2016年 07月 19日 ( 3 )

沖縄-北部訓練場ヘリパッド工事の実態-2016年7月19日

 2016年7月19日の沖縄を沖縄タイムスと琉球新報は次のように表した。


(1)沖縄タイムス-<高江ヘリパッド>機動隊きょうから100人超投入 車両撤去も視野-2016年7月19日 05:02
(2)沖縄タイムス-<高江ヘリパッド>来春までに完成へ 日米の狙いは【深掘り】-2016年7月19日 10:04
(3)沖縄タイムス-高江ヘリパッド:「非暴力で工事を阻止する」 市民ら早朝から警戒-2016年7月19日 11:23
(4)琉球新報-東村高江宮城区 警察が車両検問始める 「何の目的で」市民ら抗議-2016年7月19日 13:42


 両紙が伝える状況。
 「本土の隊員と合わせ最大で約800人の警備体制を敷く見通し」、というすさまじさ。


(1)「米軍北部訓練場(国頭村、東村)内でヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)建設工事を再開するため、政府は19日、配置する機動隊員をほぼ倍増する。これまで県警が1日約60人程度で警備していたが、19日から本土の応援隊員を現場に投入。県警と合わせ、1日当たり百数十人規模で警戒に当たる。建設現場の一つである東村高江のN1ゲート前に市民が車両を置いているため、N1にも隊員を配置し、車両の強制撤去を視野に入れる。」
(2)「政府は北部訓練場内に四つのヘリパッドを建設し、名護市辺野古では米軍キャンプ・シュワブ内の陸上工事も開始する考え。二つの基地で抗議する市民を排除するため、本土から500人の機動隊員を送り込む。」
(3)「県警も機動隊員と各警察署からの応援隊員、不測の事態を警戒する刑事らで250~300人規模の要員を確保し、本土の隊員と合わせ最大で約800人の警備体制を敷く見通しだ。」
(4)「警視庁、神奈川、千葉の両県警などの機動隊車両が北部訓練場付近で確認されている。抗議する市民らは建設予定地の中でも特に、1カ所に二つのヘリパッドを建設する計画のN1地区で、着工の警戒感を強めている。18日時点で十数台の車両をゲート前に止め、資機材を搬入する工事車両の進入を阻止しようとしている。」
(5)「東村高江の米軍北部訓練場N1ゲート前は19日、早朝からヘリパッド建設に反対する市民らが集まり、工事着工の警戒を続けている。午前6時半すぎには約80人がゲート前をデモ行進。『森を守ろう』『工事を止めよう』などと声を上げた。」
(6)「19日午前、警察は米軍北部訓練場の各ゲート前を通る県道70号の東村側の少なくとも2カ所で検問を行った。午前9時半から午前10時半の間に始めたとみられる。工事再開に向け、11日に沖縄防衛局が資材搬入を開始して以降、現場周辺で警察が組織だった車両検問を実施するのは初めて。建設工事に反対する市民らは『何の目的で検問をしているのか』と検問に立つ警察官に抗議を始めた。
(7)「東村で検問しているのが確認されたのは、高江区内の新川ダム付近と高江区より南側の宮城区で、福岡県警、北海道警、沖縄県警の警察官が担当している様子。うち宮城区側では約15人が高江区方面に向かう車両を全て止め、運転手に免許証の提示を求めている。免許証提示のほか、行き先についての質問や車内に危険物などを載せていないかといった確認などが行われている。新川ダム付近と宮城区の検問は19日午後0時半ごろ解除された。」
(8)「政府は、ヘリパッド建設に当たり、約500人の機動隊を県外から派遣する。既に16日から沖縄に入りはじめ、沖縄県警を合わせ最大で800人規模まで膨れあがる見通しだ。同時に、代執行訴訟の和解を受けて中断している米軍キャンプ・シュワブ内陸上部の工事も近く再開する方針。政府関係者は機動隊を『高江7、辺野古3』の割合で投入するとしており、『一気呵成(かせい)に進める』(防衛省幹部)構えだ。」


 今回の政府がヘリパッド建設を急ぐことについて、沖縄タイムスは、次のように指摘する。


(1)「在日米軍専用施設の74%が集中する沖縄の基地負担軽減に向けた大きなアピールになるとみているためだ。防衛省幹部は『新たな基地を造る普天間、那覇軍港とは異なり、面積が小さなヘリパッド六つで4千ヘクタールが返ってくる。負担軽減の理想の形だ』と正当性を主張する。」
(2)「日本政府と足並みをそろえるように、米側からもヘリパッド建設に向けた踏み込んだ発言が出始めた。6月18日、ニコルソン米四軍調整官はロイター通信のインタビューで北部訓練場の一部を『来年初めに日本へ返還する用意がある』と発信した。元海兵隊員で軍属の男による暴行殺人事件に抗議する県民大会の前日。反米感情の高まりを背景に、『負担軽減』をアピールする狙いがあった。」


 今回のヘリパッド建設を急ぐ理由が、「負担軽減」というから、まさしく、本末転倒、開いた口が塞がらない。
 こんなことが許されていいはずがない。


 以下、沖縄タイムス、琉球新報の引用。






More
by asyagi-df-2014 | 2016-07-19 16:38 | 沖縄から | Comments(0)

住民の反対を抑え込んでのヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)の工事の強行を、琉球新報社説(2016年7月18日)から考える。

 まず、琉球新報は、「政府は米軍北部訓練場の一部返還の条件として建設するヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)の工事を近く再開する。住民の反対を抑え込んで工事を強行し、『沖縄の負担軽減』と胸を張るつもりなのだろうか。」、とこの問題の本質を突く。
 琉球新報は、次のように説明を加える。


(1)経過
①「着陸帯の建設は1996年の日米特別行動委員会(SACO)最終報告に盛り込まれた。訓練場7513ヘクタールのうち3987ヘクタールを返還する代わりに、残余の部分に着陸帯を建設するというものだ。」
②「防衛省は全6着陸帯の完成後に米軍に提供する予定だったが、残り4カ所の計画に遅れが生じたことから2015年2月にN4地区の2カ所を先行提供した。」


(2)現状
①「N4は東村高江集落に最も近い。そこでMV22オスプレイが盛んに離着陸訓練し、ブロック片をつり下げての飛行訓練まで行っている。」
②「今年6月中旬からは連日、夜間まで離着陸を繰り返し、20日には午後10時すぎに最大99・3デシベルの騒音が確認されている。100デシベルのうるささは『電車が通るときのガード下』と表現される。」
③「東村では児童生徒が夜間飛行の騒音の影響で睡眠不足となり、学校を欠席する事態が起きている。村議会はN4の使用禁止を求める決議を全会一致で可決したが、米軍は決議翌日に離着陸を強行している。」


(3)主張
①「そもそもN4の環境影響評価(アセスメント)にオスプレイの運用は想定されていない。高江小中学校で観測されたオスプレイの低周波音は環境影響評価の『心理的影響』や環境省が設定した『物的影響』の基準となる閾値(いきち)を上回っている。前提の違う欠陥アセスだ。」
②「北部訓練場を除く地域は8月以降、『やんばる国立公園』に指定される。北部訓練場が返還されれば国立公園に組み入れられる可能性はある。しかし、上空をオスプレイが飛び交い、騒音をまき散らす基地と背中合わせの森が、北部3村の悲願である世界自然遺産指定を阻むことになりはしないか。」
③「SACO最終報告の冒頭にはこう書いてある。『(日米)両国政府は、沖縄県民の負担を軽減し、それにより日米同盟関係を強化する』。民家からわずか400メートルの場所にオスプレイの着陸帯を建設することが『県民の負担軽減』になるのか。真の負担軽減は着陸帯を造らず、やんばるの森を地域に返すことである。』


 日米両政府は、愚昧な策を弄する前に、せめて、「民家からわずか400メートルの場所にオスプレイの着陸帯を建設することが『県民の負担軽減』になるのか。」、に答えなけねばならない。


 以下、琉球新報の引用。





More
by asyagi-df-2014 | 2016-07-19 09:20 | 沖縄から | Comments(0)

安倍晋三政権が、米軍北部訓練場のヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)の建設工事を7月22日にも強行。

 安倍晋三政権が、「米軍北部訓練場のヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)の建設工事を22日にも始める方針を固めたことが分かった」ことに対する沖縄タイムスの社説(2016年7月17日付)を考える。
「沖縄以外のどの地域で、このような暴力的対応がまかり通るのだろうか。」、とする沖縄の怒りを、日本という国はもはや正視できないでいる。
 安倍晋三政権が行っていることは、実は、「高江や辺野古で繰り返されている、暗闇に乗じた資材搬入や工事という異様な行為」であることについて、もはや無自覚ででいることは許されない。
 まず、事実を伝える。


「政府は、同日以降に名護市辺野古の新基地建設を巡り県の提訴を検討してもいる。新基地建設に関しては、10日の参院選で建設を容認した候補者が敗れ、衆参あわせて沖縄選挙区での当選者を失っているにもかかわらずである。東村高江の住民らが反対するヘリパッド建設と、辺野古の新基地建設を同時に進めようとするもので、民意を土足で踏みにじる行為だ。」


 それは、このようなものだ。


(1)「参院選投票終了からわずか9時間後のことだった。11日明け方、突如ヘリパッド建設工事への資材搬入が始まった。翌12日には、高江のメインゲート前での抗議活動に対し、県外から500人もの機動隊を導入する計画が明らかになった。圧倒的な数は、座り込み、時には地面に這いつくばって工事車両を止めようとする市民の必死の抵抗を、力で『制圧』しようとするものだ。」
(2)「14日に政府は、新基地建設に関する作業部会で、同建設において新たな提訴をちらつかせ陸上工事実施の意向を一方的に示した。話し合いによる解決を求める県に対し、そんな意思はみじんもないとする傲慢(ごうまん)な態度が見える。」
(3)「ヘリパッド建設・新基地建設ともに、事件事故の多発で県民が忌避する海兵隊が使用する新施設だ。両者は基地の返還や整理縮小を隠れみのにして沖縄・北部地域を一大軍事要塞化するに等しい。オスプレイという新たな負担も追加される。」
(4)「高江では、今もオスプレイが昼夜問わず低空で飛ぶ。ことし6月には高江小中学校の児童3人が騒音による睡眠不足で学校を休んだという。14日昼には、一般道路から20メートルも離れていない場所でオスプレイが離着陸する様子が、複数の市民に撮影されている。」


 沖縄タイムスは、このように強く抗議する。


「安倍政権は口を開けば『県民の気持ちに寄り添う』とアピールするが、対応は正反対だ。普天間飛行場の返還や北部訓練場の一部返還が、なぜ新たな負担とセットなのか。過重な基地負担に苦しみ続ける県民が納得できる説明はいまだ無い。代わりに高江や辺野古で繰り返されているのは、暗闇に乗じた資材搬入や工事という異様な行為だ。そんな政策に一体どんな正当性があるというのだろうか。」


 安倍晋三政権の常套句である「県民の気持ちに寄り添う」は、自らの施策にゴーサインを出すための手ががりの一手段にすぎない。


 以下、沖縄タイムスの引用。






More
by asyagi-df-2014 | 2016-07-19 06:00 | 沖縄から | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧