2016年 04月 14日 ( 3 )

原発問題-運転開始から四十年以上経過した老朽高浜原発1、2号機の延長に「待った」。

 標題について、東京新聞は2016年4月14日、「運転開始から四十年以上経過した関西電力高浜原発1、2号機(福井県高浜町)の運転延長は危険性が高いとして、福井、愛知両県など十四都府県の住民七十六人が十四日、原子力規制委員会に延長を認めないよう求める訴訟を名古屋地裁に起こした。原子炉等規制法は運転期間を原則四十年に制限。ただ規制委が認めれば最長二十年延長できると定めており、関電は運転延長を目指している。住民側弁護団によると、老朽原発の安全性を問う訴訟は初めて。」、と報じた。
 この訴訟の訴状について、「新基準は東京電力福島第一原発事故の真摯(しんし)な反省を踏まえておらず問題が多く、甚大な事故を起こす危険があると主張。『四十年ルール』が厳格に運用されなければならないことは明らかだとした。さらに関電は高浜1、2号機で、新基準が求める難燃性ケーブルでなく防火シートで対応するとしており、規制委がこれを実証試験なしで認めたのは裁量権の逸脱だと指摘した。」、と伝えた。
 また、東京新聞は、この訴訟について、次のように指摘している。


①「東京電力福島第一原発事故後の法改正により、原発は運転開始四十年で原則廃炉とし、延長は『例外』とされる。その中で関西電力は高浜原発1、2号機の運転延長を目指す。差し止めを求める訴訟は全国初とみられ、事実上の適合とした原子力規制委員会の審査をどう評価するかが争点。名古屋地裁の判断は原子力政策や各地の老朽原発の動向に影響を与えそうだ。」
②「原子炉圧力容器は核分裂時に発生する中性子の影響で劣化するため、原子炉が冷えた場合に壊れやすくなったり、圧力に対してもろくなったりするとされる。
 原子力政策を提言するNPO法人『原子力資料情報室』(東京)の西尾漠(ばく)共同代表は『圧力容器はだいぶ傷んでおり、四十年の原則を破って稼働させる動きに反対するのは当然だ』と指摘する。」
③「一方、別の意見の専門家も。東京工業大の高橋実教授(原子炉工学)は『規制委は科学技術に基づき運転期間延長を審査しており、裁判所は結果を尊重してほしい』と強調する。」
④「九州大応用力学研究所の渡辺英雄准教授(原子炉材料工学)は『四十年で廃炉にする制度に技術的な根拠はない。住民の不安を和らげるため、研究者は説明を尽くす必要がある』と話した。」


 以下、東京新聞の引用。





More
by asyagi-df-2014 | 2016-04-14 17:27 | 書くことから-原発 | Comments(0)

沖縄-久辺3区住民の重いため息を聞こう。

 琉球新報は、2016年4月13日の社説を、「20年も国策に翻弄(ほんろう)された住民の重いため息が聞こえるようだ。」、と始めた。
 まずは、久辺3区の戦後の歴史の一端を綴る。


①1950年代後半にキャンプ・シュワブを造る際、米軍は辺野古区に、反対すれば集落を強制接収し、補償を拒否すると通告した。区はやむを得ず接収を容認したが、生活の糧だった水田やイモ畑がつぶされ、美しい辺野古の海にひざの高さまでヘドロがたまった。海と共に暮らしてきた人々は嘆き悲しんだと古老は証言する。
②辺野古区は運動会など地域行事にシュワブの兵士を招く。それは単純な友好ではない。ベトナム戦争のころ精神的にすさんだ兵士による区民の殺傷事件が起きた。基地に隣接するが故の事件事故を防ぐ知恵として、米軍と合意事項をつくり、親善関係を築いてきた。
③1996年に普天間の移設先に浮上した後、政府は防衛予算や再編交付金を使った箱物、久辺3区だけの交付金など「アメ」を駆使した。移設計画の賛否を巡って、地域のみならず親兄弟さえも分断した。移設の話はできない、とぴしゃりとドアを閉めた住民の多さに、これ以上翻弄されたくないという思いがにじむ。


 そして、久辺3区の実情について、「政府が米軍普天間飛行場の移設先とする名護市の新基地建設地に隣接した久辺3区の住民に、本紙は戸別訪問によるアンケートを行った。辺野古移設計画については「条件付き容認」「推進」を合わせた賛成が47%で、反対の42%を上回った。」、と伝える。
さらに、琉球新報はこのアンケート結果を次のように分析する。


①この結果をもって「地元住民は賛成派が多い」とみるのは早計に過ぎる。
②普天間の移設先について聞くと、県外、国外や即時閉鎖など、辺野古以外の選択肢を挙げた住民が62%と最多で、辺野古と答えた住民は24%だった。
③6割以上の人たちが辺野古以外の移設先を望みながらも、政府が移設作業を強行する中、諦めや無力感にさいなまれて、容認に転じたことがうかがえる。
④「容認」とする人たちも「決まっているので移設せざるを得ない」「反対だがどうにもならないことを知っている。選挙も同じことの繰り返し」と答えた。


 久辺3区の今を、琉球新報は、次のように切り取る。


「3千人にも満たない集落に基地を押し付けるのは、小さな地域は黙って国策に従え、と強いるものだ。賛成派が多いのではない。容認または沈黙せざるを得ないほど住民を追い込んだ責任を政府は自覚すべきだ。」


 以下、琉球新報の引用。





More
by asyagi-df-2014 | 2016-04-14 08:22 | 沖縄から | Comments(0)

安倍晋三政権の応援団「放送法遵守を求める視聴者の会」の策動に対して、TBSが答えた。

 「放送法遵守を求める視聴者の会」は、2016年4月1日付けで、「TBS社による重大かつ明白な放送法4条違反と思料される件に関する声明」を発表し、記者会見をした。
 このことを、「議員に代わって、今度は右派『言論人』たちが、気に食わないメディアのバッシングに一役買って出たということなのだ。一見在野の如くだが、明らかにアベ人脈の面々。」、と澤藤統一郎さんは喝破している。
 また、澤藤統一郎の憲法日記は、その声明及びその内容について、次のように評している。


 この声明の一部を抜粋する。カッコ内は私(澤藤)の感想。
「勿論、放送法第4条に定められた『政治的公平性』や『多角的論点の提示』は曖昧な概念であり、このような概念を根拠に政府による罰則を適用するのは極めて危険である。(そのとおり) が、今回のTBSによる安保法制報道は、議論の余地も政府による恣意の介在も許さない、局を挙げての重大かつ明確な放送法違反とみなし得よう。(そんな決め付けが危険ではないの?) 残念ながら、現行の標準的なガイドラインに従えば、TBS社は電波停止に相当する違法行為をなしたと断定せざるを得ないのではあるまいか。(「あるまいか」は「断定」とは矛盾するね) ただし、誤解ないように強調したいが、当会は、政府が放送内容に介入することには断固反対する。(本当? いったいどっちなの?) もしも電波停止のような強大な権限が、時の政権によって恣意的に用いられたならば、民主主義の重大な危機に直結する。いかなる政権も、どんな悪質な事例であれ、放送事業の内容への直接介入に安直に道を開いてはならない。(あなたたちが、その道を開こうと先導しているではないか)」
 どうも何を言っているのか、よく分からない。


「声明は、TBSが放送法違反を犯したと決めつけたうえで、TBS本社と、『倫理向上委員会を名乗る任意団体BPO』と、『TBSの報道番組のスポンサー企業各位』と、国会のそれぞれに『要望』を申し入れている。
 この声明のBPOに対するむき出しの敵意が際立っており、『放送法遵守を求める視聴者の会』の性格をよく表している。」


 株式会社TBSは、2016年4月6日に、「弊社は、少数派を含めた多様な意見を紹介し、権力に行き過ぎがないかをチェックするという報道機関の使命を認識し、自律的に公平・公正な番組作りを行っております。放送法に違反しているとはまったく考えておりません。
 今般、「放送法遵守を求める視聴者の会」が見解の相違を理由に弊社番組のスポンサーに圧力をかけるなどと公言していることは、表現の自由、ひいては民主主義に対する重大な挑戦であり、看過できない行為であると言わざるを得ません。
 弊社は、今後も放送法を尊重し、国民の知る権利に応えるとともに、愛される番組作りに、一層努力を傾けて参ります。」、と声明を発表した。


 澤藤統一郎さんは、安倍晋三政権の強権的手法について、「公平・中立を求めるという名目での政権迎合のメディア攻撃。アベ政権が改憲を公言することができるのは、このような政権迎合の輩の蠢動の後押しがあってのことなのだ。」、と鋭く指摘している。
 澤藤統一郎さんの「『視聴者の会』はアベ政権の外にあって、アベ改憲政権のお先棒担ぎ。この蠢動に動じてはならないが、軽視してもならないとおもう。」、との指摘を肝に命じよう。


 以下、TBSテレビ声明及び、澤藤統一郎の憲法日記の引用。






More
by asyagi-df-2014 | 2016-04-14 06:29 | 書くことから-いろいろ | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧