2016年 04月 16日 ( 3 )

熊本大地震でのデマ。

 澤藤統一郎の憲法日記を覗いて、びっくりしました。
 検索してみると、次のようなヘイト・ツィ-トが出てくるというのです。


・熊本の朝鮮人が井戸に毒を投げ込んだぞ
・在日朝鮮人 が 熊本中の井戸 に 毒を入れて回っている というのは本当なのですか?
・こいつらいつも井戸に毒流してんな
・熊本で不逞朝鮮人が暴動を起こそうとしてるってマジ!?
・朝鮮人が井戸に毒を投げ入れ回ってるようです!!!
・ 熊本県民の皆さんは自警団を組織して自己防衛に努めてください!!!
・朝鮮人かの区別には「がぎぐげご」と言わせてみればわかります!!! 
・騒ぎに乗じるのはこっちの趣味ではないのだけど鮮人どもが騒ぎに乗じて悪事を行うからしょうがないよねぇ…、と私は思うのですよ。
・こういう時に暴言はもちろん盗みとか嘘募金とかやる中国朝鮮人にご注意。


 何と信じられないが、これが現実ということか。
 この大地震の恐怖に曝されている者の一人として、とても許されることではない。
澤藤統一郎さんは、このことについて、「このようなネット上のヘイトスピーチは、人種差別撤廃条約第4条の『人種的優越又は憎悪に基づく思想の流布、人種差別の扇動』にあたるものというべきであろう。国際社会は、日本にもこれを処罰できる法制を整えるよう求めているのだ。このような差別的言論の蔓延は、厳格なヘイトスピーチ処罰法制定の立法事実となるだろう。」、ときちっと押さえる。
 また、趙博さんは、「『朝鮮人が火を付けた』『略奪している』などという関東大震災時を連想させるデマがネット上を駆け巡っている。この記事を再度読んで欲しい。」、として次の記事を紹介する。


【『朝日新聞』1995年2月9日朝刊】

阪神大震災で韓国人が火つけた、とのうわさ予算委で取り上げ問題化

阪神大震災の復旧・復興対策などをめぐる八日の参院予算委員会集中審議で、在日韓国・朝鮮人に対する「流言」を紹介した中村鋭一氏(平成会=新進)の発言が問題になり、取り消しなどを協議することになった。
 
中村氏は仮設住宅への入居などで在日韓国・朝鮮人に対する差別のない救済策を求めた質問の中で、テレビで聞いた話として、「(神戸市)長田区在住の在日韓国人の方が『長田区から火が出たのは在日韓国人が火をつけたのではないかというようなことを、うわさとして聞いた。そんなことがあっては大変だ』と心配していた」などと発言した。
これに対して、村山富市首相は「政府の扱いに一切差別はない」と述べるとともに、「そんなデマがいかにも飛んでいるような印象を与えることは好ましくない」と不快感を示した。また、野中広務自治相は「そういううわさがあるとか、全国に流されるのは、委員として不見識だ」として取り消しを要求した。
同委員会は審議を一時中断、九日の理事会で扱いを協議することになった。
   ◇
中村氏の発言をめぐる問題で、在日本朝鮮人総連合会中央本部国際局は「不見識もはなはだしい暴言」として、取り消しと謝罪を求める談話を発表した。在日本大韓民国民団も対応を検討している。
朝鮮総連の談話は「関東大震災の時の朝鮮人虐殺の忌まわしい歴史をほうふつさせる暴言として、厳重に抗議する」としている。
この日の参院予算委員会の審議は、NHKで生中継された。
中村氏が引用したというTBSの番組「筑紫哲也ニュース23」によると、七日夜の同番組で、被災した在日朝鮮・韓国人について特集を組んだ。
その中で、在日朝鮮人の話として「あそこの朝鮮の事務所から火が出たとか、こういう昔みたいな、関東大震災みたいな、毒薬ばらまいたりとかね。すでにこういうのは一部出ていますからね。本当に今協力して、日本人も朝鮮人も関係なくやっているのに、やはり一部の差別の流言が一番恐ろしい」という発言を紹介した。
そのうえで、キャスターの筑紫氏が「在日の人たちが心配しているような、関東大震災の時に起きたような悪質なデマがかけめぐるということは、今のところは起きておりません」などと述べたという。
同番組の辻村国弘プロデューサーは「どういう趣旨で番組を作ったかもチェックせずに、微妙な問題で全体の中の一つの発言だけを引用された。誤解を招いたのは、TBSとして大変不本意だ」と話している。


 以下、黄土通信-人生幸朗的パギやん日記及び澤藤統一郎の憲法日記の引用。





More
by asyagi-df-2014 | 2016-04-16 14:51 | 書くことから-いろいろ | Comments(0)

貧困問題-ユニセフが「子どもの貧困格差、日本は先進41カ国中34位」との報告書を発表。

 標題について、朝日新聞は2016年45月14日、「最貧困層の子どもは、標準的な子どもと比べてどれぐらい厳しい状況にあるのか。その格差を分析したところ、日本は先進41カ国中34位で、悪い方から8番目だった。国連児童基金(ユニセフ)が報告書をまとめ、14日発表する。日本について分析し、国際比較したのは初めて。」、と報じた。
 この報告書は、「『子どもたちのための公平性』というタイトルで、先進国での子どもたちの格差について、所得、教育、健康、生活満足度の四つから分析した。」。
 また、日本語版の解説を担当した首都大学東京子ども・若者貧困研究センター長の阿部彩さんの「1985年から2012年にかけ、格差は拡大している。真ん中の所得が約177万円から211万円に上がったのに対し、最貧困層の所得は90万円から84万円に下がったためだ。」、「貧困が広がっているだけでなく、深刻度も高い現状が明らかになった。日本は平等社会だと幻想を抱いていると、さほど深刻に思えないかもしれないが、幻想を早く捨て、貧困と格差に対処する覚悟が必要だ」とに分析を伝えた。


 以下、朝日新聞の引用。





More
by asyagi-df-2014 | 2016-04-16 06:13 | 書くことから-貧困問題 | Comments(0)

強烈な地震の中に居ます。

2016年4月16日、強烈な地震の中に居ます。
人ごとではない、自分の問題として、恐怖、怯えの中に家族とともにじっと我慢しています。
ただし、私たちの環境は、電気、水道、住居はまだ保たれています。
隣の家に、声をかけるだけの心の準備も残っています。
今、また、強烈に下から突き上げてきました。

では、また。

by asyagi-df-2014 | 2016-04-16 06:12 | 新たな経験 | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧