2016年 06月 20日 ( 2 )

沖縄-「元海兵隊員による残虐な蛮行を糾弾! 被害者を追悼し海兵隊の撤退を求める県民大会」からの「声」。

 2016年6月19日に開催された「元海兵隊員による残虐な蛮行を糾弾! 被害者を追悼し海兵隊の撤退を求める県民大会」での「声」を聞く。


・翁長雄志沖縄県知事:「グスーヨー、負ケテーナイビランドー。ワッターウチナーンチュヌ、クワンウマガ、マムティイチャビラ、チバラナヤーサイ(みなさん負けてはいけません。私たち沖縄人の子や孫を守るためがんばりましょう)」


・金秀グループの呉屋守將会長:「今回の事件で亡くなった女性を(米軍関係の)最後の犠牲者とするべく、具体的な有効策を講じることがわれわれに託された責務だ」


・坂本龍一さん(音楽家):「沖縄だけに痛み、苦痛と侮辱を何十年もおしつけておくべきではない。もうたくさんだ。基地、米軍、武力が必要なら日本人の全てが等しく背負うべきだ。」


・春香クリスティーンさん(タレント):「被害者女性の恐怖、悲しみ、苦しさを思うと胸が締め付けられます。繰り返される悲劇の連鎖が断ち切られるように…。夢や希望を抱えていた一人の女性の苦しみから、決して目を背けるべきではないと思います。」


・赤川次郎さん(作家):「国民の命が、最も無残な形で奪われても、通りいっぺんの抗議しかできない政権に、私たちは『安全』を預けることはできない。沖縄の命が軽んじられる現実に、すべての日本人が今、怒りを示すときだ」


・娘の父:


 ご来場の皆さまへ。
 米軍人・軍属による事件、事故が多い中、私の娘も被害者の一人となりました。
 なぜ娘なのか、なぜ殺されなければならなかったのか。今まで被害に遭った遺族の思いも同じだと思います。
 被害者の無念は、計り知れない悲しみ、苦しみ、怒りとなっていくのです。
 それでも、遺族は、安らかに成仏してくれることだけを願っているのです。
 次の被害者を出さないためにも「全基地撤去」「辺野古新基地建設に反対」。県民が一つになれば、可能だと思っています。
 県民、名護市民として強く願っています。
 ご来場の皆さまには、心より感謝申し上げます。

・命を奪われた女性と同年代の若者たち:


「安倍晋三首相と本土に住む人たちに『今回の事件の【第二の加害者】はあなたたちだ』との強い批判の言葉を発したのは、辺野古に新基地を造らせないオール沖縄会議共同代表として登壇した玉城愛さん(21)=名桜大4年。時折涙を拭い『同じ世代の女性の命が奪われる。もしかしたら、私だったかもしれない。もう絶対に繰り返さない』と訴えた。
 名桜大3年生の小波津義嵩さん(20)は『沖縄から誰も傷付けない新しい平和の築き方を日本、そして世界で実現させましょう』と呼び掛けた。
 スピーチ内容は彼らが、それぞれ“借り物”ではなく、自分で考え悩み抜いた言葉だった。
 名桜大3年の眞鍋詩苑(しおん)さん(22)は、県外出身者として自身も基地被害を押し付けている『加害者』ではないかとの文言を盛り込むかどうかを悩んだ。
 ただ沖縄への共感は抑えられなかった。『無関心だったことへの罪悪感が一番ある。本土と沖縄を分断して、沖縄を外から見るような見方を乗り越えたい』と舞台上で自身の思いを語った。
 『基地があるが故の事件だと思いつつ、そうだとは言いたくなかった。言えない気持ちがあった』。平良美乃(よしの)さん(23)=琉球大大学院1年=が舞台で読み上げた詩の一節だ。事件事故の根源である基地を撤去したいという希望。一方で基地撤去を前面に出すことで、1人の女性の命の重みが『基地問題という大きい黒い布に包み込まれてしまうのではないか』という思いもあった。女性の死が、政治問題に飲み込まれる不安だった。
 友人たちにも同じような葛藤を抱く人が多かった。『断定的でなくても、伝えることに意味があるのではないか』。『ぐるぐるした気持ち』をそのまま詩に乗せた。」


・琉球新報:


①「今回の大会を巡っては、二つの議論があった。辺野古新基地建設や米海兵隊の撤退に触れるべきか、それらには触れず超党派の大会を目指して自民などとの共同開催を模索すべきかという点だ。大会が超党派の開催とならない中、大会決議で基地政策を巡る具体的な要求を掲げることは『事件の政治利用ではないか』という議論もあった。」
②「大会は超党派とすることで動員数や日米両政府への訴求力を高めるか、もしくは県民の反発が「限界」であることを訴えるために、発信内容にこだわるかのせめぎ合いだった。
 大会が超党派にならない見通しとなったことで、在京メディアなどによる報道の扱いは“格下げ”となる見通しが県などに伝わったが、主催者側は『それは報道姿勢の問題だ。もうこの問題であいまいな立場になるつもりはない。要求は下げない』(オール沖縄会議幹部)と譲らなかった。
 大会後、記者団の取材に応じた呉屋守将共同代表は決議内容について『21年前の大会と違い、はっきりと海兵隊の撤退を求めることが重要だった。これが具体的な解決策だと盛り込んだことが、大きな重みを沖縄の政治史に残す』と強調した。」


・比嘉聖子さん(70):「党は関係ない。自分たちの命は自分たちで守るしかない」


・金城裟(さおり)さん(21):「悔しいとしか言えない。今まで基地があるから経済的に助かると思っていたけど、こんなことが繰り返されるなら基地はない方がいい」


以下、沖縄タイムス及び琉球新報の引用。





More
by asyagi-df-2014 | 2016-06-20 09:00 | 沖縄から | Comments(0)

「恨(ハン)之碑」の建立10年追悼会が開かれた。李熙子(イヒジャ)共同代表は、講演で、「これまでの道のりを無駄にしないためにも次世代への継承が大切だ」と呼び掛けた。

 沖縄読谷にある恨之碑建立が10年を迎えた。
 このことについて、琉球新報は2016年6月12日、「沖縄戦時に日本軍によって朝鮮半島から強制連行された軍夫や『慰安婦』らを慰霊する『恨(ハン)之碑』の建立10年追悼会『恨を抱えて希望を語る』が11日、読谷村瀬名波で開かれた。追悼会に先立ち、太平洋戦争被害者補償推進協議会の李熙子(イヒジャ)共同代表(73)が講演し『これまでの道のりを無駄にしないためにも次世代への継承が大切だ』と呼び掛けた。関係者や地域住民、研究者ら約100人が参加した。追悼会では彫刻家の金城実さんが彫った恨之碑の前で、建立を呼び掛けた僧侶の知花昌一さんらが読経し、平和を願った。参列者が花を手向け、李さんや元軍夫の家族などが碑に酒をかけて犠牲者を悼んだ。」、と報じた。
 また、追悼会の様子について、「韓国語の『恨』は日本語の『恨み』だけを意味せず、悲しみ、不満、怒り、後悔などが長い間、しこりとなった感情を意味する。建立時に中心的な役割を果たした牧師の平良修さんは、そういった感情を乗り越えようという意味も含まれていると解説し『痛みが一つのバネになり、苦しみがあって友達になろうとしているのが恨だ。ここにしか新しい平和の可能性はない』と訴えた。講演した李さんは韓国で、最も多くの人が強制連行された英陽(ヨンヤン)にも1999年に恨之碑が建てられ、読谷の碑と向かい合うように立っていることに触れ『碑がどのように造られたのか、次世代に伝えてくれますか』と問いかけた。」、と伝えた。


以下、琉球新報の引用。





More
by asyagi-df-2014 | 2016-06-20 05:55 | 侵略戦争・戦後処理 | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧