2015年 06月 19日 ( 3 )

労働者派遣法改正案が与党の賛成多数で衆議院本会後で採決された。

 朝日新聞は、2015年6月19日、「派遣社員の受け入れ期間の制限を事実上なくす労働者派遣法改正案が19日午後の衆院本会議で採決され、与党の賛成多数で可決された。今後は参議院で審議されることになる。与野党で激しく対立してきた同法案は成立に近づいた。」と、報じた。

 これまでも、2度廃案になった法案が成立したことにより、このままでは労働者側はより厳しい状況に追い込まれる。、

 以下、東京新聞の引用。




More
by asyagi-df-2014 | 2015-06-19 17:03 | 書くことから-労働 | Comments(0)

「従来の憲法解釈に固執するのは責任放棄」とは、傲慢な立憲主義の否定。

 朝日新聞は、2015年6月18日、「安倍晋三首相は18日、衆院予算委員会の集中審議で、集団的自衛権の行使容認を盛り込んだ安全保障関連法案について、『国際情勢にも目をつぶって従来の(憲法)解釈に固執するのは政治家としての責任の放棄だ』と述べた。
 4日の衆院憲法審査会では、憲法学者3人が、憲法解釈の変更を『憲法違反』と指摘した。首相の発言は『責任の放棄』などの強い言葉を使って学者らの指摘を否定し、国際情勢の変化に応じた解釈変更を正当化したものだ。」と、報じた。
 また、「首相は1959年の砂川事件判決を挙げ、『憲法の番人の最高裁によって、国の存立を全うするために必要な措置を取り得ることは、国家固有の権能として当然との判断があった』と合憲との考えを強調。『その上で必要な自衛の措置とは何かを考えるのは、国民の命を守る内閣や国会に課せられた使命だ』と述べ、集団的自衛権の行使容認は、最高裁判決の範囲内との考えを示した。」とも、伝えた。

 「国家固有の権能として当然との判断」が暴走し、悲劇を作り出してきたのが、人類の歴史であった。これを防止するために、人類は「立憲主義」を作り上げてきた。
 安倍晋三政権は、この人類の知恵の構図を全く理解しようとしない。
 そこに見えるのは、独りよがりの傲慢さだけである。

 朝日新聞は、この日、一人の女性の真摯な姿を、「僧侶で作家の瀬戸内寂聴さん(93)が18日、東京・永田町の国会前であった安全保障関連法案に反対する集会に参加した。約2千人(主催者発表)の参加者を前に『「最近の状況は戦争にどんどん近づいている。本当に怖いことが起きているぞ、と申し上げたい』と語りかけ、廃案を訴えた。」と、伝えた。
 瀬戸内寂聴さんの「戦争にいい戦争は絶対にない。戦争はすべて人殺しです。人間の一番悪いところ。二度と起こしてはならない」という声が、「国家固有の権能として当然との判断」の暴走を、一人の人間としての存在をかけて否定している。
 
「若い人たちが幸せになるような方向にいってほしい」という声を、安倍晋三政権は、肝に命じるべきだ。

 以下、朝日新聞の引用。




More
by asyagi-df-2014 | 2015-06-19 09:31 | 書くことから-憲法 | Comments(0)

3年ごとに蟻地獄へ突き落とされる派遣法改悪は国から死ねと言われるのと一緒

今回の安保関連法案を考える上でも、戦争の実態を、イラクの実態を、まずはきちっと把握する必要があるように、派遣法改悪についても、労働者の実態を知る必要がある。

 井上伸さんのブログに「3年ごとに蟻地獄へ突き落とされる派遣法改悪は国から死ねと言われるのと一緒」として、派遣労働者の声が掲載されている。

 まずは、知ることから。

 以下、井上伸さんのブログの引用。




More
by asyagi-df-2014 | 2015-06-19 06:15 | 書くことから-労働 | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧