2016年 07月 22日 ( 4 )

沖縄-北部訓練場ヘリパッド工事の実態-2016年7月22日

 2016年7月22日の沖縄を沖縄タイムスと琉球新報は次のように表した。


(1)沖縄タイムス-高江緊迫、県道封鎖しヘリパッド着工へ 沖縄1600人が抗議-2016年7月22日 01:30


 安倍晋三政権は、7月22日にヘリパッド建設に入るという緊迫した状況の中で、これを阻止するために、緊急抗議集会が7月21日、建設予定地N1地区へ続く出入り口前で1600人の人々の参加で行われた。
 沖縄タイムスは、政府のやり方を次のように伝えた。


(1)「着工に向け、22日早朝に検問を始めて県道の通行を規制する。検問前から現場にいる市民らには、安全の確保などを理由に規制区域外への移動をうながし、従わない場合は排除も辞さない。人が入れないようにした上で、N1ゲート前に市民が停車している車両を撤去する。その後にゲートから資機材を搬入し、着工する。建設工事の再開は2014年7月以来、2年ぶりとなる。」
(2)「政府はN1、G、Hの3地区で、合計四つのヘリパッドを建設。当面はN1地区で、建設予定地につながる道路の舗装工事をする。来年3月までにすべて完成させる方針だ。着工に先立ち、沖縄防衛局はN1地区の裏手にある約0・4ヘクタールを「工事用道路」として使用できるよう、沖縄森林管理署に許可申請し、14日付で許可を得た。許可により防衛局が土地の管理権限を得ており、G、H地区の工事用道路として使う可能性がある。」
 一方、抗議集会参加者の様子を「抗議集会はヘリパッドいらない住民の会、高江現地行動連絡会などが主催。本島各地から自家用車や市民団体の大型バスで市民が続々と駆けつけた。住民の会を代表し伊佐真次村議は『10年近く毎日ここのテントに座り込んできた。こんなに多くの人が集まってくれてうれしい』とあいさつ。現地行動連絡会の間島孝彦さんは『残り四つのヘリパッドは絶対に造らせない。安倍政権の横暴と闘おう』と呼び掛けた。」、と伝えた。


(2)琉球新報-ヘリパッド建設工事に着手 沖縄防衛局が発表 機動隊員が市民の排除始める-2016年7月22日 07:16
(3)沖縄タイムス-【電子号外】国、高江ヘリパッド着工 抗議の中、強行-2016年7月22日 08:51


 機動隊員が市民の排除を始めた。琉球新報は、次のように伝えた。


(1)「東村と国頭村に広がる米軍北部訓練場のヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)建設工事で、沖縄防衛局は22日午前6時ごろ、新たなヘリパッドの建設工事に着手したと発表した。」
(2)「予定されているれている工事現場周辺で資材を積んだ車両が到着するなど工事着手に向けた動きが始まった。新たなヘリパッドの建設が予定されている3地区のうち、H地区とG地区のそれぞれのゲートに続く道路を防衛局関係者が封鎖し、工事車両20台以上が次々と入っていった。また工事に反対する市民が数人しかいない通称N1裏ゲートには車両3台が到着し、ゲート前に鉄板や鉄パイプなどを積み下ろした。」
(3)「N1地区ゲート前に東村と国頭村に広がる米軍北部訓練場のヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)建設工事で、沖縄防衛局は22日午前6時ごろ、新たなヘリパッドの建設工事に着手したと発表した。予定さ市民らが止めている車両の撤去作業も6時42分に始まった。市民らが同ゲートを中心に南北で座り込みと車両の駐車によって県道70号を封鎖していた。午前5時半ごろ、北側から機動隊員ら数十人が車両から降りてゲート前に進入している。座り込み現場では市民らと機動隊員がもみ合った。
 市民らは午前2時すぎから同ゲートを中心に南北2カ所でそれぞれ60人程度が県道70号に広がるように座り込みを始めた。N1地区ゲート付近では県道の左右の路側帯に市民らが約100台の車を駐車した。道路中央にも数十台の車が道路の中央線をまたぐようにハの字形に駐車し、完全に道路を封鎖していた。
 県警の機動隊車両は午前5時ごろ、N1地区ゲートを挟むように東村側と国頭村側に大量に待機を始めた。うち国頭村安波の安波ダム構内では午前3時すぎ、機動隊車両約30台以上と沖縄防衛局の車両20台程度が待機しているのが確認された。機動隊員20数人程度が複数の場所で図面を手に話し合いをしていた。」


(4)沖縄タイムス-<高江ヘリパッド>早期完成目指す 中谷防衛相-2016年7月22日 11:08


 沖縄タイムスは、政府の考え方について、「米軍北部訓練場の一部返還に伴う東村高江周辺のヘリパッド建設が再開されたことを受け、中谷元・防衛相は22日、防衛省で記者団に早期完成を目指す考えを示した。『沖縄の基地負担に資する。防衛省としては移設工事を着実に進め、1日も早い返還に向けて全力に取り組んでいる』と述べた。」、と報じた。


(5)沖縄タイムス-安慶田副知事、防衛局長へ抗議 高江ヘリパッド着工で-2016年7月22日 12:04


 このことは、一自治体の対応としては、大変なことではないか。
 沖縄タイムスは、「沖縄防衛局が米軍北部訓練場へのヘリパッド建設工事を再開したことを受け、安慶田光男副知事は22日午前、県庁に中嶋浩一郎防衛局長を呼び、抗議した。安慶田氏は政府が警察力を使って住民を強制的に排除している事態は『県民に大きな衝撃と不安を与えている』と述べ、遺憾の意を表明。昨日の政府・沖縄県協議会で工事着手への説明がなかった点を挙げ、『政府には真摯(しんし)に協議に臨む姿勢が見られないといわざるを得ない』と批判した。その上で、県や地域住民に十分な説明がないまま工事に着手する政府の強硬姿勢は到底容認できないと抗議した。」、と報じた。


(6)琉球新報-機動隊ともみ合い3人救急搬送 防衛局、資機材を次々搬入-2016年7月22日 15:44


 琉球新報は、22日を次のように報じた。


東村と国頭村に広がる米軍北部訓練場のヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)建設工事を22日着工した沖縄防衛局は同日、市民がN1地区ゲート前に止めていた車両やテントなどを午前11時すぎまでに撤去してゲートを開け、資機材を搬入した。市民は車両の撤去などに抵抗したが、数百人の機動隊に排除された。もみ合いの中でけがをしたり、体調を崩したり、救急車で搬送される人などが相次いだ。

①「N1地区ゲートでは22日午前5時すぎに機動隊がゲート前で市民の排除を始めた。市民をゲート前から閉め出した後、市民がゲート前に置いた車両や県道70号の中央付近にハの字形に並べた計150台以上の車両を次々に道路脇に移動させた。
 ゲートのすぐ前に止めていた街宣車の上では、車両の上で抗議行動をしていた市民らを機動隊員が排除する際、怒号が飛び交ったり、車両から落ちそうになったりする人がいるなど、混乱した。機動隊員とのもみ合いの際、けがなどをし、少なくとも3人が救急搬送された。」
②「ゲート前の車両が撤去された同日正午すぎ、3台のバスで民間警備員50人以上を含む沖縄防衛局職員らがゲート前に到着。警備員がゲート前にずらりと並び、防衛局職員が周辺の草木などを刈る作業を始めた。その後、重機やプレハブ、簡易トイレ、鉄パイプ、コンクリートブロックなどを積んだ作業車15台を含む36台が現場に到着。午後2時すぎに続々とゲート内に入っている。
 様子を見守った住民や支援者らは『数の力で押し切ろうという暴力だ』と政府の強硬な姿勢を批判。『これは始まりであって終わりではない。決して諦めない』など抗議行動の継続を誓っていた。」


 以下、沖縄タイムス、琉球新報の引用。






More
by asyagi-df-2014 | 2016-07-22 17:49 | 沖縄から | Comments(0)

沖縄-沖縄県名護市辺野古の新基地建設を巡り、是正の指示や取り消し処分の適法性をめぐって、国と県が再び法廷で対決する。

 沖縄タイムスは2016年7月22日、号外で、「沖縄県名護市辺野古の新基地建設を巡り、石井啓一国土交通相は22日、辺野古埋め立て承認取り消しの取り下げを求める是正指示に応じないのは違法として、県を相手とする違法確認訴訟を那覇市の福岡高裁那覇支部(多見谷寿郎裁判長)に起こした。是正の指示や取り消し処分の適法性をめぐって、国と県が再び法廷で対決する。」、と報じた。
 また、国と県双方の見解について、「これまで国と県は、3月の代執行訴訟の和解で、辺野古の埋め立て工事を中止し、『円満解決に向けた協議』を続けてきた。しかし、普天間飛行場の移設先を『辺野古唯一』とする国と、『辺野古移設阻止』を掲げる県の溝は埋まらず、国が再度の提訴に踏み切った。県側は国地方係争処理委員会(係争委)の示した『協議での解決』を訴えており、提訴に反発を強めている。国側は、訴訟と協議は『車の両輪』として協議は続ける姿勢だ。」、と伝えた。
 さらに、「地元住民の反対が根強い東村高江の集落周辺でのヘリパッド建設工事に着手し、辺野古の陸上部での工事再開の方針を示すなど、沖縄に対し、強硬な姿勢が続いている。」、と指摘した。


 以下、沖縄タイムスの引用。





More
by asyagi-df-2014 | 2016-07-22 13:00 | 沖縄から | Comments(0)

原発問題-四国電力伊方原発3号機(愛媛県伊方町)の運転差し止めを求め、大分県内の住民4人が申し立てた仮処分申請の第1回審尋が行われた。

 標題について、大分合同新聞は2016年7月22日、「四国電力伊方原発3号機(愛媛県伊方町)の運転差し止めを求め、大分県内の住民4人が申し立てた仮処分申請の第1回審尋が21日、大分地裁(竹内浩史裁判長)であった。住民側は同原発近くに国内最大級の活断層『中央構造線断層帯』があり、大地震が起きて重大事故に至る可能性が高いと主張しており、この日は争点整理などが進められた。四国電側は『代理人弁護士の都合がつかなかった』と欠席、8月10日の次回審尋までに答弁書を出すという。」、と報じた。
 非公開であるこの審尋の様子について、住民側弁護団は、「住民側は地震やテロが起きた場合などさまざまな論点で危険性を主張しているが、地裁は仮処分の検討に当たり▽地震▽津波▽土砂災害―の3点について関心を示したという。」、と伝えた。
 また、「伊方原発の基準地震動(耐震設計の目安となる揺れの強さ)は最大650ガル。住民側は南海トラフ地震の震源域上に位置し、中央構造線が近くにあるにもかかわらず過小だと訴えている。地震を巡る審理では『基準地震動の決め方、結論がいいかが問題になる』(弁護団)とみられる。」、と伝えた。
 さらに、「仮処分を申し立てたのは住民組織『伊方原発をとめる大分裁判の会』のメンバー。同会によると、仮処分は4人に絞って申請したが、今後、8月をめどに大分県在住者100人以上で差し止め訴訟も起こす。既に88人が原告になる意向を示しているという。」、と伝えた。


 以下、大分合同新聞の引用。





More
by asyagi-df-2014 | 2016-07-22 11:20 | 書くことから-原発 | Comments(0)

米軍再編-法的に問題ではないのか。英国兵が沖縄の米軍基地で訓練。またも、なし崩しか。

 英国兵が沖縄の米軍基地で訓練していることについて、沖縄タイムスは2016年7月18日、「英国海兵隊の将校が、キャンプ・シュワブやハンセンで米海兵隊の訓練に参加していることが、本紙による英政府への情報公開請求で分かった。英国防省海軍司令部は、訓練が双方の合意に基づき2015年1月に始まったと説明。これまでに中尉2人が『ジャングル戦闘訓練と射撃訓練』に参加したと明らかにした。」、と報じた。
 また、「米軍が日本国内の基地で第三国の軍人を訓練していた事実を、政府機関が公式に認めたのは初めて。こうした訓練は日米安保条約で想定されておらず、日本政府も禁じられているとの見解を過去に示している(1971年12月1日、参院本会議)。」、と伝えた。
 このことの詳細について、次のように報じている。


(1)「朝鮮戦争で編成された『国連軍』が使用できる米軍基地は日本国内に7カ所あり、沖縄県内では嘉手納基地、普天間飛行場、ホワイト・ビーチの3カ所。法的には英国軍も使用できる。」
(2)「一方、シュワブやハンセンは国連軍施設ではない。今回の訓練自体も国連とは無関係に実施されており、法的な問題がある。」
(3)「英国海兵隊は『精鋭部隊』とされ、米海兵隊と行動を共にすることが多い。イラクやアフガニスタンの戦闘にも参加している。」
(4)「米軍準機関紙『星条旗』が昨年8月、県内での訓練について報道した。『将来の共同作戦に向けて統合運用性を高める』ため、英国海兵隊の将校を1年半にわたって米海兵隊に従軍させる新たな取り組みの一環だという。記事は今後、従軍は拡大する予定だと指摘した。しかし、英国防省は本紙の情報公開請求に16年と17年の従軍予定はないと回答し、見解が食い違っている。」


 沖縄タイムスは2016年7月19日、「在沖米基地での英国兵訓練参加 沖縄県幹部『大問題だ』」、と継続して、次のような沖縄県側等のの見解を掲載した。


(1)「沖縄県幹部は18日、『事実ならとんでもない話だ』と述べ、日米両政府へ事実確認をする必要性を指摘した。」
(2)「県幹部は、現在の日米安全保障条約下ではこうした訓練は行えないと規定されているとし、『誰もが自由に使えるとなれば、何でもありになってしまう。日本政府は知っていて黙認したのか、知らなかったのか、どちらにしても大問題だ』と語気を強めた。」(3)「一方、防衛省関係者は一般論として『米軍が個別の訓練ごとに外交ルートで日本から同意を得ればいいのではないか。東日本大震災時に豪州軍の輸送機が投入されたのと同じだ。他国軍が訓練することは憲法で禁じられていない』とした。また別の関係者は、自衛隊も他国軍の共同訓練を視察することがあることを挙げて『2人は米軍の訓練を視察したのではないのか』と疑問を呈した。」



まさに、最近の安倍晋三政権の強権的かつなし崩し的手法そのものでである。


 以下、沖縄タイムスの引用。






More
by asyagi-df-2014 | 2016-07-22 06:25 | 米軍再編 | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧