2015年 11月 30日 ( 2 )

沖縄から-20151130沖縄の今

 沖縄タイムスは、沖縄で29日に開催された日本平和学会の国際シンポジウムと、東京・日比谷野外音楽堂であった「11・29辺野古に基地は造らせない大集会」について、「日本平和学会の秋季研究集会最終日は29日、琉球大学で、戦後70年の節目に合わせた国際シンポジウム『東アジアのなかで平和を問う-共生と連帯を可能にする条件』が行われた。国内外7人の研究者らが登壇し、領土問題や歴史認識の衝突を抱えた東アジアの『分断』の克服について議論した。名護市辺野古への新基地建設についても意見が相次ぎ、反対運動を継続、発信することが朝鮮半島の緊張緩和につながるとの意見や、『人権』をキーワードとしたネットワークづくりの可能性が提起された。2日間の研究集会には研究者200人、一般100人の延べ約300人が来場した。」、「沖縄県名護市辺野古の新基地建設にノーを突き付ける運動の輪を広げようと、『11・29辺野古に基地は造らせない大集会』が29日、東京・日比谷野外音楽堂であった。市民団体や労働組合、県人会関係者ら会場いっぱいに詰め掛けた約4500人(主催者発表)が『辺野古に基地はいらない』『安倍政権を倒そう』と声を上げた。」、と報じた。
 また、辺野古の海と陸からの市民の抗議について、「名護市辺野古のキャンプ・シュワブ海上では30日午前、コンクリートブロックを積んだ作業船やスパット台船3隻に作業員の姿はなく、作業は確認されていない。新基地建設に反対する市民たちは、抗議船やカヌーで抗議を続け、『海を守れ』と声を上げた。また、同ゲート前では午前7時ごろ、市民約200人が座り込み行動に参加。『暴力を止めろ』『機動隊は帰れ』などと怒号が飛び交う中、機動隊が市民を排除し、約20台余りの関係車両が基地内に入った。」、と伝えた。
 さらに、代執行訴訟について、「名護市辺野古の新基地建設をめぐる代執行訴訟で、県は27日に国の訴状に対する答弁書を提出した。翁長雄志知事の埋め立て承認取り消しの適法性が争点になっている。12月2日の第1回口頭弁論を前に、国側の主張と県側の反論をまとめた。」、と報じた。

 以下、沖縄タイムスの引用。





More
by asyagi-df-2014 | 2015-11-30 17:20 | 沖縄から | Comments(0)

労働問題-ブラック企業大賞に「セブンイレブン」、「アリさん」引越社には「アリえないで賞」

 「ブラック企業大賞2015」について、弁護士ドットコムニュースは2015年11月29日、「パワハラや長時間労働、賃金未払いなどを従業員に強いる悪質な企業を選出する『ブラック企業大賞2015』の授賞式が11月29日、東京都内で開かれ、セブン-イレブン・ジャパンが大賞に選ばれた。今年で4回目となるブラック企業大賞は、弁護士やジャーナリストなどでつくる実行委員会が主催。今年ノミネートされた、セブン-イレブン・ジャパン、暁産業、エービーシー・マート、フジオフードシステム、明光ネットワークジャパン(明光義塾)、引越社関東(アリさんマークの引越社)の6社から大賞を選出した。」、と報じた。
 大賞受賞のセブン-イレブン・ジャパンについて、「フランチャイズ加盟店主の見切り販売を妨害するなど、過酷な搾取をおこない、そのしわ寄せが学生アルバイトに及び『ブラックアルバイト』が問題化しているとして、ブラック企業大賞に選ばれた。」、とその受賞理由を伝えた。
 あわせて、ブラック企業関連で、「このほか、『ブラックバイト賞』が、個別指導塾『』明光義塾』を運営する明光ネットワークジャパンに贈られた。『「ウェブ投票賞』は、アリさんマークで知られる株式会社引越社関東が、ウェブ投票で他のノミネート企業を大きく引き離す11875票を獲得して、受賞した。引越社関東は『アリえないで賞』にも選ばれた。『特別賞』にはパワハラで未成年の労働者が自殺に追い込まれたとして、暁産業株式会社が選ばれた。」、と報じた。


 日本における労働規制の緩和を推進してきた結果が、この実態であることを、まず最初に深く認識する必要がある。

 以下、弁護士ドットコムニュースの引用。




More
by asyagi-df-2014 | 2015-11-30 05:39 | 書くことから-労働 | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧