2015年 12月 15日 ( 3 )

沖縄から-20151215。辺野古上の海上抗議の市民、10人拘束。

 2015年12月15日の辺野古新基地建設反対の様子について、沖縄タイムスは2015年12月15日、「沖縄県名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブ前では15日午前6時半ごろから、新基地建設に抗議する集会が始まった。雨が降る中、同7時すぎには、ゲート前に座り込んだ市民ら約60人を機動隊員約70人が排除した。工事用のトラックやトレーラーなど十数台が基地内に入った。 一方、辺野古の海上では長島付近のスパット台船に作業員の姿があり、掘削棒が海中に刺さっている。同10時ごろ、抗議のためカヌーでフロートを越えた市民約10人が海保に拘束された。」、と報じた。

 また、沖縄振興と基地問題について、沖縄タイムスは2015年12月15日、「島尻安伊子沖縄担当相は15日午前の閣議後会見で、沖縄県名護市辺野古の新基地建設をめぐり政府と対立している翁長雄志知事の姿勢が、来年度の沖縄振興予算に影響するかを問われ、『全くないとは考えていない』との認識を示した。島尻氏は、沖縄振興と基地問題はリンクしないとの考えを示した上で、『私の中で予算確保について、全く影響がないというものではないなという風に感じている』との認識を示した。、と伝えた。

 この発言は、島尻安伊子沖縄担当相が、利益誘導型の強行政治の構造そのものを正直に表現したものである。

 以下、沖縄タイムスの引用。




More
by asyagi-df-2014 | 2015-12-15 17:02 | 沖縄から | Comments(0)

原発問題-原子力規制委員会は、「基準に不合理な点は見当たらず」と、川内原発申請許可への異議を棄却。

 市民団体の異議申し立てを原子力規制委員会が棄却したこことについて、東京新聞は2015年12月14日、「原子力規制委員会は14日までに、九州電力川内原発1、2号機(鹿児島県薩摩川内市)が新規制基準に適合するとした規制委の許可を不当とした、市民団体の異議申し立てを棄却した。市民団体が14日、福岡市で記者会見し明らかにした。
 原子力規制庁によると、行政不服審査法に基づき、再稼働の前提となる新基準に則した許可や認可への異議申し立ては12件あり、何らかの決定を出すのは今回が初めて。規制委の決定書によると、棄却は11日付。理由を『基準に不合理な点は見当たらず、適合するとした過程に違法、不当な点はない』としている。」、と報じた。


 以下、東京新聞の引用。




More
by asyagi-df-2014 | 2015-12-15 11:07 | 書くことから-原発 | Comments(0)

沖縄から-スプレイ、米で訓練中着艦事故を起こしていた。

 オスプレイの事故について、沖縄タイムスは2015年12月14日、「米海兵隊の垂直離着陸型輸送機MV22オスプレイが10日午後5時ごろ、米カリフォルニア州サンディエゴ沖合で輸送揚陸艦ニューオリンズへの着艦に失敗していたことが分かった。負傷者はいない。事故機は、サンディエゴのミラマー基地所属の第166海兵中型ティルトローター飛行隊(VMM166)所属機で、来月に予定されている太平洋と中東方面での展開に向けた飛行認証訓練中に起きた。米海兵隊によると、オスプレイの乗組員4人と乗員22人にけがはない。海兵隊当局は『米メディアの一部は、【ハードランディグ(激しい衝撃を伴う着陸)】と報じているが、現在調査中で、機体の損傷程度などはまだ分からない』と明らかにしていない。」、と報じた。
 また、「オスプレイは今年5月にハワイ州オアフ島のベローズ空軍基地での通常訓練中に1機が着陸に失敗し、2人が死亡、20人以上が負傷する事故を起こしている。第166海兵中型ティルトローター飛行隊の隊長機は2014年3月末、東南アジアなどでの訓練後に米軍普天間飛行場にも飛来している。」、と伝えた。


 以下、沖縄タイムスの引用。




More
by asyagi-df-2014 | 2015-12-15 05:40 | 沖縄から | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧