2015年 10月 06日 ( 2 )

沖縄から-うるま市議会は、辺野古新基地建設の断念を求める意見書を可決。

 沖縄県うるま市議会が辺野古の新基地建設に関する意見書を可決したことについて、沖縄タイムスは2015年10月6日、「沖縄県うるま市議会は6日の9月定例会本会議で、名護市辺野古での埋め立て工事を強行する政府への抗議や辺野古新基地建設の断念などを求める意見書を15対11の賛成多数で可決した。2人は退席、1人は欠席した。うるま市議会が辺野古の新基地建設に関する意見書を可決するのは初めて。辺野古新基地建設に反対する意見書を提出するよう求める市民からの請願書を受け、可決に至った。賛成したのは、公明、日本共産党、いぶきの会の議員ら。新政クラブ、かけはし会派が反対した。意見書では、昨年の県知事選などで『名護市辺野古への米軍基地建設の民意は明確に示された』とし、政府の工事強行を『断じて許されるものではない』と批判した。普天間飛行場の即時閉鎖と撤去、オスプレイの配備撤回なども求めた。」と、報じた。
 うるま市議会は、その意見書で、「本市議会は、市民・県民の生命と安全を守る立場から辺野古沖の埋め立て工事を強行する政府に抗議し、辺野古新基地建設の断念と普天間基地の即時閉鎖・撤去、オスプレイの配備撤回を強く求める。」、とうるま市として意見をまとめた。

 以下、沖縄タイムス及びうるま市議会意見書の引用。





More
by asyagi-df-2014 | 2015-10-06 19:59 | 沖縄から | Comments(0)

原発問題-東電が汚染水流出に重い腰を上げると。こんなことが許されるのか。

 東京電力福島第一原発の汚染水流出について、東京新聞は2015年10月4日、「東京電力福島第一原発で建屋周辺の汚れた雨などを集めるK排水溝の水が、八回にわたり堰(せき)を越えて外洋に流出したことを受け、東電は溝の上流側でも水をくみ上げる追加対策を月内にも始める方向で検討していることを明らかにした。ただ、台風などまとまった雨が降る可能性が高いのはまさに十月。迅速に対応しないと、間に合わない。」、と報じた。
 東京新聞は、この間の経緯について、「K排水溝をめぐっては今年二月、溝を流れる水に法定基準の数十倍もの濃さの放射性セシウムが含まれることを知りながら、東電は公表せず、まともに対応しなかったことが発覚した。批判を受け、東電は専用港に注ぎ込むよう溝を付け替える工事を始めた。工事は来年三月までかかる見通しのため、暫定対策として四月から溝をせき止め、たまった水をポンプ八台でくみ出して、港内につながる別の溝に流し込む作業を始めた。しかし、まとまった雨が降るたび、堰にたまる水量がポンプの能力を超え、海への流出が続いた。清掃や吸着剤の施工により、溝の水のセシウム濃度は大幅に低下したものの、大雨時には敷地の汚染された土砂も交じり、セシウム濃度は基準の数倍にまで上昇する状況だった。東電は『ポンプを増強しようにもスペースがなく、難しい』と、追加対策に難色を示していたが、相次ぐ流出により、ようやく重い腰を上げた。」、と伝えている。

 東電の「ポンプを増強しようにもスペースがなく、難しい」と、追加対策に難色」という事業者の対応が、どうして許されるのか。
 こうしてマスコミが取りあげなければ動かないというのが実態なのか。
 本当に許される対応ではない。

 以下、東京新聞の引用。





More
by asyagi-df-2014 | 2015-10-06 06:12 | 書くことから-原発 | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧