2017年 01月 09日 ( 3 )

沖縄-辺野古-高江-から-2017年1月8・9日

 沖縄で起こっていること、その現場の事実をきちんと確認すること。
 2017年も、琉球新報と沖縄タイムスの記事を、「沖縄-辺野古-高江-から」を、報告します。


 「紺ぺきの海も“分断”  辺野古」。
 琉球新報は、沖縄の今をこう表現した。
 また、平安名純代沖縄タイムス米国特約記者は、トランプ新政権下で新設される国家通商会議(NTC)のトップに予定されているピーター・ナバロ氏(カリフォルニア大学アーバイン校教授))について、「根底には、米軍を再建し、経済と国防を一体化させた『力による平和』の実現があるのだろう。しかし、琉球列島を戦争の火種が潜む地域とみなす同氏の主張を読み進めていくと、今後は先島諸島への自衛隊配備や共同訓練などを通じた自衛隊と米軍の一体化のさらなる促進に加え、ミサイル攻撃を想定した在沖米軍基地の強化や基地の多様化をも、青写真に描いているのではないかとの疑問すら湧いてくる。」、と報告している。
 日本においても、沖縄にとっても、重要な指摘である。


 2017年1月8・9日、沖縄-辺野古-高江の今を、沖縄タイムス、琉球新報は次のように表した。


(1)琉球新報-紺ぺきの海も“分断”  辺野古、7ヵ月ぶり浮具設置-2017年1月8日 07:30


 琉球新報は、「米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古への新基地建設で、沖縄防衛局は7日、米軍キャンプ・シュワブ沿岸部に浮具(フロート)を設置する作業を行った。フロートは海上工事再開に伴って6日、約7カ月ぶりに設置された。7日も引き続き、フロートの設置が続き、囲う範囲を広げる作業が行われた。」、と報じた。
 また、「琉球新報社はこの日、小型無線ヘリで上空から海上作業の様子を撮影した。静かな青い海が再びオレンジ色のフロートで囲われ、分断されていく様子が確認された。新基地建設に反対する市民らがカヌーや抗議船で、沖縄防衛局の作業を阻止しようと作業船に近づくなど抗議行動を行った。海上保安庁はゴムボートで市民らの動きを警戒した。」、と伝えた。


(2)沖縄タイムス-辺野古:60人がゲート前で集会 海上作業はなし-2017年1月9日 11:21


 沖縄タイムスは、「名護市辺野古のキャンプ・シュワブ工事用ゲート前では9日午前、新基地建設に反対する市民らによる集会が開かれている。ゲート前には県内外から60人が集まり『デマには反論し、現場から発信していくことが大事だ』、『沖縄のことを自分のこととして考えたい』などのスピーチが続いている。工事資材の搬入は確認されていない。一方、海上作業もなく、市民らは16艇のカヌー、抗議船2隻出して警戒にあたった。」、と報じた。


(3)沖縄タイムス-トランプ氏側近に対中強硬派 翁長知事訪米へ戦略構築が急務[平安名純代の想い風]-2017年1月8日 09:14


 沖縄タイムスは、標題について次のように報じた。


①「米国を深く分断した選挙で次期大統領の座を手にしたトランプ氏の就任式典が目前だ。」
②「沖縄で先月22日、オスプレイ墜落抗議集会と北部訓練場返還式典が開かれたのと時期を同じくして、米国ではトランプ氏がある重大な発表をした国家通商会議(NTC)の新設だ。トランプ氏いわく『国防産業の健全性と貿易や製造業の安全保障面での役割を戦略的に考えるホワイトハウスで初の組織』で、既存の国家安全保障会議(NSC)と連携し、経済と安全保障の双方から国家戦略を作る機関となる。」
②「ここで注目したいのが、トランプ氏がこの新機関のトップにピーター・ナバロ氏(カリフォルニア大学アーバイン校教授)を抜擢したという点だ。選挙期間中は外交政策顧問としてトランプ氏の通商政策も立案したナバロ氏は、中国の軍拡を問題視する対中強硬派の経済学者。著書「米中もし戦わば 戦争の地政学」の中で、主体を米海軍の空母から潜水艦に変え、中国の海上貿易を阻止して経済的に消耗させる戦略『オフショア・コントロール』を提示している。根底には、米軍を再建し、経済と国防を一体化させた『力による平和』の実現があるのだろう。しかし、琉球列島を戦争の火種が潜む地域とみなす同氏の主張を読み進めていくと、今後は先島諸島への自衛隊配備や共同訓練などを通じた自衛隊と米軍の一体化のさらなる促進に加え、ミサイル攻撃を想定した在沖米軍基地の強化や基地の多様化をも、青写真に描いているのではないかとの疑問すら湧いてくる。」
③「翁長雄志知事は、トランプ新政権下での辺野古新基地阻止の道筋を探るため、近く訪米を予定しているそうだ。訪米の成果の鍵は、トランプ氏のインナーサークルにいる人物と面談し、交渉できるかどうかだろう。トランプ氏は選挙中に自身を批判したメディアや人物をリスト化し、起用しないよう指示したといわれている。この中には、日本で知日派として知られる有識者らの名前も多く含まれている。日本で有名でも、ワシントンでは蚊帳の外となった人物らと面談しても成果は期待できない。訪米前のナバロ氏の戦略の徹底分析と独自の戦略構築は不可欠だが、翁長知事はオスプレイの配備撤回を公約に掲げているのだから、訪米するならば、トランプ新政権に対して在沖米海兵隊の撤退を要求してほしい。整合性を欠いた要請は説得力を持たない。」




by asyagi-df-2014 | 2017-01-09 18:14 | 沖縄から | Comments(0)

「『少女A(ソウル)』と『少女B(釜山)』のつぶやき」

 澤藤藤一郎さんは、2017年1月7日のブログにで、「『少女A(ソウル)』と『少女B(釜山)』のつぶやき」を掲載しました。
 朝日新聞は2017年1月6日、「韓国・釜山の慰安婦像に対抗措置 日本政府、駐韓大使らに一時帰国を指示」、と報じていました。
 こんな時だからこそ、「『少女A(ソウル)』と『少女B(釜山)』のつぶやき」をじっくり読んでみました。
 長い文章ですが、そのまま引用します。


耳を澄ませば~「少女A(ソウル)」と「少女B(釜山)」のつぶやき-2017年1月7日


少女像A 釜山のBさん。こんにちは。私が、ソウルの日本大使館前で坐り続けている「平和の少女A」よ。

少女像B あら、ソウルのお姉様。私が、釜山の日本領事館前で坐りはじめた、「平和の少女B」です。よろしくね。

少女像A 暮れにはハラハラしてたのよ。せっかくのあなたのデビューの日に、強制撤去されて、運び去られたと聞いたものですから。

少女像B そうなんです。12月28日「日韓慰安婦問題合意」1周年抗議の日が、私の最初のお目見えの日。この日の午後1時前に私は、初めて公使館前に姿を現したの。でもね、4時間後には釜山市と東区の職員40人もが「違法だから撤去する」と、人々を蹴散らして私をトラックに乗せて運び去ったんですよ。とてもこわかった。

少女像A 恐かったでしょうね。でも、国中の人が声を上げてあなたを帰せと言ったのね。

少女像B その電話やメールの数がすごかったみたい。釜山市のインタネットサイトがパンクしてしまったほどですって。

少女像A それで、30日には元の場所に戻されたのね。

少女像B 12月31日の午後9時から除幕式を行うことが決められていたの。もしかしたら、私のいないさびしい除幕式になるかも知れないと悲しい思いだったけど、市民の力で像を取り返して領事館前に設置できるとなって、釜山は55000人の大集会で盛りあがった。その集会参加者がデモ行進して除幕式に駆けつけてくれたの。とても感動的で素敵なセレモニーだった。

少女像A あなたが連れ去られた12月28日は水曜日で、ソウルの私のまわりにもたくさんの市民が「水曜デモ」に集まっていた。その皆さんが、あなたのことをとても心配していたわ。その人たちも、釜山市や東区に電話でお願いや抗議をされたのでしょうね。

少女像B ところで、ソウルのお姉様はいつから、日本大使館の前に坐っていらっしゃるの?

少女像A 韓国挺身隊問題対策協議会(挺対協)が、日本軍「慰安婦」問題解決のために、日本大使館前で水曜デモをはじめたのが1992年1月8日。2011年12月14日がその1000回目を迎えたときに私がつくられ、それ以来私は坐り続けているの。ただ黙って、大使館をじっと見ているだけなのだけど。
歩道に埋め込まれた石碑には、「水曜デモ1000回を迎えるにあたり、その崇高な精神と歴史を引き継ぐため、ここに平和の碑を建立する」と韓国語・日本語・英語で刻まれてるのよ。

少女像B お姉様も私も、キム・ソギョン、キム・ウンソンご夫婦が制作されたブロンズ像よね。姉妹は今なん人いるのかしら。

少女像A 私とあなただけが有名だけど、それだけじゃない。韓国内に55人。アメリカのグレンデール市など、国外にも15人がいるそうよ。その中で、あなたが一番若いことになるけど、12月28日前には、あなたは秘密だったの?

少女像B そうではないのよ。2015年12月に日韓慰安婦合意が「成立」した直後に、若い世代を中心に「未来世代が建てる平和の少女像推進委員会」が立ち上げられて、16年1月から募金活動をはじめているの。多くの人が、当事者を抜きにしたままで、両国の政府と政府が勝手なことをしたという怒りが大きかったのだと思う。

少女像A カンパはどのくらい集まったの?

少女像B 目標が7500万ウォン(724万円)だったけど、8500万ウォン(820万円)が集まったの。カンパをしてくれたのは168団体、19学校、そして5138人の個人。

少女像A 私はまったく無許可だったけど、あなたの方は、像を領事館前に置くことの許可は得なかったの?

少女像B 委員会は昨年の3月から東区に対して、日本領事館前の歩道に少女像の設置を許可してほしいと要請したの。釜山市民8100人の署名を提出もした。でも、東区は少女像が道路法上の施設には該当しないという理由で建設を許可しなかった。

少女像A 本当の理由はどんなことでしょう。

少女像B 委員会と交渉した東区の区長は、最初は「日本領事館前ではダメだ。それ以外のところならどこでも許可する」と言っていたんだけど、この区長さん日本領事と面会してからは、「どこもダメ。一切ダメ」となったんですって。

少女像A それで、私と同じように、許可の無いままの設置となったというわけね。

少女像B たくさんの人の電話やメールのおかげで、立派な除幕式ができてとても嬉しい。

少女像A 年が明けてからの日本政府の対応を、あなたどう思う。

少女像B 私、日本の政府って恐い。特に、あの日本の首相は恐い。

少女像A 大使と公使を一時本国に引き揚げる、と言って実行したものね。

少女像B 「約束を実行しない韓国の方が悪い」と言うんだけど、ヘンな約束をしたのは、日本の政府と韓国の大統領でしょう。韓国の国民は、大統領のやり方を認めていない。国民も当事者も関与してないのに、「最終的かつ不可逆的に解決される」ってあり得ない。おかしいですよね。「日本大使館近くの少女像については、韓国政府が適切に解決されるよう努力する」って、これもおかしい。政府の努力ではどうにも解決できないことでしょう。

少女像A 日本の首相のものの言い方を聞いていると、「謝ってあげた」「ホントは悪いと思っていないけれど、問題を解決しなければならないから謝ることにする」「謝ったから、もうこれで終わりだ」「これ以上、うるさいことを言うな」と聞こえるのよね。この人、日本が朝鮮や韓国に何をしてきたかを真面目に知ろうとしたことがあるのかしら。

少女像B 「いいか、一回だけ謝るぞ。一回こっきりだぞ」「二度とは謝らないから、蒸し返さないと約束しろ」と、こう言うんでしょ。これ、本当に謝る人の言葉ではあり得ない。

少女像A 問題は、従軍慰安婦だけのことではないのよね。日本は、国を奪い、文化を奪い、姓や言葉まで奪おうとした。植民地化以後の独立運動に対する大弾圧、関東大震災後の在日朝鮮人の虐殺…、そのすべてを「未来志向での解決を」という言葉でごまかそうとしてもね…。

少女像B 日本政府もひどいけど、韓国大統領も問題よね。よく分からないのは、朴大統領が、どうしてこんな「合意」を承諾したのかしら。

少女像A きっと、雲の上にいて、国民の気持ちが分からなくなってしまっているんだわ。

少女像B ね、私たちいつまで、ここに座り続けなけれぱならないのでしょうか。

少女像A 日本が、ドイツのような誠実な姿勢を見せてくれれば、私たちは、博物館か農家の庭先にでも引っ込んで余生を送ることができるんだと思うよ。私たちのとなりには、一脚の椅子があるでしょう。作者は、老いた元慰安婦の座るべき場所を象徴したそうだけど、そこに、子どもでも老人でも休ませてあげる。

少女像B でも、日本の今の首相じゃあ見込みはなさそうね。今の日本の保守政党が政権を握っているうちも無理のようね。

少女像A しばらくはこのまま、市民に守られてじっとしていましょうね。もうすぐの大統領選挙で、もう少しマシな政権になるでしょうし。

少女像B 日本の政権も変わってほしいわね。そして、韓国の国民だけでなく、日本の国民もご一緒に、私たちを暖かく見守ってくださると、とても嬉しいわ。


by asyagi-df-2014 | 2017-01-09 12:05 | 侵略戦争・戦後処理 | Comments(0)

2017年1月1日、社説・論説を読む。(5)-地域社会から社会保障を問う-

 2017年が明けた。
 さて、どのような事態にどのように立ち向かうことになるのか。
まずは、窮乏化する同じ大地に立つこと。
そして、反撃の術を見極めること。
各紙の2017年1月1日の社説及び論説を読む。


 信濃毎日新聞は、「支え合う社会 世代間の信頼を土台に」、と地域社会から社会保障の問題を問う。
 地域社会の寄り添い、地域住民のいのちの問題に常に係わっていく、地方新聞のおもいをそこに見る。
 以下、その主張のまとめ。


Ⅰ.問題点の指摘-地域の姿
(1)師走の県庁ロビー。困窮家庭やこども食堂に届けるため、不要な食品を持ち寄る「フードドライブ」が行われた。県職員のほか市民が次々と訪れ、分類ケースに食品がたまっていく。クリスマス用のお菓子の詰め合わせ、正月に向けての切り餅も寄せられた。レトルト食品や缶詰を入れた袋を手にさげ、ストックで体を支えながらやってきた男性がいた。
 千曲市の59歳。ポリオで右足が不自由だ。長野市内の勤め先の昼休みに、左足でアクセルを踏めるようにした車を運転してきた。職場では重い物を同僚が持ってくれる。地域では常会の草取りや水路清掃を手伝ってもらう。支えられるだけでなく、自分のできることで支えたい。その思いが県庁へ足を運ばせた。
(2)全国民を健康保険や年金の対象とする「皆(かい)保険・皆年金」は、池田勇人首相が国民所得倍増計画を発表した翌年の1961年に始まった。高齢者が少なく、高度経済成長が進んだ時代。税収や社会保険料は増え、年金などの給付の水準は大幅に上がっていった。だが、少子高齢化に転じ、経済が低成長時代に入っても制度の骨格は大きく変わらなかった。給付水準を保つため国債という借金を雪だるま式に膨らませた。
 国と地方の借金は1千兆円を超え、なお増える。その負債は若い世代に引き継がれる。
政治が、投票率の高い高齢者を強く意識し、優遇策を続けてきた結果と指摘される。年金は、現役世代の保険料と公費で高齢者を支える賦課方式だ。「仕送り」と表現される。高齢者が増え、若い世代が減っていく人口構造では、仕送りする側の負担が増す。将来、受け取る年金の水準が下がることへの不公平感や不信も根強い。国民年金の保険料未納が多いのは、その裏返しともいえる。厚生労働省の調査では「経済的に支払うのが困難」に次いで「年金制度が信用できない」が多数だった。
(3)先月に成立した年金制度改革法で、年金の支給額は抑える方向に向かう。現役世代の賃金が下落すれば支給額も必ず減額する。少子高齢化の進展に合わせて自動的に支給額を減らす「マクロ経済スライド」という仕組みにより、デフレで実施しなかった分を景気回復時にまとめて抑制する。
 医療、介護も比較的所得の高い高齢者を中心に自己負担が新年度から上がっていく。制度の見直し自体は避けられないとはいえ、昨夏の参院選ではほとんど議論されなかった。しかも、低年金の人への給付や65歳以上の介護保険料の軽減拡充は先送りされた。
 今度は高齢者から不安や反発の声が上がっている。今回の見直しもほころびを繕ったにすぎない。次世代へのつけ回しをできるだけ減らし、本当に必要な人に支援が行き届くようにするにはどうしたらいいか。
(4)県庁のフードドライブから2週間後の祝日。長野市の教育会館で「信州こども食堂」が開かれた。豚汁やつきたての餅を使ったお汁粉、洋菓子店から提供されたクリスマスケーキなどが並んだ。県庁で集めた食品も一部使われた。子どもと若い親など約100人がテーブルを囲む。食材の提供者に感謝の気持ちを込めて手を合わせ、「いただきます」。腹話術の披露もあり、子どもたちの歓声が響いた。
 参加者の中に高齢者の姿もあった。1人暮らしの87歳の女性は「子どものにぎやかな声が聞こえるのがいい」と話した。食事を無料か低額で提供する「こども食堂」は、東京の下町で4年前に始まった。共感を得て全国に広がっている。長野県内でもNPO法人「ホットライン信州」が運営に関わっただけで昨年、116回を数えた。子どもからお年寄りまで延べ5千人近くが参加した。子どもたちが支えられていることを実感すれば、大人になって積極的に支える側に回るだろう。高齢者が子どもの笑顔を見れば、未来のために何とかしたいという思いを強くする。


Ⅱ.主張
(1)一つ一つの取り組みは小さくても、支え合いの心は、持続に黄信号がともる社会保障制度を立て直す芽になるのではないか。高齢になって働けなくなったり、病気や要介護、貧困状態になったりした時、社会全体で助け合う仕組み。それが社会保障だ。
(2)政治が将来を見据えて改革に動くには、世代間の信頼が築かれることが前提になる。
(3)社会保障制度は支えている人たちの姿が見えない。こうした市民の活動によって顔の浮かぶ支え合いが広がっていけば、世代間の溝を埋め、制度改革への合意をつくる土台になる。


 この信濃毎日新聞の「一つ一つの取り組みは小さくても、支え合いの心は、持続に黄信号がともる社会保障制度を立て直す芽になるのではないか。」、との投げかけは重く響く。
 ともに、地域社会に生きていく一人として。


by asyagi-df-2014 | 2017-01-09 08:47 | 書くことから-いろいろ | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧