2015年 06月 21日 ( 1 )

あしゃぎから-持続可能な社会を考える。

 2015年4月に、田舎に定住しました。
 必要に迫られて、散歩をしていると、気づくことがあります。

ホーケキョケキョ ケキョケキョ   キークァイ  キイーキッキキ
いろいろな鳥のさえずりに囲まれるだけでなく

シュワゴー ドッグドッグ トクトク シュラゴー
はりめぐされた水路からの音が、「しっかりな」と語りかけてきます

 この山里(中間山地)を活かしている水音
 そうかこれが持続可能な音なのかもなと

 人が住み、生きるために、稲を作り畑を活かす
 稲のために作物のために、水路を作る
 持続可能な社会と殊更唱えるまでもなく
 今日のために生きていくことが明日に繋がるように
 しっかり生きていくということ 内実など問う暇がないほどに
 そうかこの音が、持続可能な社会の入り口か
 だとしたら、この音は明日へつなげていく必要がある


f0345938_19333119.jpg
ことしもまた、見事に田植えを終えています。
ただ、持続可能な営みが、個人的な努力だけに追い込まれている気がする。

私の散歩の風景です。

f0345938_19365310.jpg
f0345938_19371430.jpg
f0345938_19380076.jpg


by asyagi-df-2014 | 2015-06-21 05:41 | あしゃぎ | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧