2016年 02月 05日 ( 2 )

沖縄-20160205沖縄

 2016年2月5日、沖縄タイムスが伝える沖縄。

「名護市辺野古の新基地建設に向けた海上作業は4日、長島近くの大型作業船から海面に掘削用のくいのようなものが下ろされているのが確認された。最後のボーリング調査に着手した可能性がある。沖縄防衛局によると同調査はこれまで24カ所中、23カ所が終了。この日の作業については『答えられない』としている。コンクリートブロックの投下はなかったが、調査が終了すれば、埋め立て着工に向けた態勢が整う。」


「米軍キャンプ・シュワブゲート前には、沖縄戦後の住民の基地との戦いを追ったドキュメンタリー映画『沖縄 うりずんの雨』の監督、ジャン・ユンカーマンさんがカメラマンと訪れ、座り込みを続ける人々の姿を撮影した。同映画を英語版に再編集し、米国で今春公開予定で、数日間、撮影を続けるという。ユンカーマンさんは『米国が戦後70年、沖縄を【占領】し続けているのは米市民として許せない。米国で訴えたい』と話した。」


「米共和党重鎮のマケイン米上院軍事委員長は3日の公聴会で、米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設をめぐり「発作的に繰り返される議論と後退、沖縄内の政治問題が、私や他の委員に不満の要因となっている」と述べ、いら立ちを示した。辺野古移設阻止を掲げる翁長雄志知事らへの不満を表明した格好だ。」

 こうした状況の中で、辺野古新基地建設反対の闘いは、「多くの人を結集させ、新基地建設を阻止しよう」との呼びかけの中で、今も闘われている。
 2016年2月5日の闘い次のものである。


「名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブのゲート前で5日午前、新基地建設に反対する市民ら約80人が座り込み抗議集会を開き『多くの人を結集させ、新基地建設を阻止しよう』と呼び掛けた。」


 以下、沖縄タイムスの引用。





More
by asyagi-df-2014 | 2016-02-05 17:15 | 沖縄から | Comments(0)

原発問題-九州電力社長は川内原発免震棟の撤回譲らず。さらに、九州電力は川内原発の訓練計画に規定違反。

 標題について、南日本新聞は2106年2月3日、「原子力規制委員会は3日、臨時会合に九州電力の瓜生道明社長を呼び、川内原発の免震重要棟新設計画撤回などについて意見交換した。瓜生社長が耐震施設での代用を『免震棟と同等以上に安全性が確保できると判断したが、説明がうまくできてない』と釈明したのに対し、規制委は『提案は納得できない。準備不足ではないか』と再検討を求めた。瓜生社長は、自社で免震棟の実績がないことを踏まえ、『免震装置や機器の確認試験、保守メンテナンスまで含めると課題があると考えた』と、再考しない意向を強調した。」、と報じた。
 また、2016年2月4日、「原子力規制委員会の定例会合が3日あり、規制委事務局の原子力規制庁は全国の原発で行った本年度第3四半期の保安検査の結果報告をした。再稼働した九州電力川内原発については、訓練計画に保安規定に違反する不備があったとし、今後監視すると判定した。違反とされたのは、火災や竜巻の発生を想定した対処訓練の手順書。訓練に参加しなかった所員に対し、『保安規定で要求した訓練に参加するのと同水準の事後訓練を施す内容になっていない』と判断した。規制庁は『今後の保安検査で改善されているか確認していく』としている。」、と報じた。


 あきれた九州電力の対応である。


以下、南日本新聞の引用。





More
by asyagi-df-2014 | 2016-02-05 05:18 | 書くことから-原発 | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧