2015年 09月 23日 ( 2 )

確認すること。「安保関連法案は違憲であって、『意見が分かれる』といった問題ではない。『一見極めて明白に違憲無効』の法案が、特別委員会で強行採決され、本会議で可決・成立したのである。」ということ。

 水島朝穂早稲田大学教授は、今回の安保関連法の成立に対して、次のように結論づける。
 まずは、次のことをきちっと確認することが重要であると。


「この安保関連法案は違憲であって、『「意見が分かれる』といった問題ではない。『一見極めて明白に違憲無効』の法案が、特別委員会で強行採決され、本会議で可決・成立したのである。」


 また、樋口陽一氏(憲法学者)のデモや集会に参加する若者たちについての次の発言に、全く同意すること。


「この憲法13条がうたう個人の尊厳が具現化された姿だ。・・・彼らは誰に指示されたわけでもなく、今まで当たり前だと思っていたものがなくなる危機を感じ、自分自身の判断で行動している。まさに個人の尊厳のありようが身についているのです。あの若者たちの姿は、安倍首相がどんなに壊そうと思っても壊せないものですよ」


 そして、大事なことは、「日本では、『一見極めて明白に違憲無効の法律』は、9月19日以降も、ずっと違憲、違憲と言われ続けることが大切だろう。」ということ。

 さらに、いま、直ちに必要なことは、「『安保関連法廃止法案』の国会提出である。」ということ。このことの意味は、「この廃止法案の『理由』のなかで、この法律が違憲であることを執拗に書き、その問題点を主張し続けることが大切である。訴訟の前に出来ることがある。廃止法案を直ちに国会に提出すべきである。」とする。


 安保関連法を廃案にするために。


 以下、水島朝穂のブログより引用。






More
by asyagi-df-2014 | 2015-09-23 11:15 | 書くことから-憲法 | Comments(0)

あしゃぎを訪れてくれた

花とか鳥をゆっくり見つめた時をもってきたことがありませんでした。
だから、花の名前も、鳥の名前も全く分かりません。
最近、あしゃぎをこんな鳥が訪れてくれました。

f0345938_18095876.jpg
すいません。鳥の様子が小さすぎますよね。
この鳥は、あしゃぎの目の前の田んぼに来てくれたのですが、私の持っている機材、300mmズームでは、これが精一杯でした。

f0345938_18135666.jpg
この鳥のせめて名前ぐらいは知りたくて、古ーい野鳥図鑑を見たのですが、よく分かりません。
困った時の頼みの綱の友人に問い合わせたところ、
「おそらくアオサギの幼鳥ぽいですね。アオサギの成鳥は白っぽいのですが、幼鳥は1年くらいは灰色で成鳥とは異なるサギのような色をしているものもいるようです。」と返信がきました。

きっと、アオサギです。
f0345938_18190085.jpg
f0345938_18192067.jpg
f0345938_18195041.jpg
f0345938_20093597.jpg
f0345938_20100602.jpg
超望遠が欲しいなと。


by asyagi-df-2014 | 2015-09-23 05:40 | あしゃぎ | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧