2017年 03月 30日 ( 4 )

広島地裁は、伊方原発3号機の運転差し止めを求めた仮処分の申し立てを却下。

 朝日新聞2017年3月29日、標題について次のように報じた。



(1)稼働中の四国電力伊方原発3号機(愛媛県伊方町)をめぐり、広島地裁(吉岡茂之裁判長)は30日、広島市と松山市の住民計4人が運転差し止めを求めた仮処分の申し立てを却下した。
(2)仮処分は東日本大震災から5年となった昨年3月11日に申し立てられた。非公開の審尋では、四電が定めた耐震設計の基本とする揺れの大きさ(基準地震動)が適正か否かが、主な争点となった。
(3)住民側は伊方原発は南海トラフ震源域にあり、中央構造線断層帯に近いと指摘。二つの特別な地震リスクがあり、東京電力福島第一原発事故後に定められた新規制基準に基づき審査を受けているほかの原発と比べても四電が基準地震動を最大650ガルに定めたのは過小評価としていた。
(4)今回の決定で吉岡裁判長はまず、基準地震動に関する新規制基準に不合理な点はないと判断。四電は信頼性のある手法を用いて基準地震動を策定しているとし、新規制基準に適合しているとした規制委の判断にも不合理な点はないと述べた。これらから、住民の人格権が侵害されるおそれがあるとはいえないとして申し立てを退けた。
(5)稼働中の原発を差し止める仮処分をめぐっては、大津地裁が昨年3月、関西電力高浜原発3、4号機(福井県高浜町)の差し止めを決定。しかしこの決定は大阪高裁が28日に取り消している。
(6)今回仮処分を申し立てた住民側は、伊方原発1~3号機の運転差し止めを求める訴訟も広島地裁に起こしており、現在係争中。また松山、大分の両地裁、山口地裁岩国支部でも今回と同様の仮処分が申し立てられている。(久保田侑暉)」





by asyagi-df-2014 | 2017-03-30 20:36 | 書くことから-原発 | Comments(0)

沖縄-辺野古-高江-から-2017年3月30日

 沖縄で起こっていること、その現場の事実をきちんと確認すること。
 2017年も、琉球新報と沖縄タイムスの記事を、「沖縄-辺野古-高江-から」を、報告します。


 沖縄タイムスは、次のことを報じる。
 「2017年度末に陸上自衛隊に初めて創設される水陸機動団(仮称)の準備が加速している。」、「17年度末の水陸機動部隊は発足時は2個連隊だが、次期中期防衛力整備計画(19~23年度)内にはさらに1個連隊を増やす。その配備先には沖縄も候補地に上がっている。日米の一体化が進めば、沖縄への影響の増大も避けられない。」。
 米軍再編の名のもとで、自衛隊の一方的強化が行われている。


 2017年3月30日、沖縄-辺野古-高江の今を、沖縄タイムス、琉球新報は次のように表した。


(1)琉球新報-与那国陸自配備から1年、迷彩服往来で島の風景一変-2017年3月29日 10:30


 琉球新報は、標題について次のように報じた。


①「与那国島に陸上自衛隊の駐屯地と『与那国沿岸監視隊』が創設されてから28日で1年となった。隊員160人と家族らが移り住んだ。地域活動に参加し、学校の児童生徒数が増えるなど過疎化が進む地域社会へ一定の効果はみられる。一方でドラマの舞台にもなった牧場は柵に囲われた駐屯地となり、配備後島内は迷彩服で往来する隊員が目立つようになるなど島の風景は様変わりした。」
②「監視隊は島しょ防衛の一環で、攻撃に対する警戒監視任務を担う。防衛省は南西地域の防衛力の空白を埋めるため、宮古島市や石垣市に警備部隊の配備計画を進めており、同省の関係者は『初動対応を早められる』と意義を強調する。」
③「監視隊配置に伴い同省は与那国町内の祖納地区に18世帯の宿舎を建設した。隊員が家族連れで入居し、地域の小中学校には14人の児童生徒が転校してきた。2018年9月ごろまでに比川地区に9世帯、久部良地区に33世帯の宿舎を建てる予定で、町は家族連れ隊員が赴任し、全3地区で生活してもらうことを要望している。そのため、生徒数の減少で一時中学校の統合話が持ち上がったが、議論は先延ばしになるなど自衛隊は存在感を強めている。」
④「一方で、経済的な地域振興への効果は低い。関係者によると、水産物の消費は伸び悩むなど当初の期待感は『トーンダウンしている』という。地域には配備後、島外事業者が開いた飲食店は1件だけにとどまっており、役場職員は『(自衛隊が)事業や雇用の呼び水にはなっていない』と話す。」
⑤「町内は働き手が確保できず夕食提供を取りやめる民宿が増えている。また、防衛予算の補助でエビ養殖場の建設が計画されるが、労働力不足は否めない。上地常夫総務財政課長は『まだ1年で変化や効果は評価できない。宿舎が整備され、隊員の家族がどれほど来るかにかかっているだろう』とした上で、現状について『マンパワーが足りていない。隊員の家族に短時間でも働いてほしいと思っている』と期待した。」
⑥「陸自頼りの産業活性化に期待を寄せる傾向に『与那国島の明るい未来を願うイソバの会』の山口京子さん(58)は『日々の生活で関わりが増え、今後さらに依存体質が進むのは確か。受け入れが地域にとって良かったのか悪かったのか、地域社会や文化を継続させていくために必要なものは何かを考えるため、自治や自衛隊問題を議論することは大事だが、話題に上げにくく気持ちが萎縮していく状況に不安を感じる』と話した。(謝花史哲、仲村良太)」


(2)琉球新報-「地獄の光景」証言 生存者3人語る 伊江LCT爆発-2017年3月29日 08:30


 琉球新報は、標題について次のように報じた。


①「1948年8月に102人が亡くなった伊江島での米軍弾薬処理船(LCT)爆発事故について、生存者らの座談会(伊江島・米軍LCT爆発事故連絡会主催)が28日、宜野湾市上大謝名公民館で開かれた。参加者は『地獄のようだった』と語り、事故の記憶を後世に伝えることを誓った。」
②「伊江島・米軍LCT爆発事故連絡会は48年生まれの伊江島出身者3人が発足させた。各地で座談会を開いている。」
③「砂浜にいた友寄隆宏さん(88)=うるま市=は『たくさんの砲弾がボンッと一度で爆発した。体がひっくり返された』と事故の瞬間を振り返った。しばらくして、現場に戻ると、砂浜が真っ黒に染まって遺体の手や足が散乱していたという。『地獄のような恐ろしい光景だった』と話した。」
④「主和津(しゅわつ)ジミーさん(76)は米軍の通訳をしていた父幸地良一さん(当時36歳)を亡くした。『母親と子どもたちが残され、その日の暮らしも見えないほど苦労した』と述べた。」
⑤「山城賢栄さん(78)=宜野湾市=は『102人も亡くなったのに、なぜあまり知られていないか疑問に思っていた。(連絡会が)証言を掘り起こしてくれてありがたい』と感謝した。」


(3)沖縄タイムス-米海兵隊から技能習得、将来は沖縄も配備候補? 陸自「水陸機動団」発足へ準備進む-2017年3月30日 05:00


 沖縄タイムスは、標題について次のように報じた。


①「2017年度末に陸上自衛隊に初めて創設される水陸機動団(仮称)の準備が加速している。27日に長崎県の相浦駐屯地で水陸機動準備隊の編成完結式が開かれ、隊員らに小川清史西部方面総監は『自衛隊の歴史にもなければ諸外国にも基本的には同じものはない。運用もわが国独特のものである』と訓示した。(東京報道部・上地一姫)」
②「自衛隊による海外任務の拡大や集団的自衛権の行使を認めた安全保障関連法が施行されて29日で1年たった。法整備により自衛隊の海外任務も拡大した。だが、島しょ奪回を目的とする水陸機動団は『他国に侵攻されたわが国の国土を奪回する。国外に出て行かないのが米海兵隊との大きな違いだ』とあくまでも活動範囲は領域内と強調する。」
③「水陸機動団の母体となる西部方面普通科連隊は、米本国だけでなく在沖米軍の施設区域でも訓練や研修を重ねてきた。カリフォルニア州では米海兵隊の水陸両用車(AAV7)を自衛官が操縦。キャンプ・コートニーでの指揮所演習では水陸両用作戦のオペレーションなども学んだ。海兵隊が実践を経て得られた教訓は、陸自として今後もほしいノウハウ。日米が連携することで運用能力の向上も図れるという。」
④「実動訓練や合同演習での具体的なシナリオは明らかでない。安保関連法が成立する直前の15年4月に改定された『日米防衛協力のための指針(ガイドライン)』では、日米の共同計画の策定の強化・更新が規定された。」
⑤「17年度末の水陸機動部隊は発足時は2個連隊だが、次期中期防衛力整備計画(19~23年度)内にはさらに1個連隊を増やす。その配備先には沖縄も候補地に上がっている。日米の一体化が進めば、沖縄への影響の増大も避けられない。」


(4)沖縄タイムス-辺野古に「鉄板アンカー」沈める 国が申請外の重り 県の中止指示に従わず-2017年3月30日 07:31


 沖縄タイムスは、標題について次のように報じた。


①「沖縄県名護市辺野古の新基地建設工事で、沖縄防衛局が長島と辺野古崎間の海底に、県への申請とは異なる『鉄板アンカー』を沈めたことが29日、分かった。汚濁防止膜設置のためとみられるが、埋め立て承認願書や岩礁破砕申請では『H形鋼』使用としており、市民は『変更には県の許可が必要。違法な工事だ』と強く批判した。」
②「ヘリ基地反対協ダイビングチーム・レインボー(牧志治代表)が27日、潜水調査で確認し撮影した。牧志さんによると、鉄板アンカーは50センチ四方の鉄板を溶接した塊四つが鎖でつながれ、1組の総重量は840キロ。調査した約150メートル間で約10メートルごとに8組置かれていた。」
③「辺野古では2014年と15年、フロート固定用の鉄板アンカーやワイヤロープなどがサンゴや海底を破壊。牧志さんは『専門家委員会も鉄板アンカーは使わないと結論付けた。生態系全体に大きな影響を与える』と述べ、環境破壊の再発を強く懸念した。」
④「県は28日、コンクリートブロック設置の説明に応じない防衛局の姿勢を問題視し、岩礁破砕の許可条件に基づき設置作業を中止するよう指示した。だが29日、海上では大型作業船が長島付近でコンクリートブロック7個などを投下。県幹部は防衛局の姿勢に『非常に遺憾だ』と不快感を示した。」
⑤「菅義偉官房長官は29日の会見で、防衛局の手続きに瑕疵(かし)はないとして工事を続ける考えを表明。『汚濁防止膜の設置計画は、岩礁破砕許可申請時の内容に沿ったもの。手続きに全く瑕疵はない』と答えた。」
⑥「県は中止指示の理由として、十分な説明がないことを挙げている。菅氏は15年4月以降、県には説明をしており『今年に入ってからも5度の照会で、延べ60件に上る質問に全て誠実に回答している』と強調した。」


(5)琉球新報-県指示無視し、ブロック投下続く 辺野古新基地建設-2017年3月30日 11:25


 琉球新報は、標題について次のように報じた。


①「米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古での新基地建設で沖縄防衛局は30日午前、翁長雄志知事が投下の一時中断を指示したコンクリートブロックの投下作業を続けた。工事に反対する市民たちは船3隻とカヌー15艇、ゴムボートで海に出て抗議した。」
②「30日午前10時ごろ、ブロックがクレーンでつり上げられると、カヌーに乗った市民は抗議を強め、海上保安官が強制排除を始めた。市民からは『違法な工事を中止して』『暴力行為をやめろ』などの声が上がった。一方、米軍キャンプ・シュワブゲート前では移設に反対する市民ら約90人が座り込み、新基地建設反対を訴えた。午前9時ごろ、大型トラックなど、工事関係車両25台がゲート内に入った。その際、ゲート前に座り込む市民ら約50人が機動隊約40人によって排除された。」
①「『オスプレイ配備撤回』と書かれたメッセージボードを掲げて座り込む野辺憲勇さん(84)=うるま市=は機動隊による排除について『毎回、悔しい思いをしている』と話した。4月1日で座り込み千日となることに触れ『排除が続く中で、抗議活動のやり方も変える必要があると思う。多くの市民が集まるようにできないか』と話し、ゲート前で座り込む必要性を説いた。」


(6)沖縄タイムス-辺野古新基地:工事車両27台がゲート内に 海上ではブロック投下を確認-2017年3月30日 12:42


 沖縄タイムスは、「名護市辺野古のキャンプ・シュワブゲート前で30日午前、新基地建設に反対する市民ら約70人を機動隊が排除し、午前9時までにパワーショベルやプレハブを載せた工事関係車両計27台が基地内に入った。市民らは機動隊員や作業車両に向かって『米軍基地をつくるのが仕事か』と抗議の声を上げた。一方、海上では新基地建設に反対する市民が乗るボートやカヌーの拘束があった。午前中、コンクリートブロック3つの投下が確認された。」、と報じた。


7)沖縄タイムス-辺野古の漁業権、「漁協の放棄手続きで消滅」と山本農水相 沖縄県は批判-2017年3月30日 08:26


 沖縄タイムスは、標題について次のように報じた。


①「辺野古新基地建設で3月末に期限の切れる岩礁破砕許可の申請要件となっている工事区域の漁業権について、山本有二農水相は29日の衆院農林水産委員会で、名護漁業協同組合の放棄手続きで消滅すると説明した。防衛省と同じ認識を示した。」
②「山本氏は『漁業権は漁業法23条で物件とみなすよう規定されている。行政庁の免許などをうけなくても他の物件と同様に、権利者の放棄の意思表示で消滅する』と述べた。」
③「県は名護漁協の放棄手続きを経ても埋め立てが進むまでは工事区域に漁業権が設定されており、岩礁破砕許可が必要と主張。政府の解釈を批判している。岩礁破砕について定めた県漁業調整規則は、漁業法と水産資源保護法に基づく法定受託事務として農水相の認可を受けて制定。そのため、佐藤一雄水産庁長官は、県が漁業調整規則の事務処理を行う場合は『農水省が示す解釈の範囲内で行われる』と語った。」
④「質問した仲里利信議員は、放棄や消滅に関する政府の解釈は、建設に反対する翁長雄志知事の権限を回避するためで、過去の政府答弁と矛盾する『詭弁(きべん)』と指摘した。」




by asyagi-df-2014 | 2017-03-30 18:28 | 沖縄から | Comments(0)

山城博治議長に届いた400通を超えるはがきや手紙。

 まさしく、希望の話である。
沖縄タイムスは、2017年3月29日、「『ヒロジさん、しっかり食べてますか』  山城議長を号泣させた激励の手紙400通」、との記事を掲載した。
 それは、こんな記事であった。


 米軍基地建設反対運動に絡んで逮捕、起訴され5カ月ぶりに保釈された沖縄平和運動センターの山城博治議長(64)。勾留中だった山城議長には、400通を超えるはがきや手紙が届いた。重ねると厚さ11センチにもなる。「拘置所では1人ですが、外の世界では決して1人ではありません。博治さんは私たちとともにあります」。励ましの言葉が全国各地や遠く米ニューヨークからも寄せられた。


 その手紙の内容は、次のようなものであったという。


 内容は「山城さんは皆の希望です」「世界中から、日本中から山城さんを見ています」という激励が中心。「ヒロジさん、しっかりごはんを食べてますか ストレッチ頑張ってますか」と体調を気遣うものや、バレンタインデーには「せめて写真でチョコレートを」とユーモアをきかせた絵はがきも届いた。


 また、その内容は、励ましだけには止まらなかった。


 「私たちの無関心が沖縄の現在(いま)をもたらしていると思います。本当にすみません」「博治さんであればどうするかを考えながら、戦争国家づくりを許さない闘いを私たちの足元から取り組んでいきます」など、自省の文章もあった。


 実は、そうしたハガキ等にはひどい事実が待ち受けていた。


 はがきや手紙は名護署、那覇拘置支所宛てに届いたが、接見禁止処分のため山城議長が読めなかった。処分が解除され、初めて目にしたのは保釈された3月18日の朝。夕方まで1枚1枚、丁寧に読み込んだ。


 沖縄タイムスは、この希望の話を、山城博治さんのこんな言葉で終わらせる。


 「しなやかに、ゆるやかに、時には毅然(きぜん)として」と書かれたはがきには号泣した。

 山城議長は「抗議行動で自分が何度も口にしている言葉。平和運動の形がしっかりと受け継がれていることがうれしかった。一つ一つに感謝いっぱい。ありがとう」と語った。





by asyagi-df-2014 | 2017-03-30 12:35 | 沖縄から | Comments(0)

沖縄県知事への「スラップ訴訟」は、地方自治の本旨を歪めるものでしかない。

 沖縄タイムスは2017年3月28日、「菅義偉官房長官は27日の会見で、翁長雄志沖縄県知事が辺野古新基地建設に関する前知事の埋め立て承認の撤回に踏み切れば、翁長知事に対し損害賠償請求を行う可能性を示唆した。工事の継続に加え、心理的な対抗措置も取る構えだ。」、と報じた。
 このことについて、琉球新報は2017年3月29日、「知事に賠償請求検討 国家権力で抑え込むのか」、と社説で批判した。
 沖縄県知事への「スラップ訴訟」とも言える問題について、考える。
琉球新報は、まず、この安倍晋三政権の恫喝的手法について、「自治体の長が認められた権限を行使することに対し、『権限乱用』と言い募って国が知事個人に損害賠償を求める。国と対等であるはずの自治体の長の判断を、損害賠償という脅しで抑圧することが法治国家で許されるだろうか。もはや乱訴の趣である。」、と断じる。
また、沖縄県が行う「撤回」そのものについては、「国が根拠とする違法確認訴訟はあくまで前知事が出した埋め立て承認を取り消した翁長知事の判断を対象としたものだった。今回、翁長知事が表明した『撤回』は、前知事の承認後に生じた瑕疵(かし)を問うものだ。県側は撤回の理由として埋め立て承認時に付した留意事項違反や環境への負荷、県民の民意などを挙げるはずで、前回の違法確認訴訟とは問われる内容が違う。」、と説明する。
 さらに、今回の「菅氏は、知事が撤回して工事が中断する間、国家賠償法などに基づき人件費や機材リース代、警備費用などの損害賠償を求める考え」に対しては、次のように反論する。


(1)そもそも菅氏の発言は、政策に反対する市民運動などを萎縮させる目的で国や企業などが個人を訴えるスラップ訴訟の性格も帯びる。
(2)国家賠償法では公務員個人に対して損害賠償を求める求償権があるが、専門家は県知事に対して求償権があるのは県であり、国ではないと指摘する。政権与党内に慎重論があるにもかかわらず、金田勝年法相は「所要の措置を検討している」と述べ、進める考えを示した。法解釈も都合よく自らに引き寄せ、新基地建設を拒否する民意も無視し、なりふり構わぬ姿勢が見える。
(3)国は過去に、米軍北部訓練場のヘリコプター着陸帯建設に反対する市民を通行妨害で訴え、スラップ訴訟だと批判された。次は県民を代表する知事を相手取りスラップ訴訟をするつもりか。


 琉球新報は、「国家権力で根強い反対の声を抑え込むのは法治国家ではない。」、と結ぶ。


 さて、こうした安倍晋三政権の強硬姿勢に、気づかされることがある。
 実は、琉球新報は、2017年3月26日に、次のように報じていた。


「自民党の沖縄県連(照屋守之会長)は25日までに、米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設問題に対する県連の政策について、現状の『辺野古移設を含むあらゆる可能性を追求』するとの内容から『辺野古移設を容認し、(普天間の)早期返還の実現を図る』とする内容へと変更する方針を固めた。4月8日の県連大会で正式に決定する。」


 こうした自民党の意向は、官房長官等の発言ときちんと重なる。
 沖縄自民党は、安倍晋三政権の恫喝政治の前座の位置を喜んで果たすというのか。




by asyagi-df-2014 | 2017-03-30 07:37 | 書くことから-いろいろ | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧