2015年 07月 03日 ( 2 )

沖縄からー報道圧力問題で、沖縄県議会が謝罪求め決議

 沖縄県議会は、2015年7月2日の本会議で、作家の百田尚樹氏と自民党若手国会議員の発言に抗議する与党提案の決議を賛成多数で可決した。
 このことについて。沖縄タイムスは、「可決した抗議決議は『普天間は土地を強奪して造られた。(商売のため周りに住み出したなど)事実無根の話の喧伝(けんでん)は、県民を愚弄(ぐろう)している』など厳しく批判している。
 採決に先立つ討論では、与党の仲村未央氏(社民・護憲)が『自民国会議員が政権に批判的なマスコミの広告収入をなくすなどと発言したのは看過できない』と強調した。反対した自民からは照屋守之氏が『百田氏の発言は大問題であり許されないが、公の議会が抗議することは個人の表現、言論の自由の制限にならないか危惧する』と指摘した。」と、報じた。

 この沖縄県の民意を、安倍晋三政権はどのように受け取るのか。

 以下、沖縄タイムスの引用。




More
by asyagi-df-2014 | 2015-07-03 11:51 | 沖縄から | Comments(0)

労働問題ーブラック企業、送検

 
 朝日新聞は、2015年7月3日、「靴チェーン店「ABC(エービーシー)―MART(マート)原宿店」が従業員に月100時間ほどの残業をさせたなどとして、東京労働局は2日、運営するエービーシー・マート(東京都渋谷区)や同社の取締役らを労働基準法違反(長時間労働)の疑いで東京地検に書類送検した。」と、伝えた。
 また、その内容について、「発表によると、原宿店は昨年4~5月、20代の従業員2人に、それぞれ月109時間と月98時間の違法な残業をさせた。店では労使協定で「残業は月79時間まで」と定めていた。エービーシーが運営する『Grand(グランド) Stage(ステージ)池袋店』でも同時期、20代の従業員2人に、月112時間と97時間の違法な残業をさせた疑いがある。この店では残業についての協定がなかったという。」と、報道した。

 ブラック企業の問題点が指摘され、無視できなくなったため、政府がようやく対策に応じる姿勢を示している時期である。
 ただ、このようなブラック企業の法律違反の日常は、常態化されててきている。
 政府の早急な対応が必要である。

 以下、朝日新聞の引用。





More
by asyagi-df-2014 | 2015-07-03 09:23 | 書くことから-労働 | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧