2015年 09月 22日 ( 2 )

沖縄から- 翁長沖縄県知事が2015年9月21日、国連で声明

  国連人権理事会での翁長沖縄県知事の声明発表について、沖縄タイムスは2015年9月22日、「翁長雄志知事は21日午後(日本時間22日未明)、スイス・ジュネーブの国連人権理事会で声明を発表し、『沖縄の人々の自己決定権がないがしろにされている辺野古の状況を世界中から関心を持って見てください』と呼び掛けた。米軍基地の集中が県民生活に大きく影響していると指摘し、基地のさらなる固定化につながる名護市辺野古の新基地建設を阻止する考えも示した。」と、報じた。
 また、この国連人権委員会での声明について、「国連演説は昨年11月の知事選での公約だった。国際NGO『市民外交センター』の発言枠を譲り受け、沖縄県知事として本会議場で議長の許可を得て、発表した。人権理事会で日本の都道府県知事が声明を読み上げるのは初めて。声明の要約は人権理事会に記録される。」と、伝えた。
 さあらに、声明発表について、「翁長知事は沖縄の米軍基地は沖縄戦以降に土地を強制接収され、建設されたと強調。『自ら望んで土地を提供したことはない』と、沖縄の人たちの意思に関係なく、基地が存在する不条理を訴えた。また、国土面積の0・6%の沖縄に在日米軍専用施設の73・8%が集中するため、事件、事故や環境問題など、県民生活に大きな影響を与え、『沖縄の人々の自己決定権や人権はないがしろにされている』と理解を求めた。国民全体で安全保障を分け合わず、不平等な状態を沖縄に押しつける日本政府の姿勢に触れ、『自国民の自由、平等、人権、民主主義を守れない国がどうして世界の国々とその価値観を共有できるのか』と語った。」と。


 あらためて、安倍晋三政権は、次の言葉を本当の意味で自らのものとしろ。


 このように沖縄の人々は自己決定権や人権をないがしろにされています。
 自国民の自由、平等、人権、民主主義、そういったものを守れない国が、どうして世界の国々とその価値観を共有できるのでしょうか。


 以下、沖縄タイムスの引用。




More
by asyagi-df-2014 | 2015-09-22 09:54 | 沖縄から | Comments(0)

共同通信世論調査は、「保法の審議不十分79%」と報道。

 共同通信は2015年9月20日、「共同通信社が19、20両日に実施した全国緊急電話世論調査によると、安全保障関連法に『国会での審議が尽くされたとは思わない』の回答は79・0%、『尽くされたと思う』は14・1%だった。安保法への安倍政権の姿勢に関し『十分に説明しているとは思わない』は81・6%、『十分に説明していると思う』は13・0%で、政府への根強い不満が浮き彫りになった。」と、報じた。
 また、「安保法成立で自衛隊が戦争に巻き込まれるリスクが『高くなる』は68・0%。『変わらない』は27・1%、『低くなる』は2・5%だった。」と、伝えた。
 あわせて、内閣支持率について「内閣支持率は38・9%で8月の前回調査から4・3ポイント下落、不支持率は50・2%。」と、報じた。

 安倍晋三政権は、国民をこれ以上侮っていけない。

 以下、共同通信の引用。




More
by asyagi-df-2014 | 2015-09-22 05:28 | 書くことから-憲法 | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧