、何が「負担軽減」か。

「米空軍の垂直離着陸輸送機CV22オスプレイ12機が東京の米軍横田基地に配備」という報道に続き、「沖縄への負担軽減」という題目が流された時、安倍晋三政権のあまりの傲慢さにあきれた。
 このことについて、琉球新報は、「横田にオスプレイ こんな『負担軽減』は姑息だ」と、次のように、切り返して見せた。
「嘉手納基地への配備を検討していたが、11月の知事選を控え、嘉手納配備は困難と判断したのだという。しかし、これで『日米両政府には沖縄への負担軽減をアピールする狙いがある』などと説明されれば鼻白むばかりだ。いったん配備されれば沖縄に頻繁に飛来するのは火を見るより明らかだからだ。」
 そして、「こんな『負担軽減』など、子どもだましに等しい。」と、断じる。
つくづく思う。
 沖縄は、当たり前のことを、いつまで経っても、言わなければならないのだと。

 以下、琉球新報の引用。




More
by asyagi-df-2014 | 2014-10-07 21:50 | 沖縄から | Comments(0)

沖縄から-オスプレイ発艦直後に失速 ペルシャ湾1人不明

沖縄タイムスは、2014年10月3日、「米国防総省は1日午後2時10分ごろ、ペルシャ湾で訓練中の米海兵隊垂直離着陸輸送機MV22オスプレイが強襲揚陸艦『マキン・アイランド』から離艦直後に失速し、乗員2人が脱出、1人は海上で救助され、残る1人は行方不明になっていると発表した」と、報じた。
 沖縄だけでなく日本にとって、大きな問題である。

 以下、沖縄タイムスの引用。




More
by asyagi-df-2014 | 2014-10-05 21:04 | 沖縄から | Comments(0)

沖縄から-三上智恵の沖縄〈辺野古・高江〉撮影日記第9回

沖縄の地で、体を張って新しい歴史を作ろうとしている人たちがいる。
 そこには、その煌めきの記録を残そうとしているジャーナリストがいる。
だとしたら、その生きざまの瞬間を私たちは受け取る必要がある。
三上知恵の沖縄撮影日記。
 今回の報告は、次のように閉められる。

 「三上さん、どうする。埋められるよ。今度こそ本当に埋められるよ」
 明らかに彼は、悲しんでいた。私よりずっとこの海と向き合って生きてきたんだ。埋められていいわけがないのだ。
 基地建設を巡り、 辺野古の海人を悪役にする言説に触れると、胸がえぐられる思いがする。なぜ沖縄中の海人が、日本中の海人が、誇りを持って海に出ることが出来ないのか。いつから海人の尊厳を奪うばかりの国になったのか。
 私はなにより、その構図の残酷さを問いたいのである。

確かに、沖縄の無念さが体を締め付ける。

  以下、三上知恵の沖縄撮影日記の引用。




More
by asyagi-df-2014 | 2014-10-04 05:28 | 沖縄から | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧