2015年 05月 19日 ( 2 )

原発問題-仮処分の効力を一時的に止める執行停止の却下

 東京新聞は2015年5月19日、「関西電力高浜原発3、4号機(福井県)の再稼働差し止めを命じた仮処分を不服として関電が申し立てた、仮処分の効力を一時的に止める執行停止について、福井地裁(林潤裁判長)が却下する決定をしていたことが19日、関電への取材で分かった。」と、報じた。

 以下、東京新聞の引用。





More
by asyagi-df-2014 | 2015-05-19 20:41 | 書くことから-原発 | Comments(0)

沖縄から-米軍が、沖縄県の岩礁破砕確認調査を許可の予定

 沖縄タイムスは2015年5月18日、「名護市辺野古の新基地建設で、沖縄県が求めた制限区域(立ち入り禁止)内の岩礁破砕確認調査について、米軍は15日までに区域内立ち入りを許可する方針を決めた。週明けにも調査日程などについて沖縄防衛局と県が具体的な調整を始める。」と、報じた。
沖縄県は、「沖縄防衛局が海底に設置した大型のコンクリートブロックが岩礁を破砕した可能性が高いとみており、岩礁破砕の許可取り消しも視野に現状を調査する必要があるとしている。」としていた。
 また、「2月に立ち入り申請したが、米軍は『運用上の理由』で不許可。3月の再申請には、調査の詳細計画を米軍が要求したため、県は立ち会いを求めた防衛局と調査計画を調整した上で、外務省を通じて米軍に計画を報告していた。県は再申請で、今月11日から10日間程度の調査を要望。コンクリートブロックを設置した全地点で潜水して撮影することを想定している。」と、伝えた。

 米軍の「運用上の理由」という返答が米国の常套手段で、日本の従属を明らかに示すものであることから、今回は、徹底的な調査が必要である。
 本当は、日本政府にとっての責任として。

 以下、沖縄タイムスの引用。




More
by asyagi-df-2014 | 2015-05-19 06:06 | 沖縄から | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧