2017年 01月 26日 ( 1 )

日米地位協定の実像です。

 沖縄タイムスが、「米軍、国道を一時封鎖…120台が最大20分足止め 沖縄」、という記事を2017年1月19日に掲載していました。
 何と、「米軍が18日夜、沖縄県宜野座村松田区潟原の国道329号を封鎖し、故障したキャンプ・シュワブ所属の水陸両用車2台を民間のトレーラーに載せた。封鎖は午後10時半ごろから断続的に1時間以上続き、少なくとも120台の車が最大20分ほど足止めされた。警察官ではなく、米兵が通行規制に当たった。通りがかった沖縄市の男性(39)は『110番したのに、言葉の通じない米兵が規制している。怖いし迷惑だ』と話した。米兵らによると、2台は故障のため16日から止まっていた。」、というものでした。


 ふと考えます。
 この記事を読んで日本人はどう思うのだろうかと。
 いや、この記事を目にすることさへないのだろうと。


 小口幸人弁護士は、そのブログでこう綴っています。


国道329を封鎖されたらもの凄く困るのですが。
さて、日本人がこれをやるには、国道事務所の許可をとって事前に封鎖日と封鎖時間を広く広報して回り道の誘導などを適切にしてからですかね。いきなり封鎖したら往来妨害罪ですね。
ところが米軍様がいきなりやってもお咎めなし。さすが、不平等極まりなくとんでもない内容で全く改定されない日米地位協定。
沖縄が特別?いえいえ法的には米軍様はどこでもできますよ。国道1号線でも246でもいつでもどこでも。
あれ、ここはどこの国でしたっけ?本当に日本は主権国家でしたっけ?「日本を取り戻す」を掲げる人が総理になって4年経ちましたが。肝心要のアメリカから取り戻す作業は進まないし進める気もない?


 小口幸人弁護士は、私たちのために、わざわざ書いてくれています。


「沖縄が特別?いえいえ法的には米軍様はどこでもできますよ。」




by asyagi-df-2014 | 2017-01-26 08:29 | 書くことから-いろいろ | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧