2015年 08月 07日 ( 2 )

原発問題-毎日の「『忘災』の原発列島 本当に再稼働でいいのか」を受けて。

 毎日新聞の東京夕刊に「特集ワイド:『忘災』の原発列島 本当に再稼働でいいのか」という記事が掲載されました。この記事で、毎日新聞は、「本当に、もう一度、立ち止まらなくてもいいのだろうか。」と、主張しています。
すぐにこうした記事が読めるインターネットは、地方の田舎に蟄居している状態の者の身には、非常にありがたい。
 さて、毎日が指摘する川内原発再稼働に関しての問題点は次の通りです。

 一番問題なのは、「政府は規制委に安全性の担保を求めているが、その規制委は『絶対に安全』とは口にしない−−。過酷事故を経験したのに、国の責任の所在は曖昧なままなのだ。」という、責任の所在が不明確なままであること。このこに関して、原子力資料情報室の伴英幸共同代表は「政府は住民の合意を得て再稼働を進めたいと説明していたはず。それなのに、基準に合格といって原発を動かすのはおかしい。それに誰が責任者なのかを曖昧にしておくのは、もし事故が起きても責任追及をかわすためではないか」とさへ指摘しています。

 再稼働関連では、福井地裁と鹿児島地裁で判断が分かれている「新規性基準」の問題、立地自治体と周辺自治体で扱いに格差がある「自治体の同意」の問題、実効性の担保はない「住民避難」の問題、原子力損害賠償法の見直しは始まったばかりの「損害賠償」の問題、プルトニウムはたまりつづける「核燃料サイクル」の問題、「使用済み核燃料」の問題、トイレのないマンションの7ままの「最終処分場」の問題、解体に伴う放射性廃棄物の処分場所が決まっていない「老朽原発廃炉」の問題、緊急性があるのに「問題」にされていないために真の解決への方向性さへ示されないままの「テロ対策」問題、「火山対策」問題、「活断層対策」問題、「集中立地」問題、などの多くの課題がそのままになってしまっています。
 特に、「住民避難」の問題については、「再稼働に不可欠な住民の避難計画も心もとない。」と、指摘しています。
 このことに関しては、「高齢者デイケアサービスを運営する江藤卓朗さん(58)は『通所施設なので、1人暮らしや老老介護の利用者も多い。避難するといっても、排せつの処理など日ごろの世話を誰がするのでしょうか。現場のことを考えていない机上の空論です』。」、「国際環境NGO『FoE Japan』の満田夏花理事は『風向きや事故の程度など最新の情報を、どうやって運転手に伝えるのでしょう。最新の避難計画に基づく訓練もしていないのはおかしい』、という現場の不安を通り越した怒りの「声」を伝えています。

 さらに、「そもそも福島の事故が収束しないままの再稼働は許されるのか。」と、根本的な問題を示します。
 その福島事故関連に関しては、詳細な調査ができていない「事故原因」の問題、廃炉が実現されるどうかは不透明な「廃炉作業」の問題、すでにタンクは敷地内に約1000基になっている「汚染水」の問題、原子力災害対策特別措置法に基づくがん僕シイタケなどの野菜類や肉、海産物の「出荷制限」の問題、福島県内への避難者62.892人(2015年7月31日現在)・福島県外避難者45.241人(2015年7月16日)の「避難者」の問題、「指定廃棄物」の問題、「自己の責任」の問題、といった課題が放置されたままになっています。

 このような問題点、課題を示した上で、毎日は、「何といっても最大の課題は国民の理解を得られていないことだ。」と、します。
 例えばそれは、「毎日新聞が1月に実施した世論調査では、川内原発再稼働に反対が54%、賛成が36%と大きな差が付いた。報道各社の世論調査も反対が賛成を上回る。」という数字が示す、国民の理解が不充分であるという実態があるということです。
 再稼働について、菅官房長官は2015年8月4日の記者会見で「それについては地元の議会が判断しているのではないでしょうか」と、いつもの調子で逃げています。
 このことに関しても、毎日は「確かに鹿児島県議会は再稼働に同意した。でも前出の田中三彦さんは危惧する。『新規制基準は重大事故の発生を防ぐためのものではなく、『重大事故は起きる』ことを前提としたもの。再稼働を地元が認めることは、重大事故が起きてもやむなしという地元の意思表明でもあるわけです』」と、大きな疑問を示します。

 川内原発の再稼働の問題は、実は、毎日の「本当に、もう一度、立ち止まらなくてもいいのだろうか。」という優しい提起の問題にとどまるものではなく、再稼働はしてはいけないという問題だ。

 以下、毎日新聞の引用。





More
by asyagi-df-2014 | 2015-08-07 21:48 | 書くことから-原発 | Comments(0)

「戦場ぬ止み」を見てきました。

 実は、8月6日は、23歳での就職以来、その位置づけは、平和の日というものよりも、平和のための闘いの日であったような気がしています。
 私の今年の8月6日は、定年退職により30数年ぶりに、一人の身として迎えました。
 できたら何かしら意味のあることをと考え、大分のシネマ5に「戦場ぬ止み」を見に出かけました。
9時45分が上映開始時間であったため、平和式典の様子は会場までの車の中でラジオで聞くことになりました。
ラジオから聞こえてきたもので耳に残ったものは、「安倍首相の声が心にあまり届かなかった」という被爆者からの感想でした。
 そうです、私なりに、安倍晋三首相の声には注目してしまっていたということでした。

 さて、「戦場ぬ止み」は三上智恵さんの監督作品です。
 これまでブログ「三上智恵の沖縄(辺野古・高江)撮影日記」を楽しみにしてきたことや大月書店の本を事前に読んでいたことから、どうなるだろうかと思っていました。
 ブログでは、毎回泣かされてきましたし、本でもまた大泣きに追い込まれてしまっていたからです。今回は、密かにサングラスを準備した自分がいました。
 でも、今回、「戦場ぬ止み」の映画を通して、最も抱かされたのは、「怒り」というものでした。
 2013年の大晦日から続く2014年の始まりは、時は何処かゆったり流れていたような気がしていました。
 しかし、1月10日から今日までの体を張らされたきた攻防は、安倍晋三政権の理不尽さが、沖縄の台地に立てなかった者達を「怒り」に染め上げるものでした。
 そんな、95年の沖縄からの「異論」に充分には答えきれなかった者達に、「戦場ぬ止み」はもう一度声をかけてくれているような気がしています。

 最後に、「戦場ぬ止み」の琉歌を読んだ有銘さんには、以前お会いしたことがありました。随分高齢になったのだなと、映像を見ながら、自分の年のことは忘れて感慨にふけってしまいました。
 
 さて、何をしなければならないかは、一人ひとりが、この「戦場ぬ止み」からもらっています。


by asyagi-df-2014 | 2015-08-07 05:36 | 新たな経験 | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧