2015年 12月 03日 ( 3 )

沖縄から-沖縄県が背負わされる三つの訴訟。国地方係争処理委員会(係争委)の審査、福岡高裁那覇支部での代執行訴訟、県が提起を予定する抗告訴訟。

 沖縄県が国から背負わされる三つの訴訟について、沖縄タイムスは2015年12月3日、「翁長雄志知事の埋め立て承認取り消し以降、国と県は現状では三つの場で争うことになる。国地方係争処理委員会(係争委)の審査と、福岡高裁那覇支部での代執行訴訟、県が提起を予定する抗告訴訟だ。」、と報じた。
 それぞれの訴訟について、沖縄タイムスは次のように説明する。


(1)係争委は承認取り消しの効力を停止した石井啓一国土交通相の決定を違法として、県が審査を申し出ている。11月13日に初会合が開かれ、委員から出た質問に国と県の双方が答えた。第2回の会合は未定だが、来年1月31日までに審査結果を報告することになっている。県は、一般国民の救済目的とする行政不服審査制度では、国の一機関の沖縄防衛局に申し立てる資格はないにもかかわらず、国交相がその資格を認め効力停止を決定したのは違法と主張。一方、地方自治法は「不服申し立てに対する決定」などを係争委審査の対象外としており、実質的な審議に入るかが焦点となっている。
(2)代執行訴訟は地方自治法245条8の3に基づき、国が翁長知事の承認取り消しを違法として起こした。2日に第1回口頭弁論が終わり、来年1月8日に第2回、同29日に第3回の口頭弁論を開く方針を確認している。
(3)抗告訴訟は、行政事件訴訟法に基づき、県が国交相の決定取り消しを求める。地自法で議会の議決が必要と定めていることから、県は8日、開会中の県議会11月定例会に議案を追加。総務・企画委員会の審議を経て、18日の最終本会議で採決される見通し。


 これは、国からの理不尽な行為により、当該の地方自治体が、地方自治の本旨に沿った地方行政を行うことを阻害されている、構図そのものである。


 以下、沖縄タイムスの引用。





More
by asyagi-df-2014 | 2015-12-03 17:20 | 沖縄から | Comments(0)

沖縄から-20151202沖縄の今。「沖縄や日本の未来を切り開く判断をお願いします」、と沖縄県知事。

 沖縄タイムスは2015年12月2日、辺野古代執行訴訟について、「名護市辺野古の新基地建設に伴う埋立承認取り消しを違法として、国が翁長雄志知事を相手に起こした代執行訴訟の第1回口頭弁論が2日、福岡高裁那覇支部(多見谷寿郎裁判長)で開かれた。翁長知事は意見陳述で、「沖縄や日本の未来を切り開く判断をお願いします」と裁判長に訴えた。県側は稲嶺進名護市長など8人の証人尋問を裁判所に申し出る予定。口頭弁論で国側は、新基地建設は国の安全保障などに関わる問題で、知事の判断権は限定的などと訴えている。県側は公有水面埋立法に基づいて知事が判断する際、外交や国防といった要素を特別扱いしていないと指摘。知事の承認取り消しは適法だと反論している。」、と報じた。
 また、「次回は来年1月8日に指定された。」、と伝えた。
なお、この日の辺野古ゲート前には、「歴史的な闘いが始まる日。この日にゲート前を蹴破られてはいけない」、と500人が集まった。

 以下、沖縄タイムスの引用。






More
by asyagi-df-2014 | 2015-12-03 10:43 | 沖縄から | Comments(0)

労働問題-ブラック企業大賞2015はセブン-イレブンに。そして繰り返される問題は。

 これまで、ヤマダ電機(2014年)やワタミフードサービス(2013年)、東京電力(2012年)の3社がブラック企業大賞となっていたが、2015年度は、セブン-イレブンが栄えある大賞となった。
 実は、大賞発表前のLITERA(リテラ)ブログ記事を見つけた。
 この中で、セブン-イレブンを告発する次の声が載せられていた。

①「セブンイレブンが大賞とるでしょ。自分自身がここでアルバイトしてて痛感する。おせち、クリスマスケーキ、年末ギフトとノルマが課せられていて、ノルマ到達できないとオーナーにボロクソ言われる。仕方ないからわずかな給料から自腹で買ってる。時給がとんでもなく安いうえに、これしてたら、何してるかわからん」
②「セブンイレブンのオーナー店で深夜バイト中です。労働密度が濃い職場環境です。しかし、時給は県内最賃並+深夜加算です。雇用保険や健康保険、厚生年金などの各種社会保険制度には未加入です。交通費も支給されません。身体を壊して入院する人も比較的多いです。無理な勤務状況が影響しているのかもしれません。コンビニ業界は、低賃金・長時間労働を前提としたブラック的要素の濃い業態だと思います」
③「セブンイレブンは お弁当 おにぎりなどの製造している下請けにも過酷 どう考えても 時間的に無理な工程表 下請けのパート労働者は最低賃金 過酷な残業 場所に依っては 仕事がない60才以上がほとんど セブンイレブンだけの仕事をしているんだから」
④「鈴木さんは、日本のセブンイレブンをフランチャイズだと呼んでいますが、フランチャイズなどではありませんよ。鈴木さんの経営は労働搾取工場制度です。この意味、わかりますか? 人々を奴隷のように働かされているんですよ」(ハシム・サイード氏。米国セブン加盟店協会シカゴ代表)


 セブン-イレブンの経営手法については、「日本のフランチャイズシステムは、実際は『労働搾取工場制度』と化しているということだ」との、週刊金曜日の批判記事が、セブン-イレブンの実態を暴露してきていたが、このブラック企業大賞を通して、日本企業のあり方について、あらためて考えざるをえない。

 というのも、12月1日付けのLITERA(リテラ)ブログの「残念ながら本サイトの予想どおり、ほとんどのメディアは今回のセブンイレブンのブラック企業大賞受賞を完全スルーし、一切報じていないのだ。まさかとは思っていたが、ここまでとは。」、という指摘の通りの状態だからである。


LITERA(リテラ)ブログの次の指摘を、企業、マスコミだけでなく政府も真剣に考えなけねばならない。

 
「新聞、テレビはおろか、週刊誌までセブンイレブンに都合の悪い報道はできない状態なのだ。ブラック企業大賞に選ばれたことで、セブンイレブンにはこれを機にブラック体質を見直し改善をはかってもらいたいところだが、メディアがこの体たらくでは、のぞむべくもないのかもしれない。数々の自殺者まで出しながらセブンイレブンのブラック体質が一向に改善されないのには、異常な搾取構造を自社の利益のために放置するメディアの罪もまた重いことをあらためて指摘しておきたい。」

 以下、LITERA(リテラ)ブログの引用。




More
by asyagi-df-2014 | 2015-12-03 05:54 | 書くことから-労働 | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧